【横浜】夏休みに家族旅行で行きたいおすすめ観光スポット22選!

じゃらんnews

2018/6/6 14:42


kazokuryoko

夏の予定はもう決めた?子供もパパもママも、どこに行こうかワクワク!今回は、7月・8月・夏休み家族旅行におすすめの、横浜おでかけスポットをご紹介!こどもの国や宇宙科学館など楽しめるスポットいっぱい!中華街グルメも!横浜で家族の思い出を残そう!

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
1.野毛山動物園
野毛山動物園出典:じゃらん 観光ガイド 野毛山動物園
\口コミ ピックアップ/
子連れで行きました。園内も広すぎず、回りやすいです。 ちょうどキリンが食事中で息子は大興奮でした。坂の上にあるので、行きは横浜駅からバス。帰りは歩きで桜木町駅がおすすめです。
(行った時期:2018年5月)

親子連れで賑わっていました。
とても良いですね。
私はネットで調べてボタンインコがいるのを知り、見たくて行きました。
動物たちが清潔な良い環境にいるのが良いです。
(行った時期:2018年3月)
野毛山動物園
住所/神奈川県横浜市西区老松町63-10
「野毛山動物園」の詳細はこちら
2.みなとみらい21
みなとみらい21出典:じゃらん 観光ガイド みなとみらい21
かつて造船所や鉄道用地で二分されていた横浜の都心部を一体化し、オフィス・商業・文化・アミューズメント・住宅などの多様な機能が集積した地区です。横浜美術館・ランドマークタワー・パシフィコ横浜・クイーンズスクエア等があり、多くの人が行き交う都市型観光地として、活気に満ちあふれています。

\口コミ ピックアップ/
みなとみらいに宿泊したのですが、5月の季節がよい頃だったので、夜の散歩を楽しみました。きれいな夜景に感動しました。
(行った時期:2018年5月)

いるだけで最高!見ているだけで最高!いつ行っても、誰と行っても、心が穏やかで優しい気持ちになります。たくさんの花や緑があり、散歩、昼寝、ランニングなどに最高の場所です。
(行った時期:2018年5月)
みなとみらい21
住所/神奈川県横浜市西区みなとみらい
「みなとみらい21」の詳細はこちら
3.横浜ランドマークタワー
横浜ランドマークタワー出典:じゃらん 観光ガイド 横浜ランドマークタワー
地上70階、高さ296mの日本一の超高層ビルは横浜のシンボル的存在です。ショッピングが楽しめるランドマークプラザが隣接する他、ホテルやホールなどが入っています。69階の展望フロア「スカイガーデン」からの景色は最高です。

\口コミ ピックアップ/
眺望もさることながら、最上階あたりのレストランは料理も景色もよく、非常にお勧めです。デートにも使えそうです。
(行った時期:2018年5月)

みなとみらいの象徴のような存在です。特に夜はライトアップされてとてもきれいでした。上階はホテルになっています。
(行った時期:2018年5月)
横浜ランドマークタワー
住所/神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1
「横浜ランドマークタワー」の詳細はこちら
4.よこはま動物園ズーラシア
よこはま動物園ズーラシア出典:じゃらん 観光ガイド よこはま動物園ズーラシア
オカピやセスジキノボリカンガルーなど、世界でも珍しい動物に出会えます。動物を世界の気候帯・地域別に分けて展示しています(アジアの熱帯林、亜寒帯の森、オセアニアの草原、中央アジアの高地、日本の山里、アマゾンの密林、アフリカの熱帯雨林)。各ゾーンは、動物、植物、人の文化を織り交ぜながら、世界の環境を演出し、地域特有の雰囲気を体感できます。ガイドツアーも実施しています。

\口コミ ピックアップ/
子供といったんですが、珍しい動物がいたりと大人でも楽しめます。
動物意外にも、遊具があったりと子供も大人も一日中楽しめました。
(行った時期:2018年5月)

オカピなるものがいて、初めて見ると面白いです。 園内は広く、晴れた日にはピクニックがてらの利用もおすすめです。
(行った時期:2018年4月)
よこはま動物園ズーラシア
住所/神奈川県横浜市旭区上白根1175-1
「よこはま動物園ズーラシア」の詳細はこちら
5.山下公園
山下公園出典:じゃらん 観光ガイド 山下公園
昭和5(1930)年に開園した山下公園は、ベイブリッジや港を行き交う船の眺めがロマンチックな公園です。数多くの記念碑などがありますが、代表的なものは米サンディエゴ市から贈られた「水の守護神像」や童謡で馴染みの深い「赤い靴はいてた女の子の像」、かもめの水兵さんの歌碑などです。

\口コミ ピックアップ/
ゴールデンウィークに遊びに行ったら、出店が沢山出ていました。お花も綺麗で景色も素敵でした。天気が良い日はのんびり、お散歩するのが◎
(行った時期:2018年5月)

みなとみらいからのんびり歩いて山下公園へ行きました!
みなとみらいから山下公園までは整備された歩道でとても歩きやすかったです!
山下公園はホントにのんびりできて、日ごろの疲れも
吹き飛びます!
(行った時期:2018年5月)
山下公園
住所/神奈川県横浜市中区山下町279
「山下公園」の詳細はこちら
6.横浜・八景島シーパラダイス
横浜・八景島シーパラダイス出典:じゃらん 観光ガイド 横浜・八景島シーパラダイス
\口コミ ピックアップ/
すごくいいです!
いろんな水族館にいきましたが、一番の水族館です!
割と有名な水族館て、少なからず魚たちが狭い水槽や濁った水槽にいて切ない気持ちになるんですが、ここは、のびのびと泳いでいてそういう気持ちはわきませんでした。
(行った時期:2018年5月)

ゴールデンウィークに行きました。天気も良かったので大賑わいでした。白イルカが綺麗なフォルムでスイスイ泳いでくれて有り難かったです。ランチは焼屋を選びました。受け付けで少し待ちましたが、すぐに座れました。サラダ、牛豚肉、焼き鳥、シーフード、カレーなど盛りだくさんでした。七輪で焼いたせいかとても美味しかったです。デザートも充実していました。お腹一杯で大満足でした。
(行った時期:2018年5月)
横浜・八景島シーパラダイス
住所/神奈川県横浜市金沢区八景島
「横浜・八景島シーパラダイス」の詳細はこちら
7.こどもの国
こどもの国出典:じゃらん 観光ガイド こどもの国
緑におおわれた約100haの広大な敷地で、のびのびと遊べます。牧場では、牛や羊にえさをあげたり、ウサギやモルモットにさわって遊べ、ポニー乗馬(2歳~小学生)の体験ができたり、乳搾り体験やバター作り教室が行われます。夏(7月中旬から8月下旬)には屋外プールがオープン。また、冬には(12月下旬~2月下旬)野外スケートリンクがオープン。ボートやいかだに乗って楽しめる白鳥湖や、サイクリングコースなどがあるほか、バーベキューも楽しめます。

\口コミ ピックアップ/
子供が大好きな場所です。
自然もあるし、元気いっぱい遊べるし、楽しんでます。
お弁当は持って行った方がいいと思います。
(行った時期:2018年5月)

遊具あり動物あり池ありでとても大きな公園。
春休みだったので人がたくさんいましたが、
広い敷地なのであまり気にならず…
夏はプール、冬はスケートが出来るとか??
いろんなイベントもしているようで
何度も行きたくなる公園です。
(行った時期:2018年4月)
こどもの国
住所/神奈川県横浜市青葉区奈良町700
「こどもの国」の詳細はこちら
8.ブタまんの江戸清
ブタまんの江戸清出典:じゃらん 観光ガイド ブタまんの江戸清
1個260gもあるビッグサイズの『ブタまん』は、豚以外にもカニやエビが入り、肉汁たっぷりでタケノコの食感も良く、忘れられない味と大きさで虜になる。他にも、『金華ハム』やフカヒレたっぷりの『金華フカヒレまん』やこだわりの『シウマイ』、『餃子』など多数取り揃えていて、HPからも注文できる。
中華街一との呼び声ボリューム満点ブタまん

\口コミ ピックアップ/
かなりのボリューム。
美味しいからと1人で食べてしまうと食べ歩きできなくなってしまう。
みんなでシェアするのが良いと思う。
(行った時期:2018年5月)

普通の豚まんと比べるとサイズも大きくて具もたっぷりなので1個でもかなりお腹いっぱいになります。味も美味しいです。
(行った時期:2018年4月)
ブタまんの江戸清
住所/神奈川県横浜市中区山下町192
「ブタまんの江戸清」の詳細はこちら
9.横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール
横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール出典:じゃらん 観光ガイド 横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール
アンパンマンの世界に入りたいというこども達の夢をかなえた参加・体験型のミュージアム。ここでしか買えないミュージアム限定のグッズやフーズがいっぱいのショッピングモールは22店!アンパンマンと仲間達がみんなを待っているよ!

\口コミ ピックアップ/
2歳になって初めてのアンパンマンミュージアムに行きました
ゴールデンウィークに行ったのでとても混んでいました
たくさん遊べて楽しそうでした
また行きたいです
(行った時期:2018年5月)

金曜日に行きましたが、それほど広くないミュージアムは混んでいるように感じました。土日だったら激混みで楽しさ半減しそうだなと思いました。アンパンマンなどのキャラクターがたくさんいて、子供はぎゅーっとしてもらったりタッチしたりと、とても嬉しそうでした。再入館が可能なので、お昼はショッピングモールのパン工場でパンを買って食べました。その後お昼寝をしてからまたミュージアムへ入り1日アンパンマンを楽しみました!
(行った時期:2018年5月)
横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール
住所/神奈川県横浜市西区みなとみらい4-3-1
「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」の詳細はこちら
10.横浜中華街
横浜中華街出典:じゃらん 観光ガイド 横浜中華街
中華レストランや中国の食材、お土産などが買える雑貨店、占いなど、約0.2平方キロのエリア内に500軒以上の店が軒を連ねる世界最大級の中華街。
神奈川県横浜市中区山下町一帯に所在し、広東・北京・上海・四川など本場の中国料理を幅広く堪能できます。
また、中華街の正門である善隣門は高さ15mで朱と金で彩られており、観光客の写真スポットとして有名で、門をくぐると中国情緒があふれています。
また、今では祝賀パレードや慶祝獅子舞(採青)などのイベントも盛大に行われ、
グルメスポットとしてだけではなく、日本を代表する観光エリアに変貌を遂げ、年間2000万人を超えるほどに。

\口コミ ピックアップ/
規模が大きくてお店がたくさん並んでいます!豚まんも店先で売られているので買ってたべあるきをしながら見て回ることができとても楽しいです!
(行った時期:2018年5月)

食べ歩きが大いに楽しめたり、コースが楽しめたり、行くメンバー、用途に殆ど対応できる場所だと思います。
店員さんも中国の人が多いので、日本語がすごく上手な人もいれば、カタコトの人もいて。
中国に留学していた友人が中華街の餃子を食べたら、本国で食べた味とそっくりで、思い出が蘇ってきたというお店もあり、日本にいながら中国の味が堪能できる場所だと思います。
(行った時期:2018年5月)
横浜中華街
住所/神奈川県横浜市中区山下町
「横浜中華街」の詳細はこちら
11.こども自然公園
こども自然公園出典:じゃらん 観光ガイド こども自然公園
\口コミ ピックアップ/
池があり釣りを楽しんだり、ふれあい動物園もありモルモットなどを抱っこできます。遊具も立派で、ローラ滑り台は大行列でした。
(行った時期:2018年4月)

とても広い敷地で、のんびり、ゆっくりと過ごせる公園です。自然も多いし、長い滑り台で子供も大喜びしていました。
(行った時期:2017年8月)
こども自然公園
住所/神奈川県横浜市旭区大池町65-1
「こども自然公園」の詳細はこちら
12.はまぎん こども宇宙科学館
はまぎん こども宇宙科学館出典:じゃらん 観光ガイド はまぎん こども宇宙科学館
「宇宙と横浜」のテーマに基づき、科学原理を応用した展示物や遊具などを配置。子どもたちが操作・体験を通して、宇宙のふしぎや科学のおもしろさを楽しく学習できます。宇宙劇場は直径23m、日本初の傾斜型ドームで、最新式のプラネタリウム、補助投影機などの映像システムと音響システムにより、臨場感あふれる宇宙体験ができます。

\口コミ ピックアップ/
洋光台駅からすぐの場所にあり、地下から5階まで遊べて科学も学べてオススメです!お昼を食べるスペースもあるので1日入られますよ!
(行った時期:2018年3月)

宇宙飛行士の訓練体験などができます!
とてもおすすめのスポットです。
夏休みの自由経験にも役立つと思います!
(行った時期:2017年8月)
はまぎん こども宇宙科学館
住所/神奈川県横浜市磯子区洋光台5-2-1
「はまぎん こども宇宙科学館」の詳細はこちら
13.横浜赤レンガ倉庫[1号館及び2号館]
横浜赤レンガ倉庫[1号館及び2号館]出典:じゃらん 観光ガイド 横浜赤レンガ倉庫[1号館及び2号館]
ライトアップ実施。港ヨコハマを代表する建築のひとつとして、特に著名。当時の最先端技術を使い、鉄と煉瓦がみごとに組み合わされた構造で、我が国の主要な煉瓦造建築のひとつである。当初は、両方とも同規模だったが、1号館は震災で壊れ、今日見るような半分の形となった。

この歴史的建造物である赤レンガ倉庫は、「文化の創造発信と賑わいの創出」をコンセプトに、1号館は自由な設定が可能なホールを持つ文化施設として、また、2号館はクラシックとモダンが渾然一体となった魅力的な商業施設として、2002年4月にリニューアルオープン。

\口コミ ピックアップ/
赤レンガ倉庫の今年のゴールデンウィークのイベントとして、ドイツフェアがやっていたので行ってきました。いろんな種類のビールや、ソーセージなど食べられてとても楽しかったです。
(行った時期:2018年5月)

GW最終日に行ったらドイツフェスをやっていました。
港には豪華客船が停泊していて、非日常の雰囲気を味わうことができました。
白馬のタクシーに遭遇し、ビックリ!!
(行った時期:2018年5月)
横浜赤レンガ倉庫[1号館及び2号館]
住所/神奈川県横浜市中区新港1丁目
「横浜赤レンガ倉庫[1号館及び2号館]」の詳細はこちら
14.横浜スタジアム
横浜スタジアム出典:じゃらん 観光ガイド 横浜スタジアム
昭和53年4月にオープンした、日本で初めての移動式観客席を備えた3万人収容の円形多目的スタジアムです。野球だけでなくコンサートなどにも広く利用されています。横浜ベイスターズのホームグランドです。

\口コミ ピックアップ/
ドーム球場や甲子園しか行ったことがないので、あまりの狭さにびっくりしましたが、上段の席でもしっかりプレーが見えるので楽しめます。
球場グルメもこだわってますし、ベイスターズのクラフトビールはオススメ!
外にある公園で球団マスコットやチアのイベントステージもあるので試合前早めに行くことをオススメします。
(行った時期:2018年5月)

数十年ぶりのハマスタ。 とてもきれいになっていました。 座席の案内、ごみの回収など働いている方々の仕事ぶりがとても良かったです!!
(行った時期:2018年5月)
横浜スタジアム
住所/神奈川県横浜市中区横浜公園内
「横浜スタジアム」の詳細はこちら
15.新横浜ラーメン博物館
新横浜ラーメン博物館出典:じゃらん 観光ガイド 新横浜ラーメン博物館
館内に昭和33年のレトロな町並みを再現し、全国選りすぐりのラーメン店が軒を連ね、ラーメン文化と歴史にスポットをあてた展示もあります。

\口コミ ピックアップ/
全国の有名ラーメン店のラーメンを一気に食べることができます。建物はレトロな内装でまるで昭和にタイムスリップしたようです。土日は行列覚悟で行ってください!
(行った時期:2018年4月)

日本全国の人気ラーメン店が一度に楽しめます。昭和30年代の街並みを再現した館内も雰囲気満点です。小さいサイズのラーメンが各店舗ともあるので、2,3件は食べ歩きできると思います。
(行った時期:2018年4月29日)
新横浜ラーメン博物館
住所/神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
「新横浜ラーメン博物館」の詳細はこちら
16.港の見える丘公園
港の見える丘公園出典:じゃらん 観光ガイド 港の見える丘公園
\口コミ ピックアップ/
すべてのお花が満開でした。
曇り空で大変過ごし易かったです。
午前中行きましたが、自動販売機の飲み物はほとんど売り切れでした。
赤い靴のバスの運転手さんが大変丁寧な対応をしていて
さすが横浜!
(行った時期:2018年5月)

ちょうど満開の時期に行ったので、朝のお散歩がてらぐるっと回りました。
公園内は薔薇の香りに包まれており、嗅覚視覚共に楽しむことができました。
犬の散歩に来ている方が多く、モデル犬をしているワンちゃんがたくさんおり微笑ましかったです。
(行った時期:2018年5月12日)
港の見える丘公園
住所/神奈川県横浜市中区山手町114
「港の見える丘公園」の詳細はこちら
17.水上バス
水上バス出典:じゃらん 観光ガイド 水上バス
みなとみらい21地区と山下公園・中華街を片道20分で結びます。運河パーク・日本丸・大さん橋発です。

\口コミ ピックアップ/
水上バスのおすすめは、夜景ですね♪
とってもきれいで、驚きました。
デートにも、いいです。
(行った時期:2017年7月)

水上バスには、感動をしてしまいました。
美しい風景が広がってました。
煌びやかな街並みにうっとりでした。
(行った時期:2017年7月)
水上バス
住所/神奈川県横浜市神奈川区金港町
「水上バス」の詳細はこちら
18.横浜マリンタワー
横浜マリンタワー出典:じゃらん 観光ガイド 横浜マリンタワー
横浜開港100周年記念事業として、1961(昭和36)年に開業。2009年(平成21)年にリニューアルオープン。全長106m。横浜港を一望できる展望台(高さ91m)は、夜景もおすすめ。その他、レストランやバー、ホール、ショップなどを併設。

\口コミ ピックアップ/
展望台に上がると工場夜景やランドマークタワーなどの高層ビル群の夜景、ベイブリッジなどの夜景が見渡せ、飽きません。今となっては、高さで驚くことはありませんが、ロケーションが良いので、素晴らしい眺めが楽しめます。
(行った時期:2018年5月)

山下公園の近くにあります。海も良く見えて景色がとてもいい。普通はエレベーターで行ってしまうけど、335段の階段で自分の足で登ることもできるらしいです。
(行った時期:2018年3月)
横浜マリンタワー
住所/神奈川県横浜市中区山下町15番地
「横浜マリンタワー」の詳細はこちら
19.ヨコハマおもしろ水族館・ヨコハマ赤ちゃん水族館
ヨコハマおもしろ水族館・ヨコハマ赤ちゃん水族館出典:じゃらん 観光ガイド ヨコハマおもしろ水族館・ヨコハマ赤ちゃん水族館
「ヨコハマおもしろ水族館」は300種・5000匹のお魚たちを「おもしろ水槽」で紹介。魚や生き物のすばらしさを発見できる「楽しめて」「笑えて」「勉強になる」今までにない水族館です。

隣接の「よしもと赤ちゃん水族館」は赤ちゃんをテーマにした約80の水槽があり、館内は幼稚園をイメージ。子供を対象にした造形で、スベリ台やジャングルジムの水槽もあります。

\口コミ ピックアップ/
ちょっと意外な場所に『ヨコハマおもしろ水族館・ヨコハマ赤ちゃん水族館』さんがあります。横浜中華街のなかにあるというのは、なかなかとないかなと。目印のオブジェも インパクト大です。
(行った時期:2017年10月)

中華街の中にある小さな水族館です。小さい子供が回れる位の大きさなので、初めての水族館などにいいと思います。小さな滑り台もあるのでオススメです。
(行った時期:2017年10月)
ヨコハマおもしろ水族館・ヨコハマ赤ちゃん水族館
住所/神奈川県横浜市中区山下町144 チャイナスクエアビル3F
「ヨコハマおもしろ水族館・ヨコハマ赤ちゃん水族館」の詳細はこちら
20.日産スタジアム(横浜国際総合競技場)
日産スタジアム(横浜国際総合競技場)出典:じゃらん 観光ガイド 日産スタジアム(横浜国際総合競技場)
収容人数7万人を誇る日本最大級のスタジアム。2002年ワールドカップサッカーの決勝戦会場として注目を集めた。ワールドカップが残したものを含め、スタジアムをくまなく体験できるスタジアムツアーがおすすめ。

\口コミ ピックアップ/
新横浜公園に遊びに来たら、日産スタジアムのほうが賑わっており、足を延ばしてみたらフリーマーケットが開催されていました。不定期に開催されているようですね!屋台等もいくつが出ていて、楽しめました。
(行った時期:2017年9月)

7万人が収容できる、県内最大のスタジアムです。
広すぎるので、びっくりします。年に何回かフリーマーケットが開催されるので楽しめます。
(行った時期:2017年8月)
日産スタジアム(横浜国際総合競技場)
住所/神奈川県横浜市港北区小机町3300
「日産スタジアム(横浜国際総合競技場)」の詳細はこちら
21.横浜人形の家
横浜人形の家出典:じゃらん 観光ガイド 横浜人形の家
世界140カ国・約1万3千体を収蔵。人形たちがそれぞれの国の風俗や習慣を楽しく伝えてくれるメルヘンの家。

\口コミ ピックアップ/
山下公園の近くにありました。世界中からたくさん人形を集めてきた感じです。子供でも大人でも楽しめる感じですが、混んではいなかったです。
(行った時期:2018年3月)

長期出張できたので色々観光したくてここにも来ましたが、海外の人形は日本にはない雰囲気のデザインが多くて見てて新鮮でした!テディベア可愛かった。
(行った時期:2017年10月)
横浜人形の家
住所/神奈川県横浜市中区山下町18
「横浜人形の家」の詳細はこちら
22.ブリキのおもちゃ博物館
ブリキのおもちゃ博物館出典:じゃらん 観光ガイド ブリキのおもちゃ博物館
おもちゃやアンティークのさまざまなアイテムのコレクターとして知られる北原照久さんが集めた1890年代から1960年代に作られたブリキのおもちゃ3000点を公開。 古い洋館を改築した建物は異国情緒たっぷりで、グッズショップではオリジナルグッズも買える。同じ敷地内には一年中クリスマスグッズが買えるクリスマストイズもある。

\口コミ ピックアップ/
山手にある北原さんのコレクションが楽しめる場所です。大きな建物ではないけれど、たくさんの懐かしい感じのおもちゃに出会えました。クリスマス関係のお店もあるので一緒に見ました。
(行った時期:2018年3月)

ブリキのおもちゃって昔ありましたね。日本古来のおもちゃ、今はどんどんなくなっていますが、このように保存することは大切ですね。
(行った時期:2017年12月)
ブリキのおもちゃ博物館
住所/神奈川県横浜市中区山手町239
「ブリキのおもちゃ博物館」の詳細はこちら

こちらもチェック!横浜のおでかけ情報
横浜観光バス「あかいくつ(バス)」 のルートを「あかいレンタサイクル」でめぐったら、超快適でした!
絶対喜ばれる!横浜のお土産おすすめ13選!お菓子やシウマイなど、外さない定番土産

※この記事は2018年6月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

当記事はじゃらんnewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ