女子が知らない「男子のもっこり」の秘密4選

愛カツ

2016/2/19 20:00

今回は、女子が知らない「男子のもっこり」の秘密についてお届けします。何人かの男子に「秘密」を教えていただきました。ここだけの話的に、さっそくご紹介しましょう!

■ 1:たいてい竿は左に向いて収まっている
「デニムの上からもっこりを見ると、ただのもっこりにしか見えないと思いますが、アレ、じつは、たいがい左に向いて収まっているのです」(28歳・建築)「右曲がりのダンディ」という曲があります。ふつうはみんな左に向いて収まっているけれど、この色男はなんと! 右を向いて収まっているのだ!……こういうことを言っているタイトルだそうです。

■ 2:皮に陰毛が絡まって引っ張られている感じがある
「男のあれって、皮があるでしょう? その皮に陰毛が絡まって、陰毛が引っ張られるときがあります」(25歳・教材販売)男が歩きながら股間を触っているとき、それは「したい」ときではなく、単純に陰毛が皮にはさまって、引っ張られているときなのかもしれません。

■ 3:気合いを入れたいときは亀頭を上にして収納する
「ふつうのゆるいトランクスを穿いていますが、商談など、ここ一番ってときは亀頭を上にして収納します」(27歳・IT)でも、トランクスじたいがゆるいので、たいがい、上に向けたアレは、残念なことに左に向いて収まるそうです。右曲がりのダンディに、男はなれないのでしょう。

■ 4:夏はかなり蒸れるから除毛している
「夏はかなり蒸れるので、毛を剃っています」(29歳・運送)AVを見ていたらわかるかと思いますが、男子で玉の袋に毛がない人っていますよね。あれは、毛がないほうが気持ちいいという理由もありつつ、蒸れるから、ということらしいっす。

いかがでしたか?……というかんじで、いつものように締めようと思いましたが、今回は「チ○コあるある」みたいなコラムになってしまいましたので、とくに締めの口上を用意しておりません。あたしの彼も、もしかしたら陰毛が皮にはさまって痛い思いをしているのかなあ……とか、いろんなふうに想像してみてはいかがでしょうか、ということでしょうか?凸は、左にしか向かないし、毛が絡まるし……凹のほうが取り扱いが楽なのでしょうか、といったところで、実際は凹んでいるもののほうがケアは大変でしょうし……と言ってみてもなにも始まらないので、今回はこのへんで。

(ひとみしょう/ライター)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ