内田理央がドラマ&映画『トモダチゲーム』ヒロイン役に抜擢「心理描写を実写でも表現できるように」

GirlsNews

2016/12/6 03:00



女優でモデルの内田理央さんが、2017年に実写ドラマ&映画化を予定している『トモダチゲーム』のヒロイン“沢良宜志”役として出演することが発表された。

原作・山口ミコト、漫画・佐藤友生による「トモダチゲーム」は、「別冊少年マガジン」2014年より連載開始した人気作品。主人公の高校生・片切友一はある日突然、仲の良い友達とともに大金のかかったゲームに挑戦することになった。ゲームはどれも思わず“友人を疑ってしまう”ような内容になっており、頭脳をフル活用しないとクリアできない。ゲームクリアのコツは“友達を疑わないこと”だが、果たして片切と友人たちは“金”より“友”を選べるのか…。

主人公・片切友一役には、吉沢亮さんの起用がすでに発表されている。2016年12月より撮影クランクイン予定で、2017年ドラマ放送&2作品劇場公開予定となっている。

内田さんは「原作の漫画を読んだ時は、とにかく続きが気になって時間を忘れて朝まで一気に読んでしまうほどでした!“友達を疑わないこと”が簡単に見えてどれだけ難しいことか、誰も信じられない疑心暗鬼に陥っていく心理描写を実写でも表現できるように頑張ります!」と意気込んでいる。

内田さんは今年公開された『血まみれスケバンチェーンソー』で映画初主演を果たし、ドラマ『侠飯~おとこめし~』(テレビ東京)ではヒロイン役で出演。現在放送中のTBS連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』にも本日6日放送の第9話からキーパーソンとして登場する予定だ。

当記事はGirlsNewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ