一度は行きたい【中国】感動絶景25選!観光やデートにおすすめ!

じゃらんnews

2018/8/3 15:40


170804_中国エリア

思わずため息が出てしまう、美しい風景が日本にはたくさんあります。
山陰の松島と呼ばれる浦富海岸や弁天島と海の組み合わせが素敵な稲佐の浜、山頂からの景色が雄大な鷲羽山、神秘的な別府弁天池など、「中国エリア」の絶景スポットを厳選してご紹介!

まだ見ぬ景色が中国地方にある!ここに行けば人生観を変えるような光景に出会えるかも…。感動せずにはいられない!おすすめ絶景スポットが勢揃い!

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

<目次>
■鳥取県の絶景スポットはこちら
■島根県の絶景スポットはこちら
■岡山県の絶景スポットはこちら
■広島県の絶景スポットはこちら
■山口県の絶景スポットはこちら


鳥取県のおすすめ絶景スポット
浦富海岸
浦富海岸出典:じゃらん 観光ガイド 浦富海岸
山陰の松島。変化に富んだ奇岩・岩礁の多い海岸。国指定名勝及天然記念物,海中公園。海上遊覧も可。

\口コミ ピックアップ/
綺麗な海と砂浜が広がっています。浦富海岸の端は岩場になっていますが、そこから先も絶景の連続です。ゆっくり散策が楽しめます。
(行った時期:2018年7月)

波が高い為、遊覧船は欠航に。車で景勝地を廻りましたが、すばらしい景色でした。あいにくの曇りだったので、天気が良かったらもっと海が青く、きれいに見えたんだろうなーと思います。
(行った時期:2018年6月)
浦富海岸
住所/鳥取県岩美郡岩美町大字浦富
「浦富海岸」の詳細はこちら
風紋・砂簾
風紋・砂簾出典:じゃらん 観光ガイド 風紋・砂簾
鳥取砂丘で見られる。風によってできるさざ波模様と砂が急斜面の重みで落下してできるすだれ状の模様。

\口コミ ピックアップ/
風できれいに砂が波打ってできたものですが、自然が作り出した造形とは思えないほど人工的な雰囲気で見ごたえがあります。
(行った時期:2018年3月)

冬の鳥取砂丘は初めてでしたが、天気が良く楽しく散歩できました。風紋を初めて見ましたが、不思議な何とも言えない魅力的な光景でした。
この時期は観光客も少なく、ゆっくり歩いて、写真もとりやすいのでお薦めです!
(行った時期:2017年12月)
風紋・砂簾
住所/鳥取県鳥取市浜坂・(福部村湯山)
「風紋・砂簾」の詳細はこちら
白兎海岸
白兎海岸出典:じゃらん 観光ガイド 白兎海岸
大黒様と因幡の白うさぎで知られる海岸。白い砂浜が弓なりに連なり、海中に浮かぶ島は白兎が渡ったという淤岐ノ島(おきのしま)。島の近くの点々と続く黒い岩礁は、神話どおりワニザメに例えられている。「恋人の聖地」として新たな観光スポットにもなっており、遊歩道で繋がる海岸西側の気多ノ前の展望広場には、愛の鐘、白兎のお告げ箱などが整備され白兎神社、道の駅「神話の里白うさぎ」とともに多くの観光客が訪れる。また、付近のハマナス群落は自生地の南限地帯として、国の天然記念物に指定。

\口コミ ピックアップ/
白兎神社の目の前。大きなお土産やさんもあって、広い歩道橋で海岸に直結。
日本海の迫力を感じられるのは冬がお勧めですが、勿論夏も最高だと思います。
(行った時期:2018年1月)

とても景色が良く、綺麗な海と砂浜です。
道沿いにあり、車を停めて海へ降りる観光客も多くドライブついでに立ち寄るにはすごくオススメです。
(行った時期:2017年5月)
白兎海岸
住所/鳥取県鳥取市白兎
「白兎海岸」の詳細はこちら
三佛寺投入堂
三佛寺投入堂出典:じゃらん 観光ガイド 三佛寺投入堂
役の行者が法力で岩屋に投げ入れたと言われるお堂でこの名前がついた。断崖に建つ姿は荘厳。本尊が蔵王権現であることから「蔵王殿」と呼ばれていた。

\口コミ ピックアップ/
私のように登れない者も下にある遥拝所から拝めます。ここからでもありがたさと凄さは分かります。
体力に自信のある方は実際に登られる事をオススメします。確か2人以上でないと入山できなかったような気がします。
(行った時期:2018年1月)

人生に一度は見ると良いかも。
往復2時間強で登れます。上りきったときの景色は圧巻です。ただ斜面がほぼ直角なところが何箇所かあります。ちゃんと服装は登山用で、靴も普通のスニーカーでなく、ちゃんと靴裏がトレッキングシューズのように凹凸があるものでないと登れないみたいです。
(行った時期:2017年9月)
三佛寺投入堂
住所/鳥取県東伯郡三朝町三徳
「三佛寺投入堂」の詳細はこちら
大山
大山出典:じゃらん 観光ガイド 大山
連峰の総称「大山」。その姿は「伯耆富士」と呼ばれ、優雅さや、ときにそそり立つ絶壁が荒々しさを見せてくれる。山頂付近には天然記念物のキャラボクが自生しており、高山植物や野鳥の宝庫でもある。登山はもちろん、春の山菜狩り、夏のキャンプ、秋の紅葉、冬のスキーと、四季折々の魅力が楽しめる。見る方角によりその姿を変える中国地方の最高峰

\口コミ ピックアップ/
午前中は頂上に雲がかかっていましたが、昼頃雲が取れて、全景をきれいに見ることができました。富士山のように美しい姿に感激しました。
(行った時期:2018年7月)

標高750mまで車で行けますが、道もカーブも少なく、そんなに上っている感覚がありません。下界の景色も良く、夜は冷え込みますが夜景が素晴らしく、満天の夜空も最高でした。また、行きたいです。
(行った時期:2018年5月21日)
大山
住所/鳥取県西伯郡大山町大山
「大山」の詳細はこちら


島根県のおすすめ絶景スポット
隠岐国賀海岸
隠岐国賀海岸出典:じゃらん 観光ガイド 隠岐国賀海岸
西ノ島の西海岸一帯で,変化に富んだ大規模な海蝕崖が続く。摩天崖・通天橋・明暗の岩屋など奇勝が多い。とくに摩天崖は257mの高さで垂直にそそり立つ。断崖の上部は一面緑の草地で牛馬が放牧されている。

\口コミ ピックアップ/
家族旅行で訪れました。絶海の孤島と言われ、市販のガイドブックにもあまり詳しい情報がない隠岐ですが、そのままの自然な美しさは圧巻でした。天気の良い日は海がとてもきれいに見えます。
(行った時期:2018年4月)

海岸線の絶景に心を奪われました。
一緒に行った彼女も景色のすばらしさに大満足!
楽しい旅を満喫しました。
何度でも来て観たい景色です。
(行った時期:2018年4月26日)
隠岐国賀海岸
住所/島根県隠岐郡西ノ島町大字浦郷
「隠岐国賀海岸」の詳細はこちら
稲佐の浜
稲佐の浜出典:じゃらん 観光ガイド 稲佐の浜
国譲りの神話で有名な海岸で,「神迎え」の神事が行われるところ。

\口コミ ピックアップ/
出雲大社の西にある海岸。
浜辺にある巨大な岩と鳥居がインパクトあります。
稲佐の浜の砂浜を出雲大社の御本殿奥にある素鵞社に納めて、清められた砂を持ち帰りました。
自宅の庭にまくと厄除けになるそうですよ。
(行った時期:2018年4月)

晴天の午前中に訪れました。海水浴シーズンは終わっていたので人も少なかったのですが途切れることなく入れ替わりでみなさんいらしてました。波が案外強く感じました。弁天島と海の組み合わせはなかなかの風景でした。
(行った時期:2017年9月)
稲佐の浜
住所/島根県出雲市大社町
「稲佐の浜」の詳細はこちら
出雲日御碕灯台
出雲日御碕灯台出典:じゃらん 観光ガイド 出雲日御碕灯台
基礎上43.7m・海面から63mで石積み灯台としては日本一の高さと言われている。

\口コミ ピックアップ/
灯台の下からの景色も良かったけど、頑張って灯台の中の163段の階段を上がりました。お天気も良くて上からの景色(360度)は絶景でした。
(行った時期:2018年5月)

灯台は高く、登るのはとても大変でしたが展望台からの景色を見ると疲れを忘れるほど感動しました。崖と日本海の絶景に目を見張りました。一見の価値はあります。
(行った時期:2018年2月)
出雲日御碕灯台
住所/島根県出雲市大社町日御碕
「出雲日御碕灯台」の詳細はこちら
壇鏡の滝
壇鏡の滝出典:じゃらん 観光ガイド 壇鏡の滝
那久川の上流に弊風のような岩盤の中央に壇鏡神社の社殿があり、その左右に高さ50mの雄滝と40mの雌滝が流れ落ちる。向かって右側が雄滝、左側が雌滝で社殿の横を通って雄滝の後ろへ回ることができ、そこからの眺めも壮観である。駐車場には「壇鏡の夫婦杉」がそびえ立ち、鳥居をくぐり滝まで続く参道は、杉並木の静かな空間が続く。また、壇鏡神社の例祭として佐山牛突場で行われる八朔大会では、勝負の水として使われる。

\口コミ ピックアップ/
行く道中に立派な杉がたくさん。
まずそこで感動。
そして滝
表からも裏から見てもステキな滝。
雨の日や雨の後は滑りやすいので注意が必要。
(行った時期:2017年11月)

鳥居をくぐると両脇に大きな杉の木が連なって生えており、太陽の日差しを遮ってくれているので、滝の近くまで歩いていても涼しかったです。天気の良い日が続いていたため、滝の水量は少なかったです。滝の隣には神社もありました。とても神秘的で、気持ちの良い所だったので、また来ようと思います。
(行った時期:2017年7月)
壇鏡の滝
住所/島根県隠岐郡隠岐の島町那久
「壇鏡の滝」の詳細はこちら
津和野城址
津和野城址出典:じゃらん 観光ガイド 津和野城址
13世紀後半に築城された当初は原始的な山城だったが、17世紀初頭城の守備強化に迫られた坂崎出羽守によって石垣づくりが行われました。山頂に石垣を築いた城というのは全国でも珍しく、文部省指定の史跡となっています。城跡からは津和野町が一望できます。別名「三本松城」とよばれています。

\口コミ ピックアップ/
ロープウェーを降りてから、かなり歩きますよ!平たくない段差の大きい石の階段や、土に埋もれた段を登り、ようやく到着します。
景色の美しいこと!ふうふう言いながら登る価値ありでした!
(行った時期:2017年11月)

国の史跡に指定されてるほか、日本100名城にも選定されている城跡です。城跡からは津和野町が一望でき絶景でした。
(行った時期:2017年9月)
津和野城址
住所/島根県鹿足郡津和野町後田
「津和野城址」の詳細はこちら


岡山県のおすすめ絶景スポット
蒜山高原
蒜山高原出典:じゃらん 観光ガイド 蒜山高原
大山隠岐国立公園内にある、なだらかな高原。ジャージー牛が放牧地に放牧され、そののどかな風景が多くの人に魅力をあたえ、岡山県下有数の観光地となっている。蒜山三座南麓。景観は雄大。

\口コミ ピックアップ/
自然豊かな素晴らしい場所です。
春にはお花が咲き乱れ、乗馬もできます。
夏は涼しくサイクリングも楽しい♪
秋は紅葉も美しく、冬はスキーができます。
食べ物も、ジャージー牛乳製品の数々、
蕎麦やジンギスカン、トウモロコシや蒜山大根…。
子供からお年寄りまでゆっくり楽しめる所です。
(行った時期:2017年10月)

ここは、本当に避暑に最適。
何より嬉しいのは道路と別にサイクリングロードが整備されている事。
旅行でサイクリングをするたび、思い切り自転車をこぐ息子達に後ろから
「車が来てる!危ないーー」ともう気が気では有りませんでしたが、ここは
完全に道路と分かれているので、本当に安心してサイクリングが楽しめます。
また、塩釜の湧水のアイスコーヒーも最高。
(行った時期:2017年8月)
蒜山高原
住所/岡山県真庭市川上・八束
「蒜山高原」の詳細はこちら
鷲羽山
鷲羽山出典:じゃらん 観光ガイド 鷲羽山
2004年に国立公園指定70周年を迎えた瀬戸内海国立公園の代表的な景勝地、鷲羽山では瀬戸大橋児島坂出ルートを一望することができます。 海抜133mの山頂「鍾秀峰」からは波静かな海上に点在する大小50余りの多島美と雄大な瀬戸大橋の姿を存分に楽しむことができます。

\口コミ ピックアップ/
海に架かっているような、空に架かっているような橋の全景が見られます。
遥か向こうの讃岐ののんびりした山々がとてもかわいらしく、向こうは天国?なんて思いました。
(行った時期:2018年5月)

鷲羽山は何ヵ所も展望台があり、それぞれから海と瀬戸大橋の綺麗な景色を眺めることができます。
駐車場もたくさんあります。夕方の時間は、夕焼けが綺麗でまた違った景色を楽しめます。
(行った時期:2017年10月)
鷲羽山
住所/岡山県倉敷市下津井田之浦
「鷲羽山」の詳細はこちら
神庭の滝
神庭の滝出典:じゃらん 観光ガイド 神庭の滝
神庭川に懸る西日本一の名瀑。黒光りのする岩盤と純白の水しぶきが神秘的である。国の名勝地,県立自然公園に指定され特に新緑と紅葉が美しい。

\口コミ ピックアップ/
あまり期待せずに行ったら、思いのほかいい所でした。
入場料は入りますが、景色も綺麗で滝も迫力がありました。
入り口から少し歩きますが自然を感じることができ、とても癒されました。
(行った時期:2018年5月)

滝に到着するまで森林浴。緩~い登り坂が少しツラかったですが、滝の目の前で水しぶきを浴びるととても気持ちよかったです。紅葉の時期も良さそうだなと思いました。
(行った時期:2017年8月)
神庭の滝
住所/岡山県真庭市神庭640
「神庭の滝」の詳細はこちら
満奇洞
満奇洞出典:じゃらん 観光ガイド 満奇洞
岡山県指定天然記念物。高梁川上のカルスト台地の鍾乳洞。洞内に広大な清水の池をもつ。水に映る石筍群や鍾乳石が夢のよう。 満奇洞の名前の由来は昭和4年にこの地を訪れた歌人与謝野晶子が「奇に満ちた洞」と詠んだことから言われるようになった。

\口コミ ピックアップ/
入り口が狭いので、狭い細い洞窟かなと思ったら中は広めの空間でした。
棚田みたいな鍾乳石や幻想的なライトアップなど楽しめました。
(行った時期:2018年4月)

岡山の新見近辺には有名な鍾乳洞が何点かありますが、今回は満奇洞を訪れました。中に入るとひやりとして気持ちよく、神秘的な鍾乳洞が広がっています。ライトアップがとても綺麗で幻想的な雰囲気をかもし出していました。
(行った時期:2017年5月)
満奇洞
住所/岡山県新見市豊永赤馬2276-2
「満奇洞」の詳細はこちら
王子が岳
王子が岳出典:じゃらん 観光ガイド 王子が岳
玉野市西端に位置し,一帯は花崗岩の巨岩・奇岩がユニークな景観を見せる瀬戸内海国立公園内の景勝地。標高234.5mの山頂付近には、パークセンター,野外ステージ,休憩舎,遊歩道等が整備されており,美しい瀬戸内海が見渡せる。パラグライダーのフライト地としても有名である。

\口コミ ピックアップ/
駐車場から少し登ると、展望台があります。ここからの見晴らしはとても良く、瀬戸大橋や瀬戸内の島々等の絶景を見ることができます。また、手前の山に目を移すと、ニコニコした横顔に見える岩など面白い形の岩をいくつも見ることができます。なかなか他にはない景色だと思います。展望台には休憩所やトイレもありました。
(行った時期:2017年8月)

展望台からの景色がとても綺麗です。天気が良ければ高松まで見ることができます。駐車場や展望台の周辺にはかわいい野良猫がたくさんいます。車がなくてもハイキング道が整備されているのでハイキングしてみるのもいいかもしれません。
(行った時期:2016年9月)
王子が岳
住所/岡山県玉野市渋川4丁目地内
「王子が岳」の詳細はこちら
岡山後楽園
岡山後楽園出典:じゃらん 観光ガイド 岡山後楽園
\口コミ ピックアップ/
さすが三大庭園の一つ。思っていたよりも広くて綺麗に整備されていました。
新緑が美しい時期にいったので、緑も風も心地よく1時間くらい散策でしました。
夕暮れからのライトアップされた岡山城をバックに写真を撮っている人が沢山いました。
(行った時期:2018年5月5日)

岡山一の観光名所である名庭の後楽園です。
広大な敷地に日本庭園が広がり見応えがあります。特にライトアップの時期は幻想的になって良いです。
(行った時期:2015年11月)
岡山後楽園
住所/岡山県岡山市北区後楽園1-5
「岡山後楽園」の詳細はこちら


広島県のおすすめ絶景スポット
瀬戸田サンセットビーチ
瀬戸田サンセットビーチ出典:じゃらん 観光ガイド 瀬戸田サンセットビーチ
日本の水浴場55選のひとつ。白い砂浜と沈む夕日の美しさは瀬戸内海随一。テニスコートやキャンプ場、バーベキュー施設もそろう海浜スポーツ公園。沖合1.9kmにはひょっこりひょうたん島が見えます。

\口コミ ピックアップ/
夏は海水浴客で賑わっていますが、オフシーズンは人も少なくてゆっくり出来ます。サンセットはとても綺麗で癒されます。
(行った時期:2018年4月)

昼間は海水浴で大変賑わいます。夕暮れ時は静かになりゆっくりと沈んでいく夕陽をロマンチックに眺めることができます。瀬戸内海ならではの景色です。
(行った時期:2017年9月)
瀬戸田サンセットビーチ
住所/広島県尾道市瀬戸田町垂水1506-15
「瀬戸田サンセットビーチ」の詳細はこちら
しまなみ海道
しまなみ海道出典:じゃらん 観光ガイド しまなみ海道
「しまなみ海道」とは、尾道市と四国今治市を結ぶ西瀬戸自動車道のこと。瀬戸内の島々に10本の橋が架けられている。斜張橋として世界最長の多々羅大橋、世界初の三連つり橋の来島海峡大橋などがある。周辺の観光についての問い合せは、「しまなみ交流館テアトロシェルネ」(0848・20・0005)へ。晴れた日が一番瀬戸内の多島美を味わう

\口コミ ピックアップ/
大好きなしまなみ海道。何度行っても飽きません。特に晴れた日に渡ると最高のドライブになると思います。色んな島に訪れるのも面白いです。
(行った時期:2018年4月)

車で渡りましたが、絶景でした。最近はツーリングを楽しむ人も増え、自転車やバイクを利用している人も多かったです。気候のいい季節は最高ですね。
(行った時期:2018年2月)
しまなみ海道
住所/広島県尾道市~愛媛県今治市
「しまなみ海道」の詳細はこちら
弥山
弥山出典:じゃらん 観光ガイド 弥山
宮島中央の主峰。特別天然記念物原生林に覆われ,伐採禁止。山頂の展望は雄大。桟橋から白糸滝経由1時間半。

\口コミ ピックアップ/
山頂まで、ロープウェイと徒歩で行きました。疲れましたが、頂上の景色は最高でした。宮島まで来たら是非登ってみて頂きたいです。
(行った時期:2018年6月)

今回ひとり旅で行きました。
紅葉谷コースを登って行きましたが予想していたよりキツかったです。
でも途中途中の紅葉や自然がとても綺麗でした。
頂上の景色は晴天だったこともあり最高でした。
登るのには徒歩で1時間程かかりますが登った甲斐がありました。
(行った時期:2017年11月)
弥山
住所/広島県廿日市市宮島町弥山
「弥山」の詳細はこちら
仙酔島
仙酔島出典:じゃらん 観光ガイド 仙酔島
鞆の浦を見晴らす景勝地。常緑樹で覆われ南岸は奇岩洞窟など奇勝が連続している。

\口コミ ピックアップ/
鞆の浦の港から5分で渡れる島です。
島には国民宿舎があって食事などもできます。
遊歩道があって、海岸沿いの道をずっと歩いてみましたが、
手つかずの自然が残っていて、海の眺めもとても良かったです。
(行った時期:2018年5月)

鞆の浦から、フェリーで往復します。まず、フェリーからの眺めも素晴らしい。島に着くと、ハイキングコースが4つくらいあります。1時間くらいで、2つのコースを回ることができました。登りが多いですが、絶景が見られます。こんな島があるなんて、全く知りませんでしたが、わざわざ行く価値がありました。
(行った時期:2018年4月)
仙酔島
住所/広島県福山市鞆町後地
「仙酔島」の詳細はこちら


山口県のおすすめ絶景スポット
角島大橋
角島大橋出典:じゃらん 観光ガイド 角島大橋
7年間の着工を経て、総工費149億円をかけて2000年11月3日に開通した、山口県下関市と豊北町角島間の海士ヶ瀬戸に架かる角島大橋。離島に架かる橋のうち、無料で渡れる一般道路として日本屈指の長さ(1,780m)を誇り(2005年に沖縄県の古宇利大橋が記録更新)、また、橋脚の高さを押さえて、周囲の景観に配慮した構造が自然景観保護の観点から評価され、2003年に「土木学会デザイン賞2003」の優秀賞を受賞しました。エメラルドグリーンの海をまたぎ、景観と調和した雄姿は、西長門海岸地域随一の景勝地として、山口県の新たな観光スポットに。現在では数多くのテレビCMやロケ地として採用されています。

\口コミ ピックアップ/
写真はきれいに撮ってるだけと思っていましたが、写真通りの景色、海に感動しました。橋の入り口で車を止めて景色が見れます。もう海の青さが最高でした。
(行った時期:2018年7月)

天気にも恵まれて角島の絶景を堪能しました。
海もエメラルドグリーンでとても綺麗でしたし、角島、橋、海と三位一体の絶景がとても綺麗でした。
(行った時期:2018年4月13日)
角島大橋
住所/山口県下関市豊北町大字神田~角島
「角島大橋」の詳細はこちら
秋吉台
秋吉台出典:じゃらん 観光ガイド 秋吉台
500~600m級の山脈に囲まれて盆地状の台地を形成しています。台地面の標高180~420m、主として古生代の石灰岩からなり、台地の地下には雨水によって侵食された鍾乳洞が多数散在しています。

\口コミ ピックアップ/
なかなかこんな風景は見られません。山焼きの後だったため、黒く焦げた土地ににょきにょきと白い石灰岩がむき出しで迫力がありました。
(行った時期:2018年5月)

展望台から望むカルストは圧感!
カルストロードのドライブも必須です。陽光が指すカルストは陰影も含め感動的。外国のいつか見た景色を思い出します。夏の暑さよりも冬の寒さが似合う、そんな気がしました。
(行った時期:2018年1月)
秋吉台
住所/山口県美祢市
「秋吉台」の詳細はこちら
元乃隅稲成神社
元乃隅稲成神社出典:じゃらん 観光ガイド 元乃隅稲成神社
白狐のお告げにより、昭和30年に島根県津和野町太鼓谷稲成から分霊された神社です。龍宮の潮吹側から続く123基の赤い鳥居が印象的。裏山道出口に建つ鳥居をよく見ると・・・賽銭箱が頭上に!賽銭が入れば願いが叶うと言われています。

\口コミ ピックアップ/
非常に暑い日でしたが、絶景でした。
神秘的な赤い鳥居や辺り一面の海などずっと眺めて飽きません。お賽銭がなかなか入らないのが難点です。入ったらご利益があるそうです。
(行った時期:2018年5月)

テレビで何度も見ていましたが、そのままの景観でした。
日本海の青に赤い鳥居が良く映えて、とても綺麗でした。
神社手前の鳥居に、賽銭箱が取り付けられていて、一生懸命子供達が投げ入れていました。
(行った時期:2018年4月)
元乃隅稲成神社
住所/山口県長門市油谷津黄498
「元乃隅稲成神社」の詳細はこちら
別府弁天池
別府弁天池出典:じゃらん 観光ガイド 別府弁天池
カルスト地帯特有の湧水で摂氏14度と冷たく、コバルトブルーに染まった神秘と伝説の湧水池。清冷な水は、日本名水百選に選定されています。近くでニジマス釣りや料理が楽しめます。

\口コミ ピックアップ/
水汲み場の奥に行くとエメラルドグリーンの池にびっくりしました。とても神秘的でした。神社にも参拝してお水を頂いて来ました。
(行った時期:2017年12月)

ガイドブックで見た通りの綺麗なエメラルドグリーンでした。駐車場もあり、そこからほんの少しだけ歩きますが空気も澄んでいてとても気持ちが良いです。入口には有名な湧水の蛇口があり、地元の方はたくさん汲みにきていました。
(行った時期:2017年9月)
別府弁天池
住所/山口県美祢市秋芳町別府
「別府弁天池」の詳細はこちら
秋芳洞
秋芳洞出典:じゃらん 観光ガイド 秋芳洞
秋吉台の山麓にある東洋屈指の大鍾乳洞。洞口の高さ24m、横巾8mに達し、洞内の最も広いところが200m、天井の高いところが40m、最も高いところは80mに達しています。延長は約10kmといわれているが、一般観光ルートは約1kmまで。洞内の気温は四季を通じて17℃のため、快適に探勝できます。

\口コミ ピックアップ/
他の鍾乳洞とは一線を画していると思います。入口から、外と中との色の対比が鮮明で引き込まれます。中は各ポイントごとに説明があり、それぞれが絶景でした。かなり広く、足場が濡れていることもあるので、歩きやすい服装をおすすめします。
(行った時期:2018年5月)

20年ぶりの再訪ですが、やはり自然の素晴らしさに感動しました!GWでしたが空いていてゆっくり見る事が出来ました。鍾乳洞の中は年間17度と、雨が降っていたので暖かく感じました。ゆっくり歩いたら往復1時間くらいはかかりました。途中でエレベーターで上のカルスト展望台にも行けるようでした。
(行った時期:2018年5月6日)
秋芳洞
住所/山口県美祢市秋芳町秋吉
「秋芳洞」の詳細はこちら

※この記事は2018年8月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

あなたにおすすめ