【和歌山】秋の家族旅行におすすめ観光スポット20選!定番から穴場まで

じゃらんnews

2018/8/28 15:21




子どもと一緒に旅に出よう!
親子の絆を深める家族旅行におすすめの観光スポットをご紹介します。

生き物いっぱい動物園や水族館、知的好奇心を刺激する博物館、
景色を楽しむ千畳敷や円月島、のんびりできる白浜温泉など…

晩秋の和歌山をファミリーで楽しもう!

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
アドベンチャーワールド
アドベンチャーワールド出典:じゃらん 観光ガイド アドベンチャーワールド
海と陸の動物約1400頭が自然のままに生きる姿を間近に見ることができる。放し飼いの動物を専用車や列車型のケニア号に乗り見物できるサファリワールド・海のパフォーマンスが楽しめるマリンワールド・小動物と遊べるエンジョイワールドのほか、ジェットコースターや大観覧車のあるプレイゾーンなどがある。

\口コミ ピックアップ/
中に人が入っているんじゃない?!…と疑いたくなるようなパンダが、走る走る、遊ぶ遊ぶ(^^)
イルカのショーも犬たちの登場あり、鷹匠ショーありと子どもだけではもったいない、まさにアドベンチャーワールドでした!
動画好きの方は是非!
(行った時期:2016年10月)
アドベンチャーワールド
住所/和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399
「アドベンチャーワールド」の詳細はこちら
白良浜
白良浜出典:じゃらん 観光ガイド 白良浜
鉛山湾に面した弓状白砂の浜で,白浜温泉の中心地。

\口コミ ピックアップ/
季節外れですが10月に家族旅行で白浜に訪れた際に、少しの時間立ち寄りました。3歳の子供を連れて言ったのですが、サラサラの白砂に大喜びではしゃぎまわっていました!時期的に泳ぐことはできないものの、砂浜を駆け回り、波打ち際で波が来ては逃げ…というのをひたすら繰り返して、子供にとって大満足だったようです。秋に訪れる白良浜は初めてでしたが、やはり白砂のビーチは素敵で、大人も子供も楽しむことができました!
(行った時期:2017年10月)
白良浜
住所/和歌山県西牟婁郡白浜町白浜
「白良浜」の詳細はこちら
とれとれ市場 南紀白浜
とれとれ市場 南紀白浜出典:じゃらん 観光ガイド とれとれ市場 南紀白浜
南紀白浜の堅田漁業組合が、新鮮な魚介類を嬉しい値段で提供。全長2mほどもある勝浦漁港直送のまぐろの解体のパフォーマンスがある。「とれとれ市場横丁」では、新鮮魚介を使った料理をオドロキ価格で堪能でき、お刺身がやはりおすすめになっている。白浜のおみやげも揃っているので、ぜひ立ち寄りたい。

日本最大級の海鮮市場うまい、広い、お手頃

\口コミ ピックアップ/
海鮮マーケットで、いろいろなお魚を仕入れることができますよ♪漁業協同組合の直営なので新鮮なお魚が購入できます。
(行った時期:2016年10月)
とれとれ市場 南紀白浜
住所/和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2521
「とれとれ市場 南紀白浜」の詳細はこちら
那智の大滝
那智の大滝出典:じゃらん 観光ガイド 那智の大滝
那智山に多数ある滝のうち、一の滝が那智の大滝と呼ばれている。絶壁を切り裂くように落下する滝は高さ133m、滝幅13m、滝壷の深さ10m以上。毎秒1t以上もの水量は「日本一の大滝」にふさわしい迫力だ。遠くから眺めると、付近にある朱色の三重の塔と見事に調和しており、より美しい景観が楽しめる。

高さ133mを誇る日本有数の名瀑布

\口コミ ピックアップ/
ここは絶対に外せないでしょう。
日本三大名瀑の一つで、その迫力には驚きます。
滝のしぶきがとても気持ちが良いです。
滝の水を飲んだり、社務所で授与していただける徳利に入れて持ち帰ることができます。
(行った時期:2016年10月)
那智の大滝
住所/和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
「那智の大滝」の詳細はこちら
千畳敷
千畳敷出典:じゃらん 観光ガイド 千畳敷
千畳敷は、その名のとおり広い岩畳を思わせる大岩盤。 瀬戸崎の先端から太平洋に向けて突きだしたスロープ状になった白く柔らかい岩は第3紀層の砂岩からなる大岩盤で、打ち寄せる荒波に浸食され壮大な景観を創っています。太平洋に沈む夕日が美しい。

\口コミ ピックアップ/
海の美しさだけでない、地球の断片を感じる風景。観光地っぽくない静けさもあり、ゆっくり一休みしながら風景を楽しめる場所でした。
(行った時期:2016年10月)
千畳敷
住所/和歌山県西牟婁郡白浜町千畳
「千畳敷」の詳細はこちら
太地町立くじらの博物館
太地町立くじらの博物館出典:じゃらん 観光ガイド 太地町立くじらの博物館
世界でも珍しい鯨専門の博物館。1階から3階までを吹き抜けにした中央に、体長15mものセミクジラの実物大模型と古式補鯨船の模型をつり下げ、その周囲の廻廊式展示室には、鯨の身体各部のホルマリン漬や剥製・捕鯨関係資料など1000点あまり。入江の天然プールとイルカのショープールもある。日本の捕鯨発祥の地として、現代までのおよそ400年の歴史を目の当たりにしながら興味深くひもとくことができる。

\口コミ ピックアップ/
クジラとクジラにまつわる文化がわかる博物館です。
太地ということもあり、イルカもおりショーが楽しめます。
アクセスは車がないと難しいですが太地に来るならここは欠かせないかと。
子供むけ?とおもいきや、大人も楽しめる博物館でした!おすすめです^^
(行った時期:2016年10月)
太地町立くじらの博物館
住所/和歌山県東牟婁郡太地町太地2934-2
「太地町立くじらの博物館」の詳細はこちら
熊野本宮大社
熊野本宮大社出典:じゃらん 観光ガイド 熊野本宮大社
全国の「熊野神社」の総本山にあたる熊野本宮大社。三山の中でもとりわけ古式ゆかしい雰囲気を漂わせるのが、聖地熊野本宮大社です。熊野参詣道のなかでも、多くの人々がたどった「中辺路」を歩くと、難行苦行の道のりを終え最初にたどり着くのが熊野本宮大社です。
平成7年には社殿が国の重要文化財に指定されました。本殿へと続く158段の石段の両脇には幟がなびき、生い茂る杉木立が悠久の歴史を感じさせます。

\口コミ ピックアップ/
昔から、みんなが此処を目指して、色々な道を辿り、やって来たと云われる聖地。
やはり、その得も言われぬ厳かな空気に包まれた場所です。
心が落ち着きます。
熊野三山の境内前でしか買えないもうで餅、お土産に買いました。
とても美味しいです。
(行った時期:2017年10月20日)
熊野本宮大社
住所/和歌山県田辺市本宮町本宮1100
「熊野本宮大社」の詳細はこちら
白浜温泉
白浜温泉出典:じゃらん 観光ガイド 白浜温泉
南紀を代表する古くからの名湯。ハマチ養殖のいかだが浮かぶ田辺湾や、白い砂浜の白良浜沿いにホテルや旅館が明るい海を背景に立ち並んでいる。太平洋に面した湯崎の突端、波に洗われる岩場に「崎の湯露天風呂」がある。天然の大きな岩くぼにたたえて湯煙を立てつづけるこの湯は、日本書紀・万葉集などにも登場する。潮騒を耳に、太平洋に沈む夕日を眺めながらの入浴は、まさに大尽気分。このほか、奈良朝風のユニークな建物で、二つの泉質の異なる温泉を同時に楽しめる公衆浴場「牟婁の湯」や、「白良湯」、水着着用の露天風呂「しらすな」がある。◎牟婁の湯、温泉街中心に立つ、太平洋に面した鉄筋2階建の、奈良朝風のユニークな建物。浴室は鉄平石張り。湯船はまん中で2つに仕切られ、重曹泉83度と、食塩泉75度の2種類の湯があふれている。湯はリューマチ・運動器障害・創傷・火傷・慢性湿疹・婦人病・更年期障害などに効く。

\口コミ ピックアップ/
無色透明ですが、硫黄の匂いのする温泉で、体がほこほこ温まります。海の景色も綺麗ですし、温泉にはいりながら海が見える温泉も多く最高です。
(行った時期:2017年10月)
白浜温泉
住所/和歌山県西牟婁郡白浜町
「白浜温泉」の詳細はこちら
橋杭岩
橋杭岩出典:じゃらん 観光ガイド 橋杭岩
国の天然記念物。 串本から大島に向かって海上に並ぶ大小40あまりの奇岩で、弘法大師と天邪鬼が大島まで一晩で橋をかける競争をしたという伝説が残っています。11月にはライトアップが行われ、多くの観光客やカメラマンが訪れます。

\口コミ ピックアップ/
紀伊半島縦断して熊野方面を訪れました。熊野本宮大社や那智大社、那智の大滝などを観光して海岸線を移動して訪れました。海岸線にいくつもの大きな岩が立ち並び他では観られない景色にびっくりし感動しました。
(行った時期:2016年10月)
橋杭岩
住所/和歌山県東牟婁郡串本町くじの川1549番地8
「橋杭岩」の詳細はこちら
円月島
円月島出典:じゃらん 観光ガイド 円月島
南紀白浜のシンボルである臨海浦に浮かぶ南北130m、東西35mの小島。正式には「高島」という。島の中央に海蝕による円月形の穴が開いていることから「円月島」と呼ばれ親しまれている。日の沈む夕景の美しさは格別で、夕景の名所としても知られる。夏は6時30分頃、冬は4時30分頃。

\口コミ ピックアップ/
何度行っても見る季節、時間によって姿が違い神秘的にさえ感じます。
晴れた日の夕刻は最高です。
所々、道幅が広くなっていて短時間であれば、
車も停めやすいです。
(行った時期:2017年11月)
円月島
住所/和歌山県西牟婁郡白浜町臨海
「円月島」の詳細はこちら
学んで、作って、味わえる!紀州梅干館
学んで、作って、味わえる!紀州梅干館出典:じゃらん 観光ガイド 学んで、作って、味わえる!紀州梅干館
日本一の梅の産地である南部にあり、梅干しの工場を見学することができる。「見学コース」では、梅干しが作られる手順、「梅ギャラリー」では、南部の梅の歴史をはじめ、様々な角度から梅を紹介するパネルを展示。また、梅干しをはじめとする梅製品の販売もしており、大人気の『梅うらら』は塩分もひかえめ。

産地直売の梅干し工場見学もできる

紀州和歌山で味わう梅三昧!本格的な梅干し作りと梅ジュース作り
紀州梅干館は和歌山県日高郡みなべ町にて、梅干し作り体験や梅ジュース作り体験を主催しています。

梅の本場、和歌山県みなべ町で味わう紀州産南高梅
日本一の梅の里と言えば和歌山県みなべ町。そのみなべ町で生まれた梅の最高級品「南高梅(なんこううめ)」を使った梅干し作り、または梅ジュース作りをお楽しみいただけます。とれたての完熟梅は、甘酸っぱく、とてもフルーティーな味わいです。ぜひ、本物の梅を味わってみてください。

梅干し作り、梅ジュース作り、どちらもうれしいお土産付き
梅を使った料理体験をふたつご用意しています。梅干し作り体験では、酸っぱいものから甘いものまでお好みの味付けで梅干しを漬けることができます。梅ジュース作り体験では、甘酸っぱくて健康にもよいジュースを作ることができます。どちらの体験もうれしいお土産付きです。

\口コミ ピックアップ/
今回の和歌山旅行では初めて訪れましたが、梅干し好きにたまらないスポットです!とにかく色んな紀州梅がありました!
(行った時期:2016年10月)
学んで、作って、味わえる!紀州梅干館
住所/和歌山県日高郡みなべ町山内1339
「学んで、作って、味わえる!紀州梅干館」の詳細はこちら
白浜エネルギーランド
白浜エネルギーランド出典:じゃらん 観光ガイド 白浜エネルギーランド
人と自然のエネルギーをテーマにした体験型テーマパーク。
自然エネルギーについて映像とジオラマで楽しく学べる「太陽の街」や、目の錯覚と平衡感覚を利用した真っすぐに歩けない「ミステリーゾーン」、不思議で楽しい写真が撮れる「トリックアートハウス」、スタンプラリー形式の巨大迷路「Da迷路~エネルギー博士からのSOS~」など遊びながら学べるアトラクションが盛りだくさん!!
お子様から大人の方までお楽しみいただけます。
遊び疲れたら施設内で湧き出た源泉かけ流しの「足つぼ足湯」でのんびりリラックス。

\口コミ ピックアップ/
体験型のテーマパークで、大人も子供も結構楽しめる作りになっていますよ。アトラクションも面白いですよ。
(行った時期:2016年10月)
白浜エネルギーランド
住所/和歌山県西牟婁郡白浜町3083
「白浜エネルギーランド」の詳細はこちら
和歌山城
和歌山城出典:じゃらん 観光ガイド 和歌山城
天正13年(1585)豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まりです。徳川家康の第十男頼宣が入城して城郭の大改修を行ない、明治維新までの250年間徳川御三家の居城として偉容を誇り、その天守閣の華麗な姿は維新後においても、国宝に指定されていたが、惜しくも戦災により焼失した。現在の天守閣は、昭和33年再建されたものであるが、静水を湛える内堀や城郭を巡らす石垣は400年の歴史をそのままに伝えて居り、往時の隆盛を偲ばせるに充分な遺構である。国指定◎徳川頼宣(1602-1671)伏見生れ。紀州徳川家五十五万五千石の藩祖。徳川家康の第十子。南龍公という。◎徳川吉宗(1684-1751)和歌山生まれ。紀州五代藩主。紀州徳川家から将軍職を継ぐ。大岡忠相、青木昆陽らを用いて享保改革を行った。徳川幕府中興の祖。2016年は吉宗公将軍就任300年にあたる年で、様々なイベントを開催予定。

\口コミ ピックアップ/
とにかく広いですな。城は大きく無いですが、天守にて展示品の葵の紋所を生で見て正直震えが止まらんかった。マニアの人にはたまらない場所と思います。
朝の散歩で動物園付近ではリスを見ることが出来ました。多分逃げたやつでしょう。
(行った時期:2016年10月)
和歌山城
住所/和歌山県和歌山市一番丁3番地
「和歌山城」の詳細はこちら
黒潮市場
黒潮市場出典:じゃらん 観光ガイド 黒潮市場
マリーナシティにある黒潮市場で食材を選んで買ってやる「シーサイドバーべキュー」。準備が要らないのが良い。屋根もあるし家族で楽しめる。(じゃらん現地スタッフの耳より情報)

\口コミ ピックアップ/
マグロの解体ショーは、すごかったです。さばかれるすがたもカッコよかった!でも、その他、売られているものは高いような気がしました。
(行った時期:2016年10月)
黒潮市場
住所/和歌山県和歌山市毛見1527和歌山マリーナシティ内
「黒潮市場」の詳細はこちら
わんぱく公園
わんぱく公園出典:じゃらん 観光ガイド わんぱく公園
阪和高速・艱難東インターのすぐそばにある緑と池に囲まれた自然豊かな公園で裏山感覚で自由に遊べます。わんぱく公園のシンボル、うずまき状の風の子館では、料理体験・工作体験等のイベントも随時行われている。

\口コミ ピックアップ/
みんなの裏山ってのがコンセプトらしい。
広くて子供達を遊ばせるのにいいですよね!!
園児の遠足にも良く使われているみたい!
(行った時期:2016年10月)
わんぱく公園
住所/和歌山県海南市大野中1106
「わんぱく公園」の詳細はこちら
ポルトヨーロッパ
ポルトヨーロッパ出典:じゃらん 観光ガイド ポルトヨーロッパ
中世のヨーロッパの港街を再現したテーマパーク。異国情緒と刺激的なアトラクションが体験できます。

\口コミ ピックアップ/
和歌山マリーナシティの中にあるヨーロッパの港町をイメージしたテーマパークです。子供も大人もとっても楽しめるアトラクションやイベントが多いです。
(行った時期:2016年10月)
ポルトヨーロッパ
住所/和歌山県和歌山市毛見1527和歌山マリーナシティ内
「ポルトヨーロッパ」の詳細はこちら
和歌山マリーナシティ
和歌山マリーナシティ出典:じゃらん 観光ガイド 和歌山マリーナシティ
和歌山のおだやかな気候と美しい海岸線、恵まれた自然につつまれた人工島リゾート。地中海の港街をイメージしたテーマパーク ポルトヨーロッパ、国際級マリーナ、海釣り公園、天然温泉施設(天然紀州黒潮温泉)、リゾートホテルなど複数のエリアで構成され、多彩な施設が充実。

\口コミ ピックアップ/
和歌山を代表するリゾート施設です。、温泉もあるし、テーマパークや釣りを楽しめるスポットもあるので、観光にもおすすめです。
(行った時期:2017年10月)
和歌山マリーナシティ
住所/和歌山県和歌山市毛見1527
「和歌山マリーナシティ」の詳細はこちら
わかやまお城の動物園
わかやまお城の動物園出典:じゃらん 観光ガイド わかやまお城の動物園
和歌山城にある和歌山公園内の動物園は、1915年(大正4年)4月7日に創立され、整備が開始されました。その後、1970年(昭和45年)5月5日に新しく童話園と水禽園からなる動物園としてリニューアルオープンされました。今も市民に人気の身近な動物園です。
童話園はペンギン・アメリカビーバー・サル・シカ・ポニー・エミューなどの哺乳類を中心に、水禽園はフラミンゴ・ペリカン・ツル・ハクチョウなどの水辺の鳥を中心に、合計33種107点の動物を飼育しています。(平成27年3月末現在)

\口コミ ピックアップ/
和歌山公園内の無料動物園、あまり大きなスペースではないけれど、色々な動物達がいました。ファミリーには丁度いい感じの動物園です。和歌山城からの眺めも良かったですよ。
(行った時期:2017年10月)
わかやまお城の動物園
住所/和歌山県和歌山市一番丁3
「わかやまお城の動物園」の詳細はこちら
高野山 金剛峯寺
高野山金剛峯寺出典:じゃらん 観光ガイド 高野山 金剛峯寺
高野山真言宗の総本山。壮大な玄関をもつ建物は文久3年(1863)の再建。主殿は東西三十間、南北三十五間の大建築で、大広間には狩野探幽の襖絵「松に群鶴」が、豊臣秀次自刃したという柳の間には狩野探斎による「雪柳白鷲」が描かれている。

\口コミ ピックアップ/
丁度紅葉の時期だったので、只でさえ見事な石庭「蟠龍庭」にモミジの色彩が加わり、しばらくの間見とれてしまうぐらい美しかったです。
いつまで居ても飽きない感じでした。
また、各部屋の襖絵(特に昔書かれたもの)も見ごたえがあります。
合間にお茶とお菓子がいただけるのもありがたいです。
(行った時期:2017年11月)
高野山 金剛峯寺
住所/和歌山県伊都郡高野町高野山132
「高野山 金剛峯寺」の詳細はこちら
京大白浜水族館
京大白浜水族館出典:じゃらん 観光ガイド 京大白浜水族館
京都大学臨海実験所の水槽室を水族館として一般に公開している。250t級の大型水槽をはじめ、81の水槽にサメ・エイから白浜近海の魚類・海亀・淡水魚まで553種6600点が飼育・展示されている。エビ・カニ・ヒトデなど無脊椎動物の収集では日本一。

\口コミ ピックアップ/
こじんまりとしていてそんなに大きな水族館ではないですが、落ち着いてまったりと見れる感じで楽しめました。
(行った時期:2016年10月)
京大白浜水族館
住所/和歌山県西牟婁郡白浜町459
「京大白浜水族館」の詳細はこちら

和歌山県をもっと知りたい方はこちらもおすすめ!
~絶対喜ばれる和歌山の人気お土産はこちら~
~和歌山のおすすめデートスポットはこちら~

※この記事は2018年8月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

あなたにおすすめ