日焼けからシミを作らない3つのポイント! 旬の野菜、睡眠、あと一つは?

ananニュース

2016/5/25 22:00

これから夏に向けて野外での楽しいイベントが盛りだくさん! でも心配なのは日焼けのこと。赤くなったり、ほてったりしたものがおさまっても、このまま黒くなったらどうしよう? なんて不安になりますよね…。

「色素沈着の予防には、ビタミンC入りの美白ケアをすると同時に、旬の緑黄色野菜をバランスよく食べて体の中にビタミンを摂ること。どんなにいいスキンケアも体が不調だと効かないし、ビタミン不足はシミになりやすいからです。よく、サプリは? と聞かれますが、市販のサプリは良し悪し。信頼できるサプリを処方するかかりつけ医を作るといいと思います」と、西麻布ヒフ・形成外科院長の藤井佳苗先生。

見た目は元通りでも肌奥で炎症が続いている場合もあるので、肌は丁寧に扱いゆっくりケアを。さらなる炎症防止のために日焼け止めはしっかり、つけたら顔はなるべく触らないが原則。睡眠もたっぷり取ると回復が早まります。

美白のための3つのポイントをご紹介します。

◆旬の野菜を摂る!
旬の野菜には旬の効能があり夏野菜には日焼けの回復を助ける働きが。トマトのリコピンにゴマ油のビタミンEをかけるなど、調理も工夫して食べて。

◆かかりつけ医を持つ!
日焼けの炎症は肌にとっては一大事。セルフケアよりも肌のかかりつけ医を持つのがベスト。サプリも医師処方の医薬品が効果も高く信頼できます。

◆睡眠もたっぷりと!
睡眠中は肌細胞が修復される時間。睡眠不足だと、せっかくの修復時間が機能しなくなってしまうので、日焼け後は特にたっぷりと睡眠を取るのが大切。

◇ふじい・かなえ 西麻布ヒフ・形成外科院長。皮膚科学から美容医療の最新知見にも詳しい、頼れるドクター。優しく親身なカウンセリングで悩める女子たちに大人気。

※『anan』2016年6月1日号より。イラスト・菜々子 文・中尾のぞみ

当記事はananニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ