ノンスタ・井上裕介“当て逃げ”でテレビ局パニック!「キス番組」や「ハグ会」もお蔵に

日刊サイゾー

2016/12/13 20:30


 NON STYLE・井上裕介の突然の活動自粛に、テレビ関係者は対応に大わらわだ。

11日夜、タクシーに“当て逃げ”し、運転手にけがを負わせた井上。これを、まず12日20時台のNHK『首都圏ニュース845』が報道。翌日には、民放各局も一斉に報じたが、どの局もなぜか井上を“さん”付けする奇妙な配慮を見せている。

「NHKが報じる前に、各局はこの事件を把握していたが、民放は13日未明に出された吉本興業のコメントを待って、報道に踏み切った形。井上はレギュラー番組を多く抱えており、スタッフは内容の差し替えや、テレビ欄の修正、テロップの追加など、対応に追われています」(番組制作関係者)

井上は12日、レギュラーを務める情報番組『ひるキュン!』(TOKYO MX)の出演を急きょ取りやめ、代打として木曜レギュラーの蟹江一平が登場。MCを務める田中みな実アナウンサーは番組冒頭、井上について「のっぴきならぬ事情で、お休みです」と説明。番組ホームページからも、井上の写真と名前が一掃された。

さらに、同日夕方にゲスト出演を予定していたラジオ番組『スカイロケットカンパニー』(TOKYO FM)は、冒頭でMCのマンボウやしろが「先ほど連絡があって、井上さんは来れなさそうです。詳しくはわかってないですが、体調不良ということです」と、欠席の理由を説明。一方、同日深夜に放送されたバラエティ番組『チェンジ3』(テレビ朝日系)は、NON STYLE登場時に「この番組は10月6日に収録されたものです」とのテロップを表示し、予定通り放送した。

ほかにも、『俳句さく咲く!』(NHK Eテレ)、『大阪ほんわかテレビ』(読売テレビ)、『結婚式、挙げてみませんか?』(BSジャパン)、『アッパレやってまーす』(MBSラジオ)など、多くのレギュラー番組を抱える井上。予定されていた地方イベントや、劇場への出演なども当面キャンセルとなるため、影響は計り知れない。

また、13日に『白熱ライブ ビビット』(TBS系)に出演した千原ジュニアは、「年末年始、特番も何本も一緒にやりましたし、番組によっては1時間“井上特集”みたいなのもあった」と明かし、「オンエアをどうするのか、スタッフさんも大変やろな」と関係者を気遣った。

「20日深夜には、バラエティ番組『ラストキス~最後にキスするデート』(TBS系)に出演予定でしたが、TBSは内容を変更。収録では、元SUPER GiRLSの荒井レイラと熱いキスを交わしたようですが、クリスマス感を押し出した内容だったため、お蔵入りが濃厚。さらに21日には、佐賀県主催のPRイベント『NON STYLE 井上裕介 2時間限定ハグイベント』が開催予定でしたが、これも早々に中止が発表されました。自粛期間は未定としていますが、吉本は芸人の不祥事に寛容な体質ですから、半年も経たないうちに復帰させるのでは?」(同)

売れっ子ゆえに、かなりの影響が出ている今回の事件。相方の石田明も、今頃、深い溜め息をついていることだろう。

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ