【ロシアGP】F1ハミルトン選手がプーチン大統領にシャンパンをぶっかけ!? 「暗殺されるんじゃ」と心配の声が多数上がる



2015年10月11日、F1の今季第15戦ロシアGP決勝レースを制したメルセデスAMGのルイス・ハミルトン選手これにてメルセデスAMGは2期連続のコンストラクターズ部門優勝となり、彼自身も3度目の総合優勝に大きく前進した。

レース終了後は終始満面の笑みで、チームと喜びを分かち合ったハミルトン選手だったが、なんと今「プーチン大統領を怒らせたから、彼の身が危ない!」と懸念する声があがっているというのだ! えええ、一体ナゼ!?

・ロシアGPの後、なぜかハミルトン選手の身を案じるネット民

「ハミルトン選手の身が危ない」と報じるのは、 Mail Online や Indpendent、CNN など複数の海外メディア。なんと「彼がプーチン大統領に暗殺されるのでは」との心配の声がネット上で広がっているというのだ。

一体ナゼ? ロシアのダニール・クビアト選手を差し置いて1位になったから? いやいや、プーチン大統領の心はそんなにも狭くはない。その証拠に、ハミルトン選手と抱擁したり、表彰台でも笑顔でトロフィーを渡していたではないか。

・理由は、プーチン大統領にシャンパンをかけたから
……と、問題となっているのは表彰台でのこと。なんと、ハミルトン選手は喜びのあまり、シャンパンをプーチン大統領に浴びせてしまったというのである!

海外サイト Mail Online が公開する動画を見てみると。あ! 確かにハミルトンさんの開けたシャンパンがプーチン大統領の高そうなスーツにかかっている……ようにも見えるぞ!! 速やかに退散する大統領。

・ネットの声「ルイス、背後に気をつけろよ」
そう。この “暴挙” が人類最強のプーチン大統領の逆鱗に触れたのではないかと、世の人々を震え上がらせているようだ。ということでネット上には、ハミルトンさんの身を案じる声が集まっているようだぞ。

「ハミルトンが暗殺されないといいけど」
「ルイス、背後に気をつけろよ」
「彼のせいで第3次世界大戦が起きる可能性が」
「次の30年間くらいは、1人で歩かない方がいいね」
「プーチン大統領は、コレくらいのことされて当然だ」
「彼の身が危ない!」

またハミルトン選手は、中国GP の表彰台にて中国人グリッドガールの顔にシャンパンを浴びせたことで “性的差別”だとの批判を受けたこともある。

・カメラアングルが悪くてそう見えただけ?
とは言え今回のプーチン大統領へのシャンパンがけは、「カメラアングルが悪くてそう見えただけ」との指摘も相次いでいることから、 “ハミルトンさん暗殺事件” が起こることもなさそうだ。

参照元:CNNMail OnlineIndependentFacebook(英語)
執筆:小千谷サチ

この記事の動画を見る

あなたにおすすめ