最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【東京散歩】赤羽編~都内で一番古い団地のある街~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【東京散歩】赤羽編~都内で一番古い団地のある街~ 北区赤羽周辺


こんにちは。暇人ライターりひゃんによる【東京散歩】の時間です。「暇だったから……」という単純な理由から始まった同企画も、今回で9回目を迎えました(前回の「祐天寺散歩」の様子)。これまでメジャーどころからマイナーな駅まで結構「攻めて」きましたが、今回訪れた場所はどちらかというとメジャーにあたる北区「赤羽」。赤土の多い土壌が由来となったこの街の中心核を担う赤羽駅は、1885年(明治18年)開業の歴史ある駅。京浜東北線、埼京線、高崎線などが通るほか、東京―埼玉―群馬をつなぐ乗り換え駅としても知られ、毎日多くの利用者で賑わいます。記者が高校生の頃に毎日通っていた駅で、当時お付き合いしていた彼と何度もデートした思い出の地でもあります。センチメンタルな気持ちになったところで「赤羽散歩」スタート!


「赤羽」はかつて今ほど栄えていたわけではなく、隣り街の「赤羽岩淵」の方が宿場町だったこともあって賑わっていました。しかし、やがて赤羽駅に鉄道が敷設されると、次第に赤羽の方が発展するようになったのだとか。そして現在では多くの人が利用し、東京の「北の玄関口」とも呼ばれるようになったのです。西口の駅ビルそばにへんてこな七福神を発見。なんだか気の抜ける感じ。高校3年間、同駅にはお世話になったのに、この日初めて目にしました。


西口側を少し歩いてみることにしました。「赤羽」は起伏溢れる谷間に作られたような街で、北側一帯の丘陵地には「赤羽台団地」が広がっています。写真は団地につながる階段と団地の下を抜けるトンネル。おもしろい地形ですね。


階段から都会的な風景を眺められます。階段もおしゃれな装飾が施されていて、ノスタルジックな雰囲気です。そしてここまで来れば、結構静か。


赤羽台団地は、1962年(昭和37年)に東京23区では初めてとなる大規模団地として建築されました。「都内で一番古い団地」これは貴重ですね。現在は「ヌーヴェル赤羽台」として建て替えが進んでおり、新しい公団住宅としてその姿を変えつつあります。高校の帰り道、どこを目指すこともなく、元カレとこの辺をゆっくり歩いた記憶があります。甘酸っぱい思い出です。


各所に残る古びた感じが歴史を感じさせます。子どものころ一戸建てに住んでいた記者は、団地に住む友だちが羨ましくて仕方ありせんでした。なぜなら彼らからすると、同じ団地内、つまり目と鼻の先に学校の友だちが住んでいて、敷地内の公園に行けば必ず誰かしらがいる。そこには団地住まいの子どもたちだけにしかわからない「社会」があって私はその「社会」に加わりたかった。仲間に入れてもらいたかったんです。そんな中で、ちょうど同い年くらいの3つ子ちゃんと仲良くなり、記者も晴れて「団地社会」に特別加入することができたのですが(裏ルートのコネを使って)、あの3つ子ちゃん、元気かな~?


ネットで少し調べてみたら「おばけ公園」なるものがあるらしいとのことで、敷地内の地図を見て回ったのですが、いくら探しても見つかりません。しびれを切らして住民の方に尋ね「ここよ」と案内されたのがこちらの公園でした。「くらげ公園」って書いてありますけど……。しかし遊具を見て納得。大人が作った「くらげ」の遊具、子どもからすれば「おばけ」に見えますよね。子どもから子どもへ昔からずっと伝わってきた愛称なのでしょうね。


駅に戻り東口側にやってきました。駅を出て左手に「赤羽一番街」商店街があります。戦後、焼け跡からの復興を目指した同士18名により、1946年(昭和21年)「赤羽復興会商店街商業協同組合」が結成され同商店街が誕生し、現在に至ります。約400メートルのメインストリートを中心に約100店舗が並び、夜になると飲み屋街としても賑わいます。


メインストリートから一本内側に入った路地にある「一番街シルクロード」は、「飲んだくれ」が集まる場所として話題のスポット。昭和の風情全開で、ここに並ぶお店も(夜になったら営業するのかな?どうなんだろう……)という雰囲気の古い個人商店ばかり。その中でも、以前キタコレ!でも取材した「丸健水産」は随一の存在感を放っていて、この日も昼間だというのにおっちゃんたちがわらわらと飲んでいました。


東口にあるもうひとつの商店街「LaLaガーデン」。「すずらん通り」とも呼ばれる東京で最大の「天蓋(てんがい)アーケード」は、隣町の「志茂」まで続いているそうです。1997年(平成9年)に完成した比較的新しい商店街は、多くの飲食店、雑貨店、生活用品店が建ち並んでいてとっても便利。散歩途中に雨が降っても天蓋があるので安心ですね。見どころ溢れる「赤羽」の街、ぜひ散歩してみてください。


外部リンク(キタコレ!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス