一度は行きたい【北陸】感動絶景25選!観光やデートにおすすめ!

じゃらんnews

2019/2/12 14:34


北陸絶景

思わずため息が出てしまう、美しい風景が日本にはたくさんあります。
山々の大パノラマを楽しめる立山黒部アルペンルートや海と棚田の組合せが素敵な白米千枚田、天空の城とも呼ばれる越前大野城など、「北陸エリア」の絶景スポットを厳選してご紹介!

まだ見ぬ景色が北陸にある!ここに行けば人生観を変えるような光景に出会えるかも…。
感動せずにはいられない!おすすめ絶景スポットが勢揃い!

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

<目次>
■富山県の絶景スポットはこちら
■石川県の絶景スポットはこちら
■福井県の絶景スポットはこちら


富山県の絶景スポット
黒部ダム
黒部ダム出典:じゃらん 観光ガイド 黒部ダム
映画「黒部の太陽」で知られる、富山県黒部川上流に建設された日本を代表するアーチ式コンクリートダム。
周辺は3000m級の山々に囲まれており、四季折々の自然の表情を楽しむことができる観光地です。
6月下旬~10月中旬に限られているダムからの放水は、日本一の高さから毎秒10立法メートル以上にもなるもので、その迫力は見事の一言!
晴れた日には放水に虹がかかることもあり、その美しい眺めも人気です。
また、日本で最も高所を運行する遊覧船である「ガルベ」は黒部湖を30分かけて1周し、湖上からしか見ることのできない黒部の景色を、心地よいアルペンクルーズで満喫できます。

\口コミ ピックアップ/
放水は見られなかったのですが大きく存在感のあるダム、雪がかかった山々がキレイでした。階段が多くまた広いので歩きやすい格好がいいです。
(行った時期:2018年5月)

アルペンルートで2度おとずれました。富山ルートからと扇沢ルートからどちらも行きましたが、道中通してやはり黒部ダムの存在感は大きいです。放水も迫力があるのでぜひ放水の時に滞在することをお勧めします。
(行った時期:2017年10月)
黒部ダム
住所/富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外1
「黒部ダム」の詳細はこちら
黒部峡谷鉄道
黒部峡谷鉄道出典:じゃらん 観光ガイド 黒部峡谷鉄道
宇奈月から欅平まで全長約20km。黒部峡谷を走り抜けるトロッコ電車。黒部万年雪や出六峰、人喰岩などの景勝地やダム湖など見所も多く、訪れる人々の目を楽しませている。普通客車は窓がないオープン型で、その自然美、スリルは想像を絶するほどだ。新緑や紅葉のシーズンは特に美しく、観光客でにぎわう。

\口コミ ピックアップ/
家族で紅葉を見に行きました。トロッコ列車から眺められる雄大な景色はとても感動的で、良い写真もたくさん撮れました。電車好きの息子も大喜びでした。
(行った時期:2017年11月)

景色も良いし空気も綺麗だし、都会に住んでいるからリフレッシュになりました。トロッコ電車も楽しくて、お猿さんに逢えるのを楽しみにしていたのですが、残念ながら逢えなかったです。運が良ければお猿さんが温泉に入っているのを見れますよ。
(行った時期:2017年5月4日)
黒部峡谷鉄道
住所/富山県黒部市黒部峡谷口11番地
「黒部峡谷鉄道」の詳細はこちら
立山黒部アルペンルート
立山黒部アルペンルート出典:じゃらん 観光ガイド 立山黒部アルペンルート
富山市から長野県信濃大町まで続く道のりは「立山黒部アルペンルート」と呼ばれ、雄大な山々の大パノラマを楽しめる国際的な山岳観光ルートとなっている。立山駅からは、立山ケーブル、高原バスを乗り継いで立山室堂まで。そこから雄山登山をするのもよし、黒部ダムまで行くもよし。楽しみ方は自由自在だ。大パノラマに出会える国際的山岳観光ルート

\口コミ ピックアップ/
素晴らしい景色を楽しみに行った旅でしたが、ケーブルカー、高原バス、ロープウェイ、トロリーバスと色々な乗り物を次々乗り継いでいくのが楽しかったです。
高原バスでは耳がツーンとしましたが、まだ雪が残るとっても素晴らしい景色を楽しむことができました。
(行った時期:2018年6月10日)

夏に訪れました。遠くに見える緑の山々が非常に美しく、圧巻でした。ケーブルカーやロープウェイなど、絶景を見ながらの移動はあっという間で、もっと長く乗っていたかったです。大観峰・室堂からも絶景を臨むことができ、思わずパノラマモードで写真を撮ってしまいました。これ程の心の洗われるような絶景はなかなかありませんので、オススメです。
(行った時期:2017年8月)
立山黒部アルペンルート
住所/富山県中新川郡立山町千寿ヶ原~長野県大町市扇沢
「立山黒部アルペンルート」の詳細はこちら
みくりが池
みくりが池出典:じゃらん 観光ガイド みくりが池
室堂から歩いて10分のところにあり、北アルプスで最も美しい火山湖といわれる。周囲約630m、水深は約15m。青く澄み、伝説を秘めた湖面に3,000m級の山々の雄姿が映し出される眺めは絶景です。

\口コミ ピックアップ/
ちょうど池面の氷が溶け始め、流氷漂う海のような景色に。そして深い青色が美しくて、アルプスに映えていました。山だけでなく、こんなに標高の高い中に水があるのはいいですね。
(行った時期:2018年6月)

絵の中またはおとぎの世界に入ったかのようなはっきりした発色の景色にはすごく感動しました。暑さの中でも心地よい風と風景画のような完璧な景色に感動しました。
(行った時期:2017年8月)
みくりが池
住所/富山県中新川郡立山町芦峅寺
「みくりが池」の詳細はこちら
能登半島国定公園 雨晴海岸
能登半島国定公園 雨晴海岸出典:じゃらん 観光ガイド 能登半島国定公園 雨晴海岸
義経伝説を伝える白砂青松の景勝地。天候に恵まれれば、海越しに3000メートル級の立山連峰を望むことができる。日本の渚100選にも選ばれている。

\口コミ ピックアップ/
道の駅が整備され、駐車場も確保され便利になっていました。海岸から望む立山連峰の景色は最高!今度は冬に訪れたいです。
(行った時期:2018年5月)

晴れた日に、雨晴海岸から見る立山連峰は、とても美しいです。絵葉書にもなっている場所なので、富山に来たと実感できます。車でも氷見線でも行ける場所です。
(行った時期:2018年3月)
能登半島国定公園 雨晴海岸
住所/富山県高岡市太田
「能登半島国定公園 雨晴海岸」の詳細はこちら
室堂平
室堂平出典:じゃらん 観光ガイド 室堂平
標高2,450mの室堂平は、観光・登山の拠点として多くの観光客で賑わいます。春には高さ20mに迫る雪の壁、夏には可憐な高山植物、秋には一足早い紅葉を楽しむことができます。散策スポットも豊富で、運が良ければ「雷鳥」に会えるかも。

\口コミ ピックアップ/
駅を出た時から絶景が楽しめます。ついたときは雲がかかっていましたがだんだんと晴れてきて景色を楽しむことができました。
(行った時期:2017年9月)

紅葉の室堂平に行きました。秋晴れの青い空と、紅葉の赤、黄色の鮮やかなこと…素晴らし過ぎて、非現実的でした。人は多いが広い場所なので混雑等は気になりません。少し奥に行って、山あいに色とりどりのテントがはられたテント泊の場所も見たほうがいいです!フォトジェニック!!
(行った時期:2017年9月)
室堂平
住所/富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11国有林
「室堂平」の詳細はこちら
称名滝
称名滝出典:じゃらん 観光ガイド 称名滝
称名滝は4段から成る大滝で、落差日本一(350m)を誇ります。その水量は多い時で毎秒100トンを超えるとも言われており、国指定名勝・天然記念物に指定されているほか、「日本の滝100選」にも選ばれています。雪解け水が流れ込む春や、大雨の後には、称名滝を上回る、落差500mの「ハンノキ滝」が現れます。二つの滝がV字になって流れ落ちる様は、まさに迫力満点です。

\口コミ ピックアップ/
新緑の称名滝もいいですが、やはり紅葉シーズンは山が色づき、滝が調和して素晴らしい景色です。駐車場から少し歩きますが滝が巨大なので道中も滝の景色を楽しめます。
(行った時期:2017年10月)

最初は行く予定がなかったのですが、時間があるし行ってみようか位に思っていたのですが…行って良かったです。
雨の翌日だったせいもあり、滝が2本になり、迫力ありました。虹もかかって綺麗でした。
バスを降りてから結構歩きましたが、それでも行く価値ありでした。
(行った時期:2017年7月)
称名滝
住所/富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11国有林
「称名滝」の詳細はこちら
菅沼合掌造り集落
菅沼合掌造り集落出典:じゃらん 観光ガイド 菅沼合掌造り集落
旧上平村のほぼ中央、庄川の流れが方向を変える地点の右岸に広がる小さな集落。合掌造り家屋9棟をはじめ、土蔵や板倉などの伝統的な建物、雪持林や茅場などの山林をも含めた地域が史跡に指定されているため、観光地化されていないのが魅力。数百年前にタイムスリップしたかのような不思議な感覚を味わえます。「南砺市世界遺産菅沼合掌造り集落展望広場」から集落を一望すると、素朴でのどかな景観に心が和むことでしょう。また、集落内には江戸時代の主産業を伝える「塩硝の館」や「五箇山民俗館」があり、五箇山の歴史と伝統を学ぶこともできます。
国指定 史跡 昭和45年12月4日指定 上平地域
重要伝統的建造物群保存地区 平成6年12月21日選定
世界文化遺産 平成7年12月9日登録

\口コミ ピックアップ/
歴史を学ぶ施設もありました。景色と家屋がとても魅力なところです。季節を変えて、時間を変えてまた訪れたいです。
(行った時期:2017年10月)

世界遺産「五箇山:菅沼合掌造り集落」には、9戸の合掌造りが現存します。
集落には庄川が流れ、田んぼがあり、茅葺屋根が点在する、のどかな日本の原風景です。
展望広場からは集落が一望できます。
冬のライトアップイベントに行ってきました。
夜空に浮かびあがる合掌家屋は幻想的で美しく、感動しました。
(行った時期:2015年2月)
菅沼合掌造り集落
住所/富山県南砺市菅沼
「菅沼合掌造り集落」の詳細はこちら


石川県の絶景スポット
千里浜なぎさドライブウェイ
千里浜なぎさドライブウェイ出典:じゃらん 観光ガイド 千里浜なぎさドライブウェイ
日本で唯一、約8キロにわたって砂浜を車で走ることができる千里浜なぎさドライブウェイ。天気のよい日は爽快にドライブできます。

\口コミ ピックアップ/
車で砂浜を走行できるドライブウェイです。
夕日が非常にきれいです。
車は海のすぐそばまで行け、写真を撮影している人も多くいます。
走行途中に海の家があり、食事も楽しめます。
お勧めのドライブウェイで、リピーターになってます。
(行った時期:2018年6月)

波打ち際をバイク、クルマで走行できます。景色がとてもいいです!夕日が沈む頃は最高です。ロマンチックです。
(行った時期:2018年2月)
千里浜なぎさドライブウェイ
住所/石川県羽咋郡宝達志水町(羽咋市)
「千里浜なぎさドライブウェイ」の詳細はこちら
白米千枚田
白米千枚田出典:じゃらん 観光ガイド 白米千枚田
道の駅輪島ふらっと訪夢から曽々木へ向かう途中の白米に千枚田がある。山すその急斜面をモザイクのように切り開いた,小さな水田群。耕運機が使えず,すべて手作業というのには驚く。能登に生きる人々のたくましさがうかがえる。冬には2万個の太陽光発電LEDを設置するイルミネーションイベント「あぜのきらめき」が開催されます。

\口コミ ピックアップ/
世界農業遺産に認定されている風景で海の青と棚田の緑のコントラストがとても綺麗です。
季節限定でイルミネーションも楽しめます。
(行った時期:2018年5月)

夕方は大変な混雑だったので翌日朝6時に行きました。逆光になるのが難点ですが、ゆっくり棚田の中を散策できました。海と棚田の組み合わせはまさに絶景です。季節を変え再訪したいと思います。
(行った時期:2018年5月)
白米千枚田
住所/石川県輪島市白米町
「白米千枚田」の詳細はこちら
白山
白山出典:じゃらん 観光ガイド 白山
御前,大汝,剣ケ峰を主峰とする国立公園で古くから信仰登山が盛ん。別当出合から4時間30分。

\口コミ ピックアップ/
標高約2700メートルの山です。初心者にはややキツイかもしれませんが、景色も良くてとても気持ちが良かったです。
(行った時期:2018年5月)

白山は日本百名山のひとつです。紅葉シーズンには素晴らしい紅葉も楽しめます。道もしっかりしているので、登山初心者の方でも楽しい登山を味わえるかと思います。
(行った時期:2017年10月)
白山
住所/石川県白山市尾口/白峰
「白山」の詳細はこちら
巌門
巌門出典:じゃらん 観光ガイド 巌門
老松が生い茂る岩にぽっかりと空いた穴が特徴。これは、日本海の荒波により長い年月をかけて浸食されたもので、巌門は日本海の波の力強さと、能登の自然の厳しさを象徴する能登金剛の代表的な存在。遊覧船も運航しており、海上から眺める奇岩は圧巻。
周辺には千畳敷の岩場や塔状の鷹の巣岩などがある。

\口コミ ピックアップ/
能登金剛センターの駐車場から歩いてすぐの場所にありました。洞窟や階段もあるため、ヒールのある靴は避けた方が良いかもしれません。しかし、思っていた以上に素敵な風景があり、楽しかったです。
(行った時期:2018年4月)
巌門
住所/石川県羽咋郡志賀町富来牛下
「巌門」の詳細はこちら
見付海岸
見付海岸出典:じゃらん 観光ガイド 見付海岸
能登のシンボルとして有名な「見附島」が眼前に迫ります。その形が似ていることから、別名「軍艦島」とも呼ばれています。周辺には海水浴場、野営場、レストハウス、国民宿舎などがあります。

\口コミ ピックアップ/
周囲には公園と幸せの鐘があり、鐘をつくと幸せになれるようで、観光客が常時鳴らしていました。景色も素晴らしいです。
(行った時期:2018年7月)

海岸からのぞむ、沖合の「見附島」はとても素晴らしい景色でした。別名「軍艦島」といわれるように、軍艦のような姿をしており、とても印象的な姿でした。
(行った時期:2017年10月)
見付海岸
住所/石川県珠洲市宝立町鵜飼
「見付海岸」の詳細はこちら
手取峡谷
手取峡谷出典:じゃらん 観光ガイド 手取峡谷
手取川の中流釜清水から河原山までの約8kmの流れに不老峡,黄門橋などの景勝が続く。

\口コミ ピックアップ/
夏場でも割と涼しくて、とてもロケーションのよい景勝地ですね。マイナスイオンたっぷりで清々しくて癒されました。
(行った時期:2017年9月)

階段を降りなければ辿り着けませんが、とても美しい風景がそこにはあります。夏に行きましたが、涼しくて気持ちよい場所です。
(行った時期:2017年7月)
手取峡谷
住所/石川県白山市吉野谷/鳥越
「手取峡谷」の詳細はこちら
獅子吼高原
獅子吼高原出典:じゃらん 観光ガイド 獅子吼高原
標高650mの高原へゴンドラで5分。ハイキングやキャンプ,スノーボード,パラグライダーと幅広く親しまれている。

\口コミ ピックアップ/
ゴンドラから見える景色も素晴らしいですし、自然が豊かでリフレッシュ出来ます。パラグライダーの体験がおすすめです。
(行った時期:2017年9月)

ロープウェイで頂上まで登れますがその時の景色が最高です。冬季以外のシーズンは頂上まで行って散歩するのも楽しいです。レストランもやっています。
(行った時期:2017年5月)
獅子吼高原
住所/石川県白山市八幡町
「獅子吼高原」の詳細はこちら
禄剛崎
禄剛崎出典:じゃらん 観光ガイド 禄剛崎
海岸段丘の岬で能登半島の最先端。岬自然歩道が通り、先端には「日本の灯台50選」にも選ばれた白亜の「禄剛埼灯台」が立っています。晴れた日には、遠く立山連峰や佐渡島を望むことができます。また、ここは海から昇る朝日と海に沈む夕日が同じ場所で見られることで有名です。そして崖下は千畳敷と呼ばれる岩場で、無数の細かい溝が平行に走り、自然が作り出した洗濯板のように見えます。

\口コミ ピックアップ/
道の駅「狼煙」より急な坂道を登っていくと、そのつらさを吹き消すような絶景が広がります。白い灯台青い海。必見ですよ。
(行った時期:2018年6月15日)

道の駅から10分ほど登れば灯台に着いたので思っていたよりも近くて安心しました。登っている途中も振り返ると高いところから景色を眺められたので楽しかったです。能登半島の最北端に行きたくて禄剛崎についたときは感動しました。
(行った時期:2017年11月)
禄剛崎
住所/石川県珠洲市狼煙町
「禄剛崎」の詳細はこちら
珠洲岬(聖域の岬)
珠洲岬(聖域の岬)出典:じゃらん 観光ガイド 珠洲岬(聖域の岬)
聖域の岬は714年出雲の国引きの神話にも登場する能登半島最先端の地で、これまで誰も辿り着くことすらできなかった神秘の岬。日本三大パワースポットの一つにも数えられ、国内外の観光客から人気を集めている。平成26年8月にはパワーホール洞窟内へも歩いて行ける遊歩道「青の洞窟」が整備された。

\口コミ ピックアップ/
能登半島最先端の岬。崖の上に海へ張り出す展望台がありそこから眺める景色は海や空など解放感があり絶景でした。
(行った時期:2018年6月)

こんなに深みのある濃い青色の海は初めてでした。水平線がくっきりとしていて空とのコントラストが素晴らしかった。
(行った時期:2018年4月)
珠洲岬(聖域の岬)
住所/石川県珠洲市三崎町寺家10-11
「珠洲岬(聖域の岬)」の詳細はこちら


福井県の絶景スポット
東尋坊
東尋坊出典:じゃらん 観光ガイド 東尋坊
日本海に突き出した柱状の断崖が1km余も続く奇観で、輝石安山岩の柱状節理という地質学上にも珍しい奇岩。国の名勝・天然記念物に指定されており、断崖上に荒磯遊歩道(約4km)が続いている。また、すぐ下から観光遊覧船が運航しており、海上から眺める東尋坊もひと味違った見ごたえがある。

\口コミ ピックアップ/
絶景がみたくて訪れました。波は穏やかでしたが、足場はゴツゴツしていてスリルあります。遊覧船もあり、周囲にはお店も多いので楽しめます。
(行った時期:2018年7月)

初めて行ったんですが、断崖絶壁から見る景色は想像以上によかったです。天気がいい日だったので海も綺麗に見えて良かったです。ソフトクリームも沢山種類があり、これからの季節にはいいと思います。
(行った時期:2018年5月)
東尋坊
住所/福井県坂井市三国町
「東尋坊」の詳細はこちら
越前海岸
越前海岸出典:じゃらん 観光ガイド 越前海岸
自然の岩礁断崖の景観

\口コミ ピックアップ/
東尋坊で素晴らしい自然景観を楽しんだ後、日本海の海岸線を南下すれば、素晴らしい夕暮れに出会えるかも知れないと期待しながら車を走らせたところ、時間の経過とともに、陽が西に沈んでいく様子と越前海岸の景勝がマッチして、分単位で様々な姿を見せてくれたことに感激しました。越前海岸のドライブがこんなに素晴らしいものだったのかと、感慨深く味わうことができました。
(行った時期:2018年5月)

夏も冬もこの海はいいですね!夕日のタイミングに合えば最高。泳いで良し、眺めて良し、周辺で食べる海の幸良しのエリアです。毎年訪れています。
(行った時期:2018年2月5日)
越前海岸
住所/福井県丹生郡越前町
「越前海岸」の詳細はこちら
瓜割の滝
瓜割の滝出典:じゃらん 観光ガイド 瓜割の滝
「水の森」ともいわれる天徳寺境内奥の森では,湧水が斜面に沿って滝のように流れ落ちている。柵内の岩の割れ目から湧き出す水量は,一日4500t。水温は12度。冷たい水で瓜が自然に割れたという故事からその名がつけられた。水道水の質が良くない滋賀や京都の人たちは,一日かけて車で訪れ,隣近所の分までまとめて汲んでいく。ミネラルが豊富に含まれた湧水のため,水割りや冷やっこが一味違うと評判。湧出口付近では,この湧水の中でしか育たない,珍しい紅藻が付着するため,石は紅色に染まって見える。全国名水百選。

\口コミ ピックアップ/
とにかく素晴らしい景色で、美しい自然に圧倒されました。外国からの観光客も多く、皆満足しているようでした。是非また訪れたいです。
(行った時期:2018年4月)

初めて訪れましたが、滝が優雅で、大変風情があり、本当に良かったです。マイナスイオンもたっぷり出ていて大変癒されました。また機会があれば是非とも訪れたいスポットです。
(行った時期:2017年11月)
瓜割の滝
住所/福井県三方上中郡若狭町天徳寺
「瓜割の滝」の詳細はこちら
かずら橋
かずら橋出典:じゃらん 観光ガイド かずら橋
足羽川渓谷にかかる木の吊り橋。水面からの高さは約12m、独特の揺れがあり思わず足がすくむ。近くには緑色の桜「御衣黄」(5月上旬)やシャクナゲの花(5月中旬)を楽しめる庭園、山の緑を楽しめる遊歩道があり、新緑から夏の涼み紅葉までと季節の移り変わりを楽しめる。

\口コミ ピックアップ/
近くの冠温泉の泉質が最高なので、何度か訪れているのですが、かずら橋を見るのは2回目です。
渡るのには料金がかかるのですが、見るだけでも見ごたえはあります。
下を流れる川の流れも清々しいです。
私は秋がオススメですが、新緑の季節も素敵だと思います。
(行った時期:2017年11月)

足がすくみました。
子どもは怖がらずとことこ歩いていましたが。
景色はすごく良いので余裕のある方は景色を楽しんだり美味しい空気をあじわってみてください。
(行った時期:2017年6月)
かずら橋
住所/福井県今立郡池田町志津原
「かずら橋」の詳細はこちら
九頭竜湖
九頭竜湖出典:じゃらん 観光ガイド 九頭竜湖
高さ128m、幅355mという巨大な人造湖で、青森県の十和田湖に匹敵する大きさを誇る。このダムは、土や岩を幾重にも積みあげるロックフィル式という建設当時の日本では珍しい工法で造られている。エメラルド色の水を湛える湖畔は桜の名所としても有名で、春には約1万本の桜が水面をピンクに染める。珍しい工法で造られた巨大な湖にビックリ!

\口コミ ピックアップ/
ロックフィル式という岩石を積み上げた九頭竜ダムによって造られた広大な人造湖です。この時期は、新緑がとても綺麗で鮮やかでした。穏やかな天候だったので、水面に映る景色が見られました。ただ、工事中で、ダムを渡れなかったのが残念。
(行った時期:2018年5月)

とてもキレイで湖に景色が映ります!
行った時は、紅葉はまだでしたが、ドライブに最適です!
しかし道中は、ドライブイン以外、お店がありません(泣)
買い物やトイレにご注意を!
(行った時期:2017年10月)
九頭竜湖
住所/福井県大野市長野
「九頭竜湖」の詳細はこちら
水島
水島出典:じゃらん 観光ガイド 水島
敦賀半島の先端に浮かぶ小さな無人島で、透明度の高い水質と白砂が魅力的なビーチです。
海水浴期間中、毎日運航している渡し舟に乗って島に渡ります。(渡し舟は、別途料金が必要となります。荒天時欠航する事があります。)
岩場もあるのでマリンシューズを持っていくと良いです。

\口コミ ピックアップ/
水が本当にキレイ!小さい子連れでしたので、さっと行って帰っただけですが、浅瀬で楽しめるスペースが十分にありました。平日に行ったので空いていましたが、休みで混むとすこし窮屈かもしれません。
(行った時期:2017年7月)

若狭方面旅行中、なんの予備知識もないまま行きましたが、正直、日本海にこのようなとこがあるとは思わなかったので、かなり驚きでした。あまりに綺麗なので、ぼーっとしながら何時間でもいれそうです。
(行った時期:2016年10月)
水島
住所/福井県敦賀市色浜
「水島」の詳細はこちら
越前大野城
越前大野城出典:じゃらん 観光ガイド 越前大野城
標高249mの亀山を利用して造られた平山城の跡。金森長近が1575(天正3)年から4年がかりで築城したもので,当時は2層3階の大天守閣を中心に,小天守閣。天狗書院の3つの大きな櫓が立ち並ぶ壮大なものだったといわれるが,江戸時代後期に焼失し,現在は1968(昭和43)年に再建された天守閣と天狗書院,野面積みの石垣が往時を偲ばせる。一帯は眺望のよい史跡公園として整備されている。◎金森長近(1524-1608)安土桃山時代の武将。織田信長臣。朝倉氏滅亡,一向一揆討伐ののち,大野城主に任ず。要仲素玄と号し一家の茶系を立つ。◎土井利忠(1811-68)江戸生れ。大野七代藩主。藩政を大改革し,軍制の改革,洋式船建造,蝦夷地開拓,病院の創設などで著名。ことに洋学振興に努力し,多くの洋書を翻訳出版した。

\口コミ ピックアップ/
山道は結構大変でしたが、道のりは整備されていて、上りやすかったです。登り切った後の絶景は見事でした。
雲海の大野城はどこから見えるのかな?一度見てみたいですね。
(行った時期:2018年5月1日)

福井駅から遠かったです。
遠かっただけに、雪の越前大野城を見た時は、
あまりの美しさに言葉が出ませんでした。
行った甲斐がありました。
(行った時期:2017年12月)
越前大野城
住所/福井県大野市城町3-109
「越前大野城」の詳細はこちら
門ケ崎
門ケ崎出典:じゃらん 観光ガイド 門ケ崎
敦賀半島先端の西側に位置し、日本海に突き出した断崖絶壁です。岩盤が露出し、波の浸食や風化により複雑な幾何学模様を織り成し、勇壮な景観を造りだしています。特に岬の先端部分にある高さ30mの2列の石柱と波浪により生じた海食洞が特徴で、海上から眺めると「門ヶ崎」の名のとおり門のような景観がみられます。

\口コミ ピックアップ/
断崖絶壁の景勝地です。
遊歩道も整備されていて、潮風を肌に感じることができます。
荒波が、岩に当たる様子は日本海を象徴するような光景です。
(行った時期:2010年10月23日)
門ケ崎
住所/福井県敦賀市白木
「門ケ崎」の詳細はこちら

※この記事は2018年7月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

当記事はじゃらんnewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ