女の子は「髪」が命!ツヤ髪になるためのヘアケアの基本とは?


髪がサラサラと風になびく女のコは魅力的です。爽やかな風を感じるこの季節、髪のケアをきちんとして美髪を目指してみませんか? 簡単にできるヘアケア法などを紹介します。実践するだけで見違えるように美髪になりますよ。



■シャンプーは髪を洗わない



シャンプーをする前にブラッシングをしてください。そうすることによって髪の毛についているホコリや汚れなどを落とすことができます。

シャンプーは髪を洗うのでなく、頭皮を洗いましょう。指の腹を使って頭皮をマッサージしながら「下から上に」向かって洗うのがポイント。髪についている汚れはシャンプーを使わなくても、水やブラッシングで簡単に落ちるもの。大事なのは頭皮を清潔に保つことなのです。頭皮が健康だとハリやツヤのある髪になります。

そして、重要なのはシャンプー選びです。洗浄力が強く、髪の表面上だけツルツルになるシャンプーは、髪に必要な油分まで洗い流してしまうので注意。かえって髪がパサついたり、頭皮トラブルの元になることもあるのです。アミノ酸系シャンプーだと、洗浄力もあるのに髪の毛への負担も少ないのでおススメですよ。

■ドライヤーについて



ドライヤーは効率よく短時間で髪を乾燥できるかがポイント。ドライヤーの前にタオルドライを丁寧にして、頭皮の水気を採ります。そうしてから、いよいよドライヤー。ドライヤーは髪から15㎝ほど離し、襟足から順に上に向かって乾かしていきます。仕上げは髪の根元から毛先に向かってドライヤーを当てます。これで髪がツヤツヤになるのです。

髪の毛一本一本を覆っているキューティークルは熱に弱く、髪が濡れているときはキューティクルが剥げやすい状態になっています。なので、濡れたまま寝るということは絶対に避けましょう。

■髪をキレイにするアイテム



髪を毎日とかすブラシはどんなモノを使っていますか? ナイロン製やプラスチック製のブラシは髪を傷めるので使わないほうがいいです。木製のブラシや豚やイノシシなどの毛のブラシで目の粗いものがベスト。また、静電気が発生しない毛先の柔らかいものがいいです。いいブラシでとかすと頭皮の血行がよくなり、髪に栄養がゆきわたるのです。

シャンプーのあとにつけるトリートメントは保湿効果もバツグン。髪の内部に浸透して髪を健康な状態に保つことを目的としたのが「洗い流すタイプ」、ドライヤーの熱やブラッシングの摩擦から髪を保護するのが「洗い流さないタイプ」です。自分のニーズに合ったものをチョイス、または両方使っても構いません。この際、トリートメントが背中をはじめ肌につかないように。万が一体についたままだと、ニキビや吹き出物ができてしまう可能性もあります。

髪をキレイにするためには毎日のケアをちょっと意識するだけでも十分なのです。今日から早速実践してみてください。きっと、ツヤツヤした髪になってくることでしょう。

オタフクマメコ(フォークラス)

当記事はマイナビティーンズの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ