鶯谷駅の沼?24時間居酒屋の立ち喰い蕎麦にハマる

しらべぇ

2016/9/7 10:00


立ち食い蕎麦大好き芸人の三拍子高倉です。山の手線全駅で1番乗降者数が少ないと言われている駅「鶯谷」。

今回はその駅前にある1度入ると抜け出せない沼の様にディープなお店を紹介しよう。

■なんでもありのごちゃ混ぜ居酒屋


鶯谷駅北口すぐ、ネオンきらめくラブホテル街手前にあるのが24時間営業のお食事・呑み処「信濃路」。

知人と鶯谷で飲んでホロ酔い気分で帰る途中に「そば・うどん」と大きく書いてある看板を発見。「一杯いっちゃおう」と言いながら店に吸い込まれていく。

一杯とはお酒の事でありそばのことでもある。



中に入ると所狭しとカウンターにビッシリとおじさん。



そして壁にはビッシリと魅力的なメニュー。とりあえずホッピーと赤ウィンナー揚げを注文。



揚げた赤ウィンナーに黄色いカラシが色鮮やか。焼酎多めのホッピーでいただくと店の雰囲気もプラスされ昭和へタイムスリップした感覚に陥る。

その後焼酎を2回おかわりしてそろそろシメようかと思い再びメニューに目をやる。



カレーに焼そば、ナポリタンと魅力的なメニュー陣をスルーして「玉子そば」を注文。

■24h居酒屋の蕎麦の味とは?




5分ほどして玉子そば到着! つゆがホクホクと湯気をたたせる。



卵を落として白身ががっつり白くなるのは熱々の証拠。



もっちりとした中太麺はしっかりと食べ応えがある。器を持ち上げつゆをジュルッ。しょう油が強く濃いめのつゆがお酒の入った体にシミてたまらなく旨い。



そして玉子をかき混ぜて少しまろやかになったつゆがまたまた体にシミる。これで280円は最高にそばらしい(素晴らしい)



一緒に頼んでいたメンチカツも合流。ホッピーを飲みながらゆっくりと完食。約1時間ほどの滞在して店を出る頃には2軒目という事もあってホロ酔いからドロ酔いへ。

後半の記憶が曖昧なのでで写真を見ながら味を思い出した。そして今、その記憶が蘇りまた行きたい衝動に駆られている。完全にハマった。



卓上にあった「ポソーズ」の謎も解明したいし次は昼からがっつり一杯いってみようかな。

皆さんもシミる蕎麦を食べられる鶯谷駅のディープな居酒屋「信濃路」に是非足を運んでみてはいかがでしょう。

啜るか啜らないかはあなた次第です。



住所:東京都台東区根岸1-7-4元三島神社1F

・あわせて読みたい→立ち蕎麦好き芸人イチ押し! 安い、旨い、早い三拍子揃った店 

(文/三拍子・高倉)

あなたにおすすめ