200円で美白化粧品並の効果あり!?酒かすの驚くべき美白成分3つ

Life & Beauty Report

2016/5/24 12:00


まだ5月だというのに夏のようにジリジリと太陽の照りつける暑い日が続いていますね。この時期からしっかりと紫外線対策や美白ケアをしたいもの。でも、冬に買った高保湿のスキンケア用品が残っていて、美白ケアラインにまだ移行できないという人も多いでしょう。
そんな人に朗報です。実はスーパーで手軽に買える「酒かす」で、お手頃に美白化粧品顔負けの紫外線ケアができるんですよ! 今回はそんな「酒かす」の美白成分について迫ります。

■お手軽食材「酒かす」の驚くべき3つの美白成分

「酒かす」はお肌に良いといった話を聞いたことがあると思います。酒かすを使った化粧品も数多く発売されていますね。
それもそのはず、酒かすには「アルブチン」や「コウジ酸」、「フェルラ酸」などの美白化粧品並のすごい成分がどっさり入っているのです!

【1】アルブチン

アルブチンは厚生労働省から「美白効果がある」と認められている成分。メラニン色素を作る「チロシナーゼ」という酵素に働きかけてくれ、メラニンの生成を抑えて、シミやそばかすを予防してくれる効果があります。

【2】コウジ酸

コウジ酸は、メラニンを作り出すメラノサイトに直接作用し、紫外線を浴びてしまった後でもメラニンの生成を抑える作用があります。

紫外線を大量に浴びてしまったメラノサイトは、その後もずっとメラニンに色素を出すように命令を出してしまうため、プールや海水浴などに行った後には肌ダメージが大変なことに。

コウジ酸は、このメラノサイトの命令をストップさせることができる成分なので、大量の紫外線を浴びた後のケアにもバツグンの効果を発揮します。

【3】フェルラ酸

フェルラ酸は、ポリフェノールの一種で、非常に強い抗酸化作用を持つ成分。紫外線を吸収する作用があり、メラニンの生成を抑制することから美白の効果が期待できます。

また、シミやシワ、色素沈着を防ぐことができ、透明感のある肌へと導いてくれる効果も。

■酒かすパックで美白ケアをしよう!

「美白化粧品」というと、非常に値段の高いものが多いですが、この「酒かす」であればスーパーで200円前後。ものすごいコストパフォーマンスですよね。
そんな美白効果絶大の酒かすでパックをしてみてはいかがでしょうか?

作り方は簡単。酒かすをお好みのテクスチャになるまで水で溶かすだけで完成。顔に塗って15分ほど置いてから、あとはぬるま湯で洗い流すだけで美白をゲットできちゃいますよ。

お手軽かつ美白化粧品をも上回る「酒かす」、使わない手はないですよね。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

(LBR編集部)

【あわせて読みたい】
・朝に食べて美白ケア!紫外線対策になるフルーツ3つ
・知られざる美肌の立役者!ビオチンって肌にどういう効果があるの?

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物
・女優も常食で話題!「アマランサス」食べ方&簡単レシピ3つ
・NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方

【参考】
※アルブチン – わかさの秘密
※調査報告1 「コウジ酸」の魅力って? – コーセー
※フェルラ酸 – オリザ油化
※フェルラ酸 – わかさの秘密
※からだにいいこと 7月号『「酒かすパック」で即効美白リセット』 – 祥伝社(書籍)

当記事はLife & Beauty Reportの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ