【第三弾】ハートフルロックバンド・音×AiRとJKの対談インタビュー!


大阪を中心に活動しているロックバンド「×AiR」。メンバーと女子高生が対談する連載企画! 第三弾は最近の活動やJOLとのタイアップ楽曲である新曲『Catch Your Dream』について聞いてきました!



―最近のJOL原宿で行われているライブでは順調に客数を増えていると思うのですが、その秘訣は何ですか?

楓「めいいっぱい楽しんでもらって、たくさん笑ってもらえるライブにしようということを意識してやっていますね。どうしたらお客さんに楽しんでもらえるのかを考えてライブをしているうちに、自然と笑うことが好きな人達が増えてきてくれていると思います」

竜之介「MCはもちろんですが、曲の中でも一緒にお客さんと楽しめることをやっています。最近では、曲中でお客さんとしりとりをする曲を作りました。ライブではお客さんとの一体感が出てすごく楽しいです!」

―最近活動している中で何か嬉しかったことはありますか?

楓「大阪から出てきて、東京に滞在している間はストリートライブをするんですが、その時に差し入れでごはんのおかずを頂けるのがすごくありがたいです。」

MASAYA「東京に滞在中にみんなで寝泊まりしている部屋が、炊飯器と電子レンジと小さな冷蔵庫と大きなテレビしかないんです。その事をTwitterで呟いていたら、ふりかけや味噌汁、レトルトカレーなどを差し入れでくれるお客さんがいたんですけど、めっちゃ嬉しかったです。」



竜之介「もちろん寒い中ストリートライブ見に来てくれるお客さんがいてくれるだけで本当にありがたいなと思いますし、対バンイベントで他のバンド目当てに来たお客さんが『面白かったです!またライブ行きます!』と言ってくれるのは本当に嬉しいです。

―JOLとのタイアップ企画楽曲である『Catch Your Dream』を作ることになった経緯を教えてください。

楓「去年の5月から『音×AiR JOL原宿でLove Me Do!』という定期イベントをしていたんです。それもあってこの話をJOL原宿のスタッフさんに提案していただき『やりたいです!』ということでタイアップ曲を作ることになりました。」

―JOL原宿にスケッチブックを置いて歌詞となるワードを募集したとのことだったのですが、歌詞に出てくる職業は実際にスケッチブックに書いてあったものですか?

楓「そうです。スケッチブックに書いてある職業や周りから聞く憧れの将来の夢を歌詞に詰め込みました。JOL原宿のスケッチブックには将来の夢として、芸能人やモデルになりたいと書かれていることが多かったですね。」

―タイトルである『Catch Your Dream』に込めた想いを教えてください。

竜之介「夢を掴もうぜの『Catch Your Dream』しか英語が浮かばなくて。」



楓「曲のサビのメロディーができて、そこにどんな歌詞を入れようか迷った時にたまたま浮かんだ『Catch Your Dream』が上手くマッチして、スケッチブックに書かれた夢とも噛み合っていたので、満場一致で決まりました!」

―実際にタイアップ楽曲を作られていかがでしたか?

楓「『夢』という大きなテーマが決まっていたのですごくイメージがしやすかったです。ただファンの方から歌詞を募集して曲を作るという事じたいが初の試みだったので、ドキドキワクワクしながら、とても楽しんで作ることができました。」

―どんな人に、どんな時に『Catch Your Dream』を聞いてほしいですか?

楓「夢を追っている最中に立ち止まってしまった時、この曲を聴いて、ひとりじゃないんだなってことを感じてほしいです。やりたいことをまだ見つけられていなくて迷っている子の背中を押せたらいいなと思います。」



竜之介「とくに何か目標に向かって頑張っている人、将来について悩んでいる人には響くと思います。」

MASAYA「みなさんぜひ聴いてみて下さい!」

【Profile】

楓(Vo.)、MASAYA(Ba.)、竜之介(Dr.)の3人からなるロックバンド。2011年9月に大阪豊中にて結成される。「聴いている人を笑顔にできる音楽」を武器に、情熱的なライブを展開している。2017年2月8日には初の全国流通盤「ハートフルレボリューション」をリリース!更にリリース記念ワンマンライブを3月12日(日)渋谷TSUTAYA O-CREST、3月17日(金)梅田Shangri-Laで開催する。

http://onxair.com/

当記事はマイナビティーンズの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ