唱え続けていると欲しい物が手に入る? 「カステラの法則」

唱え続けていると欲しい物がむこうから寄ってくる「カステラの法則」というものをご存知だろうか?

欲しいものをすでに手に持っているイメージを強く思い描くと、欲しい物が手に入る「引き寄せの法則」はスピリチュアル本などでお馴染みだが、この「カステラの法則」は「引き寄せの法則」とは異なり、スピリチュアル要素がないことからTwitter等で話題を呼んでいる。

・カステラが好きと言い続けていると、カステラをもらえる?
カステラの法則の理論は単純明快。普段から「カステラが好きだ」といい続けていると「あの人はカステラが好きだったな」と人からカステラを出してもらえる機会やチャンスが増えるというものだ。

好きだと言い続けていると、人からもらえたり、チャンスが巡ってきた経験のある人は多いのではないだろうか。

■Twitter上で共感する声が続出
「これはマジ。すごいわかる」
「お菓子が好きだといい続けていたらお土産やら甘いもの苦手な人からおすそ分けをたくさんもらえるようになりました」
「確かに言いまくって欲しいものなんでも手に入れてきた気がする。彼氏以外」
「好きだ好きだと言っていると周りの人が情報回してくれるようになったりするんだ」

などTwitterでは「カステラの法則」に共感する声が上がっており、記事執筆時点で18,000RT以上拡散され大反響を呼んでいる(https://twitter.com/rojion/status/687248551756222464)。

■「好きだ」と言い続けることでイメージが固定化されていく
カステラの法則は「カステラ好きだ」と言い続けることで、周りの人の中で「あの人はカステラが好きな人だ」というイメージが固定化され、周囲に情報が広がっていくというもの。

「Aさんといえば、カステラ」とより広く認知されることでカステラに携わる機会・チャンスが増えていくので、食べ物だけに限らず、ビジネスシーンでも有効だろう。

■恋愛において「カステラの法則」は効かない?
好物や趣味、ビジネスシーンにおいて自分が何を好きかという情報を固定化する「カステラの法則」だが、恋愛においてはあまり効果を期待できなさそうだ。

「Aさんはあの人のことが好きなんだって」という噂話が回れば、好かれている方は、できるだけ接触を避けようと警戒する可能性もあるからだ。カステラの法則は自体は効果が見込めそうだが、恋愛においては使わないほうがいい作戦かもしれない。

(マインドファンキー本郷)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ