吉岡里帆、吉岡秀隆との“ダブル吉岡”共演に感激 秀隆は相談のお礼に照れまくり

テレビファン

2017/1/10 18:38


 NHK BSプレミアムの山口発地域ドラマ「朗読屋」の試写会および会見が10日、東京都内で行われ、出演者の吉岡秀隆と吉岡里帆ほかが出席した。

NHK山口放送局の開局75周年を記念したドラマは、山口市や萩市の須佐を主な舞台に、“朗読屋”となった主人公マモル(吉岡秀隆)が、山口県が生んだ詩人・中原中也の詩を朗読する日々を通して、突然いなくなった妻の思いを知っていくというファンタジックで心温まる物語。

吉岡秀隆は「今日はダブル吉岡で」とあいさつし、完成したドラマを見て「ここもカットか、あそこのシーンもカットかと…。恐らくこれは時間の制約があって編集が大変だったんだろうなと思いました。でも今、出来栄えには満足して、とてもホッとしております」と語った。

同じ名字の吉岡里帆との共演については「いつか会えることもあるかなと思っていたら、意外と早く共演できて、いろいろなお話しもさせてもらってとても刺激を受けました」と、とても辛いカレーを2人で何とか食べた思い出と共に明かした。

吉岡里帆も「本当に辛かったですよね。ダブル吉岡の後輩分です。同じ名字という不思議な縁もあり、私からしたら大大大大先輩。まさかお会いできるどころか1対1でお芝居ができるなんて思っていなくて」と感動を振り返った。

さらに「特に『私は自信がない。この仕事を続けられるのだろうかと毎回思う』と話したら、『僕もそうだよ。自信を持ってやっていない方がいいんじゃないだろうか』と丁寧に答えてくれました。とてもうれしかった」とエピソードを披露すると、吉岡秀隆は「そんなこと言いましたか。偉そうにね。済みません」と照れた。

また、この日会見に出席予定だった市原悦子は風邪のため欠席した。マネジャーを通して「今日は完成披露試写会に参加できず申し訳ございません。山口での撮影は本当に楽しかったので、いい作品になっていることを祈っています」とメッセージを寄せた。

ドラマは18日午後10時から放送。

あなたにおすすめ