TRITOPS*イルグン初舞台『伊賀の花嫁』開幕! 共演者のApeaceドゥファン、大国男児インジュンの印象は?

ウレぴあ総研

2017/1/13 18:00

東京・博品館劇場にて1月22日(日)まで上演中の舞台『伊賀の花嫁』。“これぞ喜劇”と銘打たれた同作は、忍者の末裔の「婚活物語」を描いたオムニバス作品だ。同舞台に出演中のイルグン(TRITOPS*)に直撃、話を聞いた。

――『伊賀の花嫁』が初舞台ですね。初日公演を控え(※)、どんなお気持ちですか?

※インタビューは開幕直前に実施。

「“勉強しないと!”という気持ちが日に日に強くなっていますね」

――以前から演技の勉強はされていたのですか?

「ずっと演技には興味がありました。この舞台への出演が決まり、稽古を積んでいくうちに、舞台やミュージカルへの興味がさらに増して、これからも、ずっと演技をやっていきたいという気持ちになりました。でも、もし、日本でチャンスをいただけたとしても、今の僕の日本語レベルでできるのかなぁ……という、日本語の壁も感じています」

――日本語以外でも大変だな、と思うことはありますか?

「『演技』というと、ドラマや映画というイメージがあったので、(カメラが回っている間)セリフを言う時や動いている時だけ演技をするものだと思っていたんです。でも、本当はそうではないんですよね。自分がセリフを言っていなくても、誰かのセリフや動きに反応しないといけない。そして、今回僕の場合は、舞台に立っている間は、イルグンではなく、ヨンファ(※)としてすべてに反応をしないといけないということを教えていただいて、すごく勉強になりました。演技は難しいですがとても面白いですし、もっともっとうまくなりたいです」

※イルグンが演じる役

――この舞台には、同じくK-POPアイドル、Apeaceのドゥファンさんや大国男児のインジュンさんが出演されていす。イルグンさんを含め、3人でK-POPアイドルグループ、ヘップバンのメンバーを演じるということで、一緒にいる時間も多いと思うのですが、お二人の印象はいかがですか?

「二人とも僕より年下ですが尊敬しています。日本語がうまいだけでなく、共演者の方やスタッフの皆さんと自然に仲良くなれるんです。僕は人見知りなので、人ととの距離を縮めることが少し苦手なんです。僕自身、それは良くないことで嫌だなと感じているので、二人を見習っていきたいと思っています。それから……二人ともすごく意識が高いです。自分のすべきことをしっかり考えて、それを行動に移します。『もぅ、僕は今まで何をしてたんだろう!』って思うくらいしっかりしていて尊敬しています」

――主人公、忍者の末裔・伊賀三四郎を演じる町田慎吾さんの印象はいかがですか?

「本当に優しいし、プロだな、と感じました。演技もダンスもびっくりするくらいうまくて。稽古中に、僕がアドリブの反応で、どうしたらいいかわからない時があって相談したんですが、すごく真剣にアドバイスしてくださいました」

――トップオタク、T.O役の水谷あつしさんはいかがですか?

「一緒のシーンが多いこともあってよくお話をしてくれます。具体的に演技についてというより、舞台役者としてどうすべきかということを教えてくれました。

稽古をしていくうちに、勝手に自分で考えすぎてしまって、どうしてたらいいかわからなくなってしまった時があったんです。その時、『考えすぎないで、今は楽しんでやればいいんだよ』ってアドバイスしてくださいました」

――ぜひ、ここは! というオススメのシーンはありますか?

「後半に、ヘップバンと三船先生(菊池均也さん)のシーンがあるのですが、この舞台の中で一番といってもいいくらい面白いシーンじゃないかな。ぜひ、そこを観てほしいです!」

――舞台の稽古を通して、うれしかったことはありますか?

「『K-POPアイドルグループ役なので、髪の毛の色を変えたほうが良いのかなと思うんですが、どんな色が良いですか?』と、演出家さんに聞きに行ったんです。そうしたら、『イルグンが一生懸命稽古して自分自身でヨンファをつくってきたんだから、自分の好きな色にしていいよ』って言ってくださったのが本当にうれしかったですね。

今回、もちろん本当に頑張ってはいますが、僕自身が元々、何かに対して周りの人にもわかるくらい必死にやるタイプではないので、『一生懸命やっているね』と言われたことが初めてだったんです。認めてくれる人がいるって、とてもうれしいなと思いました」

――今後、やってみたい役柄はありますか?

「どんな役でもいいです。強いて言うなら……ラブストーリーで。演技も日本語もまだまだなので主人公は難しいので、ラブストーリーのある友人役で!(笑)」

――今月末には、TRITOPS*として、ヒョンムンさんと二人でのライブもありますね。

「正直、僕たちはソロやユニットをやるよりも4人で歌いたいとずっと思ってきたんです。でも、今年はユジュンさんが入隊してしまいますし、今はウゴンさんがケガの治療でいないのでどうしようと思いました。だけど、考え方を変えて、二人だからと不安になったりせず、TRITOPS*の新しい魅力を見せられる良い機会だと思って頑張ります。

公演では、二人でもTRITOPS*の楽曲を歌います。僕たちは、TRITOPS*のボーカルラインですから! TRITOPS*の歌の素晴らしさを伝えられるように頑張ります。皆さん、ぜひ、ライブにも来てくださいね!!」

町田慎吾主演、忍者の末裔の婚活を描いた抱腹絶倒の舞台『伊賀の花嫁』は、東京・銀座の博品館劇場にて1月22日(日)まで上演。チケット発売中。

▼イルグン初出演舞台『伊賀の花嫁』

方南ぐみ企画公演

2017年1月13日(金)~1月22日(日)@東京・銀座 博品館劇場

脚本・演出:樫田正剛

出演:町田慎吾、永岡卓也、片山陽加、西川俊介、城戸愛莉、インジュン(大国男児)、イルグン(TRITOPS*)、ドゥファン(Apeace)、ヒョンジュ、菊池均也、瀬下尚人(THE CONVOY)、辻沢綾香(箱庭円舞曲)、藤浦功一、水谷あつし

【あらすじ】伊賀の里に爺とタヌキやキツネやおサルたちと無邪気に遊んでばかりの伊賀の忍者の末裔がいる。気づけば女気がない。恋とは…家族とは…。

抱腹絶倒の伊賀の忍者の末裔の婚活物語。

★チケット発売中!

公式サイト:http://hounangumi.net/

■プレゼント応募

TRITOPS*イルグンの直筆サイン入りミニ・インスタント写真をプレゼント!  応募の締切りは1月23日(月)午前11時まで。奮ってご応募ください!!

◆キャンペーンタイトル

【プレゼント】TRITOPS*イルグンのサイン入りミニ・インスタント写真プレゼント!

◆プレゼント内容

TRITOPS*イルグンのサイン入りミニ・インスタント写真

◆当選者数:3名様

◆応募期間

受付中 ~ 2017年1月23日(月)午前11時

◆応募方法

「プレゼント応募はコチラ」リンクよりアンケート回答

◆応募の決まり

※おひとり様1回の応募のみ有効。複数応募無効です。

※当選者の発表は、発送を以ってかえさせていただきます。

応募はこちら ⇒ [終了しました]

■TRITOPS*公式サイト

http://fan.pia.jp/tritops-evergreen/

あなたにおすすめ