秋に行きたい【岡山】おすすめ観光スポット21選!紅葉スポットも!

じゃらんnews

2018/9/11 16:00


akidate

からっと爽やかな気候が期待できる秋は、まさに観光のベストシーズン。
今回は岡山の秋旅におすすめのスポットをご紹介!
岡山城や瀬戸大橋などの定番観光地やふるさと村など穴場的スポットも。
紅葉が臨める絶景エリアもチェックして、楽しい秋旅を満喫しよう!

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
1.倉敷美観地区
倉敷美観地区出典:じゃらん 観光ガイド 倉敷美観地区
風にそよぐ柳並木や、白壁となまこ壁が美しいコントラストを見せて倉敷川に影をおとし、伝統的な日本建築の美しさをよく残しているこの一帯は、江戸時代には米の集積地として栄えたところで、町並みから往時をしのぶことができる。世界的名画を集めた大原美術館をはじめ、民藝館、考古館など、文化的施設も多数ある。

\口コミ ピックアップ/
日曜日で、天気も良く、すごく混んでいましたが、ゆっくりと色んなお店を覗きながらのお散歩がたのしいとおもいます。
昔ながらの情緒漂う異空間。
川沿いだけでなく、時間があれば東西に足を運んで欲しいと思います。
(行った時期:2018年6月)

倉敷と言えば、美観地区と言うくらいの代表的観光地です。倉敷川を中心に昔の街並みが続いています。最近は古民家を活かしたお洒落な雑貨屋やカフェも次々にオープンして若者から年配の方まで楽しめる場所です。
(行った時期:2017年10月)
倉敷美観地区
住所/岡山県倉敷市中央
「倉敷美観地区」の詳細はこちら
2.岡山後楽園
岡山後楽園出典:じゃらん 観光ガイド 岡山後楽園
水戸の偕楽園、金沢の兼六園と合わせて日本三名園に数えられる回遊式庭園で、国指定特別名勝となっている。岡山藩主・池田綱政が、家臣の津田永忠を工事監督として築造させたもので、元禄年間(1686年~1700年)にほぼ完成したが、その後何度も模様換えや区域の拡張が行われるなどして、現在の規模までになっている。明治4年(1871年)に後楽園と改称して一般公開し、同17年(1884年)に県営に移管した。延養亭から東面して望む沢の池と唯心山や、それらを取りまく広々とした芝生などが描きだす平明な景観が眺めの中心ともいえ、遠景に瓶井山の多宝塔を点として、操山のなだらかな山容が借景となっている。

\口コミ ピックアップ/
岡山と言えば後楽園。一人でも、二人でも、グループでも。歴史に想いをはせたり、手をつないで景色を眺めたり、ワイワイ言いながら。それぞれの楽しみかたができます。
(行った時期:2018年7月)

日本三大名園の一つとして有名ですが、兼六園、偕楽園に比べて、平坦な印象が強かったです。能楽堂の存在感もさることながら、園内の構成には納得させられます。四季折々の木々が植えられているのは有名ですが、1年を通じて見てみたいなと思わせます。空と、木と水と風。紅葉の季節に訪れましたが、盛夏の折や雪景色も見てみたく思いました。
(行った時期:2017年11月)
岡山後楽園
住所/岡山県岡山市北区後楽園1-5
「岡山後楽園」の詳細はこちら
3.湯原温泉
湯原温泉出典:じゃらん 観光ガイド 湯原温泉
中国山地の山々に囲まれ、旭川の渓谷に湯煙りの立ちのぼる静かな温泉。温泉の歴史は古く、江戸時代の諸国温泉番付では東の関脇に選ばれたという。名物である露天風呂「砂湯」は、旭川をせき止めて造られた湯原ダムえん堤の真下河原にあり、川床から湧く温泉を自然石で囲った湯船が3つあり、それぞれ長寿の湯、子宝の湯、美人の湯と名付けられ湯船の底は川砂で、湯がこんこんと湧き出ている。屏風のように立ちはだかるダムをバックに、秋は山を彩る紅葉、冬は降りつもる雪を眺めながらと野趣は満点。しかも無料。湯はアルカリ性単純泉、48度。慢性リウマチ、神経痛、神経炎、疲労回復、慢性皮膚炎などに効能がある。町営湯本温泉館の新館には、サウナ・ジェットバス・ジャグジーバスがあり、身障者・高齢者の方にも安心して利用できます。

\口コミ ピックアップ/
岡山県を代表する温泉地で、アルカリ性単純泉で、高めの温度の源泉が15か所ほどあるそうです。旭川沿いに駐車場と温泉街が続き、上流には湯原ダムと露天風呂番付で西の横綱にランクされたことのある有名な「砂湯」があります。歴史ある温泉街なのでノスタルジーと時代の流れをそれなりに感じますが、温泉関係者が何とか生き残るための魅力作りに、一生懸命な感じがしました。
(行った時期:2018年6月22日)

河原に湧く混浴露天風呂とダム、吊り橋からの眺めが他にはない湯原温泉らしさを感じるところです。
昔ながらの日本らしい風景の温泉街が残る貴重な空間を楽しめました。
(行った時期:2018年7月)
湯原温泉
住所/岡山県真庭市湯原温泉
「湯原温泉」の詳細はこちら
4.岡山城
岡山城出典:じゃらん 観光ガイド 岡山城
宇喜多秀家が豊臣秀吉の指導を受けて築城し、慶長2年(1597)に完成。天守閣は戦災で焼失してしまったが昭和41年(1966)に再建されている。天守閣内部では、歴史展示以外にも備前焼の体験、駕籠に乗って写真撮影などが出来る学びと遊びの空間になっている。天守閣の外観が黒いため「烏城」とも呼ばれ親しまれている。また本丸の北西隅には焼失をまぬがれた月見櫓が往時を偲ばせる姿で建っている。

\口コミ ピックアップ/
岡山駅から2km。路面電車やシェアサイクルで行けます。お城自体は戦後の再建ですが、美しいお城で後楽園と調和しています。
(行った時期:2018年6月28日)

いつも遠くから見ていましたが、
近くで見ると、黒色のお城の、独特の美しさに感激しました。
青空の晴天を背景に、綺麗です。
中に入っても、眺めが良く楽しめます。
行って良かったと思います。
(行った時期:2017年10月)
岡山城
住所/岡山県岡山市北区丸の内2-3-1
「岡山城」の詳細はこちら
5.瀬戸大橋
瀬戸大橋出典:じゃらん 観光ガイド 瀬戸大橋
瀬戸内海をまたいで本州と四国を結ぶ長大橋。香川県坂出市と岡山県倉敷市を結ぶ6つの橋と4つの高架橋を総称して呼ぶ。全長9368mで、鉄道と道路の併用橋としては世界最長を誇る。坂出市側のたもとに瀬戸大橋記念公園があり、回転展望台「瀬戸大橋タワー」がある。

\口コミ ピックアップ/
フェリーの時に下を潜ったことがありましたが、陸から見るのは初めてでした。PAからの見応えは十分で、よくこんな橋を造ったものだと感心し
ます。この橋のおかげで、ベイブリッジやレインボーブリッジが作られるようになったんですよね。他の場所からの橋も見てみたいです。
(行った時期:2018年7月)

橋からは離島の島々を見渡すことができ、夕日が格別に綺麗に見えます。与島のPAに降りると橋全体をゆっくりと眺められました。
(行った時期:2017年10月)
瀬戸大橋
住所/岡山県倉敷市下津井田之浦1丁目1
「瀬戸大橋」の詳細はこちら
6.備中松山城
備中松山城出典:じゃらん 観光ガイド 備中松山城
城山の臥牛山は大松山、小松山、天神丸、前山の四峰から成るが、秋庭重信が延応2年(1240)大松山に砦を築いたことに始まります。
現在の「備中松山城」は天和3年(1683)、松山藩主水谷勝宗の手によって完成したものといわれています。
現在は二層二階の天守の他、二重櫓、大手門や櫓の礎石、土塀、高い石垣などが残っています。平成9年本丸の一部が復元されました。天守、二重櫓、土塀の一部が国の重要文化財に指定されています。
現存する天守を持ち、日本一高い場所にある山城であり、秋から春にかけて、早朝のみに見ることができる雲海に浮かぶ姿は幻想的です。

\口コミ ピックアップ/
城の石垣には、もともとそこにあった天然の岩を削って積石と組み合わせたらしい部分があちこちに見られ、いかにも山城らしくて興味深かったです。大手門跡から見上げる石垣はとくに迫力がありました。観光駐車場からシャトルバスで上がれるふいご峠駐車場から天守などのある本丸までの道は舗装された歩きやすい遊歩道ですが、登山口からふいご峠までと、本丸から先の道は山道です。
(行った時期:2018年5月20日)

現存天守閣を持つ山城で、約八百年の歴史がある貴重なお城でお城好きなら絶対行くべき所です。山城ですから到達までが大変で、車で行けるのが五合目まで、そこから八合目まではシャトルバス、そこから城まで約20から30分の登りが必要になるが、行って本当に良かったと思っております。
(行った時期:2017年9月)
備中松山城
住所/岡山県高梁市内山下1
「備中松山城」の詳細はこちら
7.砂湯露天風呂
砂湯露天風呂出典:じゃらん 観光ガイド 砂湯露天風呂
湯原温泉郷にある露天風呂が「砂湯露天風呂」。旭川の川底から湧いている温泉を石で囲った、野趣あふれる露天風呂で、美人の湯、長寿の湯、子宝の湯と3つの湯船があり、すべて男女混浴になっている。全国の露天風呂番付で西の横綱に選ばれたこの名泉で、密かにお肌を磨いて、女を上げてみてはいかが?

老若男女、おおらかに温泉につかってみる

\口コミ ピックアップ/
湯原温泉に宿泊しました。ここで有名なのは、砂湯露天風呂です。早速入浴してきました。混浴ですが、水着、バスタオルなどの使用は可能です。というよりも、タオルを巻くか水着を着るかしていないと、逆に通報されることもあるようです。注意してください。
(行った時期:2018年5月)

旅行で行きました。
混浴ですが、旅館で入浴着が借りれたので着て入りました。
夜は晴れていると満天の星を眺めることができて星が降ってきそうなくらい綺麗でした。
昼間より夜に行くのがおすすめです。
(行った時期:2017年10月)
砂湯露天風呂
住所/岡山県真庭郡湯原町湯本
「砂湯露天風呂」の詳細はこちら
8.倉敷アイビースクエア
倉敷アイビースクエア出典:じゃらん 観光ガイド 倉敷アイビースクエア
明治の名残を収めたレンガ、その壁面に蔦(アイビー)をまとう工場の建物を利用した施設。ホテル・ラウンジ・食堂・倉紡記念館・アイビー学館がある。

\口コミ ピックアップ/
アイビースクエアってなんだろって門をくぐる人が大半だと思いますが、わたしもその1人で、いざ入ってみると、体験や、キャンドルなどあり、とても落ち着くところでした。
(行った時期:2018年6月)

レンガ造りの建物がとても素晴らしいです。人がとても多かったんです。雰囲気があってデートにもぴったりです。
(行った時期:2018年4月)
倉敷アイビースクエア
住所/岡山県倉敷市本町7-2
「倉敷アイビースクエア」の詳細はこちら
9.神庭の滝
神庭の滝出典:じゃらん 観光ガイド 神庭の滝
神庭川に懸る西日本一の名瀑。黒光りのする岩盤と純白の水しぶきが神秘的である。国の名勝地,県立自然公園に指定され特に新緑と紅葉が美しい。

\口コミ ピックアップ/
紅葉の時期なので平日にもかかわらず、車も多く、観光バスも何台か来ていてにぎやかでした。
でも、のんびりと滝まで歩いて訪れる事が出来ました。
清掃も行き届き雄大な滝を満喫しました。
おサルが居なかったのは、ちょっと残念でしたけど今の時期は山に餌があるのであまり来ないそうです。
良いお天気に恵まれたのでたっぷりリフレッシュ出来ました。
(行った時期:2017年11月)

近くまで行くと、マイナスイオンを感じられました。
みずしずきが気持ち良かったです。
リフレッシュ出来ました。
行った時期:2017年10月
神庭の滝
住所/岡山県真庭市神庭640
「神庭の滝」の詳細はこちら
10.ブラジリアンパーク鷲羽山ハイランド
ブラジリアンパーク鷲羽山ハイランド出典:じゃらん 観光ガイド ブラジリアンパーク鷲羽山ハイランド
\口コミ ピックアップ/
少し遊具が古く怖いですが、そのスリルがまたイイです。観覧車からは瀬戸内海、瀬戸大橋が見えて綺麗です。友達、家族、デートなど誰とでもいけます。
(行った時期:2018年6月)

むかしからある遊園地で、どれも乗り物が
ふるいので壊れそうで怖いです。
ブラジルの雰囲気がよいですよ
(行った時期:2017年9月)
ブラジリアンパーク鷲羽山ハイランド
住所/岡山県倉敷市下津井吹上303-1
「ブラジリアンパーク鷲羽山ハイランド」の詳細はこちら
11.道の駅風の家
道の駅風の家出典:じゃらん 観光ガイド 道の駅風の家
細めの麺に、蒜山産のキャベツ、親どりにあわせれば何とも香ばしい麦味噌ならではの香りが食欲を誘います。じゃらん現地スタッフの耳より情報)

\口コミ ピックアップ/
とれたて新鮮野菜が、沢山ありました。日曜日の午前ということもあってかお客さんも多く混雑してました。
お土産もまあまあ揃っていました。軽食コーナーもあり、ぜひ立ち寄りたい道の駅です。
(行った時期:2017年11月12日)

地元のお野菜がたくさんならんでいます。行くなら早い時間のほうがいいです。食事もできるし、蒜山のお土産ものもたくさんとりあつかいがありました。
(行った時期:2017年10月)
道の駅風の家
住所/岡山県真庭市蒜山上徳山1380-6
「道の駅風の家」の詳細はこちら
12.美星天文台
美星天文台出典:じゃらん 観光ガイド 美星天文台
美星天文台は吉備高原の高台に位置し、まさに「360度の展望」が開け全天を見ることができます。美星天文台は国内でも最大規模の公開天文台で(口径101cmの望遠鏡を持つ)、誰でも気軽に望遠鏡で見ることができます。

\口コミ ピックアップ/
岡山出身の友人に勧めてもらい訪れました。今まで星を観に行った中で一番たくさんの星を観れとても感動しました。辿り着くまでに少し道が分かりにくいです。
(行った時期:2017年11月)

ここでみた星空が忘れられない。
本当に綺麗で、手を伸ばしてつかめるかと思った。
ぜひ流星群のときなどにきてみたい。
(行った時期:2017年8月)
美星天文台
住所/岡山県井原市美星町大倉1723-70
「美星天文台」の詳細はこちら
13.吹屋ふるさと村
吹屋ふるさと村出典:じゃらん 観光ガイド 吹屋ふるさと村
標高550mの山合いに、塗込造りベンガラ格子の堂々とした町家が建ち並んでいるこの町は、江戸時代から明治にかけて、中国筋第一の銅山町に加えて江戸末期からベンガラという特産品の生産が重なり、商業地として大いに栄えた面影を色濃く残している。
県の「ふるさと村」にも指定されている。
町並みは国選定「伝統的建造物群保存地区」となっている。

\口コミ ピックアップ/
岡山でもかなりオススメのスポットだと思います。
アクセスがやや厳しいため、人混みでごった返すこともなく、変に垢抜けることもなく。
風情があって美しい。
(行った時期:2017年7月)

古い町並みですが、ゆっくり歩けるし、町の方も優しい、食べ物も美味しかったです、休める所もあるので、また行きたいです
(行った時期:2017年6月10日)
吹屋ふるさと村
住所/岡山県高梁市成羽町吹屋
「吹屋ふるさと村」の詳細はこちら
14.満奇洞
満奇洞出典:じゃらん 観光ガイド 満奇洞
岡山県指定天然記念物。高梁川上のカルスト台地の鍾乳洞。洞内に広大な清水の池をもつ。水に映る石筍群や鍾乳石が夢のよう。 満奇洞の名前の由来は昭和4年にこの地を訪れた歌人与謝野晶子が「奇に満ちた洞」と詠んだことから言われるようになった。

\口コミ ピックアップ/
洞窟探険が楽しめました。
鍾乳石と水を怪しげな光でライトアップしていて幻想的かな。
大自然が作り出した洞窟で圧巻です。
洞窟内部は広く30分ほど歩きますよ。
(行った時期:2018年4月)

全長450mと比較的短いですが、地底湖が広がる神秘的な鍾乳洞です。ライトアップされて鍾乳石や石筍はとてもきれいで自然が作った芸術品です。
(行った時期:2017年9月)
満奇洞
住所/岡山県新見市豊永赤馬2276-2
「満奇洞」の詳細はこちら
15.湯郷鷺温泉館
湯郷鷺温泉館出典:じゃらん 観光ガイド 湯郷鷺温泉館
\口コミ ピックアップ/
湯郷温泉の中での公共温泉施設です。体なども洗え、シャンプー、石鹸オッケーでした。となりの施設は、源泉掛け流しで石鹸は不可なので、どちらに行くか迷いました。
(行った時期:2018年4月)

観光案内所で聞いたが、ここが湯郷温泉の元湯という。鷺が傷を癒すのを見た円仁法師が発見したと言われるので鷺の湯の別名がある。いくつも露天風呂があり、日帰り客だけでなく、旅館の外風呂としても使われる。外観はイスラムの宮殿の屋根を変形させたようなドームがあり、遠くからでも目立つ建物だ。
(行った時期:2017年10月)
湯郷鷺温泉館
住所/岡山県英田郡美作町湯郷595-1
「湯郷鷺温泉館」の詳細はこちら
16.カブトガニ博物館
カブトガニ博物館出典:じゃらん 観光ガイド カブトガニ博物館
カブトガニが生息・繁殖している笠岡市にあり、カブトガニをデザインした館内には、カブトガニと生物進化の歴史がわかる展示がされている。また、カブトガニと同時代を生き、絶滅した恐竜の原寸大の復元模型と化石植物といわれるイチョウ、メタセコイア、シダ等の植栽で原始の世界を再現した「恐竜公園」も併設されている。

\口コミ ピックアップ/
遠い昔に遠足で行ったことがありましたが、当時はカブトガニが貴重な物であることを知りませんでした。
大人になって価値が分かってから再訪したら、子供の頃よりも楽しめました。
隣の公園には恐竜がいるので、ぜひ子供連れて行ってみてください。
(行った時期:2018年4月)

天然記念物のカブトガニについて知れる、観察できる博物館です。ゆっくりと動くカブトガニをこんなに近くで見たのは初めてでした。楽しかったです。
(行った時期:2017年9月)
カブトガニ博物館
住所/岡山県笠岡市横島1946-2
「カブトガニ博物館」の詳細はこちら
17.現代玩具博物館・オルゴール夢館
現代玩具博物館・オルゴール夢館出典:じゃらん 観光ガイド 現代玩具博物館・オルゴール夢館
湯郷温泉街にある、現代玩具博物館・オルゴール夢館は、子どもたちの健やかな成長を願って作られた世界のおもちゃや、100年以上も昔から人々に感動を与えてきたオルゴールを所蔵しており、1世紀以上前のスイス製シリンダーやドイツ製ディスクなど希少価値のあるアンティークオルゴール約30点と、からくり人形など海外の木製玩具、約600点を展示しています。

スタッフのガイドのもと、様々な音色や動きを楽しませてくれる「オルゴールコンサート」、積木やオモチャの話や遊び方をパフォーマンスを交えて紹介する「おもちゃツアー」は、大人から子どもまで楽しむことができ、毎日開催しています。
ミュージアムショップでは、おすすめのオルゴールや海外製玩具、絵本などを販売しています。贈り物、インテリア、お土産としてじっくり選びたくなるものばかりです。
プレイルームでは、積み木や汽車、ままごとコーナーなど所蔵されているおもちゃで実際に遊べます。

また、ショップで購入した工作キットや持込の材料で、工作体験もできます。滞在のお時間や年齢に合わせた工作素材をご用意しています。

\口コミ ピックアップ/
昔の音を体験できて感動でした。音響の違いや 作り方で 音の響きが異なり 素晴らしい音を聞かせて頂きました。見学、販売かと思っていたので とても感動しました。絶対 行った方がいい場所ですね。創作玩具も色々見れてとても楽しい時間を過ごせました。
(行った時期:2018年6月)

施設は小さいです。オルゴ-ルコンサ-トに少し遅れたのですが入場できました。さほど期待していなかったのによかったです。展示されているのを見るだけではここまで感動はないと思います。オルゴ-ルの柔らかい音色に癒され お姉さんの説明に感心しながらピエロさんの恋に思いをはせました。おもちゃの説明も面白く 飛び出し絵本も手にとって見られ、木のおもちゃに暫し子供に帰ってました。
(行った時期:2017年11月)
現代玩具博物館・オルゴール夢館
住所/岡山県美作市湯郷319-2
「現代玩具博物館・オルゴール夢館」の詳細はこちら
18.ライフパーク倉敷 科学センター
ライフパーク倉敷 科学センター出典:じゃらん 観光ガイド ライフパーク倉敷 科学センター
\口コミ ピックアップ/
自分でやってみる体験が沢山あり、子どもも大人も楽しめました(*^_^*)
駐車場もたくさんあります。
(行った時期:2018年1月)

プラネタリウムで全天周映画を見ました。
初めのうちは目が回り、乗り物酔いしそうな感じになりましたが、すぐになれるので安心して見れます。
映画も、地球環境を考えさせる内容で、子供のお勉強にはぴったりです。
その他も、科学を遊びながら学べるものがたくさんあり、園児や小学生におススメのスポットです。
(行った時期:2017年10月7日)
ライフパーク倉敷 科学センター
住所/岡山県倉敷市福田町古新田940
「ライフパーク倉敷 科学センター」の詳細はこちら
19.奥津渓の紅葉
奥津渓の紅葉出典:じゃらん 観光ガイド 奥津渓の紅葉
奥津温泉街の下流3kmのところにある渓谷。奇岩絶壁と秋の山の紅葉、大小13個の甌穴が見もの。春の新緑や冬の雪景色もよい。

\口コミ ピックアップ/
私が行ったときはしていませんでしたが、紅葉シーズンの時に行かれるのをお勧めします。
ライトアップや屋台があるのでカップルや家族連れでも楽しめると思います。
(行った時期:2017年8月)

美しい紅葉に、日本人として生まれてきたことに感謝の気持ちをもつよいきっかけになりました。癒されてきました。
(行った時期:2016年11月)
奥津渓の紅葉
住所/岡山県苫田郡鏡野町奥津
「奥津渓の紅葉」の詳細はこちら
20.備中国分寺
備中国分寺出典:じゃらん 観光ガイド 備中国分寺
聖武天皇の発願によって諸国に建立された国分寺の一つ、備中国分寺は南北朝時代に消失したとされ、現在の建物は江戸時代に再建されました。境内にそびえる五重塔(国重文)は、県内唯一のもの。また、庫裡・裏書院・経蔵は岡山県指定の文化財となっている。

\口コミ ピックアップ/
遠くから眺めると借景に溶け込み綺麗に見れる五重塔で、近くで見るとどっしりした造りで迫力があります。現地へのアクセスは車が良いと思います。
(行った時期:2017年11月)

とても趣のある建物です。
子供が五重塔を絵に描きたいというので、なんかいか行きました。
夕焼けと重なると本当に綺麗で、おすすめです。
(行った時期:2017年10月)
備中国分寺
住所/岡山県総社市上林1046
「備中国分寺」の詳細はこちら
21.特別史跡旧閑谷学校
特別史跡旧閑谷学校出典:じゃらん 観光ガイド 特別史跡旧閑谷学校
岡山藩主・池田光政が庶民教育の場とするため、津田永忠に命じて寛文11年(1671年)に造られた学校。講堂は元禄14年(1701年)の建築で、学校建築としては唯一の国宝。儒学の殿堂にふさわしい様式を備えている。平成27年4月に「近世日本の教育遺産群-学ぶ心・礼節の本源-」の構成史跡として日本遺産に認定されました。

\口コミ ピックアップ/
静かで広々としていて不思議と心がすーっと落ち着く場所です。四季折々の景色が楽しめる場所ですが、紅葉がとにかくキレイでおススメです。
(行った時期:2017年10月)

自然と触れ合い、空気はとてもおいしい場所です。静かなところでしたが癒されました。有名な学校の厩舎で趣もありました。一見の価値ありです。
(行った時期:2017年4月)
特別史跡旧閑谷学校
住所/ 岡山県備前市閑谷784
「特別史跡旧閑谷学校」の詳細はこちら

※この記事は2018年9月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

あなたにおすすめ