今年の冬は京都観光!見どころ満載のおすすめスポット22選!

じゃらんnews

2018/11/19 16:20


kannkou

絶景の宝庫、京都で冬の思い出づくりはいかが?一人旅もよし、デートや家族旅行にもおすすめな観光スポットをまとめました!清水寺や伏見稲荷大社、白銀の世界に包まれるといつもよりも幻想的な世界に変わってSNS映えも!魅力たっぷりな京都を満喫しよう♪

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
出町ふたば
出町ふたば出典:じゃらん 観光ガイド 出町ふたば
\口コミ ピックアップ/
近くに寄った時は、必ずのぞきます。おばあちゃんが作ってくれたような味のおはぎや、豆餅がおいしいです。おやつに、近くのコンビニでホットの緑茶を買って、鴨川沿いでパクパク。幸せです。
(行った時期:2018年1月)

いつも行列ができている出町ふたばさん。
京都に来たら必ず立ち寄りたい餅屋さんです。
餡子たっぷり柔らかいつきたてのお餅の豆大福
。美味しい^_^
(行った時期:2017年12月)
出町ふたば
住所/京都市上京区青竜町236
「出町ふたば」の詳細はこちら
中村藤吉本店
中村藤吉本店出典:じゃらん 観光ガイド 中村藤吉本店
創業安政6年、140年以上も営業し続けている茶商。一見、お店に見えない佇まいでお茶を販売。中庭には樹齢約200年の見事な宝来舟松があり、ため息モノの美しさ。宇治市の名木百選にも数えられており、約8mの吹きぬけの現代風オープンテラスから、お茶を楽しみながら立派な姿を眺めることができる。

自慢の名木を見ながら宇治茶を味わおう

\口コミ ピックアップ/
先日、京都に遊びに行った際に立ち寄りました。楽しみにしていた抹茶のゼリーは、期待以上に濃厚で、感動してしまいました。抹茶好きは必見の美味しさだと思います。
(行った時期:2017年12月)

重要文化的景観に選定されています。
明治期の茶商屋敷の代表的な建物で、とても趣のある立派な家屋です。
玉露、抹茶、かぶせ茶、煎茶と素晴らしい味わいのお茶ばかりでした。
(行った時期:2016年12月)
中村藤吉本店
住所/ 京都府宇治市宇治壱番10
「中村藤吉本店」の詳細はこちら
キルフェボン京都
キルフェボン京都出典:じゃらん 観光ガイド キルフェボン京都
\口コミ ピックアップ/
友人とお茶をしようということになり利用しました。
タルトが有名でとても綺麗でおいしかったです。
ちょっとした記念日やカフェでのんびりしたい時にオススメだと感じました。
(行った時期:2017年12月)

キルフェボンのタルト大好きです。
フルーツがふんだんに使われていてカスタードとの相性が素晴らしいです。
(行った時期:2016年12月)
キルフェボン京都
住所/京都府京都市中京区木屋町通三条上ル恵比須橋角
「キルフェボン京都」の詳細はこちら
伏見稲荷大社
伏見稲荷大社出典:じゃらん 観光ガイド 伏見稲荷大社
全国3万社ある稲荷神社の総本宮。重厚な社殿・摂末社が建ち並び、五穀豊穣、商売繁昌の神として庶民信仰を集める。本殿背後より奥社に通じる参道の数多くの朱塗りの鳥居は“千本鳥居”と呼ばれ有名である。

\口コミ ピックアップ/
伏見稲荷はよく行くのですが年々外国人の観光客が増えてきてるような気がします。鳥居が沢山並んでいて神秘的です。
稲荷山頂上まで登りましたが、景色もよくて心が癒されました。
(行った時期:2017年12月)

東山周辺の清水寺
平安神宮、岡崎公園などももちろん
素敵ですが、
やはり一番好きなのは伏見稲荷です
神社の正面は、朱色が鮮やかで
新しい雰囲気もありますが、
鳥居をいくつもくぐるにつれ
自分がどこにいるのかわからないように
神秘の和風ラビリンス
(行った時期:2016年12月)
伏見稲荷大社
住所/京都府京都市伏見区深草藪之内町68
「伏見稲荷大社」の詳細はこちら
清水寺
清水寺出典:じゃらん 観光ガイド 清水寺
西国三十三ヶ所めぐりの第16番札所。「清水の舞台」として知られる舞台造りの本堂は釘を使わず縦横に組まれた柱が見事。舞台の下方に音羽の滝、谷を隔てて安産祈願の子安の塔がある。桜,紅葉の名所でもある。

\口コミ ピックアップ/
京都観光の定番スポット・清水寺へ!観光客が多くて大変ですが、安定感あって好きな清水寺。周辺のお土産やさんも多くて良いです!
(行った時期:2017年12月)

西国三十三ヶ所第十六番です
京都の有名な観光名所なので凄い人です
清水の舞台が有名ですよね
御朱印もらう所はすいてました
(行った時期:2017年12月19日)
清水寺
住所/京都府京都市東山区清水一丁目294
「清水寺」の詳細はこちら
伊右衛門サロン 京都 IYEMON SALON KYOTO
伊右衛門サロン 京都 IYEMON SALON KYOTO出典:じゃらん 観光ガイド 伊右衛門サロン 京都 IYEMON SALON KYOTO
カフェダイニング・お茶専門店

\口コミ ピックアップ/
お洒落な内装になっています。中から見るお庭がとても綺麗でした。ご飯も美味しくお水代わりに出して下さるお茶も美味しかったです。
(行った時期:2017年1月)

錦市場をみたあとにここでランチをしました。店内が広くて疲れた時にゆっくりするのにおすすめです。ランチメニューもあり十分に楽しむことができました。
(行った時期:2016年12月)
伊右衛門サロン 京都 IYEMON SALON KYOTO
住所/京都府京都市中京区三条通烏丸西入御倉町80
「伊右衛門サロン 京都 IYEMON SALON KYOTO」の詳細はこちら
鹿苑寺(金閣寺)
鹿苑寺(金閣寺)出典:じゃらん 観光ガイド 鹿苑寺(金閣寺)
お釈迦様の骨をまつった舎利殿の二層・三層が金箔を貼りめぐらしているところから金閣寺と呼ばれるが、正しくは「鹿苑寺」と言い、臨済宗相國寺派の禅寺。金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世にあらわしたと言われる。世界文化遺産に登録されている。椿やアセビ、紅葉が美しい。西園寺公経の山荘を足利義満が別荘北山殿とした北山文化の中心。金閣の初層は寝殿造・二層は武家造・三層は仏殿造。

\口コミ ピックアップ/
ピカピカです。補修後何年にもなるのに、光り輝いていてびっくりです。順光の時間帯に行くことができたので、なおさらだったのでしょう。
(行った時期:2017年12月)

金閣寺は入場口を入ってすぐに見ることが出来ました。順路通りに進むと階段を上がっていくことになり、距離も結構あります。両親は足が悪いので係の方に相談すると金閣寺だけ見て引き返すことが出来ました。
(行った時期:2017年12月29日)
鹿苑寺(金閣寺)
住所/京都府京都市北区金閣寺町1
「鹿苑寺(金閣寺)」の詳細はこちら
マールブランシュ カフェ
マールブランシュ カフェ出典:じゃらん 観光ガイド マールブランシュ カフェ
\口コミ ピックアップ/
京都旅アンド出張の締めくくりはマールブランジュ。最近は茶の菓というお菓子が有名だがやっぱカフェで食べるケーキがいちばん
(行った時期:2018年1月)

京都代表の有名なお菓子屋さんです。
和菓子も京都は有名ですが、抹茶を使った洋菓子がたくさんの方に喜ばれるので、おもたせなどにいつも使わせて頂いている定番のお店です!
(行った時期:2016年12月)
マールブランシュ カフェ
住所/京都府京都市下京区東塩小路釜殿町31-1近鉄名店街みやこみち
「マールブランシュ カフェ」の詳細はこちら
南禅寺
南禅寺出典:じゃらん 観光ガイド 南禅寺
\口コミ ピックアップ/
お寺の中に洋風の水路閣がある寺です。水路の上に上がることもでき、東山のほうへ歩いて行けます。庭園のライトアップもよかったです。
(行った時期:2017年12月)

広大な土地にいくつもの建物がありました。その中でも煉瓦造りの水路を目的に行きました。早朝でしたがたくさんの観光客がいました。
(行った時期:2017年12月)
南禅寺
住所/京都府京都市左京区南禅寺福地町
「南禅寺」の詳細はこちら
平等院
平等院出典:じゃらん 観光ガイド 平等院
平安時代の後期、1052年に宇治関白藤原頼道(よりみち)が、父道長の別荘を寺院に改めたものです。「鳳凰堂(ほうおうどう)」は、その翌年に阿弥陀堂として建てられ、仏師定朝(じょうちょう)の作になる阿弥陀如来坐像が安置されている中堂と、左右の翼廊、背面の尾廊で成り立っています。大屋根には鳳凰が飾られ、内部は絢爛な宝相華文様や極彩色の扉絵で装飾されています。二重の天蓋や雲中供養菩薩像も必見です。
「鳳凰堂」の前には池を配した庭園(史跡・名勝)がありますが、創建当初は宇治川や、対岸の山並みを取り入れて、西方極楽浄土を現したものといわれ、各地の寺院造営に影響を与えました。
1994年に世界遺産に登録されました。

\口コミ ピックアップ/
パワースポット巡りをしました。京都には、いろいろなパワースポットがありますが平等院鳳凰堂もその一つです。それも早朝がベストです。写真をとると、光の玉が写りました。正面ばかりがよいわけではありません。また、パワースポットは行くと太陽がさんさんと輝きを増します。曇り空だったのが急激に晴れだすので日の光をあびて元気が出てきます。また、水面に映る朱色の建物が素敵です。また、阿弥陀仏のそばにいくと優しい気持ちにもなれます。
(行った時期:2017年12月18日)

10円玉に描かれた平等院の実物を
みられて感動しました。堂々なたたづまい
と美しさ、すばらしいの一言です。
(行った時期:2017年12月5日)
平等院
住所/京都府宇治市宇治蓮華116
「平等院」の詳細はこちら
京都駅ビル
京都駅ビル出典:じゃらん 観光ガイド 京都駅ビル
ファッション、おみやげ・名菓、レストラン、劇場、ホテルなどを取り揃えた地上16階、地下3階の大型駅ビル。ホテル・劇場のある東ゾーン、百貨店・専門店・グルメ等を擁する。その間の中央コンコースはガラスの大屋根で覆われた巨大アトリウムとなっている。

\口コミ ピックアップ/
お土産もたくさん種類がありどこへ行っても迷います。いつ行っても人が多く活気があります。クリスマスのイルミネーションがありテンションがあがりました。
(行った時期:2017年12月)

日中帯はバスを待ってる人を含め非常に人が多いですが,夜は木々や噴水のイルミネーションがころころ色が変わりきれいで,噴水は音楽に合わせた演出があるなど,駅前ながら京都タワーと合わせて楽しむことができます.
(行った時期:2017年12月)
京都駅ビル
住所/京都府京都市下京区東塩小路町
「京都駅ビル」の詳細はこちら
銀閣寺(慈照寺)
銀閣寺(慈照寺)出典:じゃらん 観光ガイド 銀閣寺(慈照寺)
世界遺産に登録されている。足利義政の山荘として造営,没後寺となる。北山文化に対し東山文化の中心となった。銀閣(観音殿)と東求堂は国宝。

\口コミ ピックアップ/
哲学の道から慈照寺(銀閣寺)へ。渋い建物です。広くはないが、素晴らしいお庭です。近くには食べ物屋さんが多いのもうれしい。
(行った時期:2017年12月)

海外の観光客が多かったです。金閣寺のようなきらびやかさはないのですが、日本の一歩引いた美しさが出ていてました。
(行った時期:2016年12月)
銀閣寺(慈照寺)
住所/京都府京都市左京区銀閣寺町2
「銀閣寺(慈照寺)」の詳細はこちら
東寺(教王護国寺)
東寺(教王護国寺)出典:じゃらん 観光ガイド 東寺(教王護国寺)
平安遷都の時に羅城門の東西に建立された東西官寺の一つ。当時のままの伽藍配置で寺宝も多数所蔵する。五重塔(国宝)は徳川家光が再建、日本一の高さ。

\口コミ ピックアップ/
早朝の冴えた空気の中、ピンと張り詰めた空気の中の東寺は荘厳で圧倒的でした。五重塔側でお茶を頂き、温かさにホッとしたり。お店の方の気配りも嬉しかったり。夜もライトアップが素敵ですが、早朝もオススメです。
(行った時期:2017年12月)

ライトアップの初日とか言ってたので見に行きました。最高に綺麗でした。夜の仏像ってすごい迫力でした。塔も紅葉も水面も最高の日でした。
(行った時期:2017年12月)
東寺(教王護国寺)
住所/京都府京都市南区九条町1
「東寺(教王護国寺)」の詳細はこちら
元離宮二条城
元離宮二条城出典:じゃらん 観光ガイド 元離宮二条城
徳川家康が上洛時の宿舎として築城。家康と秀頼の二条城会見、慶喜の大政奉還の発表が行われた。二の丸御殿は、武家風書院造の代表的な建築で、各部屋の襖絵は狩野派の作品。廊下は鶯張りといわれ、各所に施された欄間彫刻、飾金具などの装飾が華麗な桃山文化を伝える。二の丸庭園は豪壮な石組みの書院造庭園。本丸御殿は明治中期に京都御所の旧桂宮御殿を移した公家風の瀟洒な建物で、本丸庭園は、芝庭風築山式庭園になっている。

\口コミ ピックアップ/
京都市の中心部にあるため観光しやすいです。世界遺産にも指定されていて、他の日本のお城とは雰囲気が違うので見応えがあります。
(行った時期:2017年12月)

この日,友禅染の体験をする前に,二条城にちょっとだけ立ち寄りました。と言っても,入場料を払って入ったわけでは無く,周囲をブラブラ…。
でも,歩道は広くて歩きやすいし,江戸城のように,周りには大きな建物の借景も無く(笑)ホントにゆったりとした時間を過ごせました。
(行った時期:2017年12月)
元離宮二条城
住所/京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
「元離宮二条城」の詳細はこちら
渡月橋
渡月橋出典:じゃらん 観光ガイド 渡月橋
嵐山というとまず頭に浮かぶのが渡月橋の風景である。平安の初期に亀山上皇が「くまなき月の渡るに似る」と感想を洩らしたことから「渡月橋」と呼ばれるようになった。橋の長さは155mある。2001年3月に橋はリニューアルされ綺麗になった。また南にある嵐山は春の桜、秋の紅葉など景色が見事だ。

嵐山に来たらハズせない綺麗になった看板風景

\口コミ ピックアップ/
思いついて行った京都でとうとう渡月橋に行って来ました。桜の季節でも紅葉の季節でもありませんでしたが、素敵な風情のある橋でした。しばしベンチに腰を下ろして見入って来ました。
(行った時期:2017年12月3日)

早朝の渡月橋は観光客も少なくて最高です。
お土産物屋さんはまだ開いていませんがコンビニの中にも売ってるので大丈夫です!
(行った時期:2017年12月)
渡月橋
住所/京都府京都市右京区
「渡月橋」の詳細はこちら
八坂神社
八坂神社出典:じゃらん 観光ガイド 八坂神社
厄除け・縁結びの神、祇園さんの呼び名で親しまれている。日本三大祭のひとつ祇園祭は京都の代表的行事である。師走の風物詩「をけら詣り」も有名。全国の祇園社の総本社。

\口コミ ピックアップ/
祇園にあります。門の前は写真を撮る人で溢れかえっていました。縁結びや美しくなりたい方はぜひ行ってみてください。
(行った時期:2017年12月)

祇園に来たらやはり八坂神社にお参りです。土曜日で観光客がたくさんいました。外国人の方は着物を着られて街を散策していました。着物で参拝は見ていてよかったですね。
(行った時期:2017年12月)
八坂神社
住所/京都府京都市東山区祇園町北側625
「八坂神社」の詳細はこちら
天龍寺
天龍寺出典:じゃらん 観光ガイド 天龍寺
京都五山制度では第1位にもなった格式ある禅寺。当時の面影はないが明治以降再建の諸堂がたち並ぶ。夢窓国師の作といわれる亀山と嵐山を借景にした池泉回遊式の庭園が有名。庭園内天龍寺では節月謹製の精進料理がいただける。(要予約) 法堂(はっとう)の天井には、平成9年に加山又造画伯によって描かれた「雲龍図」があり、土・日曜、祝日と、春と秋の特別公開に参拝できる。

\口コミ ピックアップ/
一度訪れた事がありましたが、恋人とまた訪れました。天井に描かれている龍の迫力が凄く、いつ見ても圧倒されました。
(行った時期:2017年12月)

敷地が広くて見事な庭と立派鯉が泳いでいます。建物の中で迷うかも。迷路みたいです。廊下を靴なしで歩くのは11月以降はしんどいと思うので、厚めの靴下かスリッパを持っていると役に立つと思います。
(行った時期:2017年12月)
天龍寺
住所/京都府京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町68
「天龍寺」の詳細はこちら
天橋立
天橋立出典:じゃらん 観光ガイド 天橋立
展望所から股のぞきで眺めると天へかかる橋のように見え、絶景。日本三景の一つ。イナザギの命がイナザミの命のもとに、天から通うためにかけたという伝説が残る自然がつくり出した橋。約3.6kmの砂に約8000本もの松並木が続き、神秘的な美しさを持つ。天橋立の中には船が通るたびに90度回転する珍しい廻旋橋などがあり、絶景を眺めながらのんびり散策できる。

\口コミ ピックアップ/
松林が連なる天橋立と知恩院、お土産屋街を散策し、ランチは天橋立ホテルの温泉付きフランス料理のランチを頂き、大変満足した。帰りには舞鶴の鮮魚店で松葉ガニと刺身を買い、家で、日本海の幸を堪能し、大変良い日帰り旅行であった。
(行った時期:2017年12月2日)

松並木を内海を見ながらウォーキングするのが気持ちよいです。砂浜もきれいなので、波の音を聞きながらちょっと休憩するのもよし、レンタサイクルで往復するのにもちょうどよいです。
(行った時期:2016年12月)
天橋立
住所/京都府宮津市天橋立
「天橋立」の詳細はこちら
三十三間堂(蓮華王院)
三十三間堂(蓮華王院)出典:じゃらん 観光ガイド 三十三間堂(蓮華王院)
妙法院の境外仏堂で、南北約120mの本堂内陣の柱間が33あることから三十三間堂と呼ばれる。丈六千手観音坐像、1000体の等身大千手観音立像、風神・雷神像、二十八部衆像など多数の国宝、重文の文化財を有する。

\口コミ ピックアップ/
京都の色々なお寺の御守りを集めてますが、三十三間堂には「矢」にちなんだカッコイイ御守りが売ってますよ。
(行った時期:2017年12月27日)

本堂は横長のため外をぐるりと回ってみると建物の大きさが良く分かります。本堂内の千手観音像が並んでいる様は圧巻でした。
(行った時期:2017年12月2日)
三十三間堂(蓮華王院)
住所/京都府京都市東山区三十三間堂廻町657
「三十三間堂(蓮華王院)」の詳細はこちら
京都タワー
京都タワー出典:じゃらん 観光ガイド 京都タワー
京都の玄関口に佇む、地上131メートルの市内で最も高い建造物。海のない京都の町を照らす灯台をイメージして作られた「京都タワー」。
外から眺めるだけではなく、中で楽しむことができ、地上100メートルにある展望室からは市街地が360度見渡すことができます。
昼と夜で、また、季節で変わる眺望は必見!
タワー内にはお腹と心を満たすレストラン、自分用にも嬉しいお土産が買える名店街、そして大浴場と、幅広い年齢層の方が様々に満喫できます。
展望室3階にあるスカイラウンジ「空」-KUU-では、ガラス張りのラウンジで京都の夜景を眺めながらのひとときを過ごすことも。大人の楽しみがここにはあります。

\口コミ ピックアップ/
京都駅を出て、横断歩道を渡ったらすぐありました。京都駅には無いお土産があったり、食品サンプルのお店があったりしたのが良かったです。
(行った時期:2017年12月)

地下1階のフードホールは一人食事に最適です。一人で気兼ねなくカジュアルに食事できるところって少ないんですよね。もちろん、数人での食事も良いと思います。ただ、地下街からアクセスすると階段を登らないといけないので、大きな荷物の方は、地上からアクセスすることをお勧めします。
(行った時期:2017年12月)
京都タワー
住所/京都府京都市下京区東塩小路町721-1
「京都タワー」の詳細はこちら
北野天満宮(天神さん)
北野天満宮(天神さん)出典:じゃらん 観光ガイド 北野天満宮(天神さん)
学問の神として知られる菅原道真公を祀っている。全国天満宮の宗祀(本社)の神社。国宝の本殿・拝殿は桃山文化を代表する神社建築。境内には御土居の名残があり、史跡に指定されている。毎月25日は縁日「天神さん」。梅・紅葉の名所としても有名。

\口コミ ピックアップ/
12月の中頃には天満宮で摘まれた梅が大福梅として境内で販売してます。その時期には毎年参拝して翌年の干支の絵馬をパチリ。
(行った時期:2017年12月)

長男が高校受験なので、京都へ旅行した際に北野天満宮へ訪れました。
境内にある牛の頭を撫でると賢くなるそうです。
受験生のお子様がいらっしゃるご家族は是非お試しください。
(行った時期:2017年12月29日)
北野天満宮(天神さん)
住所/京都府京都市上京区馬喰町
「北野天満宮(天神さん)」の詳細はこちら
下鴨神社(賀茂御祖神社)
下鴨神社(賀茂御祖神社)出典:じゃらん 観光ガイド 下鴨神社(賀茂御祖神社)
当社の神域・史跡「糺の森」には国宝・重文の社殿55棟がある。延命長寿、縁結び、安産など多彩なご利益があるとされる。

\口コミ ピックアップ/
上賀茂神社と同じく、境内に水路が流れていますが、雰囲気も良く、おすすめです。神社ですので拝観料もなく、気軽に立ち寄れます。
(行った時期:2017年12月)

大変広くて雰囲気の良い立派な神社です。干支ごとにお参りする社がありました。浦の回廊が特別拝観できました。
(行った時期:2016年12月)
下鴨神社(賀茂御祖神社)
住所/京都府京都市左京区下鴨泉川町59
「下鴨神社(賀茂御祖神社)」の詳細はこちら

※この記事は2018年11月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ