【沖縄】11月のおすすめ観光スポット20選!定番から穴場まで

じゃらんnews

2018/8/7 12:31


沖縄

秋のなかでも晴天が多く過ごしやすい11月は、旅行にピッタリの時期。

石垣島や武富島、西表島など南国の魅力たっぷりの離島をはじめ
市街中心部で観光できる首里城や沖縄美ら海水族館など
沖縄をたっぷり楽しむ、定番から穴場の観光スポットまでご紹介します!

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
沖縄美ら海水族館
沖縄美ら海水族館出典:じゃらん 観光ガイド 沖縄美ら海水族館
水族館では神秘に満ちた沖縄の雄大な世界が広がります。水族館館外にあるオキちゃん劇場、イルカラグーン、ウミガメ館、マナティー館も人気。

\口コミ ピックアップ/
家族で行きました。大きな水槽の中で優雅に泳ぐ魚を見てとても癒されました。子供たちも大喜びで良かったです。
(行った時期:2017年10月)

巨大水槽に大きなジンベイザメが印象的でした。
あと、外のプールでは、イルカのショーも見られます。
イルカのショーはチケット代だけで見れますので
おすすめです。
あと敷地が広すぎて、全て回る事ができませんでした。
心残りです。
(行った時期:2016年11月)
沖縄美ら海水族館
住所/沖縄県国頭郡本部町石川424
「沖縄美ら海水族館」の詳細はこちら
石垣島
石垣島出典:じゃらん 観光ガイド 石垣島
八重山群島の主島で八重山観光の拠点。パイナップルやサトウキビ栽培の盛んな史跡と景勝地に富む島。

\口コミ ピックアップ/
石垣島は大好きで何度も訪れています。沖縄というだけあって温暖で、本州とは別世界です。底地ビーチや真栄里ビーチで遊んでゆったり過ごすも良し、平久保崎灯台や川平湾など観光名所をアクティブに楽しむも良しの島なので何度行っても飽きないです!ホテルやゲストハウスに宿泊し夕食が付いていなくても、食事処は中心街(ユーグレナモール付近)に行けばたくさんあるので困ることがないのがいいですね。
(行った時期:2014年11月)

初めて沖縄離島を訪れる時は、石垣島を中心として廻る事がベストだと思います。石垣空港は新しくなり旧空港より町までは遠くなってしまった事は少し残念です。石垣島のコテージ等に泊まれば十分のんびりした旅ができます。町もかなりにぎやかで不便を感じる事は全くないと思います。まずは石垣から攻めてみては如何でしょうか。
(行った時期:2012年11月)
石垣島
住所/沖縄県石垣市浜崎町1丁目
「石垣島」の詳細はこちら
古宇利島
古宇利島出典:じゃらん 観光ガイド 古宇利島
3~4段の海岸段丘で囲まれており,古い祭祀行事や沖縄版アダムとイブの人類発祥伝説が残る神秘の島。もずくやウニが特産品として知られ、漁業が盛ん。

\口コミ ピックアップ/
沖縄には色々な小島がありますが、古宇利島を行く事にしました。
車で真っ直ぐの道を渡りますが気持ち良かったです。
ハートの岩が可愛いですね
(行った時期:2017年10月)

古宇利大橋を渡る瞬間、一面に広がる青い海にテンションが上がります。
橋を渡ったすぐのビーチは、たくさんの人達で賑わっています。
秘境感はあまりなく、観光地という印象でした。
(行った時期:2017年11月)
古宇利島
住所/沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利
「古宇利島」の詳細はこちら
竹富島
竹富島出典:じゃらん 観光ガイド 竹富島
石垣島の南西6kmの隆起サンゴ礁の島。“民芸の島”として知られ,古き沖縄の姿を残す。ミンサ-織も有名。

\口コミ ピックアップ/
竹富島の特徴、良いところはなんといっても海、砂浜の綺麗さと島内の雰囲気にあるとおもいます。島内は、のんびり水牛が人を運んでいる姿には都会では味わえない光景かと思います。島内全体がすべて歩くスピード感満点。時間が止まった感じで、癒され感100%です。
(行った時期:2012年11月)

牛車に揺られて島の観光はとても気持ちが良かったです。
おじいさんの案内を聞いて、初めて知ることも多く、
水牛が、暑いから水をかけて~とホースのある所で歩みを止めたりして
とてもかわいかったです。
レンタサイクルで島内をめぐり、海を眺め星の砂を探し、ゆったりとした気分に浸ることができました。
(行った時期:2014年11月)
竹富島
住所/沖縄県八重山郡竹富町字竹富
「竹富島」の詳細はこちら
海洋博公園
海洋博公園出典:じゃらん 観光ガイド 海洋博公園
沖縄国際海洋博覧会の跡地を利用したテーマパーク。園内にある「オキちゃん劇場」ではオキゴンドウやミナミバンドウイルカの楽しいイルカショーが見られる。他にも多種多様なランが咲き誇る温室をもつ熱帯ドリームセンターや、世界最大級の水族館「沖縄美ら海水族館」など見どころは多い。
沖縄らしさを満喫!広すぎて遊びきれない

\口コミ ピックアップ/
入場料\0でこの施設はただ驚きです。施設により有料の所もありますが、それでも兎に角、安くしかも充実しています。時間さえあればそれこそ1日楽しめます。機会があり
また沖縄に来たときは必ず来たいですね。
(行った時期:2011年11月13日)

無料スポットなのですが、イルカショーが見られたり、大きな海の哺乳類であるマナティやウミガメが見られます。無料でこれだけ堪能できるのはすごい。美ら海水族館のすぐそばにあります。
(行った時期:2013年11月)
海洋博公園
住所/沖縄県国頭郡本部町石川424
「海洋博公園」の詳細はこちら
第一牧志公設市場
第一牧志公設市場出典:じゃらん 観光ガイド 第一牧志公設市場
庶民の台所として戦後の沖縄の家庭を支えてきた。400もある店にはチラガー(豚の顔)やイラブチャー(アオブダイ)など沖縄ならではの食材が所狭しと並んでいる。正月や旧盆に肉や魚を求める客で通路が埋まるのは恒例の風景。店のおばちゃんとも気軽に会話できるので、交渉によってはまけてくれるかも?
話して、買って、食べる3つの楽しみ公設市場

\口コミ ピックアップ/
何度か訪れていますが、色とりどりの魚や珍しい、野菜や果物があって
見ているだけで楽しいです!!
私的には、豚の顔を初めて見た時は衝撃でした!
(行った時期:2014年11月11日)

1階は、豚の頭や色鮮やかな魚や乾き物など、食品を販売しています。
空港の売店より安く買えるので、買い物にはオススメ!
2階は、レストラン街。1階で買った食材を調理してもらうこともできます。
※別途、調理代がかかります。
(行った時期:2015年10月)
第一牧志公設市場
住所/沖縄県那覇市松尾2-10-1
「第一牧志公設市場」の詳細はこちら
波照間島
波照間島出典:じゃらん 観光ガイド 波照間島
西表島の南20km,日本最南端の熱帯植物の色彩る島。有人島として日本最南端の島。

\口コミ ピックアップ/
島全体の本当に何もない感じが好きでした。
波照間ブルーの海もちろんですが、一番印象に残ったのは満天の星。星空観測センターやサトウキビ畑の間などで観察しましたが、ちょうど月の出ていない日で、天の川もくっきり。これ以上の星空はまだ見たことがありません。それだけを見に行くだけでも価値あり。
(行った時期:2011年11月)

とある沖縄本を読み、どうしても訪れたくなったのがこの島でした。
何もない島なのですが、それが本当に癒される感じで良いのです。
砂浜にあおむけになって、星空を見るのが一番の贅沢だと思います(^^)
(行った時期:2015年11月)
波照間島
住所/沖縄県八重山郡竹富町字波照間
「波照間島」の詳細はこちら
西表島
西表島出典:じゃらん 観光ガイド 西表島
沖縄本島に次ぐ大きな島。島の90%近くがジャングルにおおわれ,特別天然記念物イリオモテヤマネコの生息地。

\口コミ ピックアップ/
友人と2人で、妙齢女子旅(笑)。
台風が過ぎ去った後で、島の方は「涼しくなった」とおっしゃいましたが、10月下旬でも日中は関東の晩夏くらいの感覚でしょうか。
島にはコンビニや大型のスーパーもありません。
ほとんどがジャングルで、国の公園として保護されています。
イリオモテヤマネコに会うのは難しそうですが、他にも愛らしい自然動物が身近にいます。
カヤックやトレッキング、シャワークライミングなどのアウトドアはもちろん、ホテルのビーチでのんびりするだけでも命の洗濯になりました。
行くのがちょっと大変ですが、自然が好きで、買い物に興味がない方なら楽しめると思います。
(行った時期:2017年10月30日)

沖縄本島の次に大きな島です。
水牛に乗ったり、のんびり過ごしていると、すごく癒されてゆきます!
それなりに大きな島なので、観光バスなどを利用するのも良いと思います。
(行った時期:2015年11月)
西表島
住所/沖縄県八重山郡竹富町字西表
「西表島」の詳細はこちら
ニシハマビーチ
ニシハマビーチ出典:じゃらん 観光ガイド ニシハマビーチ
映画にでてくるような白い砂浜がここにある。流れるようなゆるやかな風に、どこまでも透きとおった青い海。何も考えずにボーっとしたくなる雰囲気。いざシュノーケリングををすると、色鮮やかな熱帯魚がたくさんいて、気分はさらにハッピー! ビーチのそばにはシャワーやトイレ、休憩所などもある。
例えようがない白い砂浜海で熱帯魚たちも見よう

\口コミ ピックアップ/
沖縄の綺麗なビーチには結構行っている方ですが、その中でも断然ニシハマが1番です!天気が良い時の海の色かなりやばいです!トイレもシャワーもあるので1日中遊べます。
シュノーケルは、果てしなく楽しいです!手前の方も珊瑚いっぱいで綺麗ですが、是非沖の方まで行ってみてください!真っ青な世界でプカプカできてかなり癒されます!ニシハマ大好きです。
(行った時期:2016年10月)

沖縄弁のややこしいところですが、ニシは西でなく北の事。西はイリと言います(西表とか)。
波照間島の北にあるビーチです。沖縄の人でさえ美しいと言わしめる海。
思い切って足を延ばしてみませんか!
(行った時期:2013年11月)
ニシハマビーチ
住所/沖縄県八重山郡竹富町波照間
「ニシハマビーチ」の詳細はこちら
国際通り
国際通り出典:じゃらん 観光ガイド 国際通り
那覇のメインストリート・国際通りは、“奇跡の1マイル”と呼ばれている。第2次大戦ですべて焼き尽された町から驚異的な復興を遂げ、沖縄人パワーのシンボル的存在となった。パレットくもじ前から安里三差路までの1.6kmには飲食店やブティックが軒を連ね、1日中人通りが絶えない。脇に広がる“市場本通り”“平和通り”“公設市場”などの路地は、一種バザール的なムードで、見て歩くだけでも充分楽しめる。

\口コミ ピックアップ/
かなりのお店があり、観光客や修学旅行生で賑わっていました。
どことなく原宿の竹下通りに似てる様な感じがしました。
色々なお店があるので、見ているだけでも楽しいです。
(行った時期:2017年10月)

夜遅くまで営業しているお土産屋さんがたくさんあるので、日中にお土産を買うタイミングがなかったとしても心配いりません。
大体何でも揃っています。
夜でも暖かいので、遅い時間でもたくさんの人が出歩いています。
夜の散歩も開放的な気分になれて、とても気持ちが良いです。
(行った時期:2017年11月)
国際通り
住所/沖縄県那覇市松尾・牧志周辺
「国際通り」の詳細はこちら
小浜島
小浜島出典:じゃらん 観光ガイド 小浜島
海のきれいなのどかな島。

\口コミ ピックアップ/
NHKのちゅらさんの舞台になった小浜島は、石垣島からフェリーで25分です。手つかずの透明度の高い海と満天の星にいやされます。
(行った時期:2013年11月)

日中は海が青くて綺麗!
サトウキビ畑が広がっているのも、のどかで癒されるぅ(^^)
夜は、星空がキレイ!
とても癒される場所です!
(行った時期:2015年11月)
小浜島
住所/沖縄県八重山郡竹富町字小浜
「小浜島」の詳細はこちら
おんなの駅 なかゆくい市場
おんなの駅 なかゆくい市場出典:じゃらん 観光ガイド おんなの駅 なかゆくい市場
\口コミ ピックアップ/
恩納村の西部、国道58号線を少し西に進んで行くと道路左側に標識が現れ、すぐにわかる場所にあります。駐車場も十分なスペースが用意されています。かき氷(ぜんざす各種・フルーツ満載など)やサータアンダギー、その他いろんな食材が用意されています。
ぜひ一度は立ち寄りたい場所ですね。
(行った時期:2017年10月13日)

それぞれ好きなものを食べられるフードコートのような、屋台がたくさんあります。お値段もリーズナブルで、ランチに最適です。車内で食べながら目的地に向かえるような、サータアンダギーとかスパムにぎりとか、沖縄のソウルフードがとにかくおいしいし、種類がいっぱいあります。お土産も、他で買うより安くて大量に買っておきました。
(行った時期:2017年11月)
おんなの駅 なかゆくい市場
住所/沖縄県国頭郡恩納村字仲泊1656-9
「おんなの駅 なかゆくい市場」の詳細はこちら
首里城
首里城出典:じゃらん 観光ガイド 首里城
1945年の沖縄戦で消失したが1992年11月に復元された。14世紀末より琉球王朝時代の政治文化の中心として、繁栄してきたが、沖縄戦を含め4度消失し、復元を繰り返す。現在の建物は、平成4年に復元され、平成12年には「琉球王国のグスク及び関連道産群」として、「世界遺産」に登録される。

\口コミ ピックアップ/
首里城は夜間24時までライトアップされています。モノレールの首里駅を降りて、首里城方面に歩くと龍潭(りゅうたん)と言う池があり、そこから見た首里城が赤く光る光景はメッチャ綺麗です。直ぐ近くにある「守礼の門」もライトアップされているので、合わせてご覧下さい。
(行った時期:2014年11月14日)

那覇観光の際、ここは外せない!と思い一番に訪れました。
ゆいレール首里駅を利用しバスに乗り継ぎましたが、のんびり散歩がてら徒歩でも行けそうです。
本殿はまるで中国のお城のようなつくりで、日本のお城とはまた違った雰囲気でした。
本殿そのものも良かったですが、御庭の縞々模様もまた異国情緒があって更に良かったです。
修学旅行生でごったがえしていましたが、ちょっと待っていれば落ち着いて見学できます。
(行った時期:2014年11月11日)
首里城
住所/沖縄県那覇市首里金城町1丁目2番地
「首里城」の詳細はこちら
オリオンビール株式会社 名護工場
オリオンビール株式会社 名護工場出典:じゃらん 観光ガイド オリオンビール株式会社 名護工場
沖縄の代表的ビール「オリオンビール」の製造はこの工場で行われていて、ビールの製造過程が見学できる。オートメーションシステムで次々とビールが誕生していく様子は、面白いので見ていて飽きない。見学後はゲストルームでビールを飲みながらビデオ鑑賞。夏の暑い日だと、なおさらに最高のひとときだ。
新鮮で旨い! 地元のオリオンビール

\口コミ ピックアップ/
旅先のビールはなんでこんなに美味しいのか…それは工場の出来立て(しかも無料!)だから!
工場見学のあとお待ちかねの試飲タイムがあります。沖縄の風土にあったサッパリ爽快のオリオンビール。最高です。
(行った時期:2011年11月)

小高い丘の上にあるオリオンビール工場で、製造工程の見学ツアーがあります。最後に出来立ての生オリオンビールがいただけます。
(行った時期:2015年11月)
オリオンビール株式会社 名護工場
住所/沖縄県名護市東江2-2-1
「オリオンビール株式会社 名護工場」の詳細はこちら
備瀬のフク木並木
備瀬のフク木並木出典:じゃらん 観光ガイド 備瀬のフク木並木
本部半島の先端に位置する備瀬のフク木並木。台風が多い沖縄。海岸に近いこの集落では、フク木は頼りになる防風林として人々を台風から守り続けてきた。約250戸ある家々のほとんどに繁茂した濃緑の葉を見ることができ、その数は数千本に及ぶとみられる。素晴らしい景観を与えてくれた台風に感謝感謝?
美しいフク木並木は人の心を和ませる

\口コミ ピックアップ/
たまたま空いていた時間に行ったのか、他の観光客が殆どおらず住民の人も滅多にいないので、不思議な世界に紛れ込んだような気持ちになりました。
とても静かな場所です。
(行った時期:2017年10月)

歩くのもレンタサイクルで走るのも気持ちの良いところです。結婚式の写真撮影をしていました。おしゃれなカフェで休憩しながら美しい海を見られ、とても好きな場所になりました。
(行った時期:2015年11月)
備瀬のフク木並木
住所/沖縄県国頭郡本部町備瀬
「備瀬のフク木並木」の詳細はこちら
サンセットビーチ
サンセットビーチ出典:じゃらん 観光ガイド サンセットビーチ
ショッピングセンターや映画館など、若者でにぎわう北谷町美浜にあるサンセットビーチは、地平線に沈む美しい夕陽を眺めることができることから、地元の人にも人気のビーチ。シャワーやロッカー、サマーベットなどの設備が整っているから夕暮れ時までゆっくりすごす事ができる。カップルにおすすめだ。
旅の思い出に残る美しいサンセットを

\口コミ ピックアップ/
何度か行ったことがあります。ビーチの周りにはショッピングスポットも沢山あり、息抜きの散歩で定番です!
夕日がとてもキレイで今でも目に焼き付いてます!
(行った時期:2015年11月)

やはり、夕暮れ時が綺麗でロマンティックです!
場所的には、お買い物出来る場所がそばにありますので、レンタカーで訪れることが多いです。
(行った時期:2015年11月)
サンセットビーチ
住所/沖縄県中頭郡北谷町美浜
「サンセットビーチ」の詳細はこちら
美浜アメリカンビレッジ
美浜アメリカンビレッジ出典:じゃらん 観光ガイド 美浜アメリカンビレッジ
沖縄県内有数のショッピング・食事ができる人気スポット!アメリカの西海岸をモチーフにした建物があり、観覧車や映画館など雨が降っても遊べるスポット。1,500台の大型駐車場も完備。

\口コミ ピックアップ/
カジュアルな小物や衣類などいろんなものが販売されていました。沖縄らしいものも揃っててどれも欲しくなるくらい素敵でした。
(行った時期:2015年11月)

街を歩くだけで、アメリカンな雰囲気にどっぷり浸れます。古着屋さんや雑貨のお店があり、見ているだけでとても楽しいです。
(行った時期:2017年11月)
美浜アメリカンビレッジ
住所/沖縄県中頭郡北谷町字美浜
「美浜アメリカンビレッジ」の詳細はこちら
御菓子御殿 読谷本店
御菓子御殿 読谷本店出典:じゃらん 観光ガイド 御菓子御殿 読谷本店
読谷村の特産品「紅いも」を加工したお菓子、ソバなどの製造、販売。沖縄料理を味わえるお食事処や、カフェもあります。

\口コミ ピックアップ/
沖縄名物の紅芋タルトの本店です。色々な場所で紅芋タルトを売られていますが、やっぱりここの本店で少しでも出来立てのものを購入したいと思い行きました。
(行った時期:2015年11月)

御菓子御殿だなんて、名前からして素敵!絶対に行くべき!
沖縄のお土産がたくさん売ってます。
地方へ配送もしてくれるので、ここでまとめて買って配送してもらうのが効率良いと思います。
(行った時期:2013年11月)
御菓子御殿 読谷本店
住所/沖縄県中頭郡読谷村字宇座657番地1
「御菓子御殿 読谷本店」の詳細はこちら
琉球村
琉球村出典:じゃらん 観光ガイド 琉球村
赤煉瓦の屋根に魔よけのシーサーが立つ古い民家や製糖工場、窯場などがたちならび、古き沖縄の姿をそっくりそのまま再現している観光名所。入口をはいると、ナカサージ(帽子)にムムチハンター(服装)と琉球らしい衣裳を身にまとった村人たちが来園者を歓迎してくれる。石垣のある200~300年前の家屋が立ち並び、琉球舞踊の衣裳に使われる紅型染色や藍染、織物、など沖縄の伝統工芸の教室や優雅な琉球舞踊、心地良い三線ライブが開催されている。1日で数コースを経験することも可能。織り上げた花織りや紅型のテーブルセンター、さらにシーサーの絵付けなどを持ち帰りできる。また、砂糖舎では、昔ながらの製法で丸太を牛にひっぱらせ、サトウキビのしぼりじるにしており、古き良きむかし沖縄が体感できる。
園内での芸能ショーでは勇壮なエイサーショーが人気。毎日2回(10:00/16:00)に開催される沖縄風パレード道じゅねーは必見である!

\口コミ ピックアップ/
ツアーのクーポンでソーキそばとジェラートがいただけるとのことで期待せず寄りました。ソーキそばを食べながら沖縄の踊りがみられてよかった!美味しかったし、沖縄の雰囲気が楽しめました。
(行った時期:2017年10月)

沖縄の昔の暮らしや、家、文化芸能が楽しめるスポット 広い園内は沖縄民謡が流れていて、タイムスリップした感じがします。舞踊などの伝統芸能も鑑賞できのんびりとした時間がとても心地よい場所です。
(行った時期:2017年11月8日)
琉球村
住所/沖縄県国頭郡恩納村山田1130
「琉球村」の詳細はこちら
ひめゆりの塔
ひめゆりの塔出典:じゃらん 観光ガイド ひめゆりの塔
沖縄戦で亡くなった沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等学校の教師・生徒のための慰霊碑。2校の生徒は沖縄戦中「ひめゆり学徒隊」として沖縄陸軍病院に動員された。隣接する資料館では、生存者の証言映像手記、遺品などの展示を通して戦争の悲惨さや平和の尊さを学ぶことができる。

\口コミ ピックアップ/
テレビでやっていて気になったので、ひめゆり塔を見学してきました。
資料館も見てきて、戦争の悲惨さが良く分かるものでした。
(行った時期:2015年11月)

平和とは何か、あらためて考えさせられました。
過去に目をそむけず知ることが、大切だとおもいました。
(行った時期:2017年10月)
ひめゆりの塔
住所/沖縄県糸満市伊原671-1
「ひめゆりの塔」の詳細はこちら

沖縄県をもっと知りたい方はこちらもおすすめ!
~沖縄デートスポットはこちら~
~沖縄ドライブ絶景スポットはこちら~

※この記事は2018年8月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

あなたにおすすめ