秋に行きたい【広島】おすすめ観光スポット19選!紅葉スポットも!

じゃらんnews

2018/9/10 16:00


akidate

からっと爽やかな気候が期待できる秋は、まさに観光のベストシーズン。
今回は広島の秋旅におすすめのスポットをご紹介!
宮島の紅葉など定番観光地や縮景園など穴場的スポットまで盛りだくさん。
紅葉が臨める絶景スポットもチェックして秋旅を満喫しよう!

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
1.お好み村
お好み村出典:じゃらん 観光ガイド お好み村
キャベツと豚肉の旨味を薄い生地に閉じ込めた広島焼は、ボリュームたっぷりの栄養バランス食だ。戦前から庶民に親しまれてきたお好み焼の屋台が集まり「村」の形となって早や40年。今では27店舗が入居するビルにリニューアルしたが、昔と変わらぬ人情と味わいを保っている。ふらりと気軽に立ち寄ってみたい。

ソースの甘い香りが鼻をくすぐる味の名所

\口コミ ピックアップ/
お好み焼き屋さんが集まっています。それぞれに特徴のあるお好み焼きメニューがあるので、かなり迷いますが、お気に入りを見つけたらそのお店に入るといいと思います。2、3軒はしごしても楽しいです。
(行った時期:2017年11月)

日曜に行きましたが、どのお店も賑わっていて、ソースの香りが広がっていて、幸せでした。エレベーターがありますが、遅いので、階段が使える人は階段がいいと思います。
(行った時期:2017年11月)
お好み村
住所/ 広島県広島市中区新天地5-13 新天地プラザビル2~4階
「お好み村」の詳細はこちら
2.焼がきのはやし
焼がきのはやし出典:じゃらん 観光ガイド 焼がきのはやし
\口コミ ピックアップ/
ここの生牡蠣は最高です!自分は何時も厳島と生牡蠣を注文します。あと穴子飯も美味しいよ!穴子のホクホク感にびっくりでした!
(行った時期:2017年11月2日)

大きなカキに驚きます。海のミルクとよばれている牡蠣ですが、この大きなカキを食べるとミルクではない、全くの別のものだということが分かります。宮島でカキをたべると、ほかの地域でカキは食べられません。
(行った時期:2016年11月)
焼がきのはやし
住所/ 広島県佐伯郡宮島町505-1
「焼がきのはやし」の詳細はこちら
3.メロンパン
メロンパン出典:じゃらん 観光ガイド メロンパン
\口コミ ピックアップ/
ここの名物はメロンパンです。しかし普通のメロンパンではなく、中に白あんがたっぷり入ったパンで、すべて手作りされているので、本当においしいです。
(行った時期:2017年10月)

メロンパンのメロンパンを食べに訪問。
まず形に驚き、重さに驚きました。
ラグビーボールみたいな形で
珍しいと思いました
(行った時期:2016年10月)
メロンパン
住所/広島県呉市本通7-14-1
「メロンパン」の詳細はこちら
4.福住フライケーキ
福住フライケーキ出典:じゃらん 観光ガイド 福住フライケーキ
戦後すぐの開店以来、呉の人々に愛され続けている福住フライケーキ。ドーナツより少しあっさりめの生地でこしあんを包んだシンプルなお菓子だ。菜種油でさっくり揚げた衣と甘すぎないあんこが絶妙にマッチして、お茶うけにぴったり。寒い日に揚げたてを頬ばるのもいいけれど、少し冷めたのもウマイと評判だ。

甘党でなくても手が出る素朴なフライケーキ

\口コミ ピックアップ/
揚げたてが最高に美味しいです。あんこは甘すぎず、食べやすい。小さいのでパクパクいけちゃいます。お土産にも良いですよ。
(行った時期:2017年10月)

カリッとした食感の慢の揚げまんじゅうです。
揚げてあるけど、カリッとした食感でぜんぜん
油っこくなくて美味しかったです。
(行った時期:2016年10月)
福住フライケーキ
住所/ 広島県呉市中通4-12-20
「福住フライケーキ」の詳細はこちら
5.原爆ドーム
原爆ドーム出典:じゃらん 観光ガイド 原爆ドーム
チェコ人の建築家、ヤン・レツル氏の設計で1915年(大正4年)に開館。かつて市の中心街にあった「広島県産業奨励館」跡。昭和20年8月6日の原爆の実状を伝えるため永久保存されている。1996年(平成8年)にユネスコの世界遺産として登録された。

\口コミ ピックアップ/
平和記念公園からすぐの位置に建っています。被曝された建物をその当時のまま保持されており、非常に貴重な建物だと感じました。平和記念公園で戦争の歴史を学んでから見ることで、様々なことを考えさせられました。
(行った時期:2017年10月)

何度か行ったことがありますが、何度行っても戦争の悲しさについて考えさせられます。まだ子どもは小さすぎてわからない年齢だったので大きくなったらまた連れていきたいと思いました。
(行った時期:2016年10月)
原爆ドーム
住所/広島県広島市中区大手町
「原爆ドーム」の詳細はこちら
6.広島平和記念資料館
広島平和記念資料館出典:じゃらん 観光ガイド 広島平和記念資料館
1945(昭和20)年8月6日午前8時15分、広島は世界で初めて原子爆弾による被害を受けました。まちはほとんどが破壊され、多くの人びとの生命がうばわれました。かろうじて生き残った人も、心と体に大きな痛手を受け、多くの被爆者がいまなお苦しんでいます。 平和記念資料館は、被爆者の遺品や被爆の惨状を示す写真や資料を収集・展示するとともに、広島の被爆前後の歩みや核時代の状況などについて紹介しています。資料の一つ一つには、人びとの悲しみや怒りが込められています。原爆の惨禍からよみがえったヒロシマの願いは、核兵器のない平和な社会を実現することです。 平成18年(2006年)7月5日、広島平和記念資料館・本館は、意匠的に優秀なものと評価され、わが国の戦後建築物としては初めて国の重要文化財に指定されました。

\口コミ ピックアップ/
焼けた着物を見るのは本当に辛いです。でも、これが現実にあったのだと戦争の悲惨さを感じるひと時でした。
(行った時期:2017年10月)

苦しい記憶が沢山で、涙が止まりません。
十分に(2時間ほど)時間を取って訪問してほしいです。
日本人には絶対訪れてほしい。世代が変われば「昔のこと」になってしまうのかもしれませんが、
戦争の記憶を写真と文字とでしっかり触れて、何かを感じてほしいです。
(行った時期:2017年10月)
広島平和記念資料館
住所/広島県広島市中区中島町1-2 平和記念公園内
「広島平和記念資料館」の詳細はこちら
7.尾道
尾道出典:じゃらん 観光ガイド 尾道
尾道は南に尾道水道、北には千光寺山、西國寺山、浄土寺山にはさまれた東西に細長い町。江戸時代の名残りの波止場や職人町等の跡につくられた商店街が広がる。当時、山陰地方の物産がここまで運ばれ,ここで船積みされ江戸へ向かったのであった。また尾道商人がここを北前船の寄港地としたため尾道は一層繁栄した。風光明媚な町並みは日本の原風景と言われ、市内のレトロな雰囲気や瀬戸内海の美しい景色は多くの人を魅了し、林芙美子の旧宅や志賀直哉が移り住んだ。映画では小津安二郎監督の「東京物語」の撮影が行なわれた。全国でも有数のお寺の町でもあり市内に点在する古寺をめぐりながら、ゆっくり街を散策できる。

\口コミ ピックアップ/
仕事で福山に行くことになり、広島空港からの途中で寄りました。山陰本線の車窓から眺める瀬戸内海の眺めは東日本での生活がほとんどな小生には見た事のない光景でした。島が点在してるんですよね。
(行った時期:2017年10月)

千光寺のロープウェイを登ると、下りの散歩道に猫がたくさんいます。猫のモニュメントもあり猫好きにはたまりません。
(行った時期:2017年10月)
尾道
住所/広島県尾道市東御所町1
「尾道」の詳細はこちら
8.広島の路面電車
広島の路面電車出典:じゃらん 観光ガイド 広島の路面電車
広島市に残る路面電車では,かつて京都や大阪で活躍した電車が色も形も以前のままで走っている。他にドイツ・ドルトムント市電や大正時代の小さな車両もある。

\口コミ ピックアップ/
町の中心部を走るので、町の活気や店なども観察できて、1つのアトラクションを味わっている感覚で、得した気分になりました。
(行った時期:2017年10月20日)

雨降る日乗ったけど、趣がありました!
便利です。 どこでも行くことができる。
外国人たちもたくさん乗って不思議だった
(行った時期:2017年10月)
広島の路面電車
住所/広島県広島市中区大手町4丁目7
「広島の路面電車」の詳細はこちら
9.にしき堂
にしき堂出典:じゃらん 観光ガイド にしき堂
広島を代表する“もみじまんじゅう”の店。新鮮な卵とはちみつをたっぷり使った味は,甘すぎず素朴な風味。

\口コミ ピックアップ/
色んな種類のもみじまんじゅうを買いました。
定番のあんこ以外にチーズや抹茶などがありとても美味しかったです。
(行った時期:2017年10月)

広島銘菓のもみじ饅頭
最近はいろんな味が売られており、期間限定ものをついつい買ってしまいます。定番商品から期間限定ものまでどれも美味しくお土産にもぴったりです
(行った時期:2017年10月)
にしき堂
住所/広島県広島市東区光町1-13-23
「にしき堂」の詳細はこちら
10.鞆の浦
鞆の浦出典:じゃらん 観光ガイド 鞆の浦
鞆の浦は,古くから「潮待ちの港」として栄えたところで,古い土壁のつづく路地や情緒ある家並,昔の土蔵などがそのまま残っている。
江戸時代には、朝鮮通信使が景色を「日東第一形勝」(朝鮮より東で一番美しい景勝地)と称賛しました。幕末には、坂本龍馬が乗船した「いろは丸」が紀州藩の軍艦「明光丸」と鞆の浦沖で衝突し、坂本龍馬と龍馬率いる海援隊が鞆の浦に上陸し賠償交渉を行いました。当時、坂本龍馬が隠れ潜んだ部屋も公開されています。
近年では映画・ドラマのロケ地としても注目を集めています。

\口コミ ピックアップ/
自転車でしまなみ海道横断してから足をのばして泊まれる宿を探していたら鞆の浦がヒットしました。ゆっくり歩いて一、二時間で回れる街でした。
港があり、海をみながらのんびり散歩しました。
鞆の浦の事を何も調べず訪れましたが、流星ワゴンや銀魂のロケ地だったようでポスターがありました。
また、坂本龍馬の隠れ家があったり、お寺も多く、瓦マニアの自分としてはお寺の瓦を見るのも楽しめました。
(行った時期:2017年10月)

福山駅からバスで辿り着いた鞆の浦、昔ながらの街並みがあり、昭和にタイムスリップしたような穏やかな場所でした。景色は勿論素晴らしいですが、実は結構猫で有名なスポットでもあります。人に馴れた猫も結構多いので猫とふれ合うのも楽しいですよ。
(行った時期:2016年10月)
鞆の浦
住所/広島県福山市鞆町
「鞆の浦」の詳細はこちら
11.しまなみ海道
しまなみ海道出典:じゃらん 観光ガイド しまなみ海道
\口コミ ピックアップ/
しまなみ海道は西瀬戸自動車道のことで尾道から今治までを瀬戸内の島々を繋ぐ橋が架かっています。車以外でも通れるのでサイクリングや歩いて渡る人の姿も見かけます。
(行った時期:2017年10月)

車で今治から尾道まで。瀬戸内海の蒼い海と白い橋と緑の島なみはいつまでも観ていたい素晴らしい景色でした。
(行った時期:2016年10月)
しまなみ海道
住所/広島県尾道市~愛媛県今治市
「しまなみ海道」の詳細はこちら
12.広島城
広島城出典:じゃらん 観光ガイド 広島城
天正17年(1589年)、毛利輝元築城の城。“鯉城”と呼ばれる優美な城だったが、原爆により天守閣が全壊した。現在は復元され武家文化を中心に紹介する歴史博物館になっている。◎毛利輝元(1553-1625)安土桃山時代の大名。元就の孫。関ケ原の戦では西軍の総大将となったが、戦後防長2国に削封される。広島城を築城。◎福島正則(1561-1624)安土桃山・江戸初期の大名。賤ケ岳の戦での活躍は有名。関ケ原の戦の功により広島城主となる。のち信濃に転封。◎浅野長晟(1586-1632)安土桃山・江戸初期の大名。大坂の陣に功をたて、福島正則改易後広島に移封される。◎浅野吉長(1681-1752)広島藩主。行き詰った藩政を立て直すため、株仲間の奨励、支配組織の強化など、数々の改革を断行し、藩中興の主と称せられる。◎浅野重晟(1743-1813)浅野家第七代広島藩主。倹約令・社倉法などで藩財政の立て直しを図ると共に、藩学問所を創設して教育の振興に努めた。

\口コミ ピックアップ/
広島の観光名所の一つです。
安土桃山時代から江戸時代の日本の城です。時期によって閉館時間が違うので行く際は確認して下さい。
(行った時期:2017年10月)

お城の内部は狭いですが、市内が一望できるので展望台として晴れていれば登ってみるのがおすすめです。
夜のライトアップもキレイでした。
(行った時期:2016年10月)
広島城
住所/広島県広島市中区基町21-1
「広島城」の詳細はこちら
13.宮島水族館「みやじマリン」
宮島水族館「みやじマリン」出典:じゃらん 観光ガイド 宮島水族館「みやじマリン」
2011年8月1日にリニューアルオープンした、世界遺産の島、宮島に立地する宮島水族館。景観に配慮した珍しい瓦屋根の和風建築の水族館です。「いやし」と「ふれあい」を基本理念に、海の生きものをより身近に感じられる体感型の水族館をめざしています。展示する生きものは瀬戸内海を中心に350種13,000点以上。本館では10のゾーンで瀬戸内海の神秘的な世界を紹介しています。また、海獣エリアではペンギンをはじめアザラシやトド、コツメカワウソなど愛らしい動物が皆さんをお待ちしています。さらにライブプールでは毎日アシカライブを開催。ぜひ皆さんでお越しください。

\口コミ ピックアップ/
たくさんの大きい魚から小さい魚までたくさんいてキレイでした。アシカのショーを見ましたがとてもかわいかったです。
お土産屋さんもあり子供たちが迷いながら買い物してました。
(行った時期:2017年10月)

フェリー乗り場から、山を越えて歩いて行くと到着します。
けっこう歩きますが景色も綺麗ですし、オススメです。
割と新しく、大きい水族館です。
イルカのショーなども見やすく、子供たちもとても楽しめていました。
(行った時期:2017年10月3日)
宮島水族館「みやじマリン」
住所/広島県廿日市市宮島町10-3
「宮島水族館「みやじマリン」」の詳細はこちら
14.宮島の大杓子
宮島の大杓子出典:じゃらん 観光ガイド 宮島の大杓子
世界一の大杓子。長さ7.7m、最大幅2.7m、重さ2.5トンの大杓子。ケヤキ製。

\口コミ ピックアップ/
宮島内を観光で歩いていると、商店街?の中にドンと飾られていました。予想をはるかに越える大きさでビックリしたのを覚えています。
記念撮影にいいです。
(行った時期:2017年11月)

宮島の名物、名品といえば、アナゴに牡蠣に杓子でしょうか。その杓子をドドーン!と作ったのが大杓子。一見の価値アリです。
(行った時期:2016年11月)
宮島の大杓子
住所/広島県廿日市市宮島町北之町(表参道商店街)
「宮島の大杓子」の詳細はこちら
15.紅葉谷公園
紅葉谷公園出典:じゃらん 観光ガイド 紅葉谷公園
\口コミ ピックアップ/
秋の紅葉シーズンは周囲がもみじで真っ赤に染まっていて、素晴らしい景色が広がっていました。なかなか見られない景色に感動でした。
(行った時期:2017年11月)

旅行序盤からいきなりドンピシャ。きれいです。しかし本当に見事な紅葉。最高の季節に来ることができましたね。
(行った時期:2017年11月12日)
紅葉谷公園
住所/広島県廿日市市宮島町幸町東浜
「紅葉谷公園」の詳細はこちら
16.宮島の紅葉
宮島の紅葉出典:じゃらん 観光ガイド 宮島の紅葉
宮島は日本三景の一つに数えられる神秘的な島である。ここの紅葉谷公園は,その名の通り全国でも屈指のモミジの名所である。弥山の奥深くから流れ出る紅葉谷川の渓谷に広がる園地には,明治時代に植栽されたといわれる様々な種類のモミジがあり,宮島を鮮やかな紅に染めあげる。

\口コミ ピックアップ/
赤や黄色のもみじが広がっていて素晴らしいです。足元にはもみじの絨毯が出来ていました。美しさに感動しました。
(行った時期:2017年11月)

広島県の名物は紅葉饅頭。だから紅葉の名所も沢山あります。その1つが宮島の紅葉谷です。ロープウェイで弥山を目指すなら必ず通るところです。折から薄寒い中を歩きましたが、木漏れ日の中のオレンジと赤の織り混ざった紅葉は絶好でした。
(行った時期:2016年11月)
宮島の紅葉
住所/広島県廿日市市宮島町
「宮島の紅葉」の詳細はこちら
17.三段峡
三段峡出典:じゃらん 観光ガイド 三段峡
三段峡は日本の渓谷において5つの特別名勝の1つに選定されています。大小様々な滝、淵などがおりなす峡谷は必見で全長16kmと歩くには一見長く感じますが、見る価値は十分にあります。中でも正面口から黒淵までの2.5キロは、竜の口までの動の峡谷、栂崎から女夫淵までは日本庭園の原形の様な静の峡谷、石樋からは再び動の峡谷、まさに山水画、そのものの景観が見えます。入り口から5分程の竜の口を見たお客様はつられて黒淵まで歩いてしまいます。時間、天候、季節により別の景色がみえます。峡谷美だけでなく多種多様な植物群と遊歩道から古木、巨木を見ることのできる日本唯一の峡谷です。

\口コミ ピックアップ/
ここは是非行って欲しいところ!!
いつの時期でも散策は楽しいと思いますが、紅葉のタイミングで行けたら最高です☆
(行った時期:2017年11月4日)

絵の具で書かれたような絶景の景色です!私は乗りませんでしたが、人力り船に乗れて紅葉も見れるようなので
デートなどにお勧めいたします。
(行った時期:2016年11月)
三段峡
住所/ 広島県山県郡安芸太田町柴木 三段峡正面口
「三段峡」の詳細はこちら
18.縮景園
縮景園出典:じゃらん 観光ガイド 縮景園
もと浅野家の別邸の庭で、泉邸、お泉水と称せられてきた。元和6年(1620年)、広島藩主浅野長晟が紀州から広島に移封された翌年、茶人として知られる家老の上田宗箇に作庭させたもの。山川の景,京洛の態,深山の致を園の中に縮景したところからこの名がつけられた。

\口コミ ピックアップ/
散り初めでしたが紅葉がとてもきれいでした。広い庭でゆっくりと紅葉を鑑賞することができて楽しかったです。人があまりいなかったので静かに紅葉を楽しめました。
(行った時期:2017年11月)

広島市内の庭園ですが、秋は紅葉がキレイです。特に夜間のライトアップ期間では燃え上がるような紅葉が浮かび上がり、幻想的です。この時間帯に行く人は、防寒着をお忘れなく。
(行った時期:2017年11月)
縮景園
住所/広島県広島市中区上幟町2-11
「縮景園」の詳細はこちら
19.佛通寺
佛通寺出典:じゃらん 観光ガイド 佛通寺
臨済宗佛通寺派大本山
1397年,小早川春平が,愚中周及(ぐちゅうしゅうきゅう)禅師を迎えて開山した臨済宗佛通寺派の大本山で,日本屈指の参禅道場。
境内には,含暉院地蔵堂、絹本著色大通禅師象(いずれも国重要文化財)、石造宝篋印搭(国重要美術品)、県天然記念物のイスマキなど多くの文化財や景勝地があります。

「紅葉・新緑の佛通寺」と呼ばれ一帯は,県立自然公園に指定され,四季を通じ,自然環境に恵まれた好適地です。
11月の特別拝観に合わせて,紅葉の佛通寺をライトアップします。

\口コミ ピックアップ/
いまのシーズンがベストシーズンかもしれませんε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘紅葉がきれいです
(行った時期:2017年11月)

紅葉の終わりの時期に行ったので
人は思ったよりも少なかったので
じっくりゆっくり散策することができました。
紅葉のシーズンはごった返すのもわかるような気がします。
(行った時期:2017年11月)
佛通寺
住所/広島県三原市高坂町許山22
「佛通寺」の詳細はこちら

※この記事は2018年9月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

あなたにおすすめ