嵐・大野智、メンバーとは「一生共にしていく」と確信

dwango.jp news


29日、都内にて「2021年用お年玉付年賀はがき 販売開始セレモニー」が行われ、年賀状コミュニケーションパートナーを務めるのうち、大野智櫻井翔が出席した。

大野はステージに登場するやいなや「本日は私の母ちゃんの誕生日でございます」と発表。会場に大きな拍手が巻き起こると、「そんな日にこの場に立てて光栄です」と挨拶し、笑いを誘った。



続いて2020年を振り返って「こういう状況下になってしまって、個展を個人的にやらせてもらってるんですけど、自粛期間中は3ヶ月くらい籠もって書いてましたね。個人的にはそこは充実はできました」とコメント。櫻井は「レギュラーのテレビ番組で観覧のみなさまがいらっしゃらないとか、コンサートでお客さんがいらっしゃらないとか。実際に会うことで繋がっていたんだなということを痛感するとともに、我々でいうと“ワクワク学校”というのをオンラインでやったりとか紙芝居をやったりとか、その中でファンのみなさんからのリアクションを直にいただく機会も多かったので、実際に会えるのはもちろんですけど、会えてなくとも繋がっていられるんだなと実感した年でした」とコロナ禍におけるファンとの繋がりについて語った。

その後、大野と櫻井が2021年用年賀状のキャッチフレーズを発表。「このつながりは、一生もの。」というキャッチフレーズが紹介されると、大野は「言われたいですね。これ言われたらうれしいし、すごい良い言葉ですね」と笑顔を浮かべた。

2021年用年賀状のCMでは、嵐のメンバーが1人ずつ出演する5パターンと全員が出演する1パターンの合計6パターンを放送。「まさかこんな長い付き合いになるなんて」というフレーズとともに出演する櫻井は、この言葉に嵐のメンバーを重ね合わせたそうで、「こんなピッタリなというか、やっぱり自分たちのことに重ね合わせてしまうというか。すごく胸に響くメッセージでした」と話した。

また大野がCM撮影を「平和な撮影でした」と振り返ると、櫻井も「わかるわかる!いつもそうですね。日本郵便さんのね。穏やかな空気が流れてますもんね」と同調。大野は「撮影も2時間くらい巻いたんじゃないですか。かなり穏やかに帰っていきました」とスムーズな撮影ぶりを明かすと、会場に笑いが巻き起こった。

さらに櫻井は嵐のメンバーについて「これだけ長く一緒にいると、むしろその先を想像してしまうというか、本当に一生の付き合いなんだろうな」としみじみ。

大野は「家族以上に一緒にいるんで、もうこれは忘れることはないし、一生共にしていくんだろうなというのは確信になっていますね」とグループの結びつきの強さを示した。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ