ミランダ・カーが思わぬ告白、婚約者とは結婚初夜まで“お預け”

 2016年7月に米実業家の富豪エヴァン・スピーゲルと婚約したスーパーモデル、ミランダ・カーが英紙The Timesとのインタビューで、エヴァンとは結婚初夜まで“結ばれる”ことを待っていると明かし、婚前交渉なしの交際を続けていることを示唆したという。

【関連】「ミランダ・カー」フォトギャラリー

画像チャットアプリ「スナップチャット」の共同創設者で7歳年下のエヴァンについて、「50歳みたい」に落ちついていると話していたミランダ。Us Weeklyによると、ミランダはThe Times紙との記者と避妊の話になると、「私は避妊しない!」と答えたという。記者がエヴァンと子作りの計画があるのか訊ねると、ミランダは「まだよ。結婚まではお預け。私の婚約者は古い考えの人なの。私達はできないの…、つまり、私達はあの…待っているのよ」と語ったという。

話の成り行きで、避妊しないのは婚前交渉していないからと、エヴァンとの個人的なことを思わず告白してしまったミランダ。話している途中で恥ずかしくなり、赤面しているミランダの顔が目に浮かぶ。オーランド・ブルームとの離婚を経験しているミランダ、今度こそはエヴァンと幸せな家庭を築いてほしいものだ。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ