秋に行きたい【山口】おすすめ観光スポット22選!定番から穴場まで

じゃらんnews

2018/9/10 16:03


akidate

からっと爽やかな気候が期待できる秋は、まさに観光のベストシーズン。
今回は山口の秋旅におすすめのスポットをご紹介!
角島大橋などの定番観光地をはじめ、
紅葉が臨める絶景スポットもチェックして、楽しい秋旅を満喫しよう!

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
1.唐戸市場(活きいき馬関街)
唐戸市場(活きいき馬関街)出典:じゃらん 観光ガイド 唐戸市場(活きいき馬関街)
ふく汁やふくの握りなど色々選んで食べれるのが楽しい。市場の雰囲気も楽しめる。実際のセリの様子も見学できます。金・土・日・祝日には露店がでます(じゃらん現地スタッフの耳より情報)

\口コミ ピックアップ/
新鮮なネタを使ったお寿司や、フグのあら汁、唐揚げなど色々な海の味がリーズナブルに楽しめる。お寿司を頂いたが、とても美味しかった。
(行った時期:2017年10月)

毎週金土日に開催されている活きいき馬関街に行ってきました。すごく賑わっていてどの店で買おうか迷いますが、安くておいしいのでついつい食べ過ぎてしまいました。
(行った時期:2017年10月)
唐戸市場(活きいき馬関街)
住所/山口県下関市唐戸町5-50
「唐戸市場(活きいき馬関街)」の詳細はこちら
2.いろり山賊
いろり山賊出典:じゃらん 観光ガイド いろり山賊
\口コミ ピックアップ/
外で食べるのがいいです。おいしいです。山賊焼きは骨付きで甘辛委たれで炭火焼にしてあります。おにぎりも大きくて、具沢山おいしいです。
(行った時期:2017年11月)

広島の若者の間では、車の免許を取ったら山賊!と言われる位の有名スポット!
真っ暗な国道を走っていると、いきなりド派手なライティング!
メニューも豪快なものが多く、鶏足に太い竹串が刺してある山賊焼き、一人では食べ切れない位の山賊むすび。
座席も、屋内外ありなかなか良い雰囲気!
ここは、一度は行っておきたい大人の食のテーマパークかも(*^▽^*)
(行った時期:2017年10月14日)
いろり山賊
住所/山口県玖珂郡玖珂町一の迫1380-1
「いろり山賊」の詳細はこちら
3.瓦そばたかせ
瓦そばたかせ出典:じゃらん 観光ガイド 瓦そばたかせ
\口コミ ピックアップ/
物珍しいのもあるけど、おいしい。二人で三人前は軽くいけます。あつあつ茶蕎麦がパリパリで出汁に付けたときのじゅわっとかんは体験する価値ありです。茶碗蒸しの出汁もとても美味しい。お蕎麦だけじゃなくほかの料理も是非試してほしいです
(行った時期:2017年11月)

ご当地名物とのことで行ってきました。
見た目のインパクトが凄くて、子供たちは喜んで写真を撮つていました。
お肉、錦糸卵と一緒に食べるのでボリュームもあり、物足りなさはありませんでした。
美味しかったです。
(行った時期:2017年11月)
瓦そばたかせ
住所/山口県豊浦郡豊浦町川棚5437
「瓦そばたかせ」の詳細はこちら
4.角島大橋
角島大橋出典:じゃらん 観光ガイド 角島大橋
\口コミ ピックアップ/
朝から雨も、夕方にはようやく止んだので現地に向かうことにしました。
空には雲が残っていましたが、海面は美しく、夕陽に染まった橋梁のコンクリート面が美しく、晴天昼間とはまた違った趣で、行って良かったと思いました。
(行った時期:2017年11月)

角島大橋は、両サイドが海なのでとてもきれいです。天気の良い日は、青い海で青い空で気持ちがよいです。ドライブにぴったりです。
(行った時期:2017年11月)
角島大橋
住所/山口県下関市豊北町大字神田~角島
「角島大橋」の詳細はこちら
5.下関市立しものせき水族館・海響館
下関市立しものせき水族館・海響館出典:じゃらん 観光ガイド 下関市立しものせき水族館・海響館
総水量2,400トン、65の水槽に魚など500種20,000点の水族たちが展示されている。関門海峡を再現した瀬戸内海水槽はトンネル状で海底散策気分が味わえる。日本唯一のシロナガスクジラの全身骨格標本や、世界のフグ100種類以上など下関らしい展示も特徴。目の前に関門海峡が広がるアクアシアターでは、イルカとアシカの共演によるパフォーマンスが開催される。イルカの水槽を眺めながらイタリア料理が楽しめるレストラン・デルフィーノもある。

\口コミ ピックアップ/
印象に残っているのはペンギンの展示スペースとイワシですね。関門海峡を再現したスペースもありました。空飛ぶペンギンを見ることが出来ますし、自由に着ることができるペンギンの衣装もありました。家族で楽しめますよ
(行った時期:2017年10月)

ペンギンにはまるきっかけになった水族館です。
館内にはペンギン村のコーナーがあり、館外?テラス的なところにもペンギン。近くでたくさん見れて楽しいです。
もちろん他の海の生き物も見ごたえがあり、ショーも楽しかったです。
(行った時期:2017年10月)
下関市立しものせき水族館・海響館
住所/山口県下関市あるかぽーと6番1号
「下関市立しものせき水族館・海響館」の詳細はこちら
6.湯田温泉
湯田温泉出典:じゃらん 観光ガイド 湯田温泉
山陽路随一の湯量を誇る名湯として知られる温泉。アルカリ性単純温泉で、肌によく馴染むやわらかい湯が特徴です。
起源は古く室町時代からの歴史を誇る温泉です。傷ついた白狐が温泉に足をひたして、その傷をいやしたと伝えられています。

\口コミ ピックアップ/
露天風呂の景色が良いのでオススメです。
自然を感じながら温泉に入れて、気持ちが良かったです。
また行きたい。
(行った時期:2017年11月)

ふらっと立ち寄り湯に浸かりました。
手ぶらでいきましたが、タオルやアメニティは完備してある温泉宿だったので心配ありませんでした。
温泉は気持ちが良かったです
(行った時期:2017年9月)
湯田温泉
住所/山口県山口市湯田温泉
「湯田温泉」の詳細はこちら
7.関門海峡
関門海峡出典:じゃらん 観光ガイド 関門海峡
下関市と北九州市門司区の間の幅約700mの海峡です。中世から近世へ、また近世から近代へ、日本の国が大きく変わるときには、いつもこの海峡が舞台となってきました。時代を動かす熱いエネルギー、それは1日に4度も流れを変える急潮がこの地に育てたのかもしれません。いまも日に大小約700隻の船が行き交い、風景を優しく彩る潮騒と汽笛の音は、環境庁選定「残したい日本の音風景百選」にも選ばれています。

\口コミ ピックアップ/
唐戸ターミナルからナイトクルージング船が出てます。海響館やゆめタワー、巌流島などライトアップされててとても綺麗でした。関門海峡を下から見れたりいつもと違う景色が見れて満足でした
(行った時期:2017年10月)

歴史に出てくる場所なので、見に行ってみました。ちょうど、夕方に行ったので夕日がとても綺麗でした。海も綺麗なので、ゆっくり散歩するのもいいですよ。
(行った時期:2017年10月)
関門海峡
住所/山口県下関市
「関門海峡」の詳細はこちら
8.松陰神社
松陰神社出典:じゃらん 観光ガイド 松陰神社
維新の原動力となった吉田松陰を祀る神社で、明治40年(1907)伊藤博文らによって建立されました。境内に松下村塾や遺墨展示館・吉田松陰歴史館があります。

\口コミ ピックアップ/
境内に松下村塾があります。
結婚式をちょうどしていて、ふるまいのお菓子をいただきました。
良い旅の思い出になりました。
伊藤博文の育った家や東京から移築した家なども歩いてすぐに行けます。
ここを拠点にして、歴史散策満載です。
(行った時期:2017年11月)

萩のお城からかなり離れたところにあります。今なら車で行けばすぐですが、明治維新前後の人は徒歩か馬で毎日通っていたとしたら、とても大変だったろうと思います。それでも、訪ねていくほど、吉田松陰という人は魅力的だったのだなあと思いました。現地に行ってみて、初めてわかることも多いですね。
(行った時期:2017年11月3日)
松陰神社
住所/山口県萩市椿東松本1537
「松陰神社」の詳細はこちら
9.秋吉台サファリランド
秋吉台サファリランド出典:じゃらん 観光ガイド 秋吉台サファリランド
動物達を野生に近い状態で見ることができる動物園。大迫力の猛獣を間近で見れる数少ないスポットです!
車から降りずに園内を見学できるので、雨が降っても、暑くても大丈夫!!
車からでも園内を見学することができますが、エサやりバスでの見学は、草食エリアやライオンエリアでのえさやり体験もできます。
自然の動物たちをじっくり見学した後は、併設の遊園地や売店でお楽しみください。

\口コミ ピックアップ/
クルマで入園できる秋吉台サファリランドは、間近で動物を見ることができ、子供たちは大はしゃぎしていました。道路を横切る動物や、車と並行して歩く動物もおり、ヒヤッとすることも...エサやりバスも運行しているようです。
キッズサファリには小動物との触れ合いもでき、とても楽しそうでした。また、小さな遊園地も併設されており、小さな子供はこちらのほうがもっと大はしゃぎしていました。
(行った時期:2017年11月26日)

連休中でサファリバスの予約をしていなかったので、乗れませんでしたが、自家用車でタブレットの案内でも十分満足できました。いろんな動物にえさをあげることができて子供は楽しんでました。何より、象の鼻に直接えさをあげられたのは驚きました。
(行った時期:2017年10月)
秋吉台サファリランド
住所/山口県美祢市美東町赤1212
「秋吉台サファリランド」の詳細はこちら
10.関門トンネル人道
関門トンネル人道出典:じゃらん 観光ガイド 関門トンネル人道
1958年に21年の年月をかけて完成した、下関と門司をつなぐ関門トンネル。エレベーターで地下約50mまで降りると約780mの人道トンネルがあり、歩いて約15分で本州と九州を行き来することができる。壁には海草や魚、天井には朝、昼、夕、夜の空が描かれていて、夜の空は星が光る演出がされている。

本州と九州を歩いて横断できる人道トンネル

\口コミ ピックアップ/
海底トンネルにより、歩いて関門海峡を渡れるようになっています。道中で福岡と山口の県境が表記されているので、そこで写真を撮っている人が数多くいました。
(行った時期:2018年8月)

エレベーターに乗って地下まで降ります。
海の中を歩いていると思うと感動します。とくに福岡県と山口県の県境を越える時は思わず一緒に行った人とせいのーといいながら超えました。
(行った時期:2017年9月)
関門トンネル人道
住所/山口県下関市~福岡県北九州市
「関門トンネル人道」の詳細はこちら
11.海峡ゆめタワー
海峡ゆめタワー出典:じゃらん 観光ガイド 海峡ゆめタワー
\口コミ ピックアップ/
そんなに高くはないですが、下関のシンボルともいえる海峡ゆめタワーです。夜は夜景が綺麗です。昼間は関門海峡を360度見ることができます。
(行った時期:2017年11月)

門司港レトロに向かうための北上中に、突然あわれた海峡ゆめタワーと観覧車。
調査無しのドライブだったため、まさか対岸の本州だとは思いませんでしたが
きれいな夜景をたのしむことができました。
対岸から眺めるのも、なかなかいいもんですね。
(行った時期:2017年10月)
海峡ゆめタワー
住所/山口県下関市豊前田町3-3-1
「海峡ゆめタワー」の詳細はこちら
12.防府天満宮
防府天満宮出典:じゃらん 観光ガイド 防府天満宮
学問の神様としてあがめられている菅原道真を祀った「日本最初の天満宮」で、京都の北野天満宮,福岡の太宰府天満宮とともに日本の三天神といわれています。
菅公を崇敬した高杉晋作辞世の句があります。
正月の初詣、早春の梅まつり、11月には西日本屈指の荒祭りとして知られる御神幸祭(裸坊祭)など、1年を通じで多くの参拝者で賑わいます。

\口コミ ピックアップ/
歴史ある建物が多く、貴重な茶室でお抹茶をいただいたり、樹齢800年のケヤキにパワーをもらったりして行く価値大の防府天満宮でした。
(行った時期:2017年10月)

無事故祈願に行きました。
おかげさまで無事故継続中です。
1年後にお礼参りに行きます。
帰りに梅テラスでお餅とおはぎを買って帰りましょう。
美味しいですよ~。
(行った時期:2017年9月)
防府天満宮
住所/山口県防府市松崎町14-1
「防府天満宮」の詳細はこちら
13.岩国城
岩国城出典:じゃらん 観光ガイド 岩国城
慶長13年(1608年)初代藩主吉川広家が築城。 現在の城は昭和37年に再建されたもので、桃山風南蛮造りの全国でも珍しい山城です。 四階の展望台からは、古い街並みや錦川に架かる錦帯橋、瀬戸内海に浮かぶ島々、遠くは四国の山並みを望むことが出来ます。

\口コミ ピックアップ/
ロープウェイに乗り、到着してもまだ山登り・・。
道はきれいなので歩きやすいです。
ひたすら登っただけあってお城の上からの眺めはまさに絶景!!
こんな山の上に昔どうやってお城作ったんだろう?と不思議でした。
(行った時期:2017年11月)

ロープウェイ山頂駅から森林の中を歩くこと数分、岩国城に着きます。行った日は天気も良く錦帯橋がきれいに見えました。城の中は地域などに関する資料が展示されており、けっこう見ごたえがありました。
(行った時期:2017年11月)
岩国城
住所/山口県岩国市横山3丁目
「岩国城」の詳細はこちら
14.松下村塾
松下村塾出典:じゃらん 観光ガイド 松下村塾
松陰神社の境内にある瓦ぶき平家建て8畳・10畳半の2室の家で、吉田松陰が安政3年(1857)から2年半の間、下級武士や庶民の子弟を教育した私塾。
高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文など、明治維新期に活躍した多くの人材がこの塾から輩出されました。
2015年7月世界遺産登録決定(明治日本の産業革命遺産)

\口コミ ピックアップ/
建物は趣深いので、重厚感があって昔の雰囲気がすごく出ていました。
またゆっくり見に行きたいです。
オススメです。
(行った時期:2017年11月)

明治維新の立役者達が学んだ場所としては、思ったよりこじんまりしていて驚きました。
ただ狭いながらも時代を変えようとする熱い思いが感じられて良かったです。
(行った時期:2017年10月12日)
松下村塾
住所/山口県萩市椿東松本市1537
「松下村塾」の詳細はこちら
15.国宝瑠璃光寺五重塔
国宝瑠璃光寺五重塔出典:じゃらん 観光ガイド 国宝瑠璃光寺五重塔
この五重塔は、応永6年(1399)の応永の乱で命を落とした大内義弘の菩提を弔うために、弟の盛見が建立を計画、嘉吉2年(1442)に完成したといわれています。
塔は、方三間で高さが31.2m、建築様式はおおむね和様式で一部に唐様式が見られます。
屋根は檜皮葺で、塔身部は上層部に向かって細くなっており、非常にすっきりとした印象です。
室町時代中期におけるすぐれた建築の一つであるとともに、大内文化の最高傑作であり、日本三名塔の一つにも数えられています。

\口コミ ピックアップ/
もみじといちょうの木が綺麗に色付いていて、絵にかきたくなる風景だと思いました。
五重塔の重厚感が良いです。
(行った時期:2017年11月)

紅葉がきれいでした。五重塔と、紅葉のコントラストが最高です。今の季節に絶対オススメの場所です。若い世代も、シニア世代も、外国の方も観て歩いて楽しめる処です。
(行った時期:2017年11月11日)
国宝瑠璃光寺五重塔
住所/山口県山口市香山町7-1
「国宝瑠璃光寺五重塔」の詳細はこちら
16.巖流島
巖流島出典:じゃらん 観光ガイド 巖流島
関門海峡に浮かぶ面積10haほどの平坦な小島、巌流島。慶長17年(1612)4月13日、剣豪宮本武蔵と秘剣「燕返し」の佐々木小次郎が決闘したといわれています。正式名称は船島であるが、敗れた小次郎の流派名をとり巌流島と呼ばれています。
島内には宮本武蔵と佐々木小次郎の像をはじめ、浮桟橋や人工海浜、散策道などが整備され、唐戸桟橋から直行便も毎日就航して気軽に渡ることができます。

\口コミ ピックアップ/
下関からすぐに行けるので良いと思いました。
お天気も良くて、風が心地よくて気持ちが良かったです。
観光にオススメです。
(行った時期:2017年11月)

観光客は少なかったので、のんびりと見て回れました。
自然豊かな島なので、のーんびりと出来ました。満足しました。
(行った時期:2017年11月)
巖流島
住所/山口県下関市大字彦島字船島
「巖流島」の詳細はこちら
17.シロヘビ観覧施設
シロヘビ観覧施設出典:じゃらん 観光ガイド シロヘビ観覧施設
国の天然記念物になっている「岩国のシロヘビ」の飼育、保護を目的に作られた資料館。岩国には約1000頭のシロヘビが生息しており、資料館では観賞用として約5頭が見られる。長さは180cm、光沢があり真っ白。目はルビーのように赤く、とても神秘的だ。シロヘビはここ以外ではめったに見られない。

天然記念物のシロヘビが間近で見られるぞ!

\口コミ ピックアップ/
他の場所にはない独特なヘビが沢山いて楽しめて良かったです。
怖かったですが、近くで見ると可愛くて癒されました。
(行った時期:2017年11月)

シロヘビの施設はそんなに大きくもなく
滞在時間15分ほどでしたが
たくさんのシロヘビが綺麗でかわいく
ご利益ありそうでした。
フラッシュを使用しなければ撮影可能だったので
みんな一生懸命撮ってました!
(行った時期:2017年10月)
シロヘビ観覧施設
住所/山口県岩国市今津町6-4-2
「シロヘビ観覧施設」の詳細はこちら
18.美川ムーバレー 地底王国アドベンチャー
美川ムーバレー 地底王国アドベンチャー出典:じゃらん 観光ガイド 美川ムーバレー 地底王国アドベンチャー
\口コミ ピックアップ/
砂金採りや、スタンプラリーなどいろいろ遊べます。意外に広く、かなり楽しめます。砂金採りに夢中になりました。
(行った時期:2017年10月)

思ってた以上に広くてびっくりしました。そして問題もけっこーむずかしい…。探検隊になった気分でとてもたのしめます。中は寒いのであたたかい格好がおすすめですね。
(行った時期:2016年11月)
美川ムーバレー 地底王国アドベンチャー
住所/山口県岩国市美川町根笠1564-1
「美川ムーバレー 地底王国アドベンチャー」の詳細はこちら
19.別府弁天池
別府弁天池出典:じゃらん 観光ガイド 別府弁天池
カルスト地帯特有の湧水で摂氏14度と冷たく、コバルトブルーに染まった神秘と伝説の湧水池。
清冷な水は、日本名水百選に選定されています。
近くでニジマス釣りや料理が楽しめます。

\口コミ ピックアップ/
長門に行ったら必ず寄ります。
湧き水を見てたら引き込まれそう、パワースポットですね。そして、お水を頂いて帰ります。
いいお水ですよ。
(行った時期:2017年11月)

ほんとに写真で見るような色の水源地でした。
そんなに大きな水源ではなかったですが、水が綺麗でとても美味しかったです。
(行った時期:2017年10月)
別府弁天池
住所/山口県美祢市秋芳町別府
「別府弁天池」の詳細はこちら
20.住吉神社
住吉神社出典:じゃらん 観光ガイド 住吉神社
現在の本殿は応安3年(1370)大内弘世の造進したもので、室町初期の社寺建築として特異な様式をもち、国宝に指定されている。また、拝殿は毛利元就が寄進したもので重要文化財。宝物館には多数の宝物が展示されている。
参拝自由。

\口コミ ピックアップ/
白い鳥居、天気のいい日でもあったので新緑と空気の気持ちよさ、空間の
澄んだ感じがマッチしてとても心地いい場所です。
(行った時期:2016年11月)

下関駅に行く途中にあり、寄ってみました。桜門天井に十二支羅針盤がありました。拝殿は毛利元就が寄進したようです。思ったほど広くはなかった。五連の本殿はめずらしかった!
(行った時期:2016年10月24日)
住吉神社
住所/山口県下関市一の宮住吉1丁目11-1
「住吉神社」の詳細はこちら
21.錦帯橋
錦帯橋出典:じゃらん 観光ガイド 錦帯橋
延宝元年(1673)第三代岩国藩主吉川広嘉により創建されたもので、現在の橋は四代目にあたります。 錦川の清流に架かる五連のアーチを描いた木橋で、長さ193.3m幅5m。 木と木の組合せによって支えられ、巻金とかすがいが使われています。

\口コミ ピックアップ/
橋の上からの景色は綺麗でした。
水面がキラキラ輝いていて、お天気も良かったので気持ちが良かったです。
(行った時期:2017年11月)

山と川と空だけという空間にアーチ型の綺麗な橋がとってもきれいでした。橋の勾配は少し急ですが、渡った向こう岸にはちょっとしたお土産やさんもありました。
(行った時期:2017年11月)
錦帯橋
住所/山口県岩国市岩国1丁目
「錦帯橋」の詳細はこちら
22.SL「やまぐち号」(新山口~津和野)
SL「やまぐち号」(新山口~津和野)出典:じゃらん 観光ガイド SL「やまぐち号」(新山口~津和野)
懐かしのSLは明治・大正・昭和・欧風などデザインが違うレトロな造り。女性的なスタイルは「貴婦人」と呼ばれ、新山口~山陰の小京都・津和野まで優雅に走っている。車窓を眺めお弁当を広げてタイムスリップの旅を。土日祝を中心に11月28日まで運行。全車指定席で、切符は全国のみどりの窓口で購入できる。

レトロな客室でタイムスリップの旅を

\口コミ ピックアップ/
普通の列車よりも広々としているので、ゆっくり楽しめました。
景色が良いので、癒されました。
時間を忘れる旅でした。
(行った時期:2017年11月)

蒸気機関車を近くで見るのが初めてで、すごく感動しました!汽笛を鳴らしながら走る姿はなかなか見れないので、子どもに見せてあげれると良いと思います!
(行った時期:2017年10月)
SL「やまぐち号」(新山口~津和野)
住所/山口県山口市小郡下郷1294
SL「やまぐち号」(新山口~津和野)」の詳細はこちら

山口県をもっと知りたい方はこちらもおすすめ!
~絶対喜ばれる!山口の人気お土産はこちら~
~山口の室内観光スポットはこちら~

※この記事は2018年9月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

あなたにおすすめ