中村明日美子原作BL『ダブルミンツ』淵上泰史&ボイメン・田中俊介で実写映画化決定

クランクイン!

2017/1/31 08:00

 『同級生』ほか数多くの人気作を手掛ける漫画家・中村明日美子原作のダークBLと呼ばれる衝撃的な作品『ダブルミンツ』が実写映画化されることが決定。淵上泰史が本作で初主演を果たし、BOYS AND MENの田中俊介とただならぬ男たちの関係を鮮烈に演じる。また、中村原作の作品では、初の実写映画化となる。

【関連】『ダブルミンツ』場面写真フォトギャラリー

「女を殺した―」ある日突然、壱河光夫の携帯電話にかかってきた高飛車な声の主は、高校時代の同級生で今はチンピラになっている市川光央だった。高校の新クラスで出会った同じイチカワミツオの音の名前を持つ二人だったが、冷酷で高飛車な光央と光夫はいつしか主従関係となっていた。 数年を経て再会をした二人だったが、かつての記憶が忘れられない光夫は、逆らうことなく共犯者に。だがそれは高校の頃の主従関係でない、新しい形の関係へと姿を変えていく…。

『僕だけがいない街』『ミュージアム』などに出演、本作で初主演作を果たす淵上と、2016年日本レコード大賞新人賞を受賞したBOYS AND MENのメインメンバーであり、俳優としても『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』『サムライロック』といった作品で活躍している田中が2人の“イチカワミツオ”を演じる。

そして舞台『ハイキュー!!』シリーズの須賀健太が高校時代の高圧的な光央を演じ、 『アンチポルノ』主演の冨手麻妙、『想いのこし』の川籠石駿平、『そして父になる』『そこのみにて光輝く』の高橋和也、『踊る大捜査線』シリーズ、『グッドモーニングショー』の小木茂光が脇を固める。監督は『下衆の愛』でロッテルダム国際映画祭ほか30以上の海外の国際映画祭で上映されて話題を呼んだ内田英治が手掛ける。

実写映画化について中村は「正直実現は無理だろうと思っていた」と素直な気持ちを明かす。だが「ほとんど不可能だろうと思ったキャスティングも、思いがけず熱心で情熱を持った方々に演じていただいて、この作品は本当に幸運でした」とコメントを寄せる。そして、メガホンをとった内田監督について「重箱の隅をつつくような脚本の直しを叩きつけたにも関わらず粘り強く返球してくださり、原作を読んでくださった方々にもご満足いただける内容になったと思います。どうぞお楽しみいただければ幸いです」と、太鼓判を押している。

映画『ダブルミンツ』は今夏より公開予定。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ