最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ボーカリスト魂を魅せた希美まゆワンマンライブ徹底レポート!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
音楽活動も行っているセクシー女優の希美まゆが、念願の初ワンマンライブ「the beginning」を12月2日に東京・J-SQUARE SHINAGAWAで開催した。

主催は、「オリジナル楽曲」「生楽器」にこだわる元&現役セクシー女優が所属する音楽プロジェクト「Milky Pop Generation」(通称“みるじぇね”)。同プロジェクトとしては前回の沖田杏梨に続き、これがワンマンライブ第2弾となる。

今回はリハーサルから取材させていただいたので、少しだけその時の様子を紹介する。歌の入りやバンドとの合わせ方を入念に確認していた希美は、緊張と不安でいっぱいいっぱいになっている様子。「歌っている時にボーっとして、『あれっ今どこを歌ってるんだろう』って思うことがあって…」と言っていた希美は、曲の世界に入り込むのが上手いのだろう。リハの序盤では声の出がイマイチだったようだが「段々本調子になってきた!」と自信を取り戻したよう。リハで台本通りのMCの練習をする姿はとてもかわいらしかった。

開場後、希美が帽子やビールが好きなことにちなみ作られた、ライブロゴ入りニット帽やオリジナルビールグラスなどのグッズを求める長蛇の列ができる。そして定刻を少し過ぎたころ、ファンが待ちに待った希美のワンマンライブがスタート。バンドはおなじみのベース(吉峯勇二郎)×キーボード(松岡美弥子)×ドラム(小山田和正)のアコースティック編成。

セットリストは次の通り。「ラブレター」(オリジナル)、「神様のヒマ潰し」(GO!GO!7188)、「気になるあの娘」(相対性理論)、「青」(164)、「魔術師の歌劇場((マジシャンのオペラハウス)」(オリジナル)、「追憶」(オリジナル)、「言葉は嘘をつく」(イツエ)、「その花ちぎれば」(オリジナル)、「声」(オリジナル)、「仮面」(Janne Da Arc)、「サリシノハラ」(みきとP feat.初音ミク)、「心做し(こころなし)」(蝶々P feat.GUMI)の全12曲。アンコールでは「ひかり」(オリジナル)、「Starlit sky」(オリジナル)の2曲。新しい曲との出会いをくれる希美の選曲は楽しみにしている観客も多い印象だ。

緊張した面持ちで希美がステージへ上がる。いつもはボーイッシュな格好だが今回は、少し肩が出ている膝上のニットワンピースで登場。この日を待ち望んでいたファンたちが大きな拍手を送る。

1曲目は「ラブレター」(オリジナル)。序盤は希美のストレートな歌声が引き立つ演奏で、期待に沸き立つ観客の心をつかむ。

曲終わりでMCへ。「みなさんこんばんは、希美まゆです。今日は『the beginning』にお越しいただきありがとうございます。えーっと、いっぱい来てくれてて緊張する…。気持ちを込めて歌いますので、今日1日、よろしくお願いします」とあいさつ。

2曲目は「神様のヒマ潰し」(GO!GO!7188:女性ボーカルの3人組ロックバンド)。特徴的なピアノの前奏から曲の世界観にぐいぐい引き込まれる。かわいらしいパートとロックな激しいパート、そして音程が上下に激しく変化する曲を見事に歌いきった。

続けて3曲目の「気になるあの娘」(相対性理論:マルチに活躍するやくしまるえつこがボーカルのバンド)へ。2曲目と近い雰囲気を持った、絶妙なバランスで変化していく音程感とリズム感の曲を軽やかに歌いこなす。

歌い終わると「わぁ~楽しい!(笑)」と感情をあらわに。「ちょっと待ってくださいね…お水を…」と申告してから水分をとる姿は、彼女の素直さがにじみ出ていてほほえましい。

「みなさん改めましてこんばんは、希美まゆです。今日は初めてのワンマンライブということで、緊張してたんですけど…ほぐれてきました! (ワンマンだから)MCが今回結構あるじゃないですか。私一人でいっぱいしゃべることってあんまりないのですごく不安で…(緊張すると思って)書いてきてたんです。でも『あ、緊張してないな』みたいな(笑)。昨日もMCの練習を10回くらいしましたけど、実際それが一番緊張したかも」と、ライブ本番を迎えた今の心境を明かす。

「なんで今回のテーマを『the beginning』にしたかといいますと、“始まり”という意味…ワンマンライブ初めてだから、“初めて”と“始まり”をかけたのと。あとは、本当に歌がすごい好きでこういう(ライブをする)のが夢だったんですけど、まだまだこれからだなって思ってるので、そういう意味も込めて『the beginning』にしました」と、ライブのテーマに込められた思いを語る。

「今回は私の大好きな曲のカバーと、大好きなオリジナル曲を含めた…感じ(のセットリスト)となっております(笑)。曲の“流れ”みたいなものも、自分で決める時に何通りも聴いて考えました。なので、そこにも注目してもらえるとうれしいです! みなさん楽しんでいってください」とコメント。

4曲目はスローテンポで聴かせる「青」(164)。一語一語丁寧につむがれる歌声からは、曲に込められた感情が痛いほど伝わってくるようだ。

続けて5曲目は「魔術師の歌劇場((マジシャンのオペラハウス)」(オリジナル)。変則的なリズムに乗せ、希美の切なさを感じさせるキュートな声質と力強い声質でメリハリの効いたこの曲で、抜群の歌唱力を発揮し観客の心を酔わせた。

曲終わりのMCでは「またちょっと苦手なMCなんですけど(笑)。今のはオリジナル曲の『魔術師の歌劇場』っていう曲で、個人的にはめちゃくちゃ大好きな曲なんですけど、すっごい難しい曲でもあります。ジャズっぽいのかな、歌ってみるとリズムが取りづらいというか…なんていうのかな…とりあえず難しいんですよ! でも、今ちゃんと歌えたから言えるんですけど、苦手だったものって意外とあとで得意になったりしません? 私はそうだなと思って…この歌結構得意なのかな?? 今は歌いやすくなってますね、マスターしたのかな(笑)」と饒舌に語り、いつも以上にしっかりMCをこなす余裕も出てきたように感じられた。

しかしバンドメンバー紹介では、ドラム・小山田和正、ベース・吉峯勇二郎と順調に進めるが、ピアノ・松岡美弥子の名前が一瞬飛んでしまったよう。「え~ごめんなさい! えっと、やばい! ド忘れ、ド忘れしちゃったの…!」と慌てるもすぐに思い出して紹介し、「いつもめっちゃお世話になってるのに…」と少し焦る希美の姿を、観客は温かく見守る。

ステージドリンクにビールの方が良いのではと勧めるファンに「そう、ビール大好きでお酒が大好きなんです、知ってるかもしれないですけど。本当は飲みたかったんですよ。でも『あ、ゲップ出ちゃうな』と思って(笑)やめたんです」とやり取りし笑いを誘う。

続けて「あ、そうだ、これも言いたかったんです。同じ曲を歌ってても、毎回何かアレンジを絶対に変えてるんですよ。なので今日は今日だけしかない曲なので、(それを聴きに)来てくれてうれしいし、大切に聴いてもらえるとうれしいです」と歌への愛を感じさせるコメントを残した。

確かに、原曲をいかにアレンジするのか、前回とはどうアレンジを変えているのかは、“みるじぇね”の特にアコースティック編成のライブでは聴きどころの一つで、毎回楽しみな部分だ。それに合わせて、アーティストの声の幅も毎回広がっているように感じる。

前半パート最後となる6曲目は「追憶」(オリジナル)。サビの部分での、突き抜けるような伸びのある歌声が心地良く耳に響く。

前半を終えて衣装チェンジへ。首元のあいたロングワンピースで再登場。

7曲目は「言葉は嘘をつく」(イツエ)。メロディーを柔らかくなぞり、ユラユラと揺れているような気持ち良い感覚を呼び起こす美声が観客の心にダイレクトに届く。これまでの安定感のある声にさらなる柔らかさが加わり一層深みの増した歌声で、彼女の新境地を見たような気がした。

曲終わりでは「着替えちゃった! 今日、お気付きの方もいると思うんですけど、私いつもすごいボーイッシュな格好で歌ってるんです、普段着もそうなんですけど…ジーパンとパーカーみたいな。いつも大切なステージなんですけど、(今回は)ギャップを狙っちゃいました。みんなにカワイイって言ってもらいたくて…」の発言に観客席からすぐさま「カワイイ!」と声援が送られ、うれしそうに顔をほころばせる。

続いて希美は「今の歌はイツエさんという歌手の『言葉は嘘をつく』」という、すごく大好きな曲です。すごく声のキーが高いというか、低いのも低いんですけど、なんか高いとこも音域…」と話している途中にマイクを自らぶつけてしまい、「ごめんなさい…痛かった(笑)。それで音域が広くてすごいな、歌いたいなと思っていて、昔結構練習してました。以前イツエさんの曲を歌わせていただける機会があったのでカバーで歌ったんですけど、このイツエさんの曲は初めて歌いました」と解説。

8曲目は「その花ちぎれば」(オリジナル)。アップテンポな曲で、低音から高音まで希美の思い切りのよい美声が響き渡った。曲の最後、ドラムがそのまま続けて9曲目の「声」(オリジナル)へ突入、ベースが効いている演奏に希美の低音ボイスが映えるアレンジに。観客席からの「まゆちゃんカッコいい!」「最高!!」との声に、「やった~」と楽しげに返す。

MCで「最初に歌った『ラブレター』と、今2曲続けて歌った『その花ちぎれば』と『声』は、アコースティックのライブで初めて歌いました、初披露でした~」とコメント。ここで一瞬マイクが切れてしまい少し慌てるが、「ちなみに『ラブレター』という歌は私が初めて作詞させていただいた曲です。結構暗めなんですけど、また機会があればそういうの(作詞とか)できたらいいなと思います」と続ける。

10曲目は「仮面」(Janne Da Arc)。印象的なキーボードのアレンジから始まる同曲では、希美の圧倒的な声量をコントロールしながらのしっとりしたカッコ良さが表現されていた。

11曲目は秋のみるじぇねライブでも披露した「サリシノハラ」(みきとP feat.初音ミク)。ドラムが効いている演奏との疾走感のあるアレンジで、希美のパワフルでクールな魅力が引き出されていた。

曲終わりに観客から「まゆちゃ~ん」と声援が送られると、「ありがと! …ぶりっこしちゃった」と返し「かわいい!」と声が返ってくる、そんな余裕のあるやり取りも。「ちょっと待って。まだ緊張してる。すごい気持ちよかったよ今、楽しかった。今日…まだ、まだ言わなくていいや。まだ気を引き締めないと。本当楽し過ぎてあっという間なんですけど、次で…最後の曲になっちゃうんです」と告げると、食い気味で「え~!」と惜しむ声が上がる。

「ありがとう、いつもありがとう。話は苦手なんですけど、歌を歌って、何かが伝わるとうれしいなって。しゃべるのが下手な分、歌で届けられたらいいなって思ってます。今日はね、本当に、時間を割いてこんなに来てくれると思わなかったので本当にうれしいです。私のために、今日はありがとうございました!」と締めくくり、最後の曲へ。話し下手と語る彼女の素直な言葉はストレートに胸に届く。

12曲目は「心做し(こころなし)」(蝶々P feat.GUMI)。ピアノだけの演奏から始まる同曲は優しく切なく聴かせるパートと、力強さあふれるパートの絶妙な強弱が心に響くだけでなく、彼女の歌詞に乗せた表現力が直接心に訴えかけてくるようで、涙腺を刺激された観客も多いのでは。

全12曲を歌いきり一度ステージを下りるも、すぐにアンコールがかかり、グッズのニット帽とライブTシャツを身に付けたラフな格好で再びステージへ。

「ひかり」(オリジナル)を熱唱、「みなさ~ん、アンコールありがとうございます。今日1日本当に本当に本当に本当に…楽しかったです!!」と喜びの感情を爆発させた。

最後の曲は「Starlit sky」(オリジナル)。冒頭のアカペラで彼女のこの日一番とも思える美声が会場中に響き渡り、最後の最後まで観客を魅了し続けた。

バンド演奏を終わらせるジェスチャーをすると、「やばい! これやったの初めて…あれまだ(ドラム)終わってない(笑)…ありがとうございました~」と、希美らしさがあふれたリアクションと共に最高の一夜を締めくくった。

毎回のライブごとに成長を見せてくれる希美まゆの歌声は、ライブタイトル通りこのワンマンライブが“始まり”とするならばきっとこれからもとてつもない進化を見せ続けてくれるだろう。

http://news.walkerplus.com/article/94543/

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス