【西成あいりん地区】泥棒市の主力商品となりつつある"向精神薬"のウラ側



 数か月振りに大阪市西成区のあいりん地区で行われている泥棒市を訪れた。この泥棒市はこの地域の労働者、生活保護受給者を中心に様々なモノが売られている。しかし、違法な品物が数多く売られている為に、最近は取締りが強化されているのだ。

 道路でモノを売る際には必ず道路使用許可を取らなくてはいけない、しかし、この泥棒市の主はその様な許可証を取る人間はいない。筆者が泥棒市を訪れた時間は日曜日の朝の7時頃である。泥棒市が行われている時間は平日の季節によるが、深夜の2~3時頃から朝の6~7時頃である。筆者が訪れた時間はギリギリの時間帯ではあった。

 だが、パチモンと呼ばれる偽ブランド商品、薬、違法DVDなどの店があまり売れなかったのであろうか、まだ店を閉めずに営業をしていた。営業と言ってもそんなに大げさなモノではない。ただ、道路にブルーシートを敷いているか、キャリーバッグの横に品物を置いているだけである。

 数分後突然品定めをしている買い物客の間にどよめきが走り、商店主達が荷物をまとめ始めた。そして時間を置かずに警察車両がゆっくり通り始めたのだ。今までの警察車両の巡回は一度だけであったが、この様な違法露店の摘発を始めてから、数回通る様になったのである。この様になったらもう商売は出来ない。取材を諦めて西成の情報をいつも提供してくれる人間に情報を求める為にお茶を飲む事にしたのだが、そこで新たな情報を入手する事が出来た。
●泥棒市の主力商品は闇流通する向精神薬
 泥棒市が行われているのは、西成のあいりんセンターの後ろであったが、今は取り締りを恐れて、ごく一部の人間が場所を変えて泥棒市を行っているらしい。その人間の案内で新たな場所に行った。今までの泥棒市は数十メートル四方に50位の店があった。しかし、新しい場所はもっと狭い場所にある。しかも、売られている商品は向精神薬、睡眠薬等の当然医師の指導の元により処方される薬であり、素人の売買は絶対に禁止されている商品ばかりだ。紹介者がしっかりしている為に、売人に色々な話を聞く事が出来た。

 その中で驚いたのはある睡眠薬の値段だ。薬の薬価と言うのは驚く程安いモノである。睡眠薬関係で言えば、大きさにもよるが、マイスリーは50~80円弱、レンドルミンが30円弱、ハルシオンが約15円位である。それが医師の処方により処方箋を渡されて薬局で1週間から最大1か月分処方される。ここではどの様な値段でどの様な取り引きが行われているのか。売り主は生活保護受給者である。

 それは生活保護法により医療費が無料である為に、元値がかかっていないからである。その様な人間が1種類の薬を抜かして1錠10円で買い取りをしてもらう。普通、睡眠薬の処方は導入剤、睡眠薬のセットで処方されている人間が多い。だから最大で導入剤2種類、睡眠薬1種類の約90個が処方される。それを密売人が約900円で買い取りを行う。つまりワンシート100円である。それを人気のある商品には高値、大体が1500円、通常の睡眠薬は1000円でワンシートの売買が行われる。

 では先に書いた1種類の薬とは何か。それはエリミン、通称赤玉と呼ばれる非常に人気の高い薬である。この薬はよくドラッグを抜く時や酒に混ぜて悪さをする際に使われる薬である。その為に製薬会社は今年の11月で生産中止を決めており、この11月以降は急速に不足することが予想されている。あれ程悪評のあったハルシオンでも実はジェネリックと呼ばれる後発医療品が5種類位存在している。しかし、このエリミンはそのジェネリックがない。その為に、この市場にも中々出回っていない。現在の闇の通常価格はワンシート2000~3000円である。薬価が20円弱に対し、買い取りは1錠100円。つまり通常の睡眠薬の10倍の値段である。この価格の変動は紹介者の関係もある。現在、なかなか闇市場には出回らないため、これからも買い取り価格は上昇していくと言われている。

 エリミンが出始めるのは生産が中止になり、薬局の在庫が切れて人々が「通称赤玉」を探し回る時期だろう。だから、この地域では睡眠薬の処方でエリミンを求める患者が数多く存在する。在庫が切れるのも他の地域より早いだろう。本当に体調不良で処方されている人間には代替え薬が無いために、不自由にならざるを得ない。闇市場が正規医療の足を引っ張っていいはずがない。厳重な取り締まりを期待したいところだ。

Writing by 西郷正興

Photo byK-SAKI(コラージュ)

当記事は東京ブレイキングニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ