映画『彼岸島 デラックス』でダブル主演★白石隼也さん、鈴木亮平さんにイ…


10月15日(土)にいよいよ公開となる映画『彼岸島 デラックス』

ヤングマガジンで連載中の大ヒットコミック「彼岸島」を完全実写映画化した作品で、原作の中でも人気が高い、主人公の宮本明と兄の宮本篤の対決エピソードを描いています。

今回は、主人公・宮本明役を演じた白石隼也さんと、兄・宮本篤役を演じた鈴木亮平さんの二人にお話を伺ってきました!
インタビューの最後には二人のサイン入りチェキのプレゼント情報もありますので、お見逃しなく☆

インタビュー



-映画『彼岸島 デラックス』の制作が決定したときの心境を教えてください。


鈴木亮平(以下、鈴木):続編の話をいただくときは毎回そうなんですが、別れた友達というか、家族に再会した気分になるんですよね。すごく嬉しかったですね。
白石隼也(以下、白石):すごく嬉しかったですし、台本を読んだら、100人斬りから始まっていて。いきなりか! ってわくわくしましたね(笑)。

-今回の映画は2013年に放送されたドラマの続編にあたるということなのですが、ドラマの時と特に違った点を教えてください。


鈴木:タイトル通り、デラックスになってますね(笑)。
白石:劇中には「邪鬼(オニ)」と呼ばれている巨大な化物が登場するんですが、この数もありえないくらい多くて。スケールアップしています。 鈴木:ドラマは、普段の生活から彼岸島というホラーの舞台への変化を描いていたんですが、映画はよりアクションやアドベンチャーの要素が強くて。「彼岸島」という漫画のイメージに近いのは映画のほうかもしれません。
白石:巨大な邪鬼(オニ)との戦闘シーンではワイヤーアクションもたくさん使っていますし、大作映画になるなって予感がありました。


-確かにアクションシーンがすごく多くて、見どころが満載ですよね。演じる側として、体力的に大変だった、過酷だったシーンはありますか?


白石:真夏に山形県の山奥で撮影していたので、アクションシーンでは暑さがつらかったですね(笑)。僕はブーツと革ジャンだし、(鈴木)亮平さんはコートを羽織って、眼鏡をかけてなので……。
鈴木:僕は逆に寒さがつらかったです。地下の採石場を使って撮影するシーンがあったんですけど、地下の深いところにあるので、ものすごく寒いんです。床に寝転んでいたらだんだん身体が冷たくなって、そのうち眠くなってきて……。このまま死ぬんじゃないかと思いました(笑)。

-それは大変でしたね! 山形の山奥で撮影されたということでしたが、撮影現場の雰囲気はどんな感じなんですか?


白石:僕は1ヶ月間ずっと現場にいたので、役者チームのみんなとご飯に行ったりとか、案外和気あいあいと過ごしてましたよ(笑)。

-監督の渡辺武さんはどんな方でしたか?


鈴木:ドラマで『宮本篤』というキャラクターが出来上がっていたので、自由にやらせていただきましたね。「デラックスなのでもっとハァハァしてくれ」と言われたくらいで(笑)。
白石:演技に関して指示されたことはあまりなかったです。言葉で説明するよりは、撮影しながら作り上げて行くタイプの方で。こちらから演技を提案しても面白がってくれますし、やりがいがありました。


-ちょっと話を変えて、もし自分が彼岸島に行ってしまったらどうしますか? 宮本明みたいに戦います?


鈴木:戦う? いやいや、無理でしょう! 吸血鬼もいっぱいいますし……。なるべく隠れて、1人でキャンプして生きていたいですね(笑)。
白石:吸血鬼も血は絶対に必要なわけですから、人間がいなくなったら困るわけですよね。人間が血をあげて、吸血鬼がもらうっていうシステムを作っちゃうっていうのはどうですか?
鈴木:政治家じゃん!(笑)

-映画の撮影を終えられて、反省点などはありますか?


鈴木:毎カット反省点だらけなんですけれども……あえて選ぶならアクションですかね。
白石:僕もそうですね。アクションって「ここまでできたらいい」っていうものでもなくて、レベルアップすればするほど面白いものができるはずなので。
鈴木:そういえば、牙のマウスピースを付けて喋るのが本当に難しくて! もう少しマウスピースを入れた状態で訓練しておけばよかったなと(笑)。実際人間に生えたらこういう喋り方になるとは思うんですけどね。

-では、役者としてのお二人に質問です。お互いの、俳優としての自分に無いところはどこだと思いますか?


鈴木:僕はいいかげんなところが多くて、人に甘えてしまうんですけど、白石くんはすごく自立心が強くてしっかりしてるんですよね。集中力もすごいです。彼は山形県の現場に撮影の間ずっといて、僕は出演の関係で何度か日を開けているんですけど、会うたびに『本当に彼岸島で戦っている人』みたいになっていって。現場を引っ張ってもらいました。
白石:(鈴木)亮平さんは、やっぱりストイックな身体づくりがものすごいなと。ハリウッドの場合は1年かけて撮影のための身体を作ったりしますが、日本映画だとそんなに期間はかけられないので。それをこの短期間でこなす人っていうのは、亮平さん以外に見たことないですね。アクションも難しいものを軽々とこなしていて、すごく刺激的な存在です。


-では最後に、夢に向かってがんばる10代の女の子達に、メッセージをお願いします!


鈴木:夢を叶える道は苦しいけど、必ずやればやった分だけ見返りがあります。結果が出るまで、ぜひ努力を続けてください!
白石:そんなに無理せず(笑)。もし夢が叶わなくても次に新しい夢を見つければいいので、あまり深刻にならずチャレンジしてください!

サイン入りチェキを2名様にプレゼント!


映画の公開を記念して、白石隼也さんと鈴木亮平さん、お二人のサインが入ったチェキを2名様にプレゼント

応募はこちらから!
https://teens.mynavi.jp/main/challenge/detail/11043

映画『彼岸島 デラックス』 2016年10月15日(土)新宿ピカデリーほか全国公開


【STORY】
吸血鬼に支配された彼岸島へ一年ぶりに戻ってきた宮本明(白石隼也)。そこで消息を絶った兄の篤(鈴木亮平)はいまだ行方不明であり、島は前にも増して吸血鬼たちがはびこる魔の巣窟となっていた。
吸血鬼たちはもともと人間であった。だがひとたびウィルスに感染した者は吸血鬼と化し、見た目は普通の人間とほとんど変わらないが、尖った犬歯がその証拠である。また、吸血鬼となっても人間の血を吸わないでいる者は恐ろしい発作を起こし、「邪鬼(オニ)」と呼ばれる怪物に変異する。彼らは完全に理性を失い、驚異的な怪力や生命力で生物と見れば見境なく襲うため、人間だけでなく吸血鬼でさえもその暴走を怖れていた。
わずかに生き残った人間たちは島内にレジスタンスの村を作り、反撃の機会をうかがっていた。リーダーである師匠(声・石橋蓮司)は、吸血鬼を統率し、サイコジャックによって邪鬼の脳波を自由に操るマスターヴァンパイア、雅(栗原類)の存在に気づく。何度でも再生する不死身の彼が島に吸血鬼ウィルスを蔓延させた張本人であり、すべての悪夢の元凶だった。
そんなとき、雅の力を無力にする唯一のワクチンがあると判明する。一度は失われたと思っていたそれがもう一つあると知り、明は自ら危険を冒してでもそのワクチンを取りに行くと名乗りを挙げる。友人の西山(阿部翔平)や師匠の娘の冷(佐藤めぐみ)、明の幼馴染みであるユキ(桜井美南)もそれに続いた。その頃、明たちを探しに島へ来た加藤(森岡龍)は、吸血鬼に襲われていたところを友人のケン(遠藤雄弥)に助けられるが、ケンはすでにウィルスに感染していた。さらに篤とも再会するが、篤もまた吸血鬼となり、雅の配下となっていたのだった。
レジンスタンス村の村人たちと協力してワクチン争奪作戦に乗り出した明たちだったが、一方で吸血鬼の側でも自分たちの脅威となるワクチンを人間の手に渡すまいと奔走していた。行く手に立ちはだかる邪鬼の太郎や百目といった敵と戦いながらワクチンを目指す中、明はついに篤と対面する。しかし篤こそ、雅の手先としてワクチンを手に入れるために暗躍するその人だったのだ。

【公式サイト】
http://higanjimadx.jp/


マイナビティーンズ編集部

当記事はマイナビティーンズの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ