三浦祥朗、M・A・Oら出演のTVアニメ『正解するカド』2017年4月より放送決定、PV第1弾やキャスト情報公開

ウレぴあ総研

2017/1/27 18:30

東映アニメーション初のCGアニメーションによるオリジナルTVシリーズ「正解するカド」が、2017年4月よりTOKYO MX、MBS、BSフジにて放送決定。

公開されたPV第1弾にて、アニメ映像をはじめ出演キャストやスタッフ情報が明らかになりました。

2分30秒のPVは、実写×アニメで構成。実写パートは、「“正解するカド”の作品世界に生きる人々」というテーマのもと、アニメのメインキャストが出演するifストーリーのコンセプトトレーラーとなっています。

アニメパートは、真道幸路朗やヤハクィザシュニナらメインキャラクターたちのほか、謎の巨大立方体「カド」をはじめとする作品を彩るさまざまな要素が詰め込まれ、物語の魅力が凝縮されたものになっています。

外務省に勤務する凄腕の交渉官の真道幸路朗(しんどうこうじろう)役を三浦祥朗、カドより姿を現した謎の存在・ヤハクィザシュニナ役を寺島拓篤、国際交渉官の徭沙羅花(つかいさらか)役をM・A・O が担当。

そのほかにも羽根健治、伊藤静、釘宮理恵、中博史、斎藤志郎、菊池正美、桐本拓哉、菅沼久義、阪口大助、後藤哲夫、小山剛志、半田裕典、甲斐田裕子、白石涼子らの出演が決定しています。

総監督は「翠星のガルガンティア」を手掛けた村田和也、劇伴は「レッドクリフ」「鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星」「翠星のガルガンティア」などを手掛けた岩代太郎が担当。その他、シリーズディレクターを渡辺正樹、脚本を野﨑まど、キャラクターデザインを有坂あこらが務めます。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ