子供と一緒に家族でおでかけするなら山形がベスト!2月の旅行におすすめの人気スポット20選!

じゃらんnews

2016/12/29 20:00




山形には雰囲気抜群の温泉や山形ならではのグルメスポットが多く、子供と一緒に家族でのんびりと旅行するには最適♪街の至るところで楽しめる雪景色を見ながら、温泉に浸かって日々の疲れを癒すのも◎

冬の旅行は2月ならではの雰囲気を楽しめる山形はいかが?子供と一緒に家族で楽しめるおすすめのスポットをご紹介!

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください
蔵王温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_06201cd2110077451/photo/
奥羽三高湯の1つで蔵王温泉スキー場の基地。蔵王温泉街の一番奥に造られている大露天風呂は4段からなる階段式で、すべてを合わせると100畳もの広さになるという。上流の2段が女性用、下流の2段が男性用。合計で200名が同時に入浴できる。6時~19時まで(共同浴場は6時~22時)、11月下旬~4月中旬頃まで冬期間休業(共同浴場は無休)。泉 質:酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(酸性泉)。源泉温度:45~66度。

\口コミ ピックアップ/
蔵王温泉にはスキーでいきました。豪雪地帯らしく雪降る中で温泉に入れて最高でした。温泉街も古びてよい雰囲気です。
(行った時期:2016年2月)
蔵王温泉
住所/山形県山形市蔵王温泉
「蔵王温泉」の詳細はこちら
山寺

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000152086/photo/
「閑さや岩にしみ入る蝉の声」と詠んだ芭蕉の句が有名。1100余年前、円仁さんこと慈覚大師によって創建された名刹立石寺は、別名山寺の名で親しまれている。1015段の石段を上るのは少し大変だが、半分ほど行ったところにあるせみ塚には、芭蕉の句が刻まれていて、周りの厳粛な雰囲気もとても良い。松尾芭蕉も愛した静かで美しい景観の寺を訪ねる

\口コミ ピックアップ/
何回か時期をずらして行っていますが、冬も大変良かったです
階段はつるつるで大変足腰が鍛えられました、しかしながら空気は澄んでいて、絵になるお寺の姿がとても美しく、墨絵の様で素晴らしかった。
(行った時期:2016年2月)

頂上の展望台から見た景色は絶景で、約1000段登ってきたかいがありました。一段一段階段を登っていくうちに煩悩が消えていくそうです。ぜひ立ち寄ってみてください。
(行った時期:2016年2月)
山寺
住所/山形県山形市山寺4456
「山寺」の詳細はこちら
鶴岡市立加茂水族館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_06203cc3320040667/photo/
世界一のクラゲ水族館。常時50種以上のクラゲを展示し、世界最大級直径5mのクラゲ大水槽は必見。アシカショーやウミネコの餌付けが楽しめる。他にアザラシや地元庄内の各種海水魚・淡水魚を展示。

\口コミ ピックアップ/
加茂水族館といえばクラゲ展示!リニューアル後は以前よりも綺麗にそして広くなったのでゆっくりとクラゲ鑑賞を楽しむ事ができます。種類が多くて見応えあります。
(行った時期:2015年2月)

クラゲをメインに他にもたくさんの魚の泳いでいる姿が見れる水族館です。
最近改装されたので館内もきれいでした
(行った時期:2014年2月)
鶴岡市立加茂水族館
住所/山形県鶴岡市今泉字大久保657-1
「鶴岡市立加茂水族館」の詳細はこちら
銀山温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_06212cd2110077654/photo/
銀山川をへだてて三層四層の木造の宿がズラリと建ち並び、川からは湯煙が立ちのぼっている。銀山温泉のお湯は、細かな湯花が混じった乳白色のお湯。湯治場の雰囲気が残っている点では全国でも有数の温泉。「能登屋旅館木戸佐左衛門」や「旅館永沢平八」などと人名を大きく書いた、漆喰(しっくい)の看板も珍しい。

温泉街の中央に共同浴場があり、タオル片手の浴衣姿の湯治客たちが川のほとりを往来しているのが、部屋の窓からも見える。温泉街の石畳の歩道沿いに足湯「和楽足湯(わらしゆ)」があり、温泉街をながめながらゆっくり会話を楽しみたい。

\口コミ ピックアップ/
昭和の雰囲気が残っており、ゆっくりと時間が流れている感じが好きです。日常の忙しさを忘れるには持って来いだと思います。カレーパンがおすすめだそうなので今度行ったときに食べてみようと思います。
(行った時期:2015年2月5日)

真冬の銀山温泉を体験したく行きました。当日は大雪で猛吹雪でしたが、趣ある佇まいで明治時代にタイムスリップしたかのようでした。冬に日帰りで訪れる方は長靴にロングコートで行ったほうが無難かも。(宿泊だとお宿で貸してくれます!)
(行った時期:2015年2月)
銀山温泉
住所/山形県尾花沢市大字銀山新畑
「銀山温泉」の詳細はこちら
高畠ワイナリー

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_alikejpB001178190/photo/
\口コミ ピックアップ/
山形県自慢のワインを試飲させてもらい、一番気に入った物を買って行くことができました。ワインは飲んでみないと味の想像が付かないので、こうした試飲サービスが充実しているのはとても助かります。お菓子なども売っていましたよ。
(行った時期:2016年2月)

ワインの試飲が豊富です。運転手さんでなければ、色々飲み比べて好きなワインを探せると思います。山形のワイン、味がしっかりしていてどれも美味でしたよ。お菓子やおつまみも揃うので、お酒以外も楽しめます。
(行った時期:2016年2月)
高畠ワイナリー
住所/山形県東置賜郡高畠町大字糠野目2700-1
「高畠ワイナリー」の詳細はこちら
さかた海鮮市場

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_06204cc3362010887/photo/
平成15年5月17日に酒田港にオープンした市場。1階の鮮魚店には日本海でとれたての活きの良い魚が並び、2階の飲食店では港を眺めながら海の幸を堪能できる。

\口コミ ピックアップ/
2階の食堂で1000円の海鮮丼を食べましたがボリューム・鮮度に大満足でした。混んでいて並びましたが店員さんの誘導がしっかりしていて、料理を受け取った後座る席がないというようなトラブルもなく利用できました。
(行った時期:2010年2月14日)
さかた海鮮市場
住所/山形県酒田市船場町2丁目5番10号
「さかた海鮮市場」の詳細はこちら
庄内観光物産館ふるさと本舗

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_06203ga3550155139/photo/
鶴岡や山形県内の民芸品、工芸品、地酒、漬物、お菓子などに加え、カニを始めとする新鮮な魚介類も販売。食事処もある。

\口コミ ピックアップ/
庄内方面や湯野浜温泉の行き帰りに立ち寄りしています。海産物類も併設されていて土産物が豊富。沢山あって目移りするのが難点・・・。いろいろ物産豊富なところに寄れて良いです。
(行った時期:2014年2月25日)

鶴岡市内の郊外国道7号線上にあるので、遠方から観光に来た方には便利です。高速道路のインターチェンジの側でもある。
(行った時期:2014年2)
庄内観光物産館ふるさと本舗
住所/山形県鶴岡市布目字中通80-1
「庄内観光物産館ふるさと本舗」の詳細はこちら
上杉神社

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_06202ag2130014109/photo/
米沢城本丸奥御殿跡に建立。松が岬公園の中央に位置する。上杉謙信を祀る。現在の本殿は明治神宮や平安神宮の設計者として知られる米沢市出身の伊東忠太の設計。大正12年に再建された。

\口コミ ピックアップ/
さすがだなあ~という感じです。
人気の武将だけあって 参拝客もたくさんいます。
とっても立派な大きな神社です。
雪灯篭祭りの翌日に行ったので、たくさんの灯篭が 倒されていました。
これほどの数の灯篭に明かりがともったら それは見事だろうなあと
次回は その時に来たいと思いました。
(行った時期:2015年2月)
上杉神社
住所/山形県米沢市丸の内1-4-13
「上杉神社」の詳細はこちら
蔵王ロープウェイ

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_06201ee4570112037/photo/
冬季はスキー客、樹氷観光客、夏季は観光・登山客を対象として運行している。蔵王の樹氷は有名で、山の斜面に立ち並ぶ樹氷は「ICE MONSTER」と形容される。ロープウェイの夜間運行も行われており、樹氷がライトアップされる。(50日間限定)

\口コミ ピックアップ/
ロープウェイからの景色はなかなか他では見られない素晴らしい景色です。紅葉ももちろん素晴らしいですが、樹氷の時期にいくのがおすすめです。空気もキラキラ輝いていてとても素敵です。
(行った時期:2016年2月)
蔵王ロープウェイ
住所/山形県山形市蔵王温泉229-3
「蔵王ロープウェイ」の詳細はこちら
山形県観光物産会館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000161658/photo/
地酒やワイン、こけしなどの民芸品、銘菓や漬物など、山形県各地の名産品が豊富に揃う。果物や野菜の直売コーナーでは旬の味を割安で販売、休日はもちろん平日も賑わっている。また敷地内にある食事処「三味会席」では、山菜、扶、こんにゃくの会席料理(各2500円~)があり、山形の味を堪能できる。 山形の土産ならここで何でも揃っちゃう

\口コミ ピックアップ/
定番の商品や、旬のおすすめなど、その時々で美味しいものがたくさんあります。試食が出来るところもあり、ついつい買いすぎてしまいます。玉コンや高畠のジャム、野菜のピクルス買っています。蔵王のクリームチーズもあり嬉しいですね。
(行った時期:2016年2月)

観光物産館のふつうのお土産屋さんと、隣に農家のお店もあり、手作りのおみ漬けも購入してきました。交差点の反対側には、ラスクの工場もあり、見学してきました。子連れでも楽しめます。
(行った時期:2016年2月2)
山形県観光物産会館
住所/山形県山形市表蔵王68
「山形県観光物産会館」の詳細はこちら
羽黒山五重塔

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_06424ae2180021220/photo/
せせらぎの祓川を越えると左手に見えてくるのが羽黒山五重塔です。高さ29m、三間五層の杮葺(こけらぶき)・素木造り(しらきづくり)で、長い軒は飛び立つ白鳥の翼のように美しく、四季を通してそびえたつ姿は優美。雪の降り積もる塔を見に来る人もいるほどです。平安期平将門の建立とされ、慶長十三年(1608)には57万石の出羽山形藩主、最上義光が修造しました。東北地方における唯一の国宝五重塔です。

\口コミ ピックアップ/
門から階段があるのですが、雪の坂道状態です。しっかりした靴で行きましょう。雪木立の中の塔は寒くなければずっと見ていたいです。
(行った時期:2012年2月)
羽黒山五重塔
住所/山形県鶴岡市羽黒町手向
「羽黒山五重塔」の詳細はこちら
道の駅 あつみ

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_06441aa1030001608/photo/
\口コミ ピックアップ/
ドライブ途中のトイレ休憩に必ず寄る道の駅です。トイレだけでなく、ついお土産品を物色し、麦切りの生めんや赤かぶの漬物などを毎回買ってしまいます。授乳室やおむつ替え場所、コインシャワーなどもあって使いやすい道の駅だと思います。
(行った時期:2015年2月)

焼いているところだったので、イカを食べられました。とても美味しい。道の駅なので交通状況も見れます。お土産も美味しい。
(行った時期:2016年2月)
道の駅 あつみ
住所/山形県鶴岡市温海早田字戸ノ浦606(国道7号沿い)
「道の駅 あつみ」の詳細はこちら
名湯 蔵王温泉大露天風呂

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000152068/photo/
森林にすっぽり包まれ広々とした温泉に感動細い坂道を下った渓流沿いにある蔵王温泉大露天風呂は、温泉街の立ち寄り湯の中で最も人気がある。一度に200人は入れるという大きな露天風呂は、上流が女湯、下流が男湯。森林に囲まれた風呂には自然の巨石を使った湯船はあり、ぬる湯とあつ湯の2種類の温泉が楽しめる。心地よさに身を任せよう。

\口コミ ピックアップ/
蔵王温泉の中でも大きな露天風呂で有名です。濃厚な濁り湯に広々した浴槽で堪能できます。雪もふっていて最高でした。
(行った時期:2016年2月)

蔵王温泉を満喫したい時はここがオススメです。とても大きくて広いのでゆったり温泉に入れます。濁り具合もいい感じです。
(行った時期:2015年2月)
名湯 蔵王温泉大露天風呂
住所/山形県山形市蔵王温泉18
「名湯 蔵王温泉大露天風呂」の詳細はこちら
霞城公園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_06201ah3330040923/photo/
初代山形城主斯波兼頼が築城し、現在の城郭は11代城主最上義光が築いたものが原型とされ、堀と石垣が残る山形城跡。春には約1 500本の桜が咲き誇る、市内随一の桜の名所でもある。公園内には市郷土館(旧済生館本館)や県立博物館など多くの文化施設がある。

\口コミ ピックアップ/
車で入る時は北門が入り口で園内を縦断してもっとも南側の駐車場に停車します。桜の季節には復元された大手門から、お堀沿いの一面の桜と広軌・狭軌が日本で唯一平行するJRの線路も見渡せます。
(行った時期:2016年2月)

散歩好きの方にはおすすめです。
徒歩ならなかなかの距離がありますし、園内には博物館や郷土館など山形の歴史を知るにはもってこいのスポットです。
犬の散歩をしている方もちらほらと見受けられ、春には満開の桜の下で花見をすると格別かと思います。
(行った時期:2016年2月)
霞城公園
住所/山形県山形市霞城町
「霞城公園」の詳細はこちら
小野川温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_06202cd2110076440/photo/
1200年の歴史をもつ、小野小町由来の温泉。病に倒れた小町がこの湯につかり、健康と美しさを取り戻したといわれている。鬼面川(おものがわ)沿いの自然豊かな落ち着いた風情、天然のホタル舞う「小野川温泉ほたるまつり」など、温泉街のお楽しみ企画も多数。

\口コミ ピックアップ/
小野川温泉に宿泊すると、湯めぐり手形を千円で購入することができます。手形で3カ所の宿のお風呂に入浴できるので、湯めぐりが楽しめます。
(行った時期:2016年2月)
小野川温泉
住所/山形県米沢市小野川町2501-1
「小野川温泉」の詳細はこちら
山居倉庫

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_06204ae2180022287/photo/
市街の南部、新井田川の河口近くにある庄内米の貯蔵庫で、その歴史は藩政時代に遡る。現在の倉庫は1893(明治26)年に建てられたもので、土蔵造12棟が並び、倉庫前の船寄や裏手のケヤキ並木と相まって往時を偲ばせる。そのうちの1棟を、米券や農具類を集める庄内米歴史資料館及び酒田市観光物産館として開放している。 背後を囲むケヤキの大木は日よけ、風よけの役目を果たし、自然を利用した低湿管理が行われている。

\口コミ ピックアップ/
検索すると出てくる、倉庫が並んでいるところが雰囲気がとても素敵です。
すぐ横には観光物産館や、資料館があるので、そちらと合わせて観光できます。資料館は、なかなか見ごたえがありました(^^)
(行った時期:2012年2月)

黒い倉庫が並んでいる。その光景が非常に壮観なのです。秩序正しく並ぶとやはりいいものなんですね。酒田市観光のメイン観光スポットです。お土産コーナーも楽しいですよ。
(行った時期:2014年2月20日)
山居倉庫
住所/山形県酒田市山居町1丁目1-8
「山居倉庫」の詳細はこちら
かみのやま温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_06207cd2110078131/photo/
もっとも古い湯町地区は昔ながらの温泉情緒を残しているが、新湯地区は近代的なビル建築の旅館が多く、にぎやかで歓楽的である。

蔵王連峰の山麓にいだかれた市内には、斎藤茂吉記念館や、沢庵禅師が配流のおり過ごした春雨庵、蟹仙洞、上山城など名所・旧跡が豊富。市内の湯町、十日町、新湯、河崎、高松、葉山などの温泉街を総称してかみやま温泉という。地区ごとに数多くの温泉がある。和風旅館から大型ホテルまで20数軒の温泉宿が立ち並ぶ。泉質はほとんどが塩化物泉。

\口コミ ピックアップ/
とてもこじんまりとした感じでのんびりした時間が過ごせる温泉です。
周辺をぶらっとの町歩きするのも楽しいです。
(行った時期:2015年2月)
かみのやま温泉
住所/山形県上山市新湯,湯町,十日町等
「かみのやま温泉」の詳細はこちら
天童最上川温泉ゆぴあ

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000163103/photo/
自然いっぱいの温泉で心もからだも大満足見渡す限りの田園地帯の真ん中にある日帰り温泉施設。雄大な自然を感じながら入る露天風呂、サウナやジャクジー、寝湯など多彩なお湯を200円という低料金で楽しめるのも人気の秘密。ナトリウム塩化物温泉で、切り傷ややけど、慢性皮膚病など様々な症状に効能があるといわれ、大勢の人で賑わっている。

\口コミ ピックアップ/
なんといってもお手ごろな値段で広々とした露天風呂を楽しめるのが魅力です。冬は雪見風呂になり、風情満点。
(行った時期:2016年2月)

設備は整い、館内も清潔。温泉の湯加減も最高。意外に天童温泉街からは離れた場所にポツンとあるので迷わないように行きましょう。
(行った時期:2015年2月19日)
天童最上川温泉ゆぴあ
住所/山形県天童市藤内新田1620-1
「天童最上川温泉ゆぴあ」の詳細はこちら
天童温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_06210cd2110077452/photo/
将棋の街・天童市の外れにある田園温泉。温泉街も将棋に関係するものが多く、みやげ物店などで駒の製作を見られるほか、駒の形をした浴槽でゆったり過ごしたり、詰め将棋に興じるのも楽しみ。将棋駒がのぞく温泉街には3つの足湯があり、のんびりとまち歩きがおススメ。春に行われる人間将棋では、たくさんの観光客で賑わう。

\口コミ ピックアップ/
天童市内にあってとても行きやすいです。
無料で利用できる足湯も何ヶ所かあり、気軽に楽しめるのもうれしいです。
(行った時期:2016年2月)
天童温泉
住所/山形県天童市鎌田本町2丁目5
「天童温泉」の詳細はこちら
玉こんにゃく

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000152074/photo/
蔵王温泉街のほとんどの店先には鍋に入った玉こんにゃくが売られている。煮しまったこんにゃくにからしをつけて食べるとおいしい。あつあつの玉こんにゃくを、温泉帰りやスキーの帰りに食べるのが格別で、100円という値段のわりには十分な満腹感を得られる。季節を問わず一年中人気のある食べ物だ。玉こんにゃくは寒い時に食べるのが一番

\口コミ ピックアップ/
こんにゃくの弾力感がほくほくで美味しいです!寒い冬にあつあつこんにゃくで温まります!味も染み込んでうまい!
(行った時期:2015年2月)

よーく味がしみ込んだコンニャクは本当に美味しいです。からしをつけてもまた美味しい。寒い日にいただき、温まりました。
(行った時期:2016年2月)
玉こんにゃく
住所/山形県山形市蔵王温泉街
「玉こんにゃく」の詳細はこちら

※この記事は2016年11月時点での情報です

当記事はじゃらんnewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ