りゅうちぇるvsRedfoo! 吹き荒れる違った歓声、地元アイドルやいちご同盟も花を添えた日本女子博覧会

UtaTen

2016/10/24 12:01


日本の女子のカルチャーを大阪から世界へ発信する体験型エキスポ「日本女子博覧会 2016 meets MUSIC CIRCUS RED」が、2016年10月23日(日)にインテックス大阪6号館Bにて開催され、2万7000人の方にご来場いただきました。

「日本女子博覧会」は、国内外の人気アーティストをはじめ、DJ、アイドル、ファッション、ビューティー、お笑い、グルメ&スイーツ、占い、アート、サブカルから日本の伝統音楽まで、女の子が大好きなコンテンツが大集合。女の子が主役になって好きなものを体験・体感できる唯一のガールズエキスポです。

4回目を迎えた今年は“ハジケル女子ワールド!躍る!体験・体感!”というテーマのもと、関西最大級のダンスミュージックフェスティバル「MUSIC CIRCUS」との奇跡のコラボが実現。なかでもライブやファッションショー、お笑い、アイドル、ダンスと、ジャンルレスに展開する「RED STAGE」をフィーチャーし、6号館Bのメイン会場のステージはクラブのようなグルーヴ感あふれる熱い盛り上がりを見せました。会場内の約100種に及ぶブースは、ファッション・メイク・ネイル・占い、そして女の子が大好きなスイーツ&グルメが大集合。ほかにも体験ブースや、芸人、モデルと一緒に盛り上がることができるプログラムもあり、終日行列が絶えないほどの盛況ぶりでした。

「日本女子博覧会」を通して、大阪へのインバウンド、さらには日本全体のゲートウエイを拡大していく試みです。

メインステージ ライブレポート


【ビューティー】

NMB48の“あかりん”こと吉田朱里が尼神インター・誠子にアイドルメイクを施しました。メイク前はケンドーコバヤシから「同級生のオカン」と揶揄された誠子でしたが、アイドルメイクをした後も「ツボ売りババア」と揶揄される結果に…。吉田曰く、ポイントはピンクのチークやリップ、「でか目効果のあるアイメイク」とのこと。また、吉田は簡単にできるアイドルメイクをレクチャー。そのほか、旬のメイクからすぐマネしたくなるお手入れ術まで、昨今のビューティー事情に女の子たちは興味しんしんでした。

【ファッション】


2016年秋冬ファッションが大集結。DJとコラボしたファッションショーでは、トップバッターにぺこさん・りゅうちぇるさんが仲よく登場。さらに今井華さん、宮城舞さん・宮城大樹さん姉弟など人気モデルが最新ファッションを着こなしてランウェイを華やかに盛り上げます。



また、最大級オーディションイベント「スタースカウト総選挙」でグランプリを受賞した秋山未有さんなどが登場し、フレッシュな魅力で会場を魅了しました。この日、ライブを開催した板野友美さんプロデュースの「Petit Tomo」のウエディングステージも行われました。

【お笑い】

総合MCはケンドーコバヤシが担当。かまいたちや銀シャリなどによるネタもありました。ファッションショーでも芸人らが大活躍。椿鬼奴は艶やかな着物姿を披露。渡辺直美プロデュースのファッションショーでは、ヘンダーソン、ゆりやんレトリィバァなどがモデルとして登場。「吉本新喜劇in日本女子博覧会」では、りゅうちぇるさんがゲスト出演。森田まりことゴリラの芸をコラボしました。りゅうちぇるさんはゴリラでランウェイを進み、ウンコを投げる仕草も。「ゴリっちゃった」と笑顔で語りました。さらに、山田花子が「カモ~ン!」と誘いをかけた際には「ぺこりーん!」と惑わされ、内場らから「ぺこりんなわけないでしょ!」とツッコまれ、お客さんを喜ばせていました。


【DJ】

「MUSIC CIRCUS」とのコラボということもあり、DJステージが大充実。なかでもDJ HelloKittyは、キッズダンサーも巻き込んで最新エレクトリックミュージックで観客を魅了しました。DJ FUMI★YEAH!、DJ寿定といったクラブシーンを牽引する実力派が、勢揃い。DJ KELLY(ギャロップ・毛利)、DJ けんじ(モンスターエンジン・大林)という、DJとしても活動する芸人も大活躍。DJ KELLYはDJ&お笑いのマッシュアップに挑戦。藤崎マーケット×ZAZY、ラニーノーズ×大村ジーニアス、ヘンダーソン×ゆりやんレトリィバァのネタとコラボ。重低音とレーザー光線のなかで熱狂するオーディエンス。これまでの「日本女子博覧会」にはない、ディープで刺激的な演出が印象的でした。

【音楽】


旬のアーティストが続々と出演。板野友美さんは、11月2日発売の2ndアルバム「Get Ready」の中からアップテンポなクラブナンバーを。東海エリアを代表する名古屋発のボーイズグループ・BOYS AND MENは、歌詞に名古屋グルメが登場する「なごやめしのうた」で観客とのコール&レスポンス。



女性ファンが多く駆けつけたFlowBackや、BsGirls、CHERRSEE、P.IDLといったアイドル勢も。グランドファイナル後、今年の「日本女子博覧会」のラストを飾ったのは世界が誇る無敵のパーティー・ロック番長と呼ばれるRedfoo!DJブースから降りてランウェイで歌った際は観客のテンションも最高潮に!
今年のテーマ“ハジケル女子ワールド!躍る!体験・体感!”にふさわしいエンディングとなりました。




【キッズダンスステージ】

キッズダンスステージも大盛り上がり。小学生から高校生までの混合チーム小学生から高校生までの混合チームVILS MLB crewは、仲良しが取り柄のチームというだけあって、息ピッタリのダイナミックなダンスで魅了。ひとりひとりがパッションあふれるダンスで魅了したのはnasty。華麗なダンスでイベントを盛り上げました。

EXPOステージ ブース レポート


【EXPOステージ】

MCを務めるザ・プラン9のヤナギブソンが登場し開催宣言。まずはかなりの美容テクニックの持ち主、NMB48の吉田朱里さんが尼神インターの誠子にアイドルメイクを施しました。すっかり女子度が上がった誠子はお披露目のためメインステージへ。その後はお笑い、ビューティー、ライブ、ファッション、DJプレイとメインステージに負けぬラインナップが繰り広げられました。

【お笑い】

ザ・プラン9のヤナギブソン、女と男がMC担当の「おわらいSTAGE」では、今勢いのある若手芸人が続々と登場。ゆりやんレトリィバァ、「石焼き芋」歌ネタのヘンダーソン、、見取り図、ZAZYら9組が女子たちから最大級の笑顔を引き出していました。

【DJ】

2回行われたDJタイムには、小学2年生(7歳)のDJが。ピコ太郎、パーフェクトヒューマンなどの楽曲セレクトで、大人顔負けのDJプレイでフロアのお姉さんたちをアゲまくり。海外からのお客さんも思わず足を止めていました。

【トーク】

「国土交通省」ブースでは、建設業女性活躍応援PJ(プロジェクト)としておかずクラブをリーダーに「建設女子を応援『おうちクラブ』」を展開、桜・稲垣早希、ゆりやんレトリィバァが左官体験できることを告知。「ミスユニバース・ジャパン大阪」PRタイムでは、次々に現れるスラリとしたミスユニバースに続いて、「同じミスだから」と椿鬼奴が登場。一同を見回し「こんなにスタイルが見劣りするとは……」と、立ち並ぶ美貌を前にガックリ肩を落とし、笑いを誘っていました。

【ビューティー】

「Be-Star」ヘアショーでは、いちご好きが集まった「いちご同盟」メンバーが関西の人気美容師によるヘアメイクで素敵に変身。15分でセット完了をルールに、衣装に合わせたヘアスタイルが形になっていきます。流行りのヘアアレンジ“くるりんぱ”活用など、誰もがトライできそう。女と男・和田も「やってみようかな」と興味しんしん。



【占い】

人気占い芸人・アポロン山崎による手相占い解説がはじまると、占いに敏感な人々が押し寄せました。MCの女と男・市川にある「めちゃくちゃエロい」相が前列に居た方にもあるとわかると、場内は大ウケ。選ばれたお客さんがステージに上がり、手相占いがはじまります。診断中はみなさん、自分の手のひらを真剣な眼差しで見つめていました。

【ファッション】

女性らしいフォルムを美しく保つ下着を販売する「m−fit」のステージに、福岡を拠点に活動するアイドルグループ「LiNQ」のサカイアサカさんが登場。イメージモデルを務めるサカイさんは商品を身にまとい、自らの身体で下着の高機能性を実証。「m−fit」を扱うマルコ社員さんも下着姿で一緒にステージへ。グッと上がったお尻を見て、使用前/後の明らかな違いに女と男・和田も驚嘆していました。「mine」をPRするオーディションで選ばれたキッズモデルらの愛らしいステージングも会場に華を添えました。

【音楽】

P.IDL、BIGBANのコピーユニット・愛田会、秋葉原の地下アイドル関西版・仮面女子候補生WEST、名古屋を中心に活動するアイドルユニット・CAMOUFLAGEが息の揃ったダンスパフォーマンスと歌で会場を引き付けました。イケメン揃いのエンターテイナー集団、BOYS PROJECTや、avex artist academy大阪校から生まれた公式育成ダンス&ヴォーカルユニット・ARUCUSも。EXPOステージのラストを飾った中学生DJ率いるEDMサウンド6人組ガールズグループ・Edge Dub Monekyzは、渾身の力を振り絞ったダンスで魅了しました。

【ブース】

女子を輝かせるアイテムが揃ったブースエリアでは、体験イベントやモデル・芸人らが登場し賑わいを見せていました。人気モデルが駆けつけた「DoCoMo」ブースでは、島袋聖南さん、吉木千沙都さん、今井華さん、宮城大樹さんらモデルとの記念撮影プレゼントが。「JUJU」では腸クレンズスムージーをヘンダーソンから手渡すなど、女子の「欲しい」に「うれしい」をプラスしたイベントが盛りだくさん催されました。中には“建設女子”を応援する、女子の未来を輝かせるヒントがつまった「国土交通省」の体験ブースも。



男性のイメージが強い“建設業”ですが、最近では女性の職人さんもどんどん増えていて「女性の方が仕事が丁寧!」と評価の上がっている左官体験が設けられました。「即スカウトしたい」とスタッフさんが褒める腕前を持った女子や、親子で楽しく壁塗り作業に望んでいました。ゆりやんレトリィバァ、桜・稲垣早希も駆けつけ、約160名の方が参加するほどの大盛り上がり。左官体験者、またはアンケートに回答してくれた方へのハンドタオル、缶バッジ、ステッカーセットのプレゼントが大好評でした。ほかにも実際に施術を受けたお客さんからの投票が勝敗を左右する「ほねつぎ男子コンテスト」、渡辺直美プロデュースのブランド「PUNYUS」は、渡辺誕生日記念でオール10%とおしゃれ大好き女子の購買欲をくすぐるサービスも。

メイクコーナーは、近づくハロウィンスタイルが人気で、女性のみならずファミリー層も多数参加してホラーメイクに挑戦。前回も好評だった占いブースは最長2時間待ちの列ができる盛況ぶり。グルメ&スイーツは、全国の人気ご当地グルメを目の前に「おいしそう~」と悩ましげな女性たち。通りかかったこどもたちが「お肉のいい匂い~」と思わずもらすほどジューシーな肉の香り漂う佐世保バーガーのブース前は、常に人だかりが。この他、女子力アップに貢献しそうな米粉を使ったタルト、美容・ダイエット効果もバッチリなバジルシードドリンクなどトレンドを押さえたメニューもラインナップ。見取り図、ゆりやんレトリィバァらが店頭に立ち、フードコーナー盛り上げにひと役買っていました。時折ブースエリアを練り歩く「MUSIC CIRCUS」のマーチがお祭りモードをより演出、来場者の気持ちを高めていました。

Photo:オフィシャル提供・高槻うた

あなたにおすすめ