上白石萌音 歌手として“才能”を存分に発揮、オンラインライヴが映像作品に

dwango.jp news


上白石萌音の初のライヴ映像作品リリースが決定した。

昨年9月に実施された上白石萌音の初のオンラインライヴ「i note」が、『MONE KAMISHIRAISHI ONLINE LIVE 2020 「i note」』として3月31日にリリースされることが発表された。上白石にとって初のライヴ映像作品となる。このライヴ映像リリースは、昨年末にライヴ音源が収録された「note book」がリリースされると、「映像版も欲しい!」とリリースを求める声が各方面に一斉に届いたことが後押しになり、決定した。



このライヴ映像作品には、アルバム「note」に収録される曲を中心に、今年リリースすると宣言しているカバーアルバムへの期待が高まるカバー曲2曲を含むライヴ全編と、リハーサル風景を含むメイキング映像、また本人による副音声解説も収録される充実した内容となっている。

歌手・上白石萌音の持つ魅力は、素朴で温かみのある歌声が個性豊かな楽曲たちに寄り添って変化し、時にノスタルジックに、時にパワフルに彼女の声を通して自然とひとつに纏めていけるところにある。女優業での活躍が目覚ましいだけに、歌手としての活動に関しては知ってはいても触れてはいない人が多いかもしれない。このライヴは音楽が好きで好きで堪らない上白石が、楽曲の魅力を最大限に表現する才能を存分に発揮したものとなっているので、ぜひ歌手・上白石萌音の魅力にこの映像を通して触れて欲しい。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ