建築の観点から見ると面白い、原宿・表参道は屋外建築博物館だった

キタコレ!

2016/8/19 07:00


建築の観点から見ると面白い、原宿・表参道は屋外建築博物館だった 原宿~表参道


原宿や表参道といえば、若者が集まるファッションやカルチャーの街。その一方で、外国人から“建築の街”として注目されています。建築ライターである筆者は、建築を学ぶ外国人学生を案内することがあるのですが、その際、東京で行きたい場所として「原宿」「表参道」を指定されることが多いのです。それもそのはず。JR原宿駅から東京メトロ表参道駅までの約1キロほどのケヤキ並木沿いには、現代を代表する建築家の傑作が立ち並び、さながら“屋外建築博物館”のような空間になっているからなのです。


というわけで今回は、JR原宿駅から東京メトロ表参道駅までを歩いてみましょう。歩き始める前に、まずは「JR原宿駅」の木造駅舎を観察することからはじめます。原宿を何度も訪れているという人でも、駅舎をじっくり見学したことがある人は意外に少ないのでは? 実は原宿駅、山手線のなかでは最古の木造駅舎で、1924年(大正13年)に完成した歴史ある建物なのです。よく見てみるとリゾート地にあるような、かわいい塔を載せたデザインが愛らしいですね。


表参道に向かうと、マンション「コープオリンピア」があります。灰色の壁面がレトロ感溢れるこのマンション、1965年(昭和40年)に完成した日本初の“億ション”として有名なのです。内部にスーパーマーケットなどのテナントが入るなど、現代のマンションの造りとほとんど変わりません。都市型のライフスタイルを創り上げたさきがけといえる存在です。当時は芸能人や文化人が競うように入居し、人々の憧れの対象でした。なお、建設から50年以上たった現在でも不動の人気で、空きが出てもすぐに埋まってしまうほどなのだとか。


ここで代々木公園の方を振り向いてしましょう。遠くに曲線的な屋根が特徴的な建築が目に付きませんか。これは、1964年(昭和39年)に開催された東京オリンピックの会場として完成した「国立屋内総合競技場」、通称「代々木体育館」です。「東京都庁」などの作品で知られる丹下健三氏の代表作です。丹下氏は“建築界のノーベル賞”といわれる「プリツカー賞」を日本人で初めて受賞(1987年)。ちなみに、歌手の浜崎あゆみさんはこの建物がお気に入りで、コンサート会場によく使うことでも知られています。


2020年開催予定の東京オリンピックでは「新国立競技場」の建設で揉めに揉め、議論が紛糾したことが記憶に新しいですね。ところが、1964年の東京オリンピックも同じように大変だったのです。「代々木体育館」は、オリンピック直前まで建設計画がまとまらず、前年の冬に着工。昼夜に及ぶ突貫工事で、わずか8カ月で完成したといいます。吊り橋などに使われる構造を使った「吊り屋根」が特徴的で、屋根にはまるで名古屋城などのお城のシャチホコのような飾りが乗っています。当時の技術の粋を集めたダイナミックな建築のなかに、“和”の表現を感じることができるのです。


一旦表参道に戻って、「コープオリンピア」の横を通り、ケヤキ並木のなかを散策しましょう。木の枝で日差しが遮られるので、真夏でも散策しやすいのが嬉しいですね。少し歩くと、「コロンバン原宿本店サロン」が見えてきます。「コロンバン」といえば、日本で本格的なフランス菓子を世に広めたパイオニアです。「原宿本店サロン」は周囲をビルに囲まれていますが、建物は1965年(昭和40年)の完成当時のまま。タイル貼りの工芸品のような佇まいの店舗は、昭和の面影を色濃く残しています。


「原宿本店サロン」ではランチや喫茶もできるので、街歩きの休憩にはぴったりです。歩き疲れたので、一息つくことにしましょう。名物の「クロックムッシュ」は、スープ・ドリンク付きで1296円(平日ランチ価格=提供時間11~15時、単品では972円)。チーズの旨みが絶品で、小腹を満たすにもちょうどいい量なのが嬉しいですね。


街歩きを再開します。表参道を東へ歩いていくと見えるのが、2006年(平成18年)2月11日にオープンした「表参道ヒルズ」です。日本の建築界が誇るスーパースター、安藤忠雄さんの設計ということで、完成当時は大きな話題を呼びました。安藤さんは、日本人で3人目となるプリツカー賞受賞者でもあります。


「表参道ヒルズ」は商業施設のほか、上の階はマンションにもなっている複合施設です。表参道の景観を守るために、地上3階と高さを抑えながらも地下3階の構造になっており、吹き抜けの大空間は圧巻の一言です。また、内部の通路はスロープになっていますが、ここにも仕掛けが。なんと、表参道の坂道と同じ傾斜になっているのです。西側の出入口から入り、東側へ傾斜を上っていくとそのまま外に出ることができる、というわけです。


「表参道ヒルズ」が建設される前、この場所には「同潤会青山アパート」がありました。1927年(昭和2年)に完成した、都内でも最初期の鉄筋コンクリート造りのアパートで、ツタが絡まった外壁が印象的な建物でした。保存運動が起こったものの老朽化が激しく、取り壊されることになりましたが、東側に一部が保存されているので、面影を偲ぶことができます。クラシックなデザインの階段などが残され、昭和初期にタイムスリップした気持ちに浸ることができるでしょう。


晩年には東京都知事選挙に出馬するなど、話題をさらった黒川紀章さんが設計した「日本看護協会原宿会館」は、2004年(平成16年)の完成。「表参道ヒルズ」をはじめ、これ以降で紹介する建築はいずれも2000年代前半に完成したものが多く、この時代から表参道の街並みは一変しました。ちなみに、黒川さんは選挙の際、このビルの前で演説をしたことがあるほどで、本人もすごくお気に入りだったようです。敷地内には階段状の広場が設けられ、街に対して開かれた空間を生み出しています。


「ルイ・ヴィトン表参道店」は、2002年(平成14年)に建築家の青木淳さんの設計で完成しました。ヴィトンは、もともとは旅行鞄メーカーとして始まったブランド。そのため、店舗もトランクを積み重ねたようなデザインになっているのが特徴です。ちなみに、表参道には建築家と高級ファッションブランドがコラボした建物が数多く軒を連ねていますが、ヴィトンはその最初期の作品として有名です。


2004年(平成16年)完成の「TOD’S表参道」も見逃せない建築です。TOD’Sはイタリアの靴やバッグなどで知られるブランドで、プリツカー賞を受賞している伊東豊雄さんの設計。コンクリートの壁は、表参道のケヤキ並木との調和を考えたデザインであるだけでなく、構造材としても機能しているので、店内には柱が存在しないという機能性とデザイン性を両立した珍しい建築なんです。


「ONE表参道」は、「新国立競技場」の設計者に選ばれた隈研吾さんの設計で、2003年(平成15年)に完成しました。隈さんが建築に一貫して盛り込んでいるコンセプトは“負ける建築”です。これは建築が自己主張するのではなく、空間との調和を意識して存在しているという意味で、この建物も外壁に木材を貼ることで存在感をあえて消し去り、表参道の並木と調和するように建てられています。


明治神宮の灯篭が見えてくると、東京メトロの表参道駅はもうすぐです。明治神宮は1920年(大正9年)に明治天皇を祀る神社として建設されました。最後に、この灯篭に刻まれた歴史を見てみましょう。表面が変色しているのがおわかりと思いますが、これは1945年(昭和20年)、第二次世界大戦末期に米軍から受けた空襲で焼け焦げたもの。空襲から高度経済成長期の東京オリンピックを経て、若者の街、そしてファッションの街へ。この灯篭はその当時のまま、街の移り変わりを見守ってきた存在なのです。何気なく歩いてしまいがちな表参道の街並みですが、これからはぜひ周囲を見渡しながら歩いてみてください。ふと細部に目を凝らしてみると、そこには街の歴史がしっかりと刻まれているのです。

あなたにおすすめ