東出昌大、松井玲奈ら鉄道BIG4と“ことでん”のヘッドマークに!

SKE48時代に鉄道BIG4として認められた松井玲奈が久々に『笑神様SP』の鉄道ロケに参加できた。しかも今回は俳優の東出昌大がゲスト出演したが、実は鉄道にほとんど興味がないと言うではないか。そんな彼が少しずつ鉄道を好きになっていく。



9月24日、日本テレビ系で放送された『笑神様は突然に… 鉄道BIG4にマツコと東出がやってきた!2時間スペシャル』で鉄道BIG4(中川家・礼二、ダーリンハニー吉川、ななめ45°岡安、南田裕介に松井玲奈)と同行の宮川大輔らが最初のゲストに迎えたのは東出昌大だった。

告知のために来たので鉄道に興味はないという彼だったが、JR姫路駅から“エヴァ新幹線”に乗るとテンションが上がる。エヴァンゲリオンは大好きなのだ。新幹線とエヴァのコラボに高まる松井玲奈とともに“実物大コックピット”を満喫していた。

次に一行は岡山駅から快速マリンライナーに乗って高松駅を目指し、途中で瀬戸大橋を渡る際にはパノラマグリーン席からの絶景に「おー、すごーい」と歓声をあげる東出。車中でダーリンハニー吉川が「東出さんも分かりますから」と出した“鉄道なぞなぞ”にも積極的に参加する。

問題「パンはパンでも食べられないパンは?」の答えは「パンタグラフ」といったなぞなぞだ。「いつもノックアウト勝ちしている鉄道は?」にBIG4が「KO(京王)線」と答え、次の問題「そんな中でも一番強い鉄道は?」にすかさず「最強(埼京)線」と回答した東出の笑顔は満足そうだった。

やがて高松駅に到着すると、次は高松築港駅からことでん(高松琴平電気鉄道)で仏生山駅へ向かい車庫を見学させてもらう。“ことでんの駅員”でご当地キャラのことちゃんに会えた松井玲奈は駆け出して抱きつくほどの喜びようだ。一方、全国的にも珍しい木造車体の電動貨車・デカ1を運転した東出は「スゲェ!」とハイテンションとなる。

さらには、ことちゃんを囲んだ一行の姿を“ことでんのヘッドマーク”に使わせて欲しいと申し出があった。鉄道写真家・坪内政美さんの撮影による本格的な記念写真から作られたヘッドマークは、9月25日~10月9日までスペシャルヘッドマーク車両に飾られる。

普段ではできない体験で鉄道の魅力を知った東出昌大。鉄道BIG4と一緒にヘッドマークになるというサプライズまであった。ただ、最後に感想を求められた彼は「ちょっと楽しかったです」と正直に答えている。やはり戦国時代や幕末など歴史好きなだけにこれくらいでは傾かないようだ。

出典:https://twitter.com/renampme

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ