【大阪】春のおすすめデートスポット20選!カップルで行きたい定番や穴場スポットもカップルで行きたい定番や穴場スポットも

じゃらんnews

2018/2/2 14:25


osusumedate

2018年春のデートにおすすめのスポットをご紹介!

定番の海遊館や天王寺動物園から、花の万博記念公園や大阪城公園、お笑いの聖地・なんばグランド花月など大阪にはカップルで思いっきり楽しめる人気スポットがいっぱい!
春の訪れを感じながら、食いだおれと一緒に楽しむおすすめデートスポットへ行こう!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
なんばグランド花月
なんばグランド花月出典:じゃらん 観光ガイド なんばグランド花月
吉本のホームグラウンドとして建設された「なんばグランド花月」。頭文字をとった「NGK」の略称で馴染み深い。吉本タレントや芸人による漫才や落語が上演されている。同劇場の目玉ともいえる「吉本新喜劇」も、連日の上演だ。ストーリーは主に民宿や商店などで展開され、予期せぬアクシデントに登場人物たちが立ち向かうというもの。

アドリブを交えた舞台では、新喜劇メンバーによる、それぞれの独自ギャグも披露される。 そして、吉本興業創業100周年を機に、2012年4月8日リニューアルオープンし、大阪の味・名産品の店舗も充実しており、お笑いを楽しむだけでなく、食べて、体験できるプランなども用意している。

\口コミ ピックアップ/
早めに着いたので二階の売店や吉本一族の資料をゆっくり見ていました。
生でみる芸人さん、テレビで見ているのとまったく同じメンツの演者にただただ感激!感動!大笑いでした。
(行った時期:2018年1月)
なんばグランド花月
住所/大阪府大阪市中央区難波千日前11-6
「なんばグランド花月」の詳細はこちら
カップヌードルミュージアム
インスタントラーメン発明記念館出典:じゃらん 観光ガイド カップヌードルミュージアム
1958年に世界で初めてのインスタントラーメン=チキンラーメンが誕生したこの発祥の地・池田に、1999年にオープン。日清食品の創業者・安藤百福が「チキンラーメン」を開発した当時の小屋が再現されたり、カップヌードル型の体感シアターでは、カップヌードルの開発エピソードや製造工程が紹介されている。

また、小麦粉をこねるところからはじめる「チキンラーメンファクトリー」(有料・要予約)、好きなスープと具材を自由に選んでオリジナルのカップヌードルを作ることができる「マイカップヌードルファクトリー」(有料・予約不要)で、発明と発見の原点を体験できる。「世界の食を変えた」とまで言われるインスタントラーメンの秘密に迫ってみては。

\口コミ ピックアップ/
自分の好きなスープや具材でオリジナルのカップヌードルが作れました!
またぜひ行きたいです(^ω^)
(行った時期:2017年12月)
カップヌードルミュージアム
住所/大阪府池田市満寿美町8-25
「カップヌードルミュージアム」の詳細はこちら
万博記念公園
万博記念公園出典:じゃらん 観光ガイド 万博記念公園
1970年に開催された「日本万国博覧会」の成功を記念し、その跡地に「緑に包まれた文化公園」として、「日本庭園」「自然文化園」さらに文化・スポーツ・レジャー・宿泊施設群が整備された、総面積約260haの公園。

「自然文化園」は岡本太郎氏による博覧会のシンボル「太陽の塔」を中心に、西側は森から里山、東側は芝生が張られて平野のイメージを醸しだすようにデザインされおり、「森」から「里山」にかけては、四季折々の変化を示す森、小鳥のさえずりや花々の香りや風情を楽しめる自然、幾つもの滝や水の流れや水車小屋など、日本の里山を感じさせる風景がある一方、お祭広場・緑地広場がある「平野」では、さまざまなイベントやお祭りなども催されている。

ほかにも、万博開催時に日本政府の出展施設のひとつであった「日本庭園」、文化施設としては世界中のあらゆる民族に関する資料や情報を収集・公開している「国立民族博物館」や、児童文学に関する図書・雑誌その他の資料約65万点を収集・保存している「国際児童文学館」などがある。大阪モノレール「万博記念公園駅」または「公園東口駅」が便利だ。

\口コミ ピックアップ/
広くてびっくり。春に行ったらピクニック出来て楽しそうなのでまた再訪したいです。夜のライトアップも見てみたいです。面白かったです
(行った時期:2018年1月)
万博記念公園
住所/大阪府吹田市千里万博公園
「万博記念公園」の詳細はこちら
梅田スカイビル
梅田スカイビル出典:じゃらん 観光ガイド 梅田スカイビル
大阪・梅田の新都心「新梅田シティ」の中核施設であり、梅田のランドマークのひとつでもある「梅田スカイビル」。1993年に完成、地上40階建てビル2棟を上部で連結し、39階の空中レストラン、40階の展望ギャラリーに加え、屋上部分では地上170mの風に吹かれながら、大阪の街並みを一望できる「空中庭園展望台」がある。

建物内部はオフィス・店舗・ショールーム・イベントホール・映画館、さらに地下にはレトロ的な雰囲気の飲食街「滝見小路」などを備えている。ビルの敷地の南側には「中自然の森」、北側には「花野」という、四季折々の自然に触れられる散策コースがあり、多くの市民が訪れている。また、中央広場では、折々の国際色豊かなイベントなどが催され、賑わっている。

\口コミ ピックアップ/
梅田のランドマーク。高層階はめちゃくちゃ見晴らしがよくて気持ちいいです。大阪の街が一望出来ます。レストランなども入っています。
(行った時期:2017年12月)
梅田スカイビル
住所/大阪府大阪市北区大淀中1-1-88
「梅田スカイビル」の詳細はこちら
海遊館
海遊館出典:じゃらん 観光ガイド 海遊館
太平洋を取り囲む自然環境を再現した世界最大級の水族館。飼育展示されている生き物の数は620種、30000点にのぼる。

同館で1番の人気者・ジンベエザメなどが悠々と泳ぐ巨大な水槽「太平洋」をはじめ、熱帯魚が泳ぐトンネル型の水槽「魚のとおりぬけ・アクアゲート」、ペンギンたちのいる「南極大陸」など、趣向さまざまな水槽が魅力。海遊館の建物全体で『環太平洋生命帯』を表現しているといい、見学者はいったん8階まで上がった後、スロープを下りながら、10の地域に生きるさまざまな魚たちや海の表情を間近に見ることができる。

2013年3月に増設した「新・体感エリア」人気。再入館手続きをすれば、当日なら何度でも入館可能。夜5時以降に入場すれば、魚たちの夜の生態も垣間見える。

\口コミ ピックアップ/
ジンベイザメの雄大な泳ぎに唖然としました。水槽も手入れが行き届き、見ていて気持ちよかった。次は夜、行ってみたい。
(行った時期:2018年1月25日)
海遊館
住所/大阪府大阪市港区海岸通1-1-10
「海遊館」の詳細はこちら
天王寺動物園
天王寺動物園出典:じゃらん 観光ガイド 天王寺動物園
\口コミ ピックアップ/
天王寺にある動物園。規模も大きく、コアラやキュゥイ、しろくまなど珍しい動物もいます。生きている動物相手なのでタイミングよく元気にしている時ばかりではないですが、寝てる姿もなかなか癒されました。
(行った時期:2018年1月)
天王寺動物園
住所/大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-108
「天王寺動物園」の詳細はこちら
大阪城公園
大阪城公園出典:じゃらん 観光ガイド 大阪城公園
\口コミ ピックアップ/
観光所として
ぜひ行って欲しい(о´∀`о)
色々イベントもしてるし桜の咲く時は
とても綺麗ですよ★
(行った時期:2017年10月)
大阪城公園
住所/大阪府大阪市中央区大阪城
「大阪城公園」の詳細はこちら
岸和田城
岸和田城出典:じゃらん 観光ガイド 岸和田城
元弘4年(1334)、楠木正成の一族・和田高家が今の城よりも東側の野田町に築いたのが始まりとされる岸和田城。本丸と二の丸を連ねた形が、ちぎりに似ているため、千亀利城(ちきり城)とも呼ばれている(「ちきり」とは機(はた)のたて糸をまく器具のこと)。

天正13年(1585)には、羽柴秀吉の紀州根来寺討滅により、秀吉の伯父・小出秀政が城主になり、本丸を五層の天守に大改修。以降、岸和田城主は、小出氏3代、元和5年(1619)からは松平(松井)康重・康映、寛永17年(1640)からは岡部氏がつとめていた。岡部宜勝(のぶかつ)は、さらに城を大改築し近世城郭を築き上げ、岡部氏は明治維新まで13代居城していた。文政10年(1827)に天守閣が落雷で焼失し、維新期には櫓・門など城郭施設を城主が自ら破壊したため、近世以前の構造物は堀と石垣以外残っていない。

現在の天守閣は、昭和29年(1954)に建造された3層3階の模擬天守で、内部には資料展示室と望楼など。ほかに本丸には「八陣の庭」と言われている庭園がある。

\口コミ ピックアップ/
天守閣の眺望は、最高ですよ!これからの季節は散歩がてらに是非いってください!春は桜がきれいですので、次の春は花見にいってください!!
(行った時期:2017年7月)
岸和田城
住所/大阪府岸和田市岸城町9-1
「岸和田城」の詳細はこちら
三井アウトレットパーク 大阪鶴見
三井アウトレットパーク 大阪鶴見出典:じゃらん 観光ガイド 三井アウトレットパーク 大阪鶴見
\口コミ ピックアップ/
多数のブランドがあり、毎日セール価格で販売しています。
大型駐車場もあり、大きな買い物をしても心配いらないのも魅力的です。
季節商品がさらに割引となり半額以下で買えることも多数あります。
(行った時期:2017年8月)
三井アウトレットパーク 大阪鶴見
住所/大阪府大阪市鶴見区茨田大宮2-7-70
「三井アウトレットパーク 大阪鶴見」の詳細はこちら
道頓堀
道頓堀出典:じゃらん 観光ガイド 道頓堀
松竹座にカニ道楽、そしてグリコの看板などによって象徴される道頓堀は、大阪・ミナミの代表的な繁華街。道頓堀の名は、慶長17年(1612)に私財をなげうって川を開削した安井道頓(やすい・どうとん)の名前に由来。その後、幕府の都市計画によって道頓堀の南側に大坂中の芝居小屋が集められ、47軒の水茶屋が許可されて長らく日本の芝居の本場として栄えた。

芝居に大勢の人が集まってくると、食べ物屋も自然に繁盛した。現在、芝居小屋は戎橋近くの松竹座だけが残っているが、飲食店は道頓堀通りの北側にさまざまなジャンルの店が軒を連ね、一年中賑わいを見せている。また近年では、食と芸能のテーマパーク・道頓堀極楽商店街をはじめ、川面の遊歩道・とんぼりリバーウオークなども開業/開通し、道頓堀の新たなスポットとして人気を集めている。

\口コミ ピックアップ/
歩くだけで楽しい!
ザ大阪!!を感じれます。
看板もグリコ以外もとっっても色々ありました。
美味しいものもたくさんでお腹くるし~…
(行った時期:2018年1月)
道頓堀
住所/大阪府大阪市中央区道頓堀
「道頓堀」の詳細はこちら
グランフロント大阪
グランフロント大阪出典:じゃらん 観光ガイド グランフロント大阪
「グランフロント大阪」とは、JR大阪駅北地区梅田北ヤード、通称うめきたで開発が進められている先行開発区域の施設の名称です。開発事業者は、大林組、三菱地所、阪急電鉄、積水ハウス、NTT都市開発など12社。大阪のDNAを受け継ぎ、その力を大阪から日本全体へ、さらには大阪から世界へ誇れるような”まち”をつくるというコンセプトを掲げています。

大きくA、B、Cの3つのブロックで構成されるこの"まち"に行うのは、これからの大阪を支えるにふさわしい都市機能の集積。そのなかで私たちが実現したいのは、個々のブロックが独立完結したものではなく、互いに魅きつけあい、影響しあい、変わり続ける力を持つようにすること。そんな強い意志をもった"まち"を作り上げています。
(Aブロック)オフィス。商業施設 "まち"の入口にあたるAブロックは、関西屈指のスケールを擁する高規格のオフィス、ライフスタイル提案型商業施設で構成します
(Bブロック)ナレッジキャピタル、オフィス、商業施設、ホテル・サービスアパートメント、コンベンション。 低層部の「ナレッジキャピタル」を中心として、Aブロックと同様のオフィス、商業施設に加え、国際水準のホテル・サービスアパートメント、コンベンションを配置します。
(Cブロック)分譲住宅。 アメニティあふれる緑に囲まれた、高品位な分譲マンション。これまでにない都市居住スタイルを提案します。

\口コミ ピックアップ/
今までに何度か行きましたが、とても広いので一度では見て回れませんでした。
ショッピングや食事が楽しめ、デートにもおすすめです。
(行った時期:2018年1月)
グランフロント大阪
住所/大阪府大阪市北区大深町
「グランフロント大阪」の詳細はこちら
関西国際空港
関西国際空港出典:じゃらん 観光ガイド 関西国際空港
関西国際空港は、大阪湾内泉州沖の人工島に浮かぶ、世界初の本格的な海上空港として1994年9月に開港。「関空」という呼び名で親しまれ、2006年7月現在、31ヶ国、71都市を結び、一日あたりの国際定期便の就航便数は101.4便、年間およそ2000万人の旅行者が往来している。

旅客ターミナルビルは、4階建ての本館とそこから伸びる南北のウイングから構成され、2階に国内線の出発・到着ロビー、4階に国際線出発ロビー、そして1階に国際線到着ロビーがある。鉄道駅とは2階レベルで直結、バスは空港着が4階、空港発は1階となっており、地上交通への乗り換えがとても便利だ。旅客ターミナルビルにはレストランやお土産売場、マッサージ店なども多い。

\口コミ ピックアップ/
旅行に行く際、関空をよく利用します。清潔感があって、快適な空港で待ち時間もショッピングを楽しめます。
(行った時期:2017年11月)
関西国際空港
住所/大阪府泉佐野市泉州空港北1
「関西国際空港」の詳細はこちら
新世界
新世界出典:じゃらん 観光ガイド 新世界
\口コミ ピックアップ/
華やかな感じがワクワク感を誘う場所です。 ただ景色を見てるだけでも楽しめる場所です。 たくさんの飲食店があるので迷いますね
(行った時期:2018年1月)
新世界
住所/大阪府大阪市浪速区恵美須東界隈
「新世界」の詳細はこちら
ユニバーサル・シティウォーク大阪TM
ユニバーサル・シティウォーク大阪TM出典:じゃらん 観光ガイド ユニバーサル・シティウォーク大阪TM
ユニバーサル・シティウォーク大阪TMはユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)に隣接するエンターテイメント型商業施設。ハリウッドテイストあふれる街並みに、本場の味にこだわったワールドグルメや、アメリカンテイストなファッション、雑貨が揃ったショップ等、58店舗が軒を連ねて来る人々を楽しませる。

\口コミ ピックアップ/
ユニバーサルスタジオの帰りに寄りました。
美味しそうな食べ物もたくさんあって大変満足でした。
お土産もここで済ませて発送しました。
(行った時期:2018年1月)
ユニバーサル・シティウォーク大阪TM
住所/大阪府大阪市此花区島屋6-2-61
「ユニバーサル・シティウォーク大阪TM」の詳細はこちら
ひらかたパーク
ひらかたパーク出典:じゃらん 観光ガイド ひらかたパーク
京阪電車「枚方公園駅」下車徒歩約3分、大阪のベッドタウンの一角にあるファミリー向け遊園地。「ひらパー」の愛称で親しまれ、総面積16万平方メートルとコンパクトサイズだが、起伏に富んだ地形をうまく利用して約40種ものアトラクションを配置している。全長695.6m、最高時速58.1kmの木製コースター「エルフ」は、木製ならではの揺れと柔らかい乗り心地によって、恐怖と心地よさが同居している絶叫系ヒーリングアトラクションだ。

「レッドファルコン」は、全長約1300メートル、最高時速70kmの乗りごたえ抜群のジェットコースター。「ジャイアントドロップメテオ」は、猛スピードで一気に落下する超絶叫マシンで、意識も遠のく垂直落下の恐怖を体感できる人気アトラクションのひとつ。かわいい動物や美しいバラが楽しめるスポットもあり、夏はプール、冬はスケートやスノーランド(雪遊び広場)も登場。

\口コミ ピックアップ/
昔からそんなに変わっていない庶民的な遊園地です(笑)。うちの小学生の子どもたちが大好きでいつも行こうとお願いされます☆小さな子供も楽しめますし、込み具合的にも大人も疲れません(笑)。夏のプールは混んでいますが楽しめるのでおススメです!冬のイルミネーションも行く価値ありです!
(行った時期:2017年12月)
ひらかたパーク
住所/大阪府枚方市枚方公園町1-1
「ひらかたパーク」の詳細はこちら
五月山公園
五月山公園出典:じゃらん 観光ガイド 五月山公園
\口コミ ピックアップ/
標高約315メートルのところにある「五月山公園」は、桜とツツジ、紅葉の名所として知られており、1年通してたくさんの方が訪れます。園内にはお猿さんやワラビー、アライグマ、モルモットなどが見れる五月山動物園をはじめ、都市緑化植物園やハイキングコースがあります。気軽なレジャーの場として最適なので、ご家族みんなで楽しんでください。
(行った時期:2017年12月)
五月山公園
住所/大阪府池田市綾羽2-5-33
「五月山公園」の詳細はこちら
りんくうタウン
りんくうタウン出典:じゃらん 観光ガイド りんくうタウン
「世界の玄関」として、多くの人が行き交う「関西国際空港」に隣接するりんくうタウン。空港の開港に伴い「住・食・学・買・遊」を併せ持つ生活創造都市として、1994年に開発された。総面積は320ha、泉佐野市、田尻町、泉南市の2市1町にまたがっている。
りんくうタウン内には、人気のホテルやレストランが入居する「りんくうタワーゲートビル」、人気のブランド品がリーズナブルなプライスで買える「りんくうプレミアム・アウトレット」、食品や衣料品、生活用品など160を越える店が入居する「りんくう泉南ショッピングセンター」のほか、散策におすすめの「りんくう公園」や、「サザンビーチ」「マーブルビーチ」などの海水浴場もある。

\口コミ ピックアップ/
お店も多く、観光客で賑わっていて驚きました。
アウトレット、ホテルもあり空港利用の際には是非利用したいエリアです。
(行った時期:2017年11月)
りんくうタウン
住所/大阪府泉佐野市りんくう往来北1番
「りんくうタウン」の詳細はこちら
天保山大観覧車
天保山大観覧車出典:じゃらん 観光ガイド 天保山大観覧車
地下鉄大阪港駅から徒歩約5分。海遊館のすぐ横にそびえる高さ112.5m、直径100mの世界最大級の観覧車。所要時間は約15分間で、晴れた日には東に生駒山系、西に明石海峡大橋、南に関西国際空港、北に六甲山系までが一望できる絶好の空の旅だ。60台あるキャビンのうち、3台が車いすのまま直接搭乗できるバリアフリー型キャビン。
また搭乗中はキャビン内で日本語と英語の解説が流れる。夜間は世界的な照明デザイナー・石井幹子氏の監修でデザインされた照明により、キャビンと回転軸がイルミネーションのように輝きを放つ。大阪港をカラフルに彩る光は、いまやすっかり大阪の夜の名物のひとつだ。

\口コミ ピックアップ/
すごく大きな大観覧車です。
景色は本当に最高ですし、夜景がおススメです。
床が透明な観覧車もありますので、スリルがあって楽しいですよ。
(行った時期:2017年12月)
天保山大観覧車
住所/大阪府大阪市港区海岸通1-1-10
「天保山大観覧車」の詳細はこちら
中之島公園
中之島公園出典:じゃらん 観光ガイド 中之島公園
堂島川と土佐掘川にはさまれた水辺公園。延長約1.5キロ、面積10.6haの緑あふれる都心のオアシスとして市民に親しまれている中之島公園は、明治24年(1891)大阪市で初めて誕生した公園だ。当時の公園内には、これも大阪初のビア・ガーデンがオープン、カフェとともに都市的な憩いを提供した。西洋料理「銀水楼」、日本料理「清華楼」といった、質の高い料亭も公園内に軒を並べた。現在の中央公会堂の裏手付近には、翠柳館という能舞台もあり、金剛流の能楽が定期的に上演されていたそうだ。

自由亭ホテルは、大阪で唯一外国人が宿泊できる設備をもったホテルであり、その隣には浪花温泉もあったとか。当時はなんとも贅沢な公園であった。現在の公園内には、約310種類およそ3 700株からなるバラ園があり、5月中旬と10月中旬に見ごろを迎える。年末にはライトアップもなされ、見物客で賑わう。付近には中央公会堂や府立中之島図書館など、レトロなビルが立ち並び、その景観は「大阪みどりの百選」にも選ばれている。

\口コミ ピックアップ/
大阪で最初に誕生した公園のようです。レトロな外観の大阪市中央公会堂などを見ながら、向こう岸に北浜を見ながらのんびり散策するには良い公園です。
(行った時期:2017年12月)
中之島公園
住所/大阪府大阪市北区中之島1
「中之島公園」の詳細はこちら
明治の森箕面国定公園(箕面の滝)
明治の森箕面国定公園(箕面の滝)出典:じゃらん 観光ガイド 明治の森箕面国定公園(箕面の滝)
標高約100~600mの箕面市北部山地に広がる風光明媚な自然公園(国定公園)。幅5m、落差33mもある壮大な箕面の滝から森林を縫うような渓谷となっていて、一帯には980種もの植物や3000種を超える昆虫が生息する。大阪府の貴重な自然の森であるとともに、東海自然歩道の西の起点でもある。

四季折々の風情が楽しめ、春の桜、冬の樹氷や氷柱、そしてとくに晩秋の紅葉がたいへん美しい。箕面山は古くから山岳仏教の聖地で、役行者が開いたという修験道の根本道場・瀧安寺(箕面寺)などの古刹も見られる。また、滝へ行く途中の道にある昆虫館も有名。1万点近くの昆虫の標本に加えて、大温室・放蝶園には約30種200匹以上の蝶が飛び交い、四季を通じてその生態が観察できる。

\口コミ ピックアップ/
街並みは暑くても川沿いはとても涼しくお散歩には最適
滝の前ではマイナスイオンをたっぷり浴びて帰りました
(行った時期:2017年7月)
明治の森箕面国定公園(箕面の滝)
住所/大阪府箕面市箕面公園
「明治の森箕面国定公園(箕面の滝)」の詳細はこちら

こちらもチェック!大阪のおでかけ情報
桜前線到来!オススメ花見スポットはここだ!【大阪】
食べた分はしっかり消費?自転車で回るご当地グルメ満喫ポタリング【大阪】

※この記事は2018年2月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

あなたにおすすめ