野球小説『バッテリー』ノイタミナでTVアニメ化!『放浪息子』志村貴子がキャラ原案

クランクイン!

2016/3/17 22:00

 あさのあつこ原作の青春文学であり、実写映画化もされた『バッテリー』が、フジテレビ“ノイタミナ”にて7月より放送されることが決定した。主人公の天才ピッチャー・原田巧役に内山昂輝、巧とバッテリーを組む永倉豪役を畠中祐が担当することも発表。さらに監督・脚本に映画『海がきこえる』の望月智充、キャラクター原案に『放浪息子』を代表作に持つ人気漫画家・志村貴子が手掛けることも明らかとなった。

【関連】TVアニメ『バッテリー』公開されたビジュアル&スペシャルイラスト

『バッテリー』は、累計発行部数1000万部の青春野球小説。刊行から20年という節目の年にTVアニメ化が発表となった。今回、メインキャスト、監督、キャラクター原案のほか、アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督にアニメ『ハイキュー!!』の草間英興、作品を彩る音楽を千住明が担当することも決定。またアニメーション制作は、気鋭のスタジオ、ゼロジーが務める。

原作のあさのは、このたびのTVアニメ化に「20年経ってなお、アニメとなったあの世界と新たに出会える。感慨深いものがあります」とコメント。密かに長く読み継がれるように祈っていたとも言い「その想いが実ったような気がします」と胸の内を明かしている。

主人公・原田巧役を演じる内山は「2年ぶりのノイタミナ作品ということでワクワクしております」と胸を膨らませる。「魅力溢れるキャスト、スタッフの方々と仕事できるのを大変嬉しく思っています。ご期待下さい」とアピールした。

TVアニメ『バッテリー』は、2016年7月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送開始。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ