スギちゃんの最高月収に驚くSMAP中居正広にツッコミ殺到…気になる人気MCの月収は?


 10月18日放送の「日曜ファミリア・中居正広の神センス☆塩センス私はこうしてやっちゃいました! 」(フジテレビ系)で、かつて一発屋として名を馳せたお笑いタレントのスギちゃんが、当時語っていた最高月収の500万円は、本当の額の「数分の一だった」とカミングアウト。同番組のMCのSMAP・中居正広がその額に驚くというシーンに、「わざとらしいぞ」「(中居が)驚くのはおかしい」とツッコミが噴出している。

長者番付入りの中居に羨望のまなざし

中居は1994年4月から、約20年にわたって出演した「森田一義アワー 笑っていいとも!」が終わったが、その後も順風満帆。19日から、新たに音楽番組「Momm!!」(The Museum of modern music)の司会もつとめる。

MCとして中居の力量はもちろん一流だ。状況に合わせた進行力、出演ゲストの本心に迫るトーク術などは、『中居正広という生き方』の著者で社会学者の太田省一氏に「タモリさんのよう」と賞賛されている。そうして過去に中居は、スギちゃんの他、ヒロミの最高月収「6000万円」や山里亮太の年収など数々の暴露を引き出した。

しかし、これに「わざとらしいぞ」とファンが反応した。昨年9月発売の「週刊現代」で発表された2014年の有名人所得ランキングでは、中居正広はタレント・文化人部門で年収6億4000万円(推定)の6位にランクイン。平均して月に5千万を稼ぎ続けているだけに、「もっと稼いでるので、心の中では笑ってる」というツッコミや「中居君の養子になりたい」「番組MCは一発屋の10倍夢がある」と羨望を受けている。

MCとして長年人気を博す中居。多くの出演者に話を振るために、あえて「興味のある人を作らないように」して好き嫌いをなくしたり、27時間テレビのときは「年に1回の睡眠薬」を使って睡眠を調整したりするなど、プロ根性を垣間見せるエピソードは満載。時にベテラン芸能人にも毅然とした態度で接する姿勢が、ファンの支持を受けている。

また中居の存在感の大きさを示すように、中居がMCをつとめる番組タイトルの多くには「中居正広の金曜日のスマたちへ」(TBS系)、「中居正広の神センス塩センス」(フジテレビ系)、「中井正広のブラックバラエティ」(日本テレビ系)と自身のフルネームが使われる。

「“中居正広”という名前が何よりの番組PR。MCが分かれば番組の雰囲気がつかめるから、視聴者も安心できるのではないでしょうか。“キムタクはどのドラマでもキムタク”という揶揄をたまに聞きますが、MCの場合は変わらない安定感が武器になる。大病を患わないかぎり、10年20年とバラエティーで活躍し続けるのではないでしょうか」(芸能関係者)

タモリや明石家さんまらと同じく、バラエティー番組で欠かせない存在となった中居。売れっ子MCなだけに、ファンのツッコミは妥当過ぎるか。

(取材・文/蒼木学)

あなたにおすすめ