GACKTとの関係に終止符!? 釈由美子「幸せな結婚」までの不運な道のり


 10月10日に実業家男性とスピード婚をした女優の釈由美子(37)。自身のブログで芸能界やファンからの祝福に感謝し、37年間慣れ親しんできた“釈”の名字が変わったことに「まだ違和感があります」と明かすなど幸せいっぱいの様子だ。

通常なら男性ファンは女性タレントが結婚すれば嘆き悲しむもの。相手がお金持ちの「実業家」となれば余計に嫉妬が生まれそうである。しかし、釈に関しては誰もが「幸せになってよかった」と手放しで祝っている。それというのも今まで釈は「大病」「結婚寸前の破局」「実家の倒産」「愛人疑惑」と、あまりに不幸の連続だったからだ。

「病んでいた」精神不安で整形依存のウワサも

1997年の短大在学中にグラドルとしてデビューした釈は、翌年にTBS系の深夜番組『ワンダフル』のワンダフルガールズ(ワンギャル)に選ばれたことで頭角を現した。当時は「小さいおじさんを見た」「妖精が見える」「UFOにさらわれたことがある」などと発言し、いわゆる不思議ちゃんキャラを発揮。男性からは人気が高かったが女性層からは「あざとい」と嫌われ、整形疑惑やキャバ嬢だった過去が暴かれるなどバッシングに見舞われた。

それからは人気が下り坂になっていたが、2001年に主演した映画『修羅雪姫』をきっかけにアクション女優に開眼。2003年に主演した深夜ドラマ『スカイハイ』(テレビ朝日系)が当たり役となり、女優としての地位を確立した。

仕事は波こそあれそれなりに順調ともいえそうだが、不運が続いたのは私生活だ。2009年ごろに拒食症やうつ病を告白し、難病ギラン・バレー症候群だったことも明かした。さらに、肉体の不調が影響したのか精神不安によって顔立ちが頻繁に激変。「整形依存」に陥っているともささやかれた。不思議ちゃん発言に関しても「あの当時は病んでいた」と本人が証言しており、精神的な不安定さは釈の人生に暗い影を落としている。

2013年にはスキーロケの最中に左足首を骨折し、全治2か月のケガ。その数か月後には韓国や中国から骨董品を輸入・販売していた実母の会社が倒産し、2015年1月には実父が死去している。実母の会社には釈が多額の金銭的支援をしていたといい、女優として稼いだギャラもそれほど残っていないという。

結婚の決め手は…GACKTとの関係を断った理由

不運続きの極めつけは恋愛関係だ。

デビュー直後に15歳年上の有名カメラマンとウワサになるも遊ばれて終わり。2003年には芸能プロ社長と半同棲生活まで進展したが、これも上手くいかなかった。2006年にはブライダル関連企業の社長を「某女子アナから奪った」と話題になり、パリに婚前旅行までしていた。ところが、宿泊先や現地での行動がマスコミに筒抜けで「社長の売名に利用された」疑惑が浮上。不信感を抱いた釈はすぐに別れを切り出している。

2010年には動物病院院長との交際が発覚し、メディアでは「結婚秒読み」と騒がれた。だが、これも半年足らずで破局してしまい、そのショックによって一時は恋愛から遠ざかっていた。バラエティー番組で「どうやったら人を好きになれるのでしょうか。もう傷つきたくなくて」と涙ながらに語っていたほどだ。

その傷も癒えぬ間に飛び出したのが歌手・GACKT(42)との愛人疑惑で、『週刊文春』(文藝春秋)などで、10年来にわたって“性的関係”があると報じられた。GACKTが運転手つきの愛車に釈を乗せて、首都高をグルグルと走らせながら後部座席で淫らな行為をさせていたという詳細な関係者証言まで伝えられていた。

釈自身は「こんなしょぼいアラフォーにそんな浮いた噂が出ること自体現実離れしすぎて呆れてしまいます」と否定したが、GACKTのゴーストライター疑惑を告発した女性が「GACKTの自宅で(釈を)見たことがある」と証言したこともあり、もはや公然の秘密となっていた。これが釈の精神不安の大きな要因になっていたとも考えられる。

だが、釈はGACKTとの関係を断って一般男性との結婚を決断した。

「近年のGACKTはトラブル続き。脱税疑惑に関連して自宅や当時の事務所に国税の強制捜査が入ったり、元キャバクラ嬢から性的暴行を告発されたりとスキャンダルは枚挙にいとまがない。警察が動くような大事案になるという情報も一時、業界内で噴出したこともあり、かなり危ういイメージになっています。もし深刻なトラブルが起きれば、それに関連して釈の名前が上がってしまう危険性もあった。そうなれば芸能生命の危機になりかねないだけに、潮時と考えてGACKTに見切りをつけたのかもしれません」(芸能関係者)

報道によると、夫となった男性は釈が芸能人であることを交際当初は知らなかったという。芸能界の荒波にもまれ続けてきた釈だが、ドロドロとした業界と縁遠い伴侶を得たことで幸せをつかめそうな気配。心配していたファンの喜びもひとしおというわけだ。

(取材・文/夢野京太郎)

当記事はデイリーニュースオンラインの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ