ツメの甘い男性が浮気のボロを出す4つのポイント

愛カツ

2018/2/1 09:15


今年になって浮気や不倫のニュースがとても多くなりました。つい先週も大物女優の夫や、ベストセラー作家のニュースが雑誌やインターネットを埋め尽くしましたね。疑問に思いませんか? 男性はみな浮気を隠そうとしている(しないはずはないですよね)のに、どうしてバレてしまうのか。

それはほとんどの男性が「ツメが甘い」から。今回は、そのツメが甘くなっている例をお伝えします。ぜひ、あなたの恋人や夫が怪しいと思った時に役立ててくださいね。

浮気

■ ①ブラウザの履歴-実は無防備

LINEやメッセージアプリを立ち上げただけでバレるのは、男性の浮気対策としては低レベル過ぎ。逆に、そこでバレるレベルのパートナーでは将来性はない思うので、復縁はやめたほうがいいでしょう。

さて、ここで注目するのはスマホやPCのブラウザ(SafariやChrome)。アプリではなくても、ブラウザでSNSを使うことができます。ツメの甘い人は、FacebookやTwitterなどを使った後に、ログアウトをしないのです。怪しいな、と思ったら、彼の携帯を手にとって、ブラウザを立ち上げてFacebookやTwitterを見てみましょう。もしログインしたままであれば……中をのぞいてみてください。

■ ②財布-レシートチェック

携帯には気は回っても、おろそかにしてしまうのは財布。さすがにラブホテルのレシートを入れているのは論外ですが、たとえば、普段彼が行かないエリアのコンビニのレシート。しかも、男性では絶対買わないようなものが記載されている……など、財布は浮気証拠の温床。

何かおかしいな、と感じても、相手の携帯をのぞくのはハードルが高い。そんなときは、彼が席を外している間に財布を調べてみましょう。

■ ③ポケット-ふとした隙

実は無防備になるポイント。いくら気を張って証拠を消そうと心がけても、不意に渡されたものや、見つけたものをポケットに入れてしまう習性は誰にもあります。

たとえば、マッチやサービスチケットのたぐいですね。先ほどのレシートだって、財布には入れなくてもズボンのポケットについ入れてしまうことがあります。彼が脱いだズボンのポケットは、定期的にチェックしましょう。

■ ④ニオイ-いつもと違うボディソープ

男性は体臭が基本的に強く、自分の体のニオイに鈍感。さすがに浮気相手の香水をプンプンさせるのはありえないですが、ボロが出るポイントは、シャンプーやボディソープ。

相手の家やホテルなどで、普段と違うものを使えば、肌に鼻を密着するくらい近づけば、残っているニオイで分かります。

シャンプーには気をつけて対策する人は多いですが、ボディソープに対しては注意力がそこまで働きません。怪しいと思ったら、彼の外出帰りに、ハグすると見せかけて腕や首のニオイをかいでみましょう。

参考になりましたか? うまく隠していると見せかけても、どこかにスキは見つかるもの。証拠探しにぜひ役立ててくださいね。(yuki/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ