『極主夫道』玉木宏、元極道の“隠し玉”に「R指定だよw」「日本一ヤバイ!」総ツッコみ

dwango.jp news


「くらげバンチ」(新潮社)で連載中の大ヒットコミックをドラマ化。極道のスーパー専業主夫・龍を玉木宏が演じる日曜ドラマ『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系)の第3話が25日に放送された。

仕事から帰ってきた美久(川口春奈)を労り、向日葵(白鳥玉季)が通う小学校の前で交通整理をするなど、主夫業に励む毎日を送っていた龍(玉木宏)。そんなある日、向日葵の学校でPTA会長を務める千金楽(鈴木浩介)が“理想の父親”としてテレビ出演しているのを見た龍は、自分も理想の父親になりたいという思いから、PTAに入りたいとPTA会議中の千金楽に直談判する。



ところが、年度の途中でPTAに加入することはできない。龍の気迫に押された千金楽は龍と兄弟盃をかわし、2人は「兄さん」「弟」と呼び合う仲となり、視聴者を「学校で兄弟盃を交わすなwww」「PTAって盃を交わして入るものなのね」「わけわかんなくて面白い」と笑わせた。

会議で話し合われていたのは、近々開かれるハロウィンのお楽しみ会のこと。お楽しみ会に協力すると宣言した龍は、雅(志尊淳)やゆかり(玉城ティナ)のアドバイスを受け、仮装に挑戦することにした。

ところが、ハロウィンがどういうものかわからない龍は、仮装の方向性が常識ハズレ。自宅では“重傷のヤクザ”をテーマに、体中に刃物を突き立てられ血を吐く仮装を披露するも、向日葵に悲鳴をあげられ、美久には「この大馬鹿野郎!」と突き飛ばされてしまう。

美久に「もっと子どもたちに喜んでもらうこと考えないと。あれじゃ怖いだけだって」と指摘された龍は、“子供が喜びそうなヒーロー”の仮装をすることに。

お楽しみ会当日、会場にはオバケや魔女、モンスターといったコスプレをした生徒や保護者がたくさん集まっていた。龍はいつもの調子で、紙コップが足りない子供に対し「これ使うたらええ!」と升を渡したり、子供を集めたゲームコーナーではサイコロを使った“丁半”で盛り上げようとして、すぐさま美久に引きずられる。

「なんなのよ変なことばっかりして」と憤る美久に対し、「心配すんな美久。ちゃーんとこの後に隠し玉用意しとるがな」と自信をのぞかせる龍。“子供が喜びそうなヒーロー”として決めた桃太郎の仮装を披露するも、セリフ回しが極道そのものだった。

ヤバいブツ(桃)をドスで一刀両断すると、龍扮する桃太郎が「おぎゃー!」と誕生。

生まれた途端に「やっぱりシャバはええのう」と睨みを効かせ、「鬼ヶ島にカチコミかけたりますわ」「おどれら!きびだんご食うたよな!?ならおれのために命かけんかい!」とガラの悪すぎる桃太郎に、視聴者からは「R指定だよこんな桃太郎!w」「桃太郎のアレンジがすごい」「日本一ヤバイ桃太郎!!!」とツッコミが殺到した。

『極主夫道』

日本テレビ系 日曜ドラマ枠

第4話 11月1日(日) よる10:30~

制作著作:読売テレビ

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ