映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』に出演・森川葵…


モデルや女優として活躍中の森川葵さんが、【超絶地獄】コメディ『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』に出演。女子高生インタビュアーが森川さんに突撃インタビュー!






-高校生のひろ美役が決まってどんな気持ちでしたか。


宮藤官九郎さんとは一回「ごめんね青春」というドラマでご一緒したことがあったので、こんなにすぐに呼んでもらえると思っていなかったのですごく嬉しかったです。

-大人になったひろ美役を宮沢りえさんが演じていましたが、大人になったひろ美を意識しながら演じたのですか。


バスのシーンは意識してなかったんですけど、動きを一緒にしなくてはいけないシーンがあったのでそこは宮沢さんの動画を何回も何回も見て合わせました。




-ひろ美みたいな女の子はどう思いますか。


バスのシーンで後ろで騒いでいた子達とは違って自分はテンションが高いわけじゃないから、落ち着いているひろ美みたいな女の子と仲良くなりたいです。

-森川さんがひろ美と似ているところはありましたか。


はっきり物を言えないところが似ていました。

-神木隆之介さんと共演してみていかがでしたか。


神木さんの優しさなのか、すごく受け入れてくれる感じがしました。演技が間違っていてもそのまま返してくれたりとかリードしてくれる感じでした。



-撮影中の思い出を教えてください!


撮影中にお腹がすいちゃって、バスのシーンにででくるバナナをもらって食べてました(笑)。お菓子もあったからそれも食べちゃいました。

-普段もけっこう色々食べるんですか。


普段から好きな物食べてます!!

-注目して欲しいシーンを教えてください。


神社の上でフルートを吹いていて、そこに大助が来てひろ美が「あっ、、、」っていうシーンがあるんですけど、その声すごく小さいのに大助が気づくっていうのがすごく好きです。

実際も全然声を出してなくて、その声を拾った大助に「あんだけ距離があると普通気づかないだろ」って突っ込みたくなります!!(笑)

-撮影秘話は何かありますか。


神木さんが撮影中にたくさんバナナを食べていたことですかね。口に含むシーンがあって何回も何回もやってたのに「まだ食べれる、まだ食べれる」って言っていたので、この人の胃袋はどうなっているんだろうって思いました(笑)

-10代の子達にこの作品をどうやって楽しんでもらいたいですか。


この映画は10代の話でもあるから、今死んじゃったらどうするのか、かけがえのない人に出会えてるか、などを考えながら観てもらえると嬉しいです。

-大助が動物とかに何回も生まれ変わっていましたけど、もし森川さんが生まれ変わるとしたら何になりたいですか。


鳥になって空を飛んでみたいです。

動物では猫が好きなんですけど、私生活がすごくまったりなんですよ。休日もまったりしていて…なので猫に生まれ変わっても今と変わらないかなと(笑)



-今、やってみたいことはありますか。


フルートをやりたいです。映画でも実際に吹いていたんですけど、練習時間が無かったのでそこまで上手になる事ができなかったんです。また機会があればマイフルートを持って教室に通ったりもしたいです。

-モデルや女優など幅広く活動されていますけど、どっちの仕事が好きですか。


全然仕事の内容が違うのでどっちが好きとかはないですね。モデル業は、自由に撮影してもらえるのですごく好きです。女優業は、普段の自分ではない役を演じられるので楽しいですね。

-役のふり幅がすごく大きいですけど、どうやって役に入ってるんですか。


高校時代にはっちゃけようと思って生活していたので、その時の気持ちや記憶を思い出しながらその時の経験を生かして挑んでます。

-2016年はどんな年にしたいですか。


2015年は気づいたら終わっていました。(笑)2016年はとにかく元気に健康で過ごしたいです!!仕事面では、今色々やらせてもらっているので、これ以上欲張って良いのかなってすごく思います。



-スタイル維持のために頑張っていることはありますか。


頑張っているわけじゃないんですけど、散歩がすごく好きなのでフラフラよく歩いてます!!撮影終わりに現場から遠くの駅まで歩いたりとか、その途中で美味しそうなお店とか可愛い雑貨屋さんとか見つけたりするのがすごく楽しいです。

-普段の服装を教えてください。


ユニクロです。温かさ重視なので!!(笑)もう、ユニクロは欠かせません。

-プライベートや、休日はどんなふうに過ごしていますか。


夏はかき氷にはまってかき氷食べてました。最近は、ピザのお店とかハンバーガーのお店とか食べログで調べてます。東京は美味しいのがありすぎて困ります!

-夢に向かって頑張る10代の子に応援メッセージをお願いします。


10代は気付いたら終わっちゃいます。今だけだから自分が10代ってことを噛みしめながら楽しんでほしいです。あの時ああやってればよかったとか思う事があるので、やりたいことは何でもしちゃっていいと思います!!



【PROFILE】

1995年6月17日、愛知県出身。

2010年、雑誌「Seventeen」の専属モデルとしてデビュー。2012年、女優デビュー。主な出演作に、『スクールガール・コンプレックス-放送部篇-』(13/小沼雄一監督)、『渇き。』(14/中島哲也監督)、「ごめんね青春!」(14/TBS) 、『チョコリエッタ』(15/風間志織監督)、『おんなのこきらい』(15/加藤綾佳監督)など。「テディ・ゴー」(15/CX)で連ドラ初主演を飾る。

【作品情報】

フツーの高校生・大助は、同級生のひろ美ちゃんのことが大好き。修学旅行中のある日、大助は不慮の事故に遭ってしまう。目覚めるとそこは―深紅に染まった空と炎、髑髏(どくろ)が転がり人々が責め苦を受ける、ホンモノの【地獄】だった!!なんで俺だけ?! まだキスもしたことないのに、このまま死ぬには若すぎる!!

慌てる大助を待ち受けていたのは、地獄農業高校の軽音楽部顧問で、地獄専属ロックバンド・地獄図(ヘルズ)を率いる<赤鬼>のキラーK。彼の“鬼特訓”のもと、生き返りを賭けた大助の地獄めぐりが幕を明ける―!!

『TOOYOUNGTO DIE!若くして死ぬ』(6月25日(土)公開)
© 2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation


あなたにおすすめ