【大阪】春のおすすめデートスポット22選!カップルでお出かけしたい場所まとめ

じゃらんnews

2019/1/11 16:05


harudate

暖かい日差しの中、のんびりと過ごせる春のデートは二人の距離をグッと縮めるチャンス!定番の海遊館に、「大阪城公園」の桜や自然を感じられる「森箕面の滝」も!大阪のおすすめデートスポットを先取りでご紹介!二人だけの最高の思い出づくりを計画しよう♪

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
なんばグランド花月
なんばグランド花月出典:じゃらん 観光ガイド なんばグランド花月
吉本のホームグラウンドとして建設された「なんばグランド花月」。頭文字をとった「NGK」の略称で馴染み深い。吉本タレントや芸人による漫才や落語が上演されている。同劇場の目玉ともいえる「吉本新喜劇」も、連日の上演だ。ストーリーは主に民宿や商店などで展開され、予期せぬアクシデントに登場人物たちが立ち向かうというもの。アドリブを交えた舞台では、新喜劇メンバーによる、それぞれの独自ギャグも披露される。そして、吉本興業創業100周年を機に、2012年4月8日リニューアルオープンし、大阪の味・名産品の店舗も充実しており、お笑いを楽しむだけでなく、食べて、体験できるプランなども用意している。

\口コミ ピックアップ/
大阪人といえばお笑い。
新喜劇はいつもテレビでみるのが、小学生の頃からの楽しみでした。
大人になって自分で劇場まで足を運んで、いままでテレビで見ていた舞台を目の当たりにできてとても感動しています。
やっぱり舞台は直接観て感じるのが一番だと改めて思いました。
テレビとは全然違う楽しみがあります。
出待ちしている方も多く、そういうファンに対する対応がいいのも嬉しいですね
(行った時期:2018年4月)

新喜劇のチケットは取れなかったのですが、夜に行われる滑狼という大喜利を見に行きました。後ろの方の席だったのですが、芸能人の方もしっかりと見ることができました。飲食OKなのでたこ焼きを食べながら楽しみました。
(行った時期:2018年3月)
なんばグランド花月
住所/大阪府大阪市中央区難波千日前11-6
「なんばグランド花月」の詳細はこちら
カップヌードルミュージアム 大阪池田
カップヌードルミュージアム 大阪池田出典:じゃらん 観光ガイド カップヌードルミュージアム 大阪池田
\口コミ ピックアップ/
カップヌードルの容器に絵付けして、オリジナルのカップヌードルが作れます。休日でしたが、それほど待たずに作れました。ひよこグッズも充実しています。
(行った時期:2018年6月)

チキンラーメンファクトリー 土日祝は予約は取りにくいですが、
時々チェックしていると空きが出てたりしますので、根気良くチェックすることをお勧めします。
(行った時期:2018年5月)
カップヌードルミュージアム 大阪池田
住所/大阪府池田市満寿美町8-25
「カップヌードルミュージアム 大阪池田」の詳細はこちら
万博記念公園
万博記念公園出典:じゃらん 観光ガイド 万博記念公園
\口コミ ピックアップ/
太陽の塔をはじめて身近で見ましたが、迫力がありとても良かったです。公園内は広くてあるいて回るだけでもとても楽しかったです。
(行った時期:2018年5月)

万博といえば太陽の塔!と思い見に行きました。周りもお花が綺麗ですごく大きな公園でした。その日は大きなフリーマーケットが開催されていて、見るだけでもすごく楽しかったです!
(行った時期:2018年5月)
万博記念公園
住所/大阪府吹田市千里万博公園
「万博記念公園」の詳細はこちら
梅田スカイビル(空中庭園展望台)
梅田スカイビル(空中庭園展望台)出典:じゃらん 観光ガイド 梅田スカイビル(空中庭園展望台)
大阪・梅田の新都心「新梅田シティ」の中核施設であり、梅田のランドマークのひとつでもある「梅田スカイビル」。1993年に完成、地上40階建てビル2棟を上部で連結し、39階の空中レストラン、40階の展望ギャラリーに加え、屋上部分では地上173mの風に吹かれながら、大阪の街並みを一望できる「空中庭園展望台」がある。建物内部はオフィス・店舗・ショールーム・イベントホール・映画館・美術館・バスターミナル、さらに地下にはレトロ的な雰囲気の飲食街「滝見小路」などを備えている。ビルの敷地の南側には「中自然の森」、北側には「花野」という、四季折々の自然に触れられる散策コースがあり、多くの市民が訪れている。また、中央広場では、折々の国際色豊かなイベントなどが催され、賑わっている。

\口コミ ピックアップ/
梅田駅から歩いて行くことができ、建物の構造、形も珍しいので、観光におすすめのスポットです。展望台からの景色も綺麗なのでデートにも良いです
(行った時期:2018年5月)

夜景が綺麗です。
展望台に行くまでも長いエスカレーターを登って行くので楽しめます。展望台では360度夜景を見渡せます。
結構遅くまで営業しているので夜ご飯後の観光におすすめです。
(行った時期:2018年3月)
梅田スカイビル(空中庭園展望台)
住所/大阪府大阪市北区大淀中1-1-88
「梅田スカイビル(空中庭園展望台)」の詳細はこちら
海遊館
海遊館出典:じゃらん 観光ガイド 海遊館
\口コミ ピックアップ/
大水槽をゆったりと泳ぐジンベイザメたちを見ていると気持ち良いです。愛嬌のある表情のアザラシもみていて飽きないです。
(行った時期:2018年5月)

海の生き物にあまり興味がなくて今まで行ったことが無かったのですが、思いのほか楽しくてまた来たいなと思いました。ペンギンたちは可愛く、ジンベイザメは大きくて優雅で、海の生き物にとても興味が湧きました。水槽の大きさも驚きで、ぐるりとガラスに沿ってゆっくり見て進んでいけるのが良かったです。
(行った時期:2018年5月)
海遊館
住所/大阪府大阪市港区海岸通1-1-10
「海遊館」の詳細はこちら
天王寺動物園
天王寺動物園出典:じゃらん 観光ガイド 天王寺動物園
\口コミ ピックアップ/
開園と同時に入園したら、象の食事タイムでした。悠々と食べる姿、りりしかったです。コアラはずっと寝ていて全く動かず。白熊は水の中に飛び込んでばかりで、迫力がありました。
(行った時期:2018年5月)

昔からある動物園です。色んな動物がいるエリアがあって、見ていて楽しいです。家族やカップルで行くなら、1日楽しめる場所だと思います。
(行った時期:2018年4月)
天王寺動物園
住所/大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-108
「天王寺動物園」の詳細はこちら
大阪城公園
大阪城公園出典:じゃらん 観光ガイド 大阪城公園
\口コミ ピックアップ/
とても美しい公園です。大阪城や、その界隈がきれいに整備されていて、散策も気持ちよくできます。大阪の外せない観光地です。
(行った時期:2018年4月)

暖かな気温、梅が見頃で観光客も多数でした。
カメラマンが多数いる場所に近寄ってみると、蜜をすうメジロが多数。
春を感じることができるお勧めのスポットです。
梅の花と大阪城もいい感じでした。
(行った時期:2018年3月)
大阪城公園
住所/大阪府大阪市中央区大阪城
「大阪城公園」の詳細はこちら
岸和田城
岸和田城出典:じゃらん 観光ガイド 岸和田城
元弘4年(1334)、楠木正成の一族・和田高家が今の城よりも東側の野田町に築いたのが始まりとされる岸和田城。本丸と二の丸を連ねた形が、ちぎりに似ているため、千亀利城(ちきり城)とも呼ばれている(「ちきり」とは機(はた)のたて糸をまく器具のこと)。天正13年(1585)には、羽柴秀吉の紀州根来寺討滅により、秀吉の伯父・小出秀政が城主になり、本丸を五層の天守に大改修。以降、岸和田城主は、小出氏3代、元和5年(1619)からは松平(松井)康重・康映、寛永17年(1640)からは岡部氏がつとめていた。岡部宜勝(のぶかつ)は、さらに城を大改築し近世城郭を築き上げ、岡部氏は明治維新まで13代居城していた。文政10年(1827)に天守閣が落雷で焼失し、維新期には櫓・門など城郭施設を城主が自ら破壊したため、近世以前の構造物は堀と石垣以外残っていない。現在の天守閣は、昭和29年(1954)に建造された3層3階の模擬天守で、内部には資料展示室と望楼など。ほかに本丸には「八陣の庭」と言われている庭園がある。

\口コミ ピックアップ/
大阪城と、岸和田城。大阪に二個しかないお城
岸和田城は、こじんまりしてますが
キレイです。桜もキレイだし、だんじりとお城の
ショットは最高。ぜひ観光して下さい
(行った時期:2018年7月)

岸和田城の桜を見に行きました。人もそんなに多くなく、
綺麗な桜をながめながらお城の周囲を一周しました。
その後城内にはいって天守閣から桜の光景を眺めましたが、
なかなかいい光景でした。
ここは落ち着いて桜を見るにはちょうど良いところですね。
(行った時期:2018年3月)
岸和田城
住所/大阪府岸和田市岸城町9-1
「岸和田城」の詳細はこちら
三井アウトレットパーク 大阪鶴見
三井アウトレットパーク 大阪鶴見出典:じゃらん 観光ガイド 三井アウトレットパーク 大阪鶴見
\口コミ ピックアップ/
大阪市内にあり、京橋からほど近い場所にあります。たいへん広い敷地内に数多くのショップが入っており、一日中楽しめます。土日祝日は、かなり賑わっていますので、出来れば平日がオススメです。
(行った時期:2018年4月)

駐車場から近くて、迷いにくいのでいいと思います。お店が現在は少ないので、絞ってみることができ、アウトレットでよくある買いすぎにならないので好きです!
(行った時期:2018年3月)
三井アウトレットパーク 大阪鶴見
住所/大阪府大阪市鶴見区茨田大宮2-7-70
「三井アウトレットパーク 大阪鶴見」の詳細はこちら
道頓堀
道頓堀出典:じゃらん 観光ガイド 道頓堀
\口コミ ピックアップ/
いつも通りの活気溢れる道頓堀でした^^
いつもここに来るとたくさん買い物して、元気をもらいます!
グルメにもとてもいい場所。いつ来ても新しいお店があるたくさんできていて、お酒好きにはたまらないです。
(行った時期:2018年5月)

これぞ大阪!と言える街並みが広がっています。有名なグリコ看板や、水上バスなど、大阪らしいにぎやかな雰囲気が楽しいスポットです。
(行った時期:2018年5月)
道頓堀
住所/大阪府大阪市中央区道頓堀
「道頓堀」の詳細はこちら
グランフロント大阪
グランフロント大阪出典:じゃらん 観光ガイド グランフロント大阪
「グランフロント大阪」とは、JR大阪駅北地区梅田北ヤード、通称うめきたで開発が進められている先行開発区域の施設の名称です。開発事業者は、大林組、三菱地所、阪急電鉄、積水ハウス、NTT都市開発など12社。大阪のDNAを受け継ぎ、その力を大阪から日本全体へ、さらには大阪から世界へ誇れるような”まち”をつくるというコンセプトを掲げています。大きくA、B、Cの3つのブロックで構成されるこの"まち"に行うのは、これからの大阪を支えるにふさわしい都市機能の集積。そのなかで私たちが実現したいのは、個々のブロックが独立完結したものではなく、互いに魅きつけあい、影響しあい、変わり続ける力を持つようにすること。そんな強い意志をもった"まち"を作り上げています。(Aブロック)オフィス。商業施設 "まち"の入口にあたるAブロックは、関西屈指のスケールを擁する高規格のオフィス、ライフスタイル提案型商業施設で構成します(Bブロック)ナレッジキャピタル、オフィス、商業施設、ホテル・サービスアパートメント、コンベンション。 低層部の「ナレッジキャピタル」を中心として、Aブロックと同様のオフィス、商業施設に加え、国際水準のホテル・サービスアパートメント、コンベンションを配置します。(Cブロック)分譲住宅。 アメニティあふれる緑に囲まれた、高品位な分譲マンション。これまでにない都市居住スタイルを提案します。

\口コミ ピックアップ/
グランフロント大阪は梅田の中でもお洒落なお店がたくさん入っている建物の1つです!カフェやレストラン、本屋、ファッション系のお店まで幅広い上に、JR大阪駅直結なので、とても利用しやすいです!また1階の外にある広場では、季節ごとに様々なイベントをしているので飽きないです!
(行った時期:2018年4月)

とっても広くて全部のお店を見て回るのは1日では無理そうでした。食事するお店も色々あって、どのお店も魅力的です。
(行った時期:2018年4月)
グランフロント大阪
住所/大阪府大阪市北区大深町
「グランフロント大阪」の詳細はこちら
関西国際空港
関西国際空港出典:じゃらん 観光ガイド 関西国際空港
関西国際空港は、大阪湾内泉州沖の人工島に浮かぶ、世界初の本格的な海上空港として1994年9月に開港。「関空」という呼び名で親しまれ、2006年7月現在、31ヶ国、71都市を結び、一日あたりの国際定期便の就航便数は101.4便、年間およそ2000万人の旅行者が往来している。旅客ターミナルビルは、4階建ての本館とそこから伸びる南北のウイングから構成され、2階に国内線の出発・到着ロビー、4階に国際線出発ロビー、そして1階に国際線到着ロビーがある。鉄道駅とは2階レベルで直結、バスは空港着が4階、空港発は1階となっており、地上交通への乗り換えがとても便利だ。旅客ターミナルビルにはレストランやお土産売場、マッサージ店なども多い。

\口コミ ピックアップ/
お土産など、買い忘れた物はここで何でも揃うので旅行に行く際、忘れ物をしても安心です(^-^)食事をするにもお店がたくさんあっていつも迷います。
(行った時期:2018年4月)

とにかくデザインが素晴らしく、ずっと見ていても飽きないです。
飲食店やショップ、本屋があり飛行機を乗らなくても訪問する価値があり、一日いても飽きないです。
(行った時期:2018年4月)
関西国際空港
住所/大阪府泉佐野市泉州空港北1
「関西国際空港」の詳細はこちら
新世界
新世界出典:じゃらん 観光ガイド 新世界
\口コミ ピックアップ/
大阪の下町感を味わうことができる場所です。串カツ屋が多く値段もリーズナブルです。新世界で食べる串カツとビールは最高に美味しいです。
(行った時期:2018年5月)

新世界へは大阪に行って初めていきました。東京にはない独特の雰囲気と活気に満ちた街には驚くとともに楽しい感じが良かったです。食の店も派手な看板や装飾の店が多くて驚かされます。お好み焼屋、串カツ屋、ふぐの店、射的や、昔の繁華街の雰囲気が残っていました。
(行った時期:2018年4月)
新世界
住所/大阪府大阪市浪速区恵美須東界隈
「新世界」の詳細はこちら
ユニバーサル・シティウォーク大阪TM
ユニバーサル・シティウォーク大阪TM出典:じゃらん 観光ガイド ユニバーサル・シティウォーク大阪TM
ユニバーサル・シティウォーク大阪TMはユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)に隣接するエンターテイメント型商業施設。ハリウッドテイストあふれる街並みに、本場の味にこだわったワールドグルメや、アメリカンテイストなファッション、雑貨が揃ったショップ等、58店舗が軒を連ねて来る人々を楽しませる。

\口コミ ピックアップ/
パーク内で食べるよりこちらを利用することが多いです。たこ焼き店が集まったエリアやムーミンのドリンクの店、おにぎりの店をよく利用します。テイクアウトできる物も多いので、混雑時は便利です。
(行った時期:2018年5月)

世界中にハードロックカフェは幾つかあるけど、ユニバーサルシティ内のこちらは初めて。
対応してくれた、お兄さんが感じがとても良く、二人でシェアして食べたい事を伝えると色々アドバイスをしてくれて、満足できる食事が出来ました。
(行った時期:2018年5月)
ユニバーサル・シティウォーク大阪TM
住所/大阪府大阪市此花区島屋6-2-61
「ユニバーサル・シティウォーク大阪TM」の詳細はこちら
ひらかたパーク
ひらかたパーク出典:じゃらん 観光ガイド ひらかたパーク
\口コミ ピックアップ/
休日は人も多いですが、ひらパーのキャラクター着ぐるみさんによく遭遇できるので、写真が撮りやすいです。
(行った時期:2018年5月)

昔から行ってる遊園地です。最近は色々な新しいものが出来ていて、毎回楽しめます。年齢層高めでも楽しめます。
(行った時期:2018年4月)
ひらかたパーク
住所/大阪府枚方市枚方公園町1-1
「ひらかたパーク」の詳細はこちら
五月山公園
五月山公園出典:じゃらん 観光ガイド 五月山公園
\口コミ ピックアップ/
阪急池田駅からも歩いていける桜の名所です。
桜の時期は遠くから見ると山がピンクに染まっているのが分かります。
バーベキューもOKなので桜の時期は花見客でいっぱいですが、場所柄かものすごい混雑になることもないのでちゃんとお花見を楽しめます。
(行った時期:2018年4月)

休日にのんびり過ごすのにぴったりな公園です。小さめの動物園があり、動物を見ているだけでいやされます。
(行った時期:2018年4月)
五月山公園
住所/大阪府池田市綾羽2-5-33
「五月山公園」の詳細はこちら
りんくうタウン
りんくうタウン出典:じゃらん 観光ガイド りんくうタウン
\口コミ ピックアップ/
関西国際空港からも近くにあります。また、敷地内にはショッピングモールのほか、公園や白い砂浜のあるビーチもあり、ファミリーでもカップルでも一日中楽しめると思います。オススメできます!
(行った時期:2018年5月)

関空から本州に渡ったところに広がる街です。駅を中心にアウトレットやショッピングモール、超高層ビルがあります。
出発前に買い物するのに便利です!
(行った時期:2018年4月)
りんくうタウン
住所/大阪府泉佐野市りんくう往来北1番
「りんくうタウン」の詳細はこちら
天保山大観覧車
天保山大観覧車出典:じゃらん 観光ガイド 天保山大観覧車
地下鉄大阪港駅から徒歩約5分。海遊館のすぐ横にそびえる高さ112.5m、直径100mの世界最大級の観覧車。所要時間は約15分間で、晴れた日には東に生駒山系、西に明石海峡大橋、南に関西国際空港、北に六甲山系までが一望できる絶好の空の旅だ。60台あるキャビンのうち、3台が車いすのまま直接搭乗できるバリアフリー型キャビン。また搭乗中はキャビン内で日本語と英語の解説が流れる。夜間は世界的な照明デザイナー・石井幹子氏の監修でデザインされた照明により、キャビンと回転軸がイルミネーションのように輝きを放つ。大阪港をカラフルに彩る光は、いまやすっかり大阪の夜の名物のひとつだ。

\口コミ ピックアップ/
天保山ハーバー ビレッジにある観覧車です。
シースルーキャビンではなく、普通のキャビンでしたが、
最高地点付近は高すぎて怖かったです。
一周15分ですが、とても長く感じました。
でも眺めは最高でしたよ。
(行った時期:2018年4月)

夜の夜景がきれいでデートに最適です。
ゆっくりと観覧車が回るのでのんびりとした気持ちを味わうことができるし2人だけの時間も楽しむことができます(笑)
(行った時期:2018年2月)
天保山大観覧車
住所/大阪府大阪市港区海岸通1-1-10
「天保山大観覧車」の詳細はこちら
中之島公園
中之島公園出典:じゃらん 観光ガイド 中之島公園
堂島川と土佐掘川にはさまれた水辺公園。延長約1.5キロ、面積10.6haの緑あふれる都心のオアシスとして市民に親しまれている中之島公園は、明治24年(1891)大阪市で初めて誕生した公園だ。当時の公園内には、これも大阪初のビア・ガーデンがオープン、カフェとともに都市的な憩いを提供した。西洋料理「銀水楼」、日本料理「清華楼」といった、質の高い料亭も公園内に軒を並べた。現在の中央公会堂の裏手付近には、翠柳館という能舞台もあり、金剛流の能楽が定期的に上演されていたそうだ。自由亭ホテルは、大阪で唯一外国人が宿泊できる設備をもったホテルであり、その隣には浪花温泉もあったとか。当時はなんとも贅沢な公園であった。現在の公園内には、約310種類およそ3,700株からなるバラ園があり、5月中旬と10月中旬に見ごろを迎える。年末にはライトアップもなされ、見物客で賑わう。付近には中央公会堂や府立中之島図書館など、レトロなビルが立ち並び、その景観は「大阪みどりの百選」にも選ばれている。

\口コミ ピックアップ/
ここを散策すると大阪が水都である事がよく分かり そこから大阪の歴史を勉強したくなるような気分になります。もちろんただぼーっとするのも最高ですよ。5月の薔薇も圧巻!
(行った時期:2018年5月)

春から秋にかけてレジャーシートや簡易テントを張ってくつろぐ事ができます!周辺にはカフェやレストランがあるので便利です!
バラやチューリップが咲くのでその時期になったら是非行ってみてください。まさに都会のオアシスです
(行った時期:2018年4月)
中之島公園
住所/大阪府大阪市北区中之島1
「中之島公園」の詳細はこちら
明治の森箕面国定公園(箕面の滝)
明治の森箕面国定公園(箕面の滝)出典:じゃらん 観光ガイド 明治の森箕面国定公園(箕面の滝)
標高約100~600mの箕面市北部山地に広がる風光明媚な自然公園(国定公園)。幅5m、落差33mもある壮大な箕面の滝から森林を縫うような渓谷となっていて、一帯には980種もの植物や3,000種を超える昆虫が生息する。大阪府の貴重な自然の森であるとともに、東海自然歩道の西の起点でもある。四季折々の風情が楽しめ、春の桜、冬の樹氷や氷柱、そしてとくに晩秋の紅葉がたいへん美しい。箕面山は古くから山岳仏教の聖地で、役行者が開いたという修験道の根本道場・瀧安寺(箕面寺)などの古刹も見られる。また、滝へ行く途中の道にある昆虫館も有名。1万点近くの昆虫の標本に加えて、大温室・放蝶園には約30種200匹以上の蝶が飛び交い、四季を通じてその生態が観察できる。

\口コミ ピックアップ/
もみじの天ぷらで有名な箕面の滝に行きたくなり軽装で行きました。それなりに山道を歩くのですが軽装でも全然大丈夫でした。新緑の季節に行きましたが緑がとてもキラキラしていて清々しい気持ちで歩けました。目的の滝に到着するとマイナスイオンたっぷりで水量が多いことに驚きました。たまたま滝の前で結婚式をされてました。とても癒されました。
(行った時期:2018年5月)

少し傾斜を降りて行ったところに滝があります。
マイナスイオンをたっぷりあびてゆっくりリラックスできるように
滝の前には椅子があります。
(行った時期:2018年3月)
明治の森箕面国定公園(箕面の滝)
住所/大阪府箕面市箕面公園
「明治の森箕面国定公園(箕面の滝)」の詳細はこちら
造幣局(工場見学)
造幣局(工場見学)出典:じゃらん 観光ガイド 造幣局(工場見学)
明治新政府は、近代国家を建設するにあたり、幕末の乱れた貨幣制度を立て直す必要があると考え、先進諸国の貨幣に劣らない貨幣を製造するため、大阪に造幣局を設立しました。
造幣局は、明治4年(1871年)4月4日に創業式を行い、その当時としては画期的な洋式設備によって貨幣の製造を開始し、明治初期におりる近代工業をわが国へ紹介する役割を果たしました。

\口コミ ピックアップ/
造幣局の桜の通り抜けに行ってきました。
天満橋駅から造幣局の入り口、中まで行列ができました。
今年の桜は開花が早かったため、今年の桜も結構散っていましたが
夜桜を堪能できました。造幣局から駅までの間は露天も多く、にぎわってました。
(行った時期:2018年4月)

春に造幣局までデートをしに行きました。
八重桜がとっても鮮やかに咲いてました。
夜にされるライトアップも素敵でした。
(行った時期:2018年4月)
造幣局(工場見学)
住所/大阪府大阪市北区天満1-1-79
「造幣局(工場見学)」の詳細はこちら
毛馬桜之宮公園
毛馬桜之宮公園出典:じゃらん 観光ガイド 毛馬桜之宮公園
毛馬洗い堰から天満橋までの河川敷を利用した、水と緑と桜の河岸公園。造幣局などのレトロ建造物の他、水の広場、遊歩道などがあり、散策ジョギングにも最適。約4,700本の桜並木が続き、花見の名所としても知られている。

\口コミ ピックアップ/
天満橋駅で降りて歩いて毛馬桜之宮公園に桜を見に行きました。
4月はじめの日曜日ということですごい人でした。
ただ、本当に桜は綺麗でした。川と桜の取り合わせもまた見事で、
大阪のお花見を満喫しました。
(行った時期:2018年4月)

桜の咲く時期には、川とのコントラストが楽しめるのでとてもオススメでして公園も綺麗に整備されていて良い花見になりました。
(行った時期:2018年4月)
毛馬桜之宮公園
住所/大阪府大阪市都島区中野町1丁目 ほか
「毛馬桜之宮公園」の詳細はこちら

※この記事は2019年1月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

当記事はじゃらんnewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ