山田孝之が“女優・最上もが”を大絶賛

俳優の山田孝之(32歳)が、10月17日に放送されたバラエティ番組「最上もがのもがマガ!」(AbemaTV)に出演。“女優・最上もが”を大絶賛した。

同番組は、最上が雑誌の編集長、お笑いコンビ・ナイツの土屋伸之が副編集長となり、新しいタイプの雑誌「もがマガ!」の創刊を目指す番組。第28回目の放送となる今回は「第4回もがマガ対談!」と題し、最上も出演している映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」から、ゲストにやべきょうすけ、崎本大海が登場した。

今回、やべと崎本が同番組に出演するきっかけを、最上は「(映画の)舞台挨拶をした日に、カウカウファイナンスのみんなでリムジンに乗っている中で、(山田)孝之さんが、“みんなで『もがマガ!』出ようぜ!”みたいなことを言っていて。で、いいねいいね!って2人(やべ・崎本)も言っていて。でも、当の本人(山田は)来ないんですよね」と語った。

そこに、残念ながら仕事で出演できなかったという山田と電話がつながり、スタジオに電話が持ちこまれ、「どうも、はじめまして、山田です。ちょっと今日僕は地方にいて行けないんですが」と電話口から山田本人の声。すると突然電話で話しながら山田がスタジオに登場し、最上たちはビックリ、スタジオは興奮に包まれた。

土屋から「山田さん、どうしたんですか!?」と問われると、「今日は撮影で泊まりになる予定だったんですけど、泊まりじゃなくなって。とりあえず(『もがマガ!』放送中に)電話をすると(いうことになっていた)。じゃあ、どうせだったら電話のフリして行っちゃうか(となった)」と突然の登場に至ったエピソードを語った。

映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」のカウカウファイナンスのメンバーが勢ぞろいし、撮影裏話に盛り上がる中、やべから「2人(山田、最上)ですごいスクワットをやってた!」という情報が。撮影の合間にもストレッチなどトレーニングをしていたという最上。「たまたま待ち時間に僕がスクワットをしてたら、(山田に)“違う!”って言われて」とその場面を説明。その後、山田から正しいスクワットの方法を伝授されたそうで、スタジオで山田に教わったスクワットを披露した。

そして話題は最上の女優としての魅力へ。山田は「女優として、やるべき事にまっすぐ向き合う姿勢は素晴らしいと思いました」と“女優・最上もが”を絶賛。やべが「女優さんをこれからもやりたいと思うのであれば、金髪とかを捨てる瞬間がどこかで出てくるわけじゃないですか」と切り出すと、最上は「今って結構スケジュール的にも難しかったりして、お芝居の方をやりたくても断らなきゃいけないこととかあって。“例えば役柄で髪の毛を染めなきゃいけなくなったらどうしますか?”って、前にファンの子から言われたこともあって。僕、全然変えていいと思っているんですよね。だから、なんか、(オファーを)待っていますね!」と女優業への意欲を見せてアピールした。

撮影の思い出話や、ゲスト3人の話を掘り下げつつ、視聴者も今週末10月22日(土)に公開を控えた映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」への期待も高まる中、番組は惜しまれながら締めくくられた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ