元「キングオブコメディ」の今野浩喜、"荷物を全部彼女に持たせる理由"に出演者がドン引き


毎週土曜日のお昼に、久本雅美の軽快な進行とともに、複数のゲストとトークを繰り広げる番組「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)。

11月6日放送回のゲストは、バイオリニストの高嶋ちさ子と、俳優の上地雄輔、モデルの佐藤栞里、元「キングオブコメディ」の今野浩喜が出演した。

高嶋の旦那の「消極的な喜び」にスタジオが大盛り上がり



まず番組は高嶋の話題からスタート。海外時代に、外国人に配るおにぎりを床に落してしまったが、外国人はふりかけと砂利の違いもわからないだろうからと、そのおにぎりを食べさせたというエピソードを話し、スタジオを驚かせた。

そんな高嶋に、「どうやって結婚したの?」という巷からの質問には、「友達からの紹介。見た目も中身も悪かったらすごく損した気分になるから、見た目の良い今の旦那と結婚した。」と明かした。

MCの1人いとうあさこが、「今の旦那さんにアンケートを取りました。高嶋さんがお嫁さんでよかったことは?という質問に、『怒られるとおもったら、怒らなかった時。』だそうです。」と紹介すると、スタジオは「なんて消極的な喜び」と、大盛り上がりだった。

芸人の今野、"亭主関白な自説"を披露し出演者がドン引き



男女交際の話題では、大河ドラマ「真田丸」などの抜てきで俳優業にも活躍の舞台を広げ始めている、お笑い芸人の今野にもフォーカスされた。

今野は、10年以上にわたって同棲している彼女がいるという。

すると久本が、「でも聞くところによると、ずいぶん亭主関白なんだって?」と尋ねた。

亭主関白の姿は、きりっとしていて頑固な日本男児というイメージが多いと思うが、とぼけたゆるい雰囲気の今野が亭主関白だという事実に、スタジオ一同も意外そうな声を上げた。

今野によると、買い物などに出かけたときでも、重い荷物を全部彼女に持たせるという。

「そこは男らしさの見せどころじゃないの?」と、思わず久本も疑問を呈するが、今野の答えはあまりにも意外なものだった。

今野が言うには「小型犬の前に餌を置いて『待て!』と命令すると、困ったような反応して、それでいてじーっと待っている。その姿が可愛いじゃないですか?それと同じなんですよ。彼女が重い荷物を持って、つらそうで困っている姿を見てると、すごくかわいいと思んです。」と、自説を披露。

これには、スタジオの空気はみるみるうちに凍りつき、ゲストたちの顔もこわばった表情になっていく様子がみられた。

ここでスタジオの空気を救ったのが、隣に座ったモデルの佐藤だった。

「この人のどこがいいんでしょうねえ~?」と、絶好のタイミングでツッコミを入れると、スタジオは何とか和やかな空気をキープしたのだった。

(担当・ラビィ・ソー)

あなたにおすすめ