タッキーが振り返る、Jr.時代のJUMP山田涼介 「声も出さないような超暗い子だった」

Jnews1

2017/2/12 10:00

2月4日放送のラジオ「タッキーの滝沢電波城」(ニッポン放送)で、Hey! Say! JUMP山田涼介くんの話題が出ました。

ジャニーズのタレントのものまねを披露するコーナー「ジャニーズ ものまね コンプリート」でこの日取り上げたのが山田くん。

滝沢秀明くんとは、2006年の舞台「One!」で共演していて、「ものすごい小さい時に仕事をしてたイメージですかね。JUMPになってからはあんまり接点ないです」と、山田くんがJr.時代の方が仕事は一緒にしていたとのこと。

プライベートでは、「1回だけご飯行ったな二人っきりで。2年くらい前かな」と、意外な交流があったことを明かしていました。

One!で共演した頃は、「ほんとに声も出さないくらい静かな、超暗い子っていうイメージ」だったといいます。

滝沢くんの弟役を、同じくJUMPになった中島裕翔くんとダブルキャストで演じていた山田くんですが、こんな可愛らしいエピソードが。

「紙飛行機を客席に飛ばすシーンがあって、紙飛行機をワーッて追っかけてはけなきゃいけないんで遠くの方に飛ばさなきゃいけないんですよ。でも山田くんは紙飛行機飛ばすの下手な子で、ちょっと不器用ちゃんで」

ものまねは、その時に山田くんがステージ上でつい口に出してしまっていたという「あっ、ごめんなさい!」という謝罪の言葉でした。

「一緒に暮らしてない兄弟の、ようやく二人で兄弟っぽい会話したよな、お前も頑張れよ、みたいなシーンなんですよ。最後紙飛行機俺が作ってあげて、初めてお兄ちゃんっぽいことしてやったっていうシーンで、これ飛ばしてみろよっつって思いっきり飛ばして『わーすごーい』って言いながらはけるんですけど、2列目ぐらいに落ちちゃったりとかして」

それで山田くんが慌てて「あっ、ごめんなさい!」と言ってしまっていたということですが、客席は温かく、可愛らしい山田くんに毎回大爆笑だったそうです。

すっかり大人になった山田くん。「今では可愛いっていうか綺麗ですよね。男の色気が出てきたって印象です」と、滝沢くんの目にも男らしくなったと映っているようです。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ