角田信朗の暴露は売名行為?芸人から”一斉共演NG”の可能性も


 格闘家の角田信朗(55)が1月23日、自身ブログでダウンタウン松本人志(53)との確執を告白したことについて謝罪した。ブログで角田信朗は、「私自身の思慮に欠ける突然の発信で、松本人志氏、そして関係者各位の皆様に、大変不愉快な思いをさせてしまった事を、心よりお詫び申し上げます」と綴っている。

同騒動は、16日に角田がブログで8年前に起きたという松本との“誤解”について告白したことが始まりだ。角田が、ダウンタウンがMCを務める番組の出演オファーを断り、このことから生まれた双方の誤解で、共演NGが続いているというものであった。

松本はこの件について、22日に自身が出演する『ワイドナショー』(フジテレビ系)内で、番組の企画で角田をレフリー役としてオファーし、出演が予定されていたものの収録2日前に、角田サイドからキャンセルが入ったため、収録が中止になった経緯があったと説明。松本は、自身の都合で共演NGにしたわけではなく、テレビ局や所属事務所を含めたトラブルであることを指摘した。

突然、自身のブログでこの騒動に触れたことに対し、角田はブログで「長く放置された問題に対しぽっと思い立ったから」と綴っており、突然の告白にネットでも疑問の声が挙がっていた。

「今回の一件は、角田が燃料を注いで炎上させただけのことでしょう。角田自身が伝えたかった問題の本質は、関係者周囲に何一つ伝わっていませんし、同時に再び吉本興業や日本テレビの怒りを買っただけとなってしまいました。吉本内でトップタレントとして君臨する松本に、無意味なトラブルをふっかけてしまったことで、今後は松本どころか吉本芸人との共演がNGとなる可能性もある」(芸能記者)

世間や関係者に大きな疑問符を残した角田の“一人相撲”のような騒動だが、関係者の話によれば、この“お騒がせ”な性格は今に始まった事ではないという。

■格闘界でも有名な「面倒くさい人」

「角田は格闘技関係者からも、“面倒な人”として有名です。元同門である空手家の佐竹雅昭(51)は、自著で『彼のことを好きな後輩は1人もいない』と彼のことをバッサリ斬っています。これだけ公式に嫌われるタイプもなかなか珍しいでしょうね」(芸能関係者)

ちなみに佐竹は、20日に出演した『バラいろダンディ』(TOKYO MX)でもこの件についてコメントしている。佐竹は角田から「空手をやらずテレビばっかり出ている」と陰口を叩かれたというエピソードに触れ、「取り扱ってほしいだけなんじゃないか」と分析した。

「今回の一件も売名と言われても仕方ないレベルです。角田は20日のブログで、春に出版する二冊の本のプロモーションではないと書いていますが、この一文が既にプロモーションなのではとツッこまれている状態です。挙句の果てには、自身が管轄する筋トレ関連商品の広告塔として、松本を起用したかっただけなのではと言われる始末です。あながち佐竹の分析は間違っていないかもしれませんね」(前出・芸能記者)

自身が発言した謎の言動に疑問の声が続出している角田だが、売名の一環としては奇しくも話題となった。仮にプロモーションであるとするのならば、吉と出るか凶と出るか。注目だ。
文・安藤美琴(あんどう・みこと)
※1974年東京都出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。

あなたにおすすめ