大麻所持容疑を否認する高樹沙耶に対してマトリが押さえた衝撃の「証拠写真」

まいじつ

2016/10/28 21:00


takagi_saya

元女優の高樹沙耶容疑者(53=本名・益戸育江)が10月25日、沖縄県石垣島の自宅に大麻を隠し持っていたなどとして、大麻取締法違反(所持)の疑いで厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部(通称:マトリ)に逮捕された。

事実婚相手とみられる大麻合法化運動をしている58歳の男、世界を放浪して石垣島にたどりついた26歳の男、元建築関係技術者の41歳の男と同居しており、その内の58歳と26歳の男も一緒に逮捕された。

「高樹容疑者は約5年前に芸能活動をやめて、石垣島に移住。民宿を運営しつつ、3名の男性との同居生活を続け、医療用大麻解禁運動などを進めていました。今年7月の参議院選挙では新党改革から出馬し、医療用大麻解禁を政策に掲げましたが落選しています。近年はおかしな行動が目立っており、ブログでは18歳くらいに海外で大麻を使用したことを告白したり、『個人の感覚からすればお酒、たばこ、チョコレートよりも安心で安全で多幸感が得られる』と大麻使用を礼賛するなど、逮捕は時間の問題なのではと言われていました」(全国紙社会部記者)

そうしたなかで、衝撃の写真が存在するとの情報が伝わってきた。

「大麻を吸引して、多幸感を得たうえで性行為をするのは、大麻使用者の間では当たり前の行動です。今回、マトリは大麻常習使用の重要な証拠として、高樹容疑者を交えた乱交の写真を入手しているというのです。逮捕当初、高樹容疑者は容疑を否認していましたが、今後も否認を続けるのであれば、マトリはその写真を裁判などの証拠として提出する可能性もあるようです」(捜査関係者)

高樹容疑者は、19歳だった1983年に映画『沙耶のいる透視図』で主演をして芸能界でデビューを果たし、女優として注目された。私生活では、1998年に歌手の中西圭三(51)と結婚するも、約2年で離婚している。

「離婚で精神的にダメージを負った高樹は、芸能界を離れ、ダイビングにのめり込みました。フリーダイバーで水中カメラマンの男性とハワイで同棲したり、千葉県の南房総で男性と自然農法家をするなど、交際相手をとっかえひっかえもしてきました。それでも長年にわたって、水谷豊主演ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)に出演していたのですが、それも2011年に突然降板し、石垣島に移住してしまったのです。当時所属していた大手芸能事務所からも解雇同然となっています」(スポーツ紙記者)

今回の逮捕で石垣島生活も、男との同居生活も全てを失ってしまった。

あなたにおすすめ