生田斗真、トランスジェンダーの女性演じ母性開花 「チューもしたしな」と桐谷健太

テレビファン

2017/1/18 20:39


 映画『彼らが本気で編むときは、』完成披露イベントが18日、東京都内で行われ、出演者の生田斗真、桐谷健太、柿原りんか、ミムラと荻上直子監督が出席した。

この作品は、優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田)と、彼女の心の美しさにひかれすべてを受け入れる恋人のマキオ(桐谷)、カップルの前に現れた愛を知らない孤独な少女トモ(柿原)の3人がそれぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日を描く。

主人公たちがそれぞれの思いを込めて編み込んでいる編み物にちなみ、会場では昨秋からスタートしたプロジェクトで全国100人以上の女性が毛糸を一目一目編み続けて完成させた巨大「編みポスター」がお披露目された。生田とともにアンベールした桐谷は「すごい。手編み?」と興味津々に見つめ、生田も「全部編み物だ。いろいろあるので、ニュースでは僕の写真はこれにしてください。お願いします」と笑いを誘った。

その後、中央にあったポスターが端に移動されると桐谷が「やっと斗真の近くに行ける。寂しかった」とアツアツの恋人ぶりを見せつけ、劇中でトランスジェンダーという難役に挑んだ生田を「斗真も最初はすごく苦労したと思いますし、気持ちだけじゃなくて体の角度や手の動きも大変なことがたくさんあったと思う。日に日にリンコさんになって美しくなっていくので、マキオとしてもうれしかった。チューもしたしな」とねぎらった。

荻上監督からも「どんどん日に日にきれいになって、最後には匂いまで女性らしく…。かわいくてかわいくて」とお墨付きをもらい、劇中の多くをともに過ごした柿原も「生田さんは撮影中、本当に優しいお姉さんでした。すべてを包み込む穏やかな強さがあって、思わず見とれてしまうくらいきれいでした」と絶賛。ミムラは「20年後くらいにまた、今度は熟女をやってほしい」と期待を寄せた。

「トランスジェンダーの役をもらうなんてこの先ないかもと思って受けさせていただいた」という生田自身、「発声方法から所作も、想像していた以上の苦労があって本当に大変でした。何より女性の気持ちになることが今まで考えたこともなかった作業。自分の中に母性があふれ出てくるのを感じながら演じさせていただく、充実した日々でした」と振り返っていた。

映画は2月25日から新宿ピカデリー・丸の内ピカデリーほか全国ロードショー。

当記事はテレビファンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ