千秋、ハイヒール・リンゴと業界タブーの“衣装丸かぶり”ショット公開 「私が着替えないと」と反省

タレントの千秋が情報番組で共演した、リンゴ(ハイヒール)とのツーショットを公開した。女性共演者同士の衣装被りはNGとされる中、二人の衣装が“丸被り”してしまったことに、同じ番組に出演していた俳優の宮川一朗太も「芸能界でも初めての出来事では?」と驚きを隠せなかった。



女性芸能人にとってはテレビ番組で、共演者と衣装の色やデザインが被ってしまうことはタブーだとされている。例えば北斗晶は彼女のスタイリストが共演者の楽屋を回り、「うちの北斗はこれを着る予定ですがどうでしょうか?」と現物を見せていると、以前出演した番組で話している。またバブル時代超売れっ子だった岡本夏生は一度収録時間ギリギリで楽屋入りしたため、渡された衣装に急いで着替えスタジオに入ると、大御所女優の真っ赤なドレスと色が被ってしまったことがあった。彼女はその収録の後に直筆の詫び状をすかさず送ったというのだから、特に芸歴が上の共演者の衣装には配慮しなければならないらしい。

だが11月18日放送の『ノンストップ』に生出演した千秋とリンゴは、色どころがデザインも一緒。ポケットと襟の部分にカラフルな飾りが付いた、ツイードのジャンパースカートを着用していた。生地の模様に若干違いはあるがおそらく、同じブランドの物を偶然にスタイリストが用意したのであろう。司会の設楽統(バナナマン)は番組冒頭「双子コーデですか?」と尋ねていたが、二人はこれを否定。千秋は「本来なら後輩のわたしが着替えないといけないんだけど」と話しながら、本番前に気付いたのでそのまま出演してしまったそうだ。

ところでこの日の二人のファッションが「可愛い」と好評である。40、50代の女性が、流行の膝上丈のジャンパースカートを着こなす良いお手本にもなっているのであろう。『千秋 @cirol777 ツイッター』には「ブランドを教えてしい」との問い合わせも入っている。

出典:https://twitter.com/cirol777?lang=ja

(TechinsightJapan編集部 みやび)

あなたにおすすめ