「ばびろんまつこ、エクセレント!」歌舞伎町トップホスト・東城誠が、キラキラ女子を斬る!!


美食を愉しみ、ブランド品に囲まれた高級マンションで暮らし、リゾートでバカンス……SNSでセレブライフを見せつけ、多数のフォロワーを抱えていた“ばびろんまつこ”。しかし現実は偽ブランド詐欺を行うほど、その生活は窮していた――。Twitter界をざわつかせたこの“キラキラアカウント”を実際にキラキラ(ギラギラ?)の世界に身を置くナンバーワンホストはどう見るか? 歌舞伎町「PLATINA」本店のナンバーワンであり、“全身整形1,000万”という異色の経歴も話題を呼んでいるホスト・東城誠氏。開店前、シャンパンコールの練習が響き渡る店内で語られる、カネと欲と見栄、そして男と女のお話を聞いた。

――東城さんは「ばびろんまつこ」という人物に、どんな印象を持ちましたか?

東城誠氏(以下、東城) カリスマ性はあるんじゃないかな。文章から賢さはにじみ出てますよね。LINEでお客さんとやりとりすると、そこに筆跡は残らないんですけど、文体で相手のスペックが若干わかったりするんですよ。その人の学力が文字の中に出る。

――短い文章の中で、いかに人の心をざわつかせるかに長けていたということでしょうか?

東城 僕もざわつきましたもん。ばびろん、エクセレント!(拍手)って。彼女は、成り金側のカテゴリーじゃないですか。僕もこの街で成り上がっていった人間なので、気持ちはわかるんですよね。SNSって、「いいね!」をもらう課金ゲームみたいな感覚になるんです。僕ら成り金はね、「いい時計買いました」って言ってはアップして、「東城さんすごいですね」と言われることが快感だから。世間では付け焼き刃でカネを持つと「成り金成り金」って叩く。ほら「中学生デビュー」とかって言葉あるじゃないですか。元からパッとしないやつは、一生パッとしないままでいろっていう圧力。パッとしない子がいきなり花咲かせると、日本人の国民性なのか、鼻につくんですよ。でも今でこそ「成り金」って言いますけど、大昔に、もしTwitterがあったら、金持った瞬間自慢してたと思いますよ(笑)。「高級マンモス食べるなう」とか「米俵こんなに貢いでもらった~」とか。誰かにひけらかしたくなるのは、人間がもともと持ってるさがじゃないでしょうか。人間は自慢したい生き物なんですよ。

――ただ実際は、その生活は虚構で、ネット上でブランド詐欺を働いていました。

東城 それは本当にけしからんですね。でも、ネットオークションで65万円のカルティエ買う方もけしからんです(笑)。ネットの弊害ですよね。昔だったら65万円の買い物を、顔も合わしたことないヤツから買うなんて、ありえない話じゃないですか。

――彼女がそこまでして、人にセレブな生活を見せつけたかったのは、なぜだと思いますか?

東城 おいしいものが食べたいというより、おいしいものを食べてる自分でありたいと思っていたんじゃないですか。高級な寿司を食べてる自分に酔いたい。自分があこがれているイメージと同化して、いつか自分もあこがれられる側になりたかったんじゃないかな。それが行き過ぎてしまった。一度そのラインに乗ってしまうと、期待されますしね。それは僕も感じてますよ。

――どんなことを期待されているんですか?

東城 僕、2015年の年末は、実家でゆっくり過ごそうかなと思ってたんですよ。でも、ふと思った。キラキラ発信源の身としては、これはハワイでも行かなきゃダメじゃね? って。「落ちぶれたね」「ちょっと景気悪いのかな」って言われるのが怖いんですよ。だから僕はニューヨークに行きました。別にめちゃめちゃ行きたいわけでもないんですけど。やっぱりキラキラ発信源たるもの、ニューヨークのひとつやふたつ……みたいなところはありましたし。でも今僕にお金があるからいいですけど、もしなかったら、カルティエを売ってたかもしれないですよね(笑)。追い込まれて。

――東城さんは「お金を持ってるお客が一番」という、極めてはっきりした接客をされると伺いました。

東城 お金を使わない子からしたら「なんて雑な扱いするの」っていう接客です。でも「じゃあ考えてみて。あなたが100万円使ったときに、僕が3万円しか使わない女の子に優しくしたらどう思う?」って言うと、みんな納得してくれる。富裕層からウケる接客スタイルなんですよ。お金を使う側からしたら、「お金を使わない子を相手にしない」っていうのはプライドをくすぐられることでもあるから。高額を使う子に対して気持ちのいい接客をしたっていうのが、ナンバーワンになった理由だと思います。僕、ばびろんさんみたいなプライド高いタイプは、一発で持っていく自信ありますよ。

――なるほど、「ばびろんは簡単」だと。

東城 こういう子にとっては「ナンバーワン」がブランドなんですよ。僕の人間性じゃなくて、ナンバーワンというだけで指名してくれる。僕を指名するには「審査」が必要なんですけど、富裕層の人って「審査」とか「限られた人にだけ」っていうワードが好きじゃないですか。この街で「東城誠を指名してる」っていうのは、ある意味ブラックカード持ってるのと同じ認識になりつつありますから。

――不景気といわれる世の中だと、一見リスクが高そうな戦い方ですが……。でも、東城さんがナンバーワンになったことで、その常識を覆しましたね。

東城 その分の努力は、もちろんしますけどね。発言に見合った努力。僕、ものすごい整形してるんですけど……。

――存じ上げております。

東城 それも「お客さんが、高額を使うに見合った、いい男にならないと」と思って行き着いた自己投資なんです。僕ね、顔以外は全て完璧だなって思ってたんですよ。顔だけがネックだった。しかもその唯一の欠点が、ホストという仕事においては一番大事な要素だった。だったら顔だけ良くすればいいんじゃないかって。

――それをオープンにしているのが、人とは違うなと思います。現在の日本では、整形にはどうしてもマイナスイメージを持たれがちです。

東城 この世の中、少し自虐を交えるとあんまり叩かれないっていうか、自分でディスってあげるんですよ。ばびろんさんも自虐していれば、そこまで追い詰められなかったと思います。世間がつついてきそうなところを予め自虐で処理しておくというのは、この世でうまく生き抜くために大事なところなんじゃないですか?

――先ほど、ばびろんを「一発で持っていく」とおっしゃっていましたが、逆に東城さんが「扱いづらい」と思うタイプのお客さんは?

東城 見栄を張らない子かな。見栄を張るっていう気持ちじゃなく、純粋に寂しい子は、苦手ですね。あとバカな子もイヤ。バカな子って、僕がなんか面白いこと言ってもわかってくれないんですよ。前にね、ヘルプで入ったヤツのトークがワケわからなくて。それで僕が「お前と話してるときはさ、隣に戸田奈津子さんがいてほしいよね」って言ったんです。そうしたらお客さんが「……戸田奈津子さんって誰ですか?」って。僕の中ではめっちゃ面白いこと言ったなって思ったのに! 戸田奈津子さん超有名人ですよね?

――はい。翻訳家で、トム・クルーズの友達ですよね。でも「女はバカな方が可愛い」っていう男の人も多いような……。

東城 僕は少数派だと思いますよ。でもそういう気持ちになったのって、ホストの仕事を始めてからかもしれない。女の子を見すぎちゃって、可愛いだけじゃつまんないなって思うようになりました。

――あと、ばびろんは、やたら「セックス嫌い」をアピールしていましたが、そのことについてはどう思いますか?

東城 本当にセックス嫌いな人が、わざわざセックス嫌いなんて言わない。「セックス」って言葉自体、口に出さないと思います。「セックス嫌いと言う女は、かっこいい」っていう風潮があるから、そういったポーズなのかと。お客さんでも、「性欲ない」って言う子がいますけど、そんなことないですもん(笑)。わざわざセックスのことを何度もツイートするなんて、相当セックスが好きなんだと思いますよ。

――ホストといえば、「枕営業しているのでは?」などと、お客さんとの肉体関係を探られる機会もあるかと思いますが……。

東城 お客さんにとって「ホストとヤる」っていうのはゴールなんです。だから、「完全にヤレない」存在というのは夢がない。僕は、その駆け引きをUFOキャッチャーだと思っていて、例えばUFOキャッチャーで3万円使っちゃったら、景品が落ちるまで立ち去れないでしょう? それと同じで、僕に1,000万円くらい使っちゃったお客さんは、薄々「ヤレないだろうな」と感じていても、もう立ち去ることができなくなる。僕ならその状態で、あともう1,000万円使わせられると思いますけど。それがホストの仕事です。

――東城さんご自身は、“夜のUFOキャッチャー”で落ちちゃったという経験は?

東城 ……内緒です!(笑)

――最後になりましたが、ナンバーワンを獲得した東城さんの、次の目標を教えてください。

東城 この業界を極めたいなと思っています。店という垣根を越えても、ホストとしてナンバーワンでいたい。罪を償ったばびろんさんに、次こそは本当に成り上がってもらって「東城誠指名してるの~」って自慢ツイートしてほしいな。最近は芸能界からもオファーをいただいたりしておりますが、「自分はホストである」という軸は変わりません。やっぱりホストの世界で一番成功したのって、城咲仁さんだと思うんですよ。いつか城咲さんを超えるホストになりたいですね。
(取材・文=西澤千央/撮影=東京フォト工芸・酒井一郎)

東城誠(とうじょう・まこと)
1862年7月27日、パリ出身。歌舞伎町「PLATINA」本店、部長。同店ナンバーワンホストとして人気を博している。口癖は「お前ら金持って集合ーっ!!」。

当記事はサイゾーウーマンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ