2人組シンガーソングライターSoftly(ソフトリー)にインタビュー。


9月28日にメジャーファーストアルバム『言えなかったこと。言いたいこと。』を発売したばかりの北海道在住の2人組シンガーソングライターSoftly(ソフトリー)。彼女たちにアルバムの魅力や青春時代の話などを聞いてきました。



(左)MUTSUKI(右)HARUKA

―Softly(ソフトリー)というグループ名になった理由を教えてください。



HARUKA:私達が2人でグループを組むってなったときに、2人の出会いのきっかけになった共通の友人に私達の共通点を聞いたら「ふわふわしてるとこ」って答えが返ってきたんです。それで「ふわふわ」って英語で何て言うんだろうと思ってって調べたら「Softly(ソフトリー)」って出てきて、それ良いじゃんってなってそのままグループ名になりました。

―今回のアルバムのリード曲にもなっている「あなたのことを想って指先でなぞる文字は」に関して聴きたいのですが、この楽曲はどのような思いで作りましたか? また、どんな人たちにきいてもらいたいですか?




HARUKA:この曲は私達の妄想で書いた曲です。なかなか「好き」と言えない奥手の女の子が、好きな人に告白するまでのストーリーを歌詞に書きました。この曲を聞いた人の背中を少しでも押すことができて、告白してみようかなっていう気持ちになってもらえたらすごく嬉しいなと思いながら作った曲です。同世代の方にはもちろん聞いて貰いたいですし、大人の方にはこの曲を聴いて自分の青春時代を思い出して頂けたら嬉しいなと思います。

―アルバムに収録されている曲の中で一番好きな曲は何ですか?



MUTSUKI:私は「CRUSH」という曲が好きです。簡単に言うと駆け落ちをした男女の曲です。歌詞ではあえて細かく説明しないで、1番と2番でそれぞれ女性と男性の性格を現していて、サビもリズムやメロディ、歌詞も全然違っていて、1番はレゲェ調に2番がバンドっぽいサウンドに仕上げています。今まで作ったことのない曲で、自分たちにとって新しい挑戦だったので好きな曲です。

HARUKA:私は「会えない日々が私を強くする」という曲がすごく好きです。このアルバムの最後の曲なんですけど、聴いているとすごく暖かい気持ちになれるというか強くなれる歌詞で。

このアルバムの中の色んな恋愛の曲を聴いた後で最後に聞いたときに「会えない日々が私を強くする」っていうメッセージがすごく心に響いて、私自身もすごく考えさせられる曲です。色んな人の心に響くと嬉しいです。



―今回アルバムを制作していく中で苦労したことや大変だったことがあれば教えてください。



HARUKA:「あなたのことを想って指先でなぞる文字は」という曲は、メジャーデビューシングルを作る前から、デモとしてサビはでき上がっていたんです。みんなでこの曲をいい曲にしようって思いから、こうしようああしようっていう色んなアイディアがあるからこそ変更する回数もすごく多くて、この曲を作っているときは悩みが絶えなかったです。

MUTSUKI:アルバムを作っている最中は、大変なことがすごく多かったです。でもレコーディングの最中に食べるご飯がおいしくて、その時間はすごく楽しかったです(笑)。

―今回アルバムに収録されている曲の多くがタイアップソングで、CMソングなどにも起用されていますが、タイアップが決まったときのお気持ちをお聞かせください。



HARUKA: 私達は主に北海道で活動していて、色んな北海道のCMやイベントで私達の曲を使って下さっていて、そのお話がなければこの曲たちは生まれなかったと思います。北海道のみなさんと作ったメジャーファーストアルバムだと思っています。

MUTSUKI: CMやドラマで私達の曲が流れてきて、私達が想像して作った楽曲とはまた違う新しいストーリーができていて、とても感動しました。

―高校生から人気のアプリ「MixChannel(ミックスチャンネル)」でよくSoftlyさんの楽曲を使用して動画を作っている女子高生がたくさん見られますがこの現象についてどう思いますか?



HARUKA:周りの友達が「MixChannel(ミックスチャンネル)」をやっていたので、自分で動画を作ったことはなかったんですけど、見ることは多かったので、その中で自分たちの「恋心よあたしにきっと幸あれ」という曲が使われていることにすごく驚いたと同時にみんなが曲を知ってくれているんだということがすごく嬉しかったです。そこからその曲を使った動画すごいペースで増えていた時には、一体何が起こっているんだろうと不思議でした。すっごく嬉しくて、そこから毎日「MixChannel(ミックスチャンネル)」チェックしてます。

MUTSUKI:私は実際にそういう動画を作っている側で、使用する曲は結構考えて選んでいたので、みんなが私達の曲を見つけ出して動画に使ってくれたと思うとすごく嬉しいです。

―2人の今後の目標を教えてください。



MUTSUKI:今の一番大きな目標は、武道館でワンマンライブをすることです。いま私たちは北海道に住んでいるので、中々みなさんに会える機会がないので、全国ツアーをして生のSoftly(ソフトリー)を伝えていけるように頑張りたいです。

HARUKA:わたしも武道館でワンマンライブをするという夢は一緒で、他には月9の主題歌を担当したいです。私自身もドラマで曲を知る機会が多かったり、ドラマで使われていた曲を改めて聴いたときに、ドラマのワンシーンも一緒に浮かんでくるんです。映像と音楽が一緒になって頭の中に残るというのはすごく素晴らしいなと思うので、ドラマの主題歌を担当できるようなアーティストになりたいです。



―最後にマイナビティーンズ読者にメッセージをお願いします。



HARUKA:私達の作る曲は等身大の歌詞が多いので、同世代のみなさんには直球で歌詞が伝わるといいなと思っています。みなさんと一緒に歳をとっていく中で色んなことを経験して、一緒に成長できるアーティストになりたいです。そして苦しいときも悲しいときも恋愛で何かあったときに一人一人を支えられるような曲を届けられるようになりたいです。

MUTSUKI:恋愛や仕事、勉強を頑張っている人に向けての曲が今は多いのですが、女の子のキラキラした部分を感じられる、女の子が女の子でよかったって思ってもらえるような曲を作りたいです。同性から憧れられる存在になれたらすごく嬉しいなと思います。

【Profile】

Softly(ソフトリー)





北海道苫小牧出身。ボーカル・MUTSUKIとギター・HARUKAからなる2人組シンガーソングライター。2013年12月に結成。2016年2月3日にシングル「キミがいい」でメジャーデビュー。で配信デビュー。10代ならではの心を綴ったリリックはボーカルであるMUTSUKIが担当。MUTSUKIの声の魅力を知り尽くし、類稀なメロディーセンスで魅せる曲はHARUKAが担当している。今後注目の若手アーティスト。

『言えなかったこと。言いたいこと。』NOW ON SALE!




初回限定盤 2800円(税込)/ユニバーサル J



通常版 1800円(税込)/ユニバーサル J

リード曲「あなたのことを想って指先でなぞる文字は」やリボンナポリンのTVCMソングとして起用された「恋心よあたしにきっと幸あれ」を含む計8曲を収録。10代の女の子のリアルな恋心がたっぷり詰まった楽曲揃いポップチューンから、バラード、カバー曲と多彩な楽曲と歌いたくなるメロディを繊細なボーカルで歌い上げた最高のアルバムが完成した。

2人のサイン入りポスターを3名様にプレゼント☆


応募はコチラ→https://teens.mynavi.jp/challenge/detail/11047

当記事はマイナビティーンズの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ